嗚呼! やる夫道

やる夫系作品のまとめブログ

やるやらと学ぶ人名講座 第2章 世界の姓  - フランス編 Ⅱ -

□ 知識・学ぶ系 人名
目次 イントロダクション キャスト 予告 初回 CM 主要登場人物:やる夫 やらない夫 他
118 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 22:16:49 ID:MWT4bj/M

第2章 世界の姓  - フランス編 Ⅱ -

119 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 22:17:07 ID:MWT4bj/M

            ,. -─── 、
         //  /      `ヽ       ・・・・・・さて、続きを始めましょうか。
         /.:./  / / .:.  /     \
       / .:.:./   / ,斗-- 、:{:. .:. ヽ    ヽ
       /  /:  イ´l .:|l.:.:∧:|.:.:.: .:斗ー   ',
       l ..:.:|:.:.   | ィチ才ミヾヽ.:.:.:/厶.: / .:  〉
       l.:.:.:.!:.:  ∨  }:ヘ.リ  ノ/仟テk';.:./ィ/
      ノ.:.::人:.   ヽ ゝ-'      ト;'ソ//!
   /.:./.:.:.ヽ:.   ヘ       ` ` |:.: |
  /.:./.:.:.:.::.ノ.:}:.    ',     __    ,:.  |
/.:./.:.:.:.:.:.:/.:.|.:.:.  l    ´ ´ /.:  |
.:.:./.:.:.:.:.:.:.:./_ィ.:.:.:.   小    イ/:.:.:.:.  l
.:.〈.:.:.:.:.:./   ./.:.    }_,工,.´ー=〈:.:.:.:..   ヽ
 :ノ.:.:/   /.:.:.:.:   /.、 ∧ ̄入ヽ:.:.:.:.   \



         ___
      /)/ノ ' ヽ、\       あっ、ちょっと待ってくれお。
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \    今回からメモを取る事にするお。
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /

120 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 22:17:50 ID:MWT4bj/M

        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \
     . ( (● )    |    ほぉ、良い心掛けじゃないか。
     . (人__)      |
     r-ヽ         |
     (三) |        |
     > ノ       /
    /  / ヽ     /
   /  / へ>    <
   |___ヽ  \/  )
       |\   /|
       |  \_/ |



        ____
       / ⌒  ⌒  \      まぁ、忘れない為だお。
     ./( ―) ( ●)  \
     /::⌒(_人_)⌒:::::  |     そうだ、前回のイタリアの分も
     |    ー       .|     書き記しておきたいから
     \          /     後で手伝ってくれるかお?
   /´           `\
  /  /          l  l
__l  l_¶______/_/
  \, ´-'ヽ  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|  <メモメモ
    ヾ_ノ   | '''' '   | 
   |  フランス. | '''..--  | 
   |   ..''  |  ''-.  ,|
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( へ)( へ)    |     ああ、いいぞ。
      .(__人__)      .|
       l` ⌒´      |
       {          |
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ

121 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 22:19:19 ID:MWT4bj/M

                 __
            _, '"´      `丶、
           /            \
          / ,' /  / /  ヽ   `ヽヽ        それじゃあ、気を取り直していくわね。
          l l j __ // ,イ   、ハヽ   }! ハ
          l l 「 j_从7ヽハ  !七大 ` } リ }/       後に、フランスの語源となったこのフランクという部族は、
         | l Vf゙仡圷/ jl ノィアト、ヘ// /        ライン川東岸に居た複数の部族の総称とされているわ。
         j l  l  V_:ソ  ´  V:リ /jイノ
         ,' ハ ヘ.       '  ` ,'  l !         彼らは、サリー族とリプアリア族という
        / / l  ヽ   ー ‐  .厶 |ハ         2つの部族に分かれていたとされるの。
      //' ∧  弋ト 、 __ , r<7  l ヽ
     / / / ∧   Vー、 Kヽ{   ヽ  ヽ       後に、フランスやドイツの基礎となる国家を築くのは、
    /  /./  /¨}   ',__∧_j_l::::ハ   \ }/     一番目のサリ族ね。
    ,′  l {  /:::/   /::::ヾ ☆Y:::ハ    X
    {   V r'::::::/   /::::::::::\__j:::::入xぅ/  \     ここでは、特に断りの無い場合は、
    ヽ  l  { :::/   /::::::::::::::::::V://∠     ',    フランク人は、サリ族と同一とするわよ。
     }  ! j/  /:!::::::::::::::::::∧V _二}:ヽ   /
     /  /  {   〈:::::::l:::::::::::::::/:| j/ -ーソ:::ノ   /
   / /  |ヽ  \:::l:::::::::::/∠/j  rテ':〃  ( ヽ
 / /  、__jノ   ∧{::::::/ ,/ {  _/:::ハ   `ー彡
/   〃  、__ >   /::;>'´   /! ∨ヘ::::ヾ::\   <



                      ,. -‐===- 、
                  ,. : ´: : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ      さて、そんな彼らだけど、
                 〃: : : : : 〆 : : : : : : : `ヽ: : : : :\     4世紀初め頃にローマから
                /: : : : , :: : : : / レ : : : : ヽ: ',: : : : ハ    トクサンドリア(現在のベルギーやオランダに当たる)を
                jハ ,': :从 l: l: : {: : : : :ヽ: ',:: : : : : :ヽ:∧   与えられ、傭兵として平和裏にローマ領内に移住したわ。
                 ノル'゙: : '⌒ヽj: : : }-‐廾ト、ノ:: : : : ',: :i
                  乂:{从ヽjノル': ノ jハハ .i: : : : : : : :!   これによって以後、1世紀以上もの間、フランク人は、
                   ハ =≠ ノ'´ヾ≠=' .}:: :: : , l :ハ    文化や言語ともにローマの影響を受ける様になったよ。
                  /:: :|   ′     ,': : : /゙::|: :: :\
                  /: : 人  i ̄ ̄i    /: : :λ:八: : : : :ヽ   後の事になるけど、彼らは、ラテン語で書かれた部族の
                 ノ:: : : : : ト  `¨ ´  .イ : : : ハ: : : :ヽ: : : ノ   規則である「サリカ法典」を持つ事になるわ。
                ′:: : : : :丿: :>   < /:: : : ::i:: : : : : : :∨
 ,. -‐-γ 丶       八: : : : : ∠爪//厂`y一'゙ : : : : {孑、:: :: ::人     このローマ文化に理解があった事も後々、
 `7  }  丿、       入:: : : ::∨_///| ☆//{: : : : : \≧= 、: : :\    フランク人が、 他のゲルマン人の民族と比べて
 /,//  /_/丶     〃 ∧ : : : ∨///!,/////ヽ: : : : : ∨///}:: :: ::\  勢力を拡大できた遠因と言われるわね。
  `¨´ ̄}   ,ノ\    ヽ∨丿: : : : }////////////\: : : : ヽ//仆 : : : : ヽ
    八`¨¨ ,  ハ,-=≦爪/: : : : : ///////////////,} : : : : :\∧`: : : : ハ
      \  l   ゝ/////: : : : : ∧//∧/////////,丿 : : : : : : }/} : : : : /
       `\   丿\// : : : : : :i//∨||ヽ_//////// : : : : : : : //∧: : :/
         ∨    }i: : : : : : :ノ/∨〃 ∨_/////} : : : : : : :丿//∧: :i
         ∧__,.-一': : : : : /,// ,j|   \/////ヽ: : : : : :`ヽ,//∧: \

122 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 22:19:57 ID:MWT4bj/M

   / ̄ ̄\
 / ノ  ヽ /\'ー、       ,, ..,、    ちなみに、この『Franci』「フランク人」の語源は、(槍)とされる。
 |  ( ●)( /  .\` 、   . // /
. |  (__人/     \ヽ、,.// ../     ゲルマン民族とって槍は、北欧神話のオーディンの
  |    ` /       ``77   /     グングニールに現れている様に最も一般的な武器だったんだ。
.  ヽ   /          / /   /
   ヽ.. /      fヽ、/ / , -,./       現に、彼らの生活を知る貴重な資料の一つである
   /./     r-、 ヽ ∨,ノ /        タキトゥスの「ゲルマニア」には、
   |. \   〈\.\,〉 `,  f        ゲルマン人は、『Framea』「フラメア」と彼らが言う
    | . \  (ヽ ヽ `..   |         剣と槍を彼らは、装備していたと書いている。
    |    .\ \      ノ



               /7
                 //   また、この『Franci』「フランク」という言葉からは、
             //    前述したフランスの他にフランチェスコやフランクリンといった名前が、
       __    //     生まれた。
.    /ノ ヽ\ .//
.   / (●)(●〉/      なお、英語で(率直な)を意味する『Frank』「フランク」や
  l    (__人_,//l       (自由農民)を意味した『Flanklin』「フランクリン」が、生まれた背景だが、
.  |    `⌒// ノ       フランク人が、征服した土地の被征服民を奴隷とした事から生まれたとされる。
   l       // ./
.   ヽ r-‐''7/)/        つまり、自由民の代表例としてフランク人が、引き合いにだされたという事だな。
    / と'_{'´ヽ
    /  _.、__〉 ト,
    {  、__}  |.i
    ヽ _,.フ  .|.|



           ____
         /       \     ふむふむ。
        /   ─     ―
      /     ( ●)  (●)'
      |         (__人__)  |
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  ' <メモメモ

123 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 22:20:17 ID:MWT4bj/M

             ,. -‐===‐-
          , : :´: : : : : : : : : : : : :`丶、         ・・・・・・話を戻すわよ。
         〃:: : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ
.          /´:: : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : ハ      そして375年頃から
         /: /:: :: :l:: :: :l: :: : : : :ヽ: : : : : : ',: :: :∧     ゲルマン人の大移動と呼ばれる事件が起こる訳だけど、
.       /: / : : : :|:: ::/i: : : : : : : ',: : : ヽ: :∨ : : !     フランク人達は、大移動の第一波と呼ばれる
      {: /: : : :从 : ハ: : : : : : :人: : :从: :}: : : :|     東ゲルマン人達の大移動に際して動かなかったわ。
      |: i:: ::斗-‐廾‐-、: : : : 斗-‐廾ト、::!: : : :|
      |:ノル': :{z≠=z、   7: ::ノ ,xz=≠、 }: : : !::|
       |: : : : 从 fゞ、,ィ` ノ'´  爪ゞ、ィ 从: : :ハ::!
.       八: : :∧. ∨匕!,      匕::::リ / : : /:: :ハ
     /: : : ',: ハ ´      ,       ./:: : : i: : : :ヽ
      /: : : : :i: : : ',      、__,    八 : : ハ:: : : :\
   /: : : : : :|:: : : :ト             イ: : : : :i : ',: : : : : :\
 , : ´:/: : : : : : !: : : :ハ : : ト   _  イ: : ,': : : : : !: : ヽ:: :: : : : :ヽ
./: : :/: : : : : : :ノ : : : : }く ==、 ,-==┐: : : : : :{: : : :`ヽ: : : : : ',
: : : /: : : :,∠ /: : : : : :|∧ / ∨ヽ  ∧ : : : : : ',ヽ:: : : :丶:: : :ハ



        ___
      /_ノ '' 'ー\
     / ( ●) ( ●)\       え?
   / :::::⌒(__人__)⌒::::\
   |       `'ーnl^l^l  |      何でだお?
   \         l   っ/
             (   ゝ
              i   \ <メモメモ

124 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 22:20:33 ID:MWT4bj/M

                                               -――- 、
                                           , ‐'´         \
                                          /            、 ヽ
                                          |l l /〃 ヽ ヽ} |  l  ',
 第一波で動いた東ゲルマン人に含まれる      \          .ljハ トkハ  从斗j │ ハ
 東ゴート、西ゴート、ブルグンド、ヴァンダル、      \          l∧}ヾソ V ヾソ !  ! ヽ \
 そしてランゴバルドといった各部族は、           \ __  __ リ.人  v‐┐ /" ト、  ヽ ヽ
 フン族の攻撃から逃げる為に動いた民族なの。        {心下ヽ /"  >ゝ-'<{   Vl   } }
                                      ゝ<}ノ \  (:::::Y Y:::::!   ヽヘ  { {
 だから、彼らは、本拠地からかなり離れた場所で          7´ ̄ )   )::∨::__::ヽ   }::\ \丶、
 建国したという特徴があるわ。                     /  /  /ィ'´ヽ:::::::::ノ  /:::::::::ヽ ヽ `ヽ
                                        ! ≦∠__ノ:::| /ハ::::/   ゝ、:::::::::`、 リ ノ



        ,. - '::´ ̄ ̄:`::ー-、
      / ,.: : : : : : : : : : : : : : \         特にヴァンダル人は、
     /: : /: : ,: : : : : : : : _ : : \: .\        現在のドイツとポーランドの国境である
     |: : i : : {:./: : : : : :、: ヽ : : ヽ: : i       オーデル川周辺に居た民族なんだけど、
     |: : ト、ハ|.: : : ヽ: : ヽ: :|: : : :|: : |       彼らは、現在のルーマニアに当たる黒海沿岸へ
     |ハ:.i !\:.ヽ.: : : :|: ハ|: :.|.: : : |: : |       移動した後、イタリア半島、イベリア半島を経由し、
      从弋ト、:.!: :!_」斗ヤT: : : :|: : |       最終的に北アフリカで建国しているわ。
       |:.| ヒリ |ノ 弋たト/: : : 八: :|
     /|人::: 、   ::`ー' /: : : /: : ヽ!
     (:._ノ: : \ r 、   /: : :.∧: : : : \
    / : : : : : _}>、 _, ィ: : : /: :ヽ: : : : : \
   (.: : : : : /:/:.:.:.:ムr:/: : : /\: : \: : : : : \
    ヽ : : 〈:.:.:.:|:.:.:/A.Y : : : {:.:.:.:.\_: : : : : : : )

125 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 22:20:51 ID:MWT4bj/M

         ____
       /     \       えらく長い旅だおね・・・・・・。
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ <メモメモ



           ,. .-: : :―: : -: : :-: .
        x≦: : : : : : : : : : : : : : : : : :>.、           そうよ。
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :≧x
    ./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \       その事が、彼ら自身の運命を左右したの。
    / : : : : : : : : : /: : : : : : : : : :\ : : : : : : : : :. :.\
   ./: : : : : :/: :. : /: : : : /: : : : : : : ‘,: : : :、: : : : : : :.      根拠地を捨てて、
  〃: : : : :/: : : :/: : : : /: : /: : : : : : : , : : : ‘, : : : : : ,     遠い土地で建国したのは、彼らを弱らせたわ。
  {{ : : : 〃 : : : ハ: : : : |: : :|: : : : :|: : : : :|: : : : ; : : : : :
  ||: / : {{: : : : :|: | : : /|: :/|: : :. :.l : : : :_ト、: : : }: :|: : :|: |     土地勘なんてもちろん無いし、
  | / : : ||: :. :.八 |: |_|i_|: |i |:ト、: :リ : :/ |:リ : : |: リ: : :|: |     見知らぬ疫病だってある。
  |': : :/八 : / : : |八:|i.ヾ|l |ノ. ∨:./ : : : /ムx:j〃: :/|:リ
  /: : /: : : :Y: : :,..イ斧≧x    i|/| : ;/うl| .|/: :|: / i|'      そしてなにより本拠地を
. /: : /: : : ∨l: : ヾ :|::l_ノ::|      |/Ⅳ:::リ |: : Ⅳ       捨てた事がいけなかったわ。
/: : / : : : : |/ : : : : ∨:::ツ         ー'   l: 八
: : /: : :/: : :l : : : : : ∧¨       ′    八: : \_
/: :/:r‐ミ.| : : : : /: ∧     .r  リ     /l : :\: : : : : `ヽ _
: :/ : ////ゞ:_ : /: /: ∧     ゝ    , <//∧: : : : :ー: : : :ミ、≦―.―.ミ
: (: /{//////≧x/: /: ∧ >  _  .个/////\: : : _:_:_:_: : : :\ : : : : : : ヽ
: :.人/////////.∧/: /: ∧、 .〉  |i/////.//////ヽ: : : :): : : }_:_: : : : : ノ

126 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 22:21:09 ID:MWT4bj/M

    ゝ __ //: : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
    \ : : /: /: : : : : :,′:/ : : : /: : : : : : : : : : : : :',: : : ハ
       ン: : :/: : : : : :/ : : i: : : : { : : : : : ヽ: : : : : : :i: : : : : ',
      ハ : : /: : : : : : {: : : :|: : : : ',: : : : : : :}: :丶 : : :|:: :: :: : i    その為に彼らは、移動をする内に
.     /: : : / : : : : l: : l : : ,'i : : : : ∨: : : : ノ: : : 从: :|: : : : : :!    衰退したとはいえ、未だに強大なローマの文化に
     { : : : i: : l: : : 从人: :八: i: : : : : : : :∧: /`ヽ :}: : : : : :|    飲み込まれ、次第に自身の民族の文化や
     |:八: 从 |: : : { ̄ ト 、 __`ヽ: ' : : ノ /j丿 ハ:: : : : : : |    アイデンティティを喪失してしまったわ。
    ノ'  ',:ノル'i : :圦`ヽ:l    ̄´jハ:ノケ´    丿仆: : :/ : |
         入: 从: : ≠==‐-z-‐  ノ'´ ≠==‐-≠ ,' : : : i: : :|    また、本拠地を失っているから、
        / : : : : : : ト´  ̄´     ,     ` ̄ ´ノi: : : ハ: : }    その本拠地の力を保持できなかったのも
.      /: : : :i: : : ∧             ー=彡 : : : }: ',:λ   大きいわね。
     /: : : : :|: : : : ∧               /: : : : /: :ハ :',
      /: : : : : :| : : : : 个:       ⌒     ィ: : : : : :i: : : :ヽi
   , :′: : : : /i: : : : : :| : : : : ト       イ: : :/: : : : : :从 : : : \
   /: : : : : :/::|: : : : : :!:: :: ゙ハ}   -   .|┐/ : : : : : :} : \ : : : \
. / : : : : /: ,イ!: : : : : :| ̄/ \,_   _ / ∨ : : : : : : |ミ、_: ヽ: : : : \
´゙: : : : /://// : : : : : |//    r‐Y-‐、   冫: : : : : : |///\ \: : : : \



             / ̄ ̄\        この強大な文化に異民族が、
             /  ヽ_  .\       飲み込まれて、同一化し、消滅するという事は、
            ( ●)( ●)  |       中国における異民族国家の関係にも似ているとも言われるだろ。
           (__人__)      |
            l` ⌒´    |       異民族国家の大半が、本拠地から離れた中華の地で建国し、
           {         |        そのまま中華に飲み込まれていっただろ。
           {       /
       _. -: ´Λ     _.へ` 、      一方、異民族国家として成功例の一つである清は、
      r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_     自身の本拠地である土地を保持し、
    /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ    皇帝が、冬に狩猟に行く様に自身の文化をある程度重視する事で
    |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |   アイデンティティを保持したとも言われるだろ。
    〈: : : :::: _ -¬--―-、: : く:r 、: : : V }
    /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|

127 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 22:21:46 ID:MWT4bj/M

                 __
            _, '"´      `丶、
           /            \
          / ,' /  / /  ヽ   `ヽヽ      しかし、、大移動の第二波と呼ばれる西ゲルマン人の移動は、
          l l j __ // ,イ   、ハヽ   }! ハ     第一波とは、違ったわ。
          l l 「 j_从7ヽハ  !七大 ` } リ }/
         | l Vf゙仡圷/ jl ノィアト、ヘ// /      彼らは、ローマ帝国の衰退が、決定的なった後に
         j l  l  V_:ソ  ´  V:リ /jイノ       ローマの力の及ばなくなった地域に進出していったのよ。
         ,' ハ ヘ.       '  ` ,'  l !
        / / l  ヽ   ー ‐  .厶 |ハ       だから、第一波とは違って、
      //' ∧  弋ト 、 __ , r<7  l ヽ       本拠地周辺の地域に着実に勢力を伸ばして行けたの。
     / / / ∧   Vー、 Kヽ{   ヽ  ヽ
    /  /./  /¨}   ',__∧_j_l::::ハ   \ }/   これによって、本拠地の力を保持できるだけでなく、
    ,′  l {  /:::/   /::::ヾ ☆Y:::ハ    X     自身の民族の文化やアイデンティティも保持できたわ。
    {   V r'::::::/   /::::::::::\__j:::::入xぅ/  \
    ヽ  l  { :::/   /::::::::::::::::::V://∠     ',
     }  ! j/  /:!::::::::::::::::::∧V _二}:ヽ   /
     /  /  {   〈:::::::l:::::::::::::::/:| j/ -ーソ:::ノ   /
   / /  |ヽ  \:::l:::::::::::/∠/j  rテ':〃  ( ヽ
 / /  、__jノ   ∧{::::::/ ,/ {  _/:::ハ   `ー彡
/   〃  、__ >   /::;>'´   /! ∨ヘ::::ヾ::\   <



         ,. : : :  ̄ : : : : .
      ,. : ´: : : : : : : : : : : : `_: .、          この西ゲルマン族に含まれるのが、フランク人よ。
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\\
   .: : : : : : : : : : : :|: : : :、: : : : ヽ: :ヽ:ヽ        他にもアングル人、サクソン人と言った有力な部族が居たわ。
   .':/: : /,: : /: /: 八:{: : : V: : : |:V: : V:.
   |:l{: : :|:|: /: /:,.イ: : \: : |: }、: ,: |: : :.|: :       フランク人は、5世紀中盤にに西ローマの正規軍が、
   {八 : |:{: |ー|/-从: : : : /}/-l/‐:|: : :.|: |       ガリアから撤退したのを機に南下を始めたの。
    从{人{イ雫ぅ ヽ: ノ,ィぅ雫ミ、|: : :.|: {
     ハ : 、 Vり  ´  Vり V: : : |: : 、      混乱が続き、既に力を失いかけ、
     {: |: : .       '     /: : : :.|: : : \     没落していく西ローマを尻目にフランク族は、
    / : |: :人     _    ,: : : : : |: : : : : :ヽ    力を増していき、ガリアでも有数の勢力となっていったわ。
   /: : :.| : : 个: .        イ: : : : : :|: \: : : : :.
 /: : : : /: : : :八r ┴ `´-┴ , : : : : : :|: : : ヽ: : : :}
/: : : : : :/: : : :///  / Y\  人: : : : : {、: : : :|: : :
{: : : :,.ィ/: : : ://∧//⌒V}//∧: : : : ∨\: : : :/

128 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 22:22:30 ID:MWT4bj/M

             ,. -‐===‐-
          , : :´: : : : : : : : : : : : :`丶、
         〃:: : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ
.          /´:: : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : ハ      特に彼らを強力にしたのは、
         /: /:: :: :l:: :: :l: :: : : : :ヽ: : : : : : ',: :: :∧     ローマ文化に理解があった事。
.       /: / : : : :|:: ::/i: : : : : : : ',: : : ヽ: :∨ : : !
      {: /: : : :从 : ハ: : : : : : :人: : :从: :}: : : :|      それにガリアを統一した王、
      |: i:: ::斗-‐廾‐-、: : : : 斗-‐廾ト、::!: : : :|     クローヴィス一世の改宗ね。
      |:ノル': :{z≠=z、   7: ::ノ ,xz=≠、 }: : : !::|
       |: : : : 从 fゞ、,ィ` ノ'´  爪ゞ、ィ 从: : :ハ::!
.       八: : :∧. ∨匕!,      匕::::リ / : : /:: :ハ
     /: : : ',: ハ ´      ,       ./:: : : i: : : :ヽ
      /: : : : :i: : : ',      、__,    八 : : ハ:: : : :\
   /: : : : : :|:: : : :ト             イ: : : : :i : ',: : : : : :\
 , : ´:/: : : : : : !: : : :ハ : : ト   _  イ: : ,': : : : : !: : ヽ:: :: : : : :ヽ
./: : :/: : : : : : :ノ : : : : }く ==、 ,-==┐: : : : : :{: : : :`ヽ: : : : : ',



      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |      どうして、それが、
. |   (__ノ ̄    /      彼らのアドバンテージになったんだお?
. |         /
  \_      _ノ\
    /´         |
.    |  /      | <メモメモ

129 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 22:22:50 ID:MWT4bj/M

           / ̄ ̄ \
         _.,ノ ヽ、,_  \                 おいおい、やる夫。
         (= ) (= )   |
         (__人___)  u |         ⌒ヽ       もう忘れたのか。
          '、        |   ____  ,.-、ヽ、
       ,,. -ー|         |ヽ__∠___ゝ」 r'         ラティフンディアから
      / .::::::、::|       /ィ::::〔 _,.-ー  `'r-、        コロナートゥスに変化した事と、
      l :::::::::::::::::ヽ__、____,. ":::/:::〔/    l:::. ヽ       イタリア編で説明された
     」 ::::l:::::::::::::::「二二::::/ :::::::ト、 y   |::::::. ',       農奴制への変遷の部分を
     l ::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r    l:::::::: i       交えて考えてみろ。
    / :::::;;:ーミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、_ ノ L::::|
   / :::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く:::::::::::::::: i::|
  / ::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 :::::::::::::::: ||
  / ::::::::::::::::::::/  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::V :::::::::::::::: |



        ___
      /_ノ '' 'ー\       えーっと。
     / ( ●) ( ●)\
   / :::::⌒(__人__)⌒::::\    確か、ガリアでは、その地理的な条件から
   |       `'ーnl^l^l  |    多数のラティフンディアと呼ばれる
   \         l   っ/    奴隷を使った大規模農場が、作られたんだお。
             (   ゝ
              i   \

130 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 22:23:05 ID:MWT4bj/M

         ____
       /     \       でも、ローマが安定期に入ると奴隷の供給が、
.    /       \     無くなってきたんだお。
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|   だから、ラティフンディアは、コロヌスと呼ばれる
.   /,'才.ミ). (__人__)  /   小作人を代わりに労働力として使い始めたんだお。
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



    / ̄ ̄ ̄\      コロヌスには、ラティフンディアの安価な農作物によって
  /        \     没落したイタリアの中小農民も多く雇われ、
 /    ─   ─ ヽ    ラテン語を話す彼らは、コロナトゥスに移動したんだお。
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/     その為、ローマの影響力のあったガリアでは、
 /  (丶_//// \     ラテン語が幅を利かせる様になるんだお。

131 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 22:23:29 ID:MWT4bj/M

         ___        そして、農奴制については・・・・・・。
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\     確か、末期のローマでは、都市には重税が、かかる様になったんだお。
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |    だから、都市に住む富裕な市民達は、
  . \ ヽ           /    農村にある自らの所領(コロナトゥス)に居を変え始めたんだお。



..      ____        この事によって、都市の衰退、地方への分権化を招く結果となり、
     / ―  -\       国家の衰退が、加速するんだお。
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \     そして、農村に居た小作人は、移動を禁じられた事によって、
  |       ` ⌒´   |     また、農村の自給自足の体制が、始まった事で
.  \           /     地縁による家族的な繋がりが、生まれたんだお。
.   ノ         \
 /´            ヽ     そして市民と小作人の関係は、領主と農奴の関係に変遷し・・・・・・

132 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 22:23:51 ID:MWT4bj/M

     ____       ヽ v /
   /─  ─\     -(m)-
  /( ●)  (●)\.       ≡
/   (__人__)   \        あっ、分かったお!!
|              |
/     ∩ノ ⊃  /         つまり、ガリアでは、ラテン語が話されているんだお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |          しかもコロナトゥスが、沢山在ったという事は、
  \ /___ /          ローマ系の人々や領主も沢山いるって事だお!!



             ,. -‐===‐-
          , : :´: : : : : : : : : : : : :`丶、
         〃:: : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ      うん、正解よ。
.          /´:: : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : ハ
         /: /:: :: :l:: :: :l: :: : : : :ヽ: : : : : : ',: :: :∧    フランク人が、勢力を広げた4~5世紀頃のガリアでは、
.       /: / : : : :|:: ::/i: : : : : : : ',: : : ヽ: :∨ : : !    既にケルト人もローマ人かゲルマン人に同化して
      {: /: : : :从 : ハ: : : : : : :人: : :从: :}: : : :|    ケルト語は、話されていなかったわ。
      |: i:: ::斗-‐廾‐-、: : : : 斗-‐廾ト、::!: : : :|
      |:ノル': :{z≠=z、   7: ::ノ ,xz=≠、 }: : : !::|    そして、前述した理由や
       |: : : : 从 fゞ、,ィ` ノ'´  爪ゞ、ィ 从: : :ハ::!    属州として治めていたローマの影響から
.       八: : :∧. ∨匕!,      匕::::リ / : : /:: :ハ    ラテン語が、日常言語として話されていたの。
     /: : : ',: ハ ´      ,       ./:: : : i: : : :ヽ
      /: : : : :i: : : ',      、__,    八 : : ハ:: : : :\
   /: : : : : :|:: : : :ト             イ: : : : :i : ',: : : : : :\
 , : ´:/: : : : : : !: : : :ハ : : ト   _  イ: : ,': : : : : !: : ヽ:: :: : : : :ヽ
./: : :/: : : : : : :ノ : : : : }く ==、 ,-==┐: : : : : :{: : : :`ヽ: : : : : ',

133 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 22:24:31 ID:MWT4bj/M

            / У: : : : : : : : : : : : : : : : :\
           /: :〃: : / {: : : : i: : /: : : : : 、: : :`ヽ
          . : : : / : : : ト、: : : :∧: !: : : : : : :ヽ: : : : :
         /: : : :/: :: :: :八:弋ト、{ ヘヽ:: : : : : ::人: :: : : : .
          {: :: : :i: :: : : :リ /\{ヽ{`ヽ \: : : :ノ斗匕: :: :ハ
         ! : : : { : : : : レ   `     ) イ  レ: :ノ: :丿
          | : : :λ: :: : :ハ  ヾッ=z=      ,  //ノル'   また、ローマ末期には、都市に重税が、
        , ′ 〃 ',: : : : ∧         `一!':´ !     課せられた事から都市に住む富裕な市民達は、
       /: : /: : : !: : : : :∧         `   |: : :|     農村にある自らの所領に居を変え始めたの。
   , . : ´: : : /: : : : 八: : : : : ∧    ` ー    .!: : :!
  /: : : : : : /: : : : ノ: :i : : : : : : ヽ     ‐    / : : {
〃 : : : : : : : {: : : : ,': : : ! : : : : : : ハ、     .イ: : : : :八
i : : : : : : : : : ヽr‐ 、/,ノ : : : : : : : : } lトイ : : { : : : : : : :ヽ



                -‐…・・・…‐-ミ
            〃: : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
          . : ´: :,: : : : /: : : : /: : : ハ丶 : : \
          . : : : : ::/: : : :/: :从: :i: :〃: : } } : : :丶ヽ     この影響は、地縁による家父長制や大家族制の
        /: : : : : / : : : 斗七爪弋ト、 : : |/: ∧: :ハ: : .    文化や姓の必要性を薄める事、
         /: : : : : ,': : : : {〃´γヾミ八 l 、 : :廾ト、: :∧: :i    そして領主と農奴の関係の元になった等、
       {: : : : : : !: :: :: :从  圦ソ  ` )イ≠、从: : : , !   やる夫が言った様に様々あるんだけど、
       !: : : : : : ! : : : : ト   ー‐       卜ィ リ }: }八}    今回重要なのは、ガリアでは、
        ,′ : : : : {: : : : : |         、こ  /: :ノ ノ'    ローマ人が、勢力を持っていた地域や
.      / : : : : : : i!: : : : : !             ノル'      ローマ人が、領主となって治めていた場所が、
   , : ´: : : : : : : 人:: : : : |   n    -‐    八!       ゲルマン人の侵入の最中でも多くあったという事よ。
  / : : : : : : : : 〃Vヽ: : : :', r'丿          イ: : |
/ : : : : : : : : r‐'/爪: : : : : :/ { r‐ 、__ . .イ: : ノ: :: :{      つまり、ガリアでは、ローマ人やその文化が、
: :/: : : : : : : ://///∧ : : : ,′´/⌒つ : : :! : : : : : :{      かなり強い力を持っていたの。
〃: :: : :x≦///////∧: :: :ヽ  / 二) : 八 : : : : 八
{ : : : : }/,/////////∧: : :∧  ヽメ//个、:ヽ: : : : : :.
ハ : : : く,///////////∧ : :┌―‐‐┐///∧:: : : : : : :.

134 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 22:25:24 ID:MWT4bj/M

         ,. : : :  ̄ : : : : .
      ,. : ´: : : : : : : : : : : : `_: .、
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\\         でも、ガリアに侵入したゲルマン人達は、
   .: : : : : : : : : : : :|: : : :、: : : : ヽ: :ヽ:ヽ        そんな現地に数多くいるローマ人達の協力を受け辛かったの。
   .':/: : /,: : /: /: 八:{: : : V: : : |:V: : V:.
   |:l{: : :|:|: /: /:,.イ: : \: : |: }、: ,: |: : :.|: :       それは、別に今も変わらず、誰だってそうよね。
   {八 : |:{: |ー|/-从: : : : /}/-l/‐:|: : :.|: |       
    从{人{イ雫ぅ ヽ: ノ,ィぅ雫ミ、|: : :.|: {       異民族は、どうしても異民族という目線で見てしまいがちだし、
     ハ : 、 Vり  ´  Vり V: : : |: : 、      それが、言葉も違う、文化も違うのだったらなおさらよ。
     {: |: : .       '     /: : : :.|: : : \
    / : |: :人     _    ,: : : : : |: : : : : :ヽ
   /: : :.| : : 个: .        イ: : : : : :|: \: : : : :.
 /: : : : /: : : :八r ┴ `´-┴ , : : : : : :|: : : ヽ: : : :}
/: : : : : :/: : : :///  / Y\  人: : : : : {、: : : :|: : :
{: : : :,.ィ/: : : ://∧//⌒V}//∧: : : : ∨\: : : :/



                 __
            _, '"´      `丶、
           /            \        でも、そんなゲルマン人の中でも
          / ,' /  / /  ヽ   `ヽヽ       フランク人は違ったわ。
          l l j __ // ,イ   、ハヽ   }! ハ
          l l 「 j_从7ヽハ  !七大 ` } リ }/      長い間、ローマの傭兵として 戦っていたし、
         | l Vf゙仡圷/ jl ノィアト、ヘ// /       それによってローマ帝国の同盟者という
         j l  l  V_:ソ  ´  V:リ /jイノ        地位も獲得していたの。
         ,' ハ ヘ.       '  ` ,'  l !
        / / l  ヽ   ー ‐  .厶 |ハ         また、その一世紀にも渡る交流の中で上手く、
      //' ∧  弋ト 、 __ , r<7  l ヽ        自分たちのゲルマン文化とローマ文化を融合させ、
     / / / ∧   Vー、 Kヽ{   ヽ  ヽ      彼らのゲルマン文化の中に
    /  /./  /¨}   ',__∧_j_l::::ハ   \ }/    ローマ文化を受容させる基礎を作っていたの。
    ,′  l {  /:::/   /::::ヾ ☆Y:::ハ    X
    {   V r'::::::/   /::::::::::\__j:::::入xぅ/  \     これは、フン人に追われる様に侵入した
    ヽ  l  { :::/   /::::::::::::::::::V://∠     ',    東ゲルマン人の様なローマと交流の少なかった
     }  ! j/  /:!::::::::::::::::::∧V _二}:ヽ   /    ゲルマン部族には無い、アドバンテージだったのよ。
     /  /  {   〈:::::::l:::::::::::::::/:| j/ -ーソ:::ノ   /
   / /  |ヽ  \:::l:::::::::::/∠/j  rテ':〃  ( ヽ
 / /  、__jノ   ∧{::::::/ ,/ {  _/:::ハ   `ー彡
/   〃  、__ >   /::;>'´   /! ∨ヘ::::ヾ::\   <

135 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 22:25:52 ID:MWT4bj/M

                       ,. -‐===- 、
                   ,. : ´: : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ
                 〃: : : : : 〆 : : : : : : : `ヽ: : : : :\     また、ガリアを統一した
                 /: : : : , :: : : : / レ : : : : ヽ: ',: : : : ハ     クローヴィス一世の改宗も
                jハ ,': :从 l: l: : {: : : : :ヽ: ',:: : : : : :ヽ:∧    現地のローマ人の信頼を
                 ノル'゙: : '⌒ヽj: : : }-‐廾ト、ノ:: : : : ',: :i    勝ち取ったわ。
                  乂:{从ヽjノル': ノ jハハ .i: : : : : : : :!
                   ハ =≠ ノ'´ヾ≠=' .}:: :: : , l :ハ
                   /:: :|   ′     ,': : : /゙::|: :: :\
                  /: : 人  i ̄ ̄i    /: : :λ:八: : : : :ヽ
                 ノ:: : : : : ト  `¨ ´  .イ : : : ハ: : : :ヽ: : : ノ
                ′:: : : : :丿: :>   < /:: : : ::i:: : : : : : :∨
  ,. -‐-γ 丶       八: : : : : ∠爪//厂`y一'゙ : : : : {孑、:: :: ::人
  `7  }  丿、       入:: : : ::∨_///| ☆//{: : : : : \≧= 、: : :\
  /,//  /_/丶     〃 ∧ : : : ∨///!,/////ヽ: : : : : ∨///}:: :: ::\
  `¨´ ̄}   ,ノ\    ヽ∨丿: : : : }////////////\: : : : ヽ//仆 : : : : ヽ
     八`¨¨ ,  ハ,-=≦爪/: : : : : ///////////////,} : : : : :\∧`: : : : ハ
       \  l   ゝ/////: : : : : ∧//∧/////////,丿 : : : : : : }/} : : : : /
       `\   丿\// : : : : : :i//∨||ヽ_//////// : : : : : : : //∧: : :/
          ∨    }i: : : : : : :ノ/∨〃 ∨_/////} : : : : : : :丿//∧: :i
          ∧__,.-一': : : : : /,// ,j|   \/////ヽ: : : : : :`ヽ,//∧: \



                -‐…・・・…‐-ミ
            〃: : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
          . : ´: :,: : : : /: : : : /: : : ハ丶 : : \       当時、ゲルマン人の殆どは、
          . : : : : ::/: : : :/: :从: :i: :〃: : } } : : :丶ヽ      先祖からの多神教かカトリックでは異端とされた
        /: : : : : / : : : 斗七爪弋ト、 : : |/: ∧: :ハ: : .     アリウス派を信仰していたの。
         /: : : : : ,': : : : {〃´γヾミ八 l 、 : :廾ト、: :∧: :i
       {: : : : : : !: :: :: :从  圦ソ  ` )イ≠、从: : : , !     元々、ローマ人の間の広まっていたのは、
       !: : : : : : ! : : : : ト   ー‐       卜ィ リ }: }八}     カトリックだったから 前述した異民族の目線に加え、
        ,′ : : : : {: : : : : |         、こ  /: :ノ ノ'     異教の者という不信感と不安感があったわ。
.      / : : : : : : i!: : : : : !             ノル'
   , : ´: : : : : : : 人:: : : : |   n    -‐    八!        だから、他のゲルマン人の領地では、
  / : : : : : : : : 〃Vヽ: : : :', r'丿          イ: : |        ローマ人達が、反発したりと非協力的だったの。
/ : : : : : : : : r‐'/爪: : : : : :/ { r‐ 、__ . .イ: : ノ: :: :{
: :/: : : : : : : ://///∧ : : : ,′´/⌒つ : : :! : : : : : :{
〃: :: : :x≦///////∧: :: :ヽ  / 二) : 八 : : : : 八
{ : : : : }/,/////////∧: : :∧  ヽメ//个、:ヽ: : : : : :.
ハ : : : く,///////////∧ : :┌―‐‐┐///∧:: : : : : : :.

136 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 22:26:57 ID:MWT4bj/M

            ,. -‐===‐- 、
         , ': : : : : : : : : : : : : : ` ヽ
        /´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ      でも、クローヴィス一世は、
      r: : : : : : : : : : :/ : : : :/: : l : : : : : : : \     国内の統一、ガリアの有力勢力であるローマ人の
     /´:: : : : : : : : : :,' : : : ::,': : : | : : : : : : : ヽ:}    協力を得る為にカトリックに改宗するわ。
     l´: : : : : : : : : : : l:: : : :: ト 、:∧丶: : : : : :`ヽ
     |:: : : : : : : : : : :: l : : : : :レ  `メ 、 ヽ: : ノルリ    これによって、
      | /: : : : :',: : : : : l: : : : : :|  x=z、\|: : : j丿    ガリア国内に居たローマ人の信頼を勝ち取り、
    ノ': : : : : :ノ: : : : : |: : : : : :l.  { f,` 从: :ノ'      協力を仰げるようになったの。
    /: : : : : :/: : : : : : { :: : : : ::l    ヒ 厶 ´
. , ´/: : : : : :/: : : : : : : |: : :: : : :',      ヽ
.〃:/:: : : : : /: :: : : : : : :ハ: : : : : ∧      /
: ::/: : : : : :,': : : : : : : : : λ:: : : : : : 、  -‐, ´
: /: : : : : :, : : : : : : : : : /__',: : : : : ハ,,__/
:′: : : : /: : : : : : : : : く  ∨: : : : : ヽ: : \



         ,. : : :  ̄ : : : : .
      ,. : ´: : : : : : : : : : : : `_: .、           そして、このクローヴィス一世の改宗によって
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\\         フランク族のカトリックへの大量改宗が起きるのよ。
   .: : : : : : : : : : : :|: : : :、: : : : ヽ: :ヽ:ヽ       
   .':/: : /,: : /: /: 八:{: : : V: : : |:V: : V:.        既にガリアの過半を手中に収めていたフランク族の
   |:l{: : :|:|: /: /:,.イ: : \: : |: }、: ,: |: : :.|: :        大量改宗は、後にフランスと呼ばれるこの地域の
   {八 : |:{: |ー|/-从: : : : /}/-l/‐:|: : :.|: |        宗教の方向性を決定づけたわ。
    从{人{イ雫ぅ ヽ: ノ,ィぅ雫ミ、|: : :.|: {       
     ハ : 、 Vり  ´  Vり V: : : |: : 、       また、この改宗は、名前にも大きな影響を与えたの。
     {: |: : .       '     /: : : :.|: : : \
    / : |: :人     _    ,: : : : : |: : : : : :ヽ    ケルト由来、ローマ由来、ゲルマン由来の名前に加え、
   /: : :.| : : 个: .        イ: : : : : :|: \: : : : :.   それ以上にキリスト教の聖人や象徴する様な名前が、
 /: : : : /: : : :八r ┴ `´-┴ , : : : : : :|: : : ヽ: : : :}   付けられるようになる等、大きな影響を与える様になったのよ。
/: : : : : :/: : : :///  / Y\  人: : : : : {、: : : :|: : :
{: : : :,.ィ/: : : ://∧//⌒V}//∧: : : : ∨\: : : :/

137 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 22:28:07 ID:MWT4bj/M

                 __
            _, '"´      `丶、
           /            \       そしてクローヴィス一世は、ガリアの統一を進めていき、
          / ,' /  / /  ヽ   `ヽヽ      508年、ガリアを統一し、パリに首都を定めたわ。
          l l j __ // ,イ   、ハヽ   }! ハ
          l l 「 j_从7ヽハ  !七大 ` } リ }/     これによってメロヴィング朝フランク王国が、誕生するの。
         | l Vf゙仡圷/ jl ノィアト、ヘ// /
         j l  l  V_:ソ  ´  V:リ /jイノ       ラテン語が、一般的に使われており、
         ,' ハ ヘ.       '  ` ,'  l !       ローマ的な文化も確かに存在していたけど、
        / / l  ヽ   ー ‐  .厶 |ハ        国の中枢は、フランク人が、多く占めていたわ。
      //' ∧  弋ト 、 __ , r<7  l ヽ
     / / / ∧   Vー、 Kヽ{   ヽ  ヽ
    /  /./  /¨}   ',__∧_j_l::::ハ   \ }/
    ,′  l {  /:::/   /::::ヾ ☆Y:::ハ    X
    {   V r'::::::/   /::::::::::\__j:::::入xぅ/  \
    ヽ  l  { :::/   /::::::::::::::::::V://∠     ',
     }  ! j/  /:!::::::::::::::::::∧V _二}:ヽ   /
     /  /  {   〈:::::::l:::::::::::::::/:| j/ -ーソ:::ノ   /
   / /  |ヽ  \:::l:::::::::::/∠/j  rテ':〃  ( ヽ
 / /  、__jノ   ∧{::::::/ ,/ {  _/:::ハ   `ー彡
/   〃  、__ >   /::;>'´   /! ∨ヘ::::ヾ::\   <



            / У: : : : : : : : : : : : : : : : :\
           /: :〃: : / {: : : : i: : /: : : : : 、: : :`ヽ     だから、フランス語等に代表される
          . : : : / : : : ト、: : : :∧: !: : : : : : :ヽ: : : : :     言語的には、ラテン語から派生している
         /: : : :/: :: :: :八:弋ト、{ ヘヽ:: : : : : ::人: :: : : : .   ロマンス語でもゲルマンの言葉が、
          {: :: : :i: :: : : :リ /\{ヽ{`ヽ \: : : :ノ斗匕: :: :ハ   その中に存在している事から分かる様に
         ! : : : { : : : : レ   `     ) イ  レ: :ノ: :丿  その影響を多大に残していると言われているの。
          | : : :λ: :: : :ハ  ヾッ=z=      ,  //ノル'  
        , ′ 〃 ',: : : : ∧         `一!':´ !     特にフランク人が多くを占めた
       /: : /: : : !: : : : :∧         `   |: : :|     社会の機構や制度に関する用語、
   , . : ´: : : /: : : : 八: : : : : ∧    ` ー    .!: : :!     軍事に関する用語なんかは、
  /: : : : : : /: : : : ノ: :i : : : : : : ヽ     ‐    / : : {     ゲルマン由来の物が多いわね。
〃 : : : : : : : {: : : : ,': : : ! : : : : : : ハ、     .イ: : : : :八
i : : : : : : : : : ヽr‐ 、/,ノ : : : : : : : : } lトイ : : { : : : : : : :ヽ

138 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 22:28:40 ID:MWT4bj/M

                                        -――- 、
 また、名前も                            , ‐'´         \
 ゲルマン由来の言葉も多いわ。                /            、 ヽ
                                    |l l /〃 ヽ ヽ} |  l  ',
 例えば、よくフランスの王の名前の    \          .ljハ トkハ  从斗j │ ハ
 代表例として出される              \          l∧}ヾソ V ヾソ !  ! ヽ \
 『Louis』「ルイ」って名前もゲルマン        \ __  __ リ.人  v‐┐ /" ト、  ヽ ヽ
 由来なのよ?                      {心下ヽ /"  >ゝ-'<{   Vl   } }
                               ゝ<}ノ \  (:::::Y Y:::::!   ヽヘ  { {
                                  7´ ̄ )   )::∨::__::ヽ   }::\ \丶、
                                 /  /  /ィ'´ヽ:::::::::ノ  /:::::::::ヽ ヽ `ヽ
                                 ! ≦∠__ノ:::| /ハ::::/   ゝ、:::::::::`、 リ ノ



     ____
   /      \      へぇ、そうなのかお。
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ / <メモメモ

139 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 22:29:02 ID:MWT4bj/M

             / ̄ ̄\
          /   ⌒ ´ ⌒          『Louis』「ルイ」の語源は、さっき出て来た
.         |    ( ●) (●)         『Clovis』「クローヴィス」だ。
          |     (___人__)
          .|        ノ          もっと詳しく言うと、『Clovis』「クローヴィス」の起源としては、
           j        |           ゲルマン語の『Hluda-』(良く耳にする)と
         ..ノヽ、    , ノ       _    『wiga』(戦い)を意味する言葉を組み合わせた
  ,. ー、一一´:::::::::::::≧ーー"7          i' Y   『Hluodowig』(高名な戦士)が、元だと言われている。
. / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`-、       i l _
/ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. >-、   | lフ ト、
.::::::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ  i/ ,.イ 丿
:::::::::::::::::: l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. v:: l /  i'r ´,.ィ
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::: l j  丿r´,.ィ
:::::)::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::: 八   `チ



                   / ̄ ̄\            『Louis』「ルイ」は、『Hluodowig』のラテン語形変化である
                  /   _,.ノ `⌒           『Ludovicus』から古フランス語の『Loois』に変化をして
                  |    ( ●)(●)          生まれた名前らしい。
                  .|    (___人__)
                  |        ノ          ちなみにドイツらしい名前の
                  |        |_,-‐、  / ⌒) 『Ludwig』「ルートヴィヒ」とは、同じ語源をなんだ。
                  .人、      厂丶,丶,丶´ / ̄
               _,/( ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ      なかなかどうして、互いに覇を争った国同士ながら
        _, 、 -― ''"::::::::::::\:::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、    互いにらしい名前が、同根とは皮肉だな。
       /::::::::::':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ::::::: )
      丿:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',:::::|
     i .:::::::::::::::::::::|;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 〈 ::::::::::::::... ',::.
    / ..::::::::::::::::::::::!;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::\:::::::::::::::;;;ハ ::::::::::::::::::.. ',

140 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 22:29:21 ID:MWT4bj/M

                       ,. -‐===- 、
                   ,. : ´: : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ
                 〃: : : : : 〆 : : : : : : : `ヽ: : : : :\     後、私の名前である
                 /: : : : , :: : : : / レ : : : : ヽ: ',: : : : ハ     『Marie-Luise』「マリー=ルイーズ」の
                jハ ,': :从 l: l: : {: : : : :ヽ: ',:: : : : : :ヽ:∧    「ルイーズ」も『Louis』「ルイ」の
                 ノル'゙: : '⌒ヽj: : : }-‐廾ト、ノ:: : : : ',: :i    女性形に変化した名前ね。
                  乂:{从ヽjノル': ノ jハハ .i: : : : : : : :!
                   ハ =≠ ノ'´ヾ≠=' .}:: :: : , l :ハ
                   /:: :|   ′     ,': : : /゙::|: :: :\
                  /: : 人  i ̄ ̄i    /: : :λ:八: : : : :ヽ
                 ノ:: : : : : ト  `¨ ´  .イ : : : ハ: : : :ヽ: : : ノ
                ′:: : : : :丿: :>   < /:: : : ::i:: : : : : : :∨
  ,. -‐-γ 丶       八: : : : : ∠爪//厂`y一'゙ : : : : {孑、:: :: ::人
  `7  }  丿、       入:: : : ::∨_///| ☆//{: : : : : \≧= 、: : :\
  /,//  /_/丶     〃 ∧ : : : ∨///!,/////ヽ: : : : : ∨///}:: :: ::\
  `¨´ ̄}   ,ノ\    ヽ∨丿: : : : }////////////\: : : : ヽ//仆 : : : : ヽ
     八`¨¨ ,  ハ,-=≦爪/: : : : : ///////////////,} : : : : :\∧`: : : : ハ
       \  l   ゝ/////: : : : : ∧//∧/////////,丿 : : : : : : }/} : : : : /
       `\   丿\// : : : : : :i//∨||ヽ_//////// : : : : : : : //∧: : :/
          ∨    }i: : : : : : :ノ/∨〃 ∨_/////} : : : : : : :丿//∧: :i
          ∧__,.-一': : : : : /,// ,j|   \/////ヽ: : : : : :`ヽ,//∧: \



       ____
     /      \     ふむ、ふむ・・・・・・ん?
    /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \
  |       (__人__)    |
  \   ⊂ ヽ∩     <
    |  |  '、_ \ /  )
    |  |__\  “  /
    \ ___\_/ <メモメモ

141 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 22:29:42 ID:MWT4bj/M

     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・    そう言えば、なんで『Marie-Luise』「マリー=ルイーズ」って綴るんだお?
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |     『Marie・Luise』「マリー・ルイーズ」とは違うのかお?
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



            / У: : : : : : : : : : : : : : : : :\
           /: :〃: : / {: : : : i: : /: : : : : 、: : :`ヽ
          . : : : / : : : ト、: : : :∧: !: : : : : : :ヽ: : : : :
         /: : : :/: :: :: :八:弋ト、{ ヘヽ:: : : : : ::人: :: : : : .
          {: :: : :i: :: : : :リ /\{ヽ{`ヽ \: : : :ノ斗匕: :: :ハ
         ! : : : { : : : : レ   `     ) イ  レ: :ノ: :丿
          | : : :λ: :: : :ハ  ヾッ=z=      ,  //ノル'   あら、良い所に気付いたじゃない。
        , ′ 〃 ',: : : : ∧         `一!':´ !
       /: : /: : : !: : : : :∧         `   |: : :|     そうね、次のカロリング朝が、
   , . : ´: : : /: : : : 八: : : : : ∧    ` ー    .!: : :!     終わったら、詳しく話してあげるわ。
  /: : : : : : /: : : : ノ: :i : : : : : : ヽ     ‐    / : : {
〃 : : : : : : : {: : : : ,': : : ! : : : : : : ハ、     .イ: : : : :八
i : : : : : : : : : ヽr‐ 、/,ノ : : : : : : : : } lトイ : : { : : : : : : :ヽ

142 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 22:30:08 ID:MWT4bj/M

             ,. -‐===‐-
          , : :´: : : : : : : : : : : : :`丶、
         〃:: : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ
.          /´:: : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : ハ      それじゃあ、話を戻してと・・・・・・。
         /: /:: :: :l:: :: :l: :: : : : :ヽ: : : : : : ',: :: :∧
.       /: / : : : :|:: ::/i: : : : : : : ',: : : ヽ: :∨ : : !      さっきは、メロヴィング朝フランク王国による
      {: /: : : :从 : ハ: : : : : : :人: : :从: :}: : : :|      ガリア統一を話したわよね。
      |: i:: ::斗-‐廾‐-、: : : : 斗-‐廾ト、::!: : : :|
      |:ノル': :{z≠=z、   7: ::ノ ,xz=≠、 }: : : !::|
       |: : : : 从 fゞ、,ィ` ノ'´  爪ゞ、ィ 从: : :ハ::!
.       八: : :∧. ∨匕!,      匕::::リ / : : /:: :ハ
     /: : : ',: ハ ´      ,       ./:: : : i: : : :ヽ
      /: : : : :i: : : ',      、__,    八 : : ハ:: : : :\
   /: : : : : :|:: : : :ト             イ: : : : :i : ',: : : : : :\
 , : ´:/: : : : : : !: : : :ハ : : ト   _  イ: : ,': : : : : !: : ヽ:: :: : : : :ヽ
./: : :/: : : : : : :ノ : : : : }く ==、 ,-==┐: : : : : :{: : : :`ヽ: : : : : ',



            ,. -─── 、
         //  /      `ヽ
         /.:./  / / .:.  /     \        でも分割相続を基本とするゲルマン法が、
       / .:.:./   / ,斗-- 、:{:. .:. ヽ    ヽ       部族の法規として残っていた事から
       /  /:  イ´l .:|l.:.:∧:|.:.:.: .:斗ー   ',      クローヴィスの死後、徐々に王国は分裂をしていくわ。
       l ..:.:|:.:.   | ィチ才ミヾヽ.:.:.:/厶.: / .:  〉
       l.:.:.:.!:.:  ∨  }:ヘ.リ  ノ/仟テk';.:./ィ/      7世紀初め、クロタール2世という人物が、
      ノ.:.::人:.   ヽ ゝ-'      ト;'ソ//!        再び統一するものの、それ以後は、
   /.:./.:.:.ヽ:.   ヘ       ` ` |:.: |        宮宰という地位にあったカロリング家が、
  /.:./.:.:.:.::.ノ.:}:.    ',     __    ,:.  |        国内の実権を握り始めるの。
/.:./.:.:.:.:.:.:/.:.|.:.:.  l    ´ ´ /.:  |
.:.:./.:.:.:.:.:.:.:./_ィ.:.:.:.   小    イ/:.:.:.:.  l
.:.〈.:.:.:.:.:./   ./.:.    }_,工,.´ー=〈:.:.:.:..   ヽ
 :ノ.:.:/   /.:.:.:.:   /.、 ∧ ̄入ヽ:.:.:.:.   \

143 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 22:30:44 ID:MWT4bj/M

                                           -――- 、
                                       , ‐'´         \
 そして、732年、                            /            、 ヽ
 勢力の増すイスラーム勢力が、                  |l l /〃 ヽ ヽ} |  l  ',
 イベリア半島から侵入してきたのを      \          .ljハ トkハ  从斗j │ ハ
 宮宰の地位にあった                \          l∧}ヾソ V ヾソ !  ! ヽ \
 カール=マルテルが、中心となって         \ __  __ リ.人  v‐┐ /" ト、  ヽ ヽ
 トゥール・ポワティエ間で打ち破るわ。          {心下ヽ /"  >ゝ-'<{   Vl   } }
                                  ゝ<}ノ \  (:::::Y Y:::::!   ヽヘ  { {
 これによって、ますますカロリング家の            7´ ̄ )   )::∨::__::ヽ   }::\ \丶、
 名声は高まったの。                      /  /  /ィ'´ヽ:::::::::ノ  /:::::::::ヽ ヽ `ヽ
                                    ! ≦∠__ノ:::| /ハ::::/   ゝ、:::::::::`、 リ ノ



                 __
            _, '"´      `丶、
           /            \       そして、カール=マルテルの次代である
             / ,' /  / /  ヽ   `ヽヽ      小ピピンの時代になると
          l l j __ // ,イ   、ハヽ   }! ハ     権力簒奪の動きを鮮明にしてくるの。
          l l 「 j_从7ヽハ  !七大 ` } リ }/
           | l Vf゙仡圷/ jl ノィアト、ヘ// /      小ピピンは、ローマ=カトリック教会と
            j l  l  V_:ソ  ´  V:リ /jイノ       関係性を深めていくわ。
          ,' ハ ヘ.       '  ` ,'  l !
           / / l  ヽ   ー ‐  .厶 |ハ       既にゲルマン人の間にはカトリックが、
        //' ∧  弋ト 、 __ , r<7  l ヽ       生活の深い所まで根付いていたから
     / / / ∧   Vー、 Kヽ{   ヽ  ヽ     ローマ=カトリック教会を後ろ盾にして
    /  /./  /¨}   ',__∧_j_l::::ハ   \ }/   王位を奪おうと画策したの。
    ,′  l {  /:::/   /::::ヾ ☆Y:::ハ    X
    {   V r'::::::/   /::::::::::\__j:::::入xぅ/  \    そして、751年、メロヴィング朝の王を追放し、
    ヽ  l  { :::/   /::::::::::::::::::V://∠     ',   自らが、王として戴冠したわ。
     }  ! j/  /:!::::::::::::::::::∧V _二}:ヽ   /
     /  /  {   〈:::::::l:::::::::::::::/:| j/ -ーソ:::ノ   /    これによってカロリング朝フランク王国が、
    / /  |ヽ  \:::l:::::::::::/∠/j  rテ':〃  ( ヽ   ,  成立するの。
 / /  、__jノ   ∧{::::::/ ,/ {  _/:::ハ   `ー彡
/   〃  、__ >   /::;>'´   /! ∨ヘ::::ヾ::\   < _
ヽ  {{    =ァ 彡<::/     { >く{ ヽ:::::ヽ:::::ユ=―'´

144 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 22:31:50 ID:MWT4bj/M

             ,. -‐===‐-
          , : :´: : : : : : : : : : : : :`丶、
         〃:: : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ
.          /´:: : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : ハ      そして、768年、小ピピンの後を継ぎ、
         /: /:: :: :l:: :: :l: :: : : : :ヽ: : : : : : ',: :: :∧      フランク王国の全盛期を築く人物が、出て来るわ。
.       /: / : : : :|:: ::/i: : : : : : : ',: : : ヽ: :∨ : : !
      {: /: : : :从 : ハ: : : : : : :人: : :从: :}: : : :|      彼の名は、シャルル。
      |: i:: ::斗-‐廾‐-、: : : : 斗-‐廾ト、::!: : : :|     別名でカールとも呼ばれるこの人物は、
      |:ノル': :{z≠=z、   7: ::ノ ,xz=≠、 }: : : !::|     現在の西ヨーロッパを形作った祖でもあるの。
       |: : : : 从 fゞ、,ィ` ノ'´  爪ゞ、ィ 从: : :ハ::!
.       八: : :∧. ∨匕!,      匕::::リ / : : /:: :ハ       彼は、こう言った方が、もっと
     /: : : ',: ハ ´      ,       ./:: : : i: : : :ヽ      分かり易いかもしれないわね。
      /: : : : :i: : : ',      、__,    八 : : ハ:: : : :\
   /: : : : : :|:: : : :ト             イ: : : : :i : ',: : : : : :\   シャルルマーニュ、カール大帝と。
 , : ´:/: : : : : : !: : : :ハ : : ト   _  イ: : ,': : : : : !: : ヽ:: :: : : : :ヽ
./: : :/: : : : : : :ノ : : : : }く ==、 ,-==┐: : : : : :{: : : :`ヽ: : : : : ',

145 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 22:32:18 ID:MWT4bj/M

          .  ´ ̄ ̄ `  .           シャルルマーニュ(別名:カール大帝)
         /            \         Charlemagne(Karl der Grose)
       . ‘   l|  | |  \.    \
      ./    l|八 {.八   ヽ  ヽ. ‘,      父である小ピピンの後を継ぎ、フランク王国国王となった人物。
      .,′     | {l \\\   |   l ハ
     ,′ |  /|∧ ト、. \{、 .ト、 .!   .| 八     ランゴバルド王国を滅ぼし、イスラーム勢力、アヴァール人から
    ./ i  | /l .|{__ヾ_ \ {\{ハト、 .ト| l {ヾ     土地を奪い取って、領土加える等して西ヨーロッパ全土を手中に
    //l llハ! |ィ芹:f  \!.´芹ミ、Ⅵ  | |      治める大帝国を築く。
   ./  | l|/ {《 ∨ツ     .ヾ乂ツ 》リ  .| |
      l| l| .ト{       ,      ,| ./ l 〉      そして、当時、険悪になっていたコンスタンティノープル教会に
      l| 八 .込\         ./.| / 从       対抗する為、東方教会におけるビザンツ帝国の様な
     .リ/| | | \  `  ´   .イ イ / {       自身の権力を守護する為の世俗権力を求めたローマ=カトリック教会
     / lハ ト、\._}o。..   イ//.| /ヾ|       によって、教皇から彼に「ローマ帝国帝冠」が、授けられる事になった。
         ヾ {\}三≧≦三}イ  .レ
         . イ::{:::::::::::|::::::::リ>、/         これは、「カールの戴冠」と呼ばれ、ローマ・ゲルマン・キリスト教による
      .. </::::::::::\::::::|::::::/:::::∧≧=-.      現代まで続く西ヨーロッパ社会が、成立したと言われ、
   r≦> ´ /:::::::::::::::::::\l/:::::::::/::∧. ` <>.、   また、ローマ教皇が、彼の頭に冠を授けたという事は、
   |{{   .〈::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::/:::∧.     ,}}|   世俗権力に対する教会権力の優位性を示す結果となり、
   |lト、   .≧=-z=<:::::::::::::::::::::::> ‘   / |||   以後、ヨーロッパ社会で教会権力が、力を増す一因ともなった。
   |l|∧    /::::::::::::::::> ´ \      ,′|||
  ノ|| ∧    / ̄ ̄ ̄ ̄       .\  .,′ .ll|   また、「ローマ帝国帝冠」が、教皇から授けられるという事は、
 Y |j/.∧   .|r‐ァ          r‐ァ,′ ,′ 八Y 後の神聖ローマ帝国のイタリア政策の原因の一つともなったと言われる。
 .| 「{ ./ ∧  .lr‐ァ          r‐ァ,′ {  / }}.|



彼の業績は色々あるけど、ここで重要視するのは2つ。

内政の為に「伯」を国内に設置した事、古典ラテン語を復興させた事よ。

146 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 22:32:40 ID:MWT4bj/M

            / У: : : : : : : : : : : : : : : : :\
           /: :〃: : / {: : : : i: : /: : : : : 、: : :`ヽ       まず、第一に「伯」の設置だけど、
          . : : : / : : : ト、: : : :∧: !: : : : : : :ヽ: : : : :       彼は、国内の地方行政の為に
         /: : : :/: :: :: :八:弋ト、{ ヘヽ:: : : : : ::人: :: : : : .     「伯」と呼ばれる役職を置いたわ。
          {: :: : :i: :: : : :リ /\{ヽ{`ヽ \: : : :ノ斗匕: :: :ハ
         ! : : : { : : : : レ   `     ) イ  レ: :ノ: :丿    これは、地方の内政、軍事、司法を任された役職で
          | : : :λ: :: : :ハ  ヾッ=z=      ,  //ノル'      主にその地方毎の有力者が、任命されていた様ね。
        , ′ 〃 ',: : : : ∧         `一!':´ !
       /: : /: : : !: : : : :∧         `   |: : :|
   , . : ´: : : /: : : : 八: : : : : ∧    ` ー    .!: : :!
  /: : : : : : /: : : : ノ: :i : : : : : : ヽ     ‐    / : : {
〃 : : : : : : : {: : : : ,': : : ! : : : : : : ハ、     .イ: : : : :八
i : : : : : : : : : ヽr‐ 、/,ノ : : : : : : : : } lトイ : : { : : : : : : :ヽ



            ,. -─── 、
         //  /      `ヽ
         /.:./  / / .:.  /     \        彼らは、役職の代わりにその土地の領有を認めらていたわ。
       / .:.:./   / ,斗-- 、:{:. .:. ヽ    ヽ
       /  /:  イ´l .:|l.:.:∧:|.:.:.: .:斗ー   ',      彼らは、その土地を世襲していく内に
       l ..:.:|:.:.   | ィチ才ミヾヽ.:.:.:/厶.: / .:  〉      独自性を高めて、封建時代の領主へと変遷していくんだけど、
       l.:.:.:.!:.:  ∨  }:ヘ.リ  ノ/仟テk';.:./ィ/      その中で、自身の土地が、どの土地の領有しているのかを示す為に
      ノ.:.::人:.   ヽ ゝ-'      ト;'ソ//!        自身の名前の前に土地名を冠する様になったの。
   /.:./.:.:.ヽ:.   ヘ       ` ` |:.: |
  /.:./.:.:.:.::.ノ.:}:.    ',     __    ,:.  |        これが、後々、家名や姓に変じて行くのよ。
/.:./.:.:.:.:.:.:/.:.|.:.:.  l    ´ ´ /.:  |
.:.:./.:.:.:.:.:.:.:./_ィ.:.:.:.   小    イ/:.:.:.:.  l
.:.〈.:.:.:.:.:./   ./.:.    }_,工,.´ー=〈:.:.:.:..   ヽ
 :ノ.:.:/   /.:.:.:.:   /.、 ∧ ̄入ヽ:.:.:.:.   \

147 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 22:32:53 ID:MWT4bj/M

                -‐…・・・…‐-ミ
            〃: : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
          . : ´: :,: : : : /: : : : /: : : ハ丶 : : \       そして第2に古典ラテン語を復興させた事ね。
          . : : : : ::/: : : :/: :从: :i: :〃: : } } : : :丶ヽ
        /: : : : : / : : : 斗七爪弋ト、 : : |/: ∧: :ハ: : .     前述した様に
         /: : : : : ,': : : : {〃´γヾミ八 l 、 : :廾ト、: :∧: :i     ラテン語は、ガリア全土で話されていたし、
       {: : : : : : !: :: :: :从  圦ソ  ` )イ≠、从: : : , !     フランク王国でも公用語の様な地位にあったわ。
       !: : : : : : ! : : : : ト   ー‐       卜ィ リ }: }八}
        ,′ : : : : {: : : : : |         、こ  /: :ノ ノ'     でも、ラテン語には、既にゲルマンの俗語が、
.      / : : : : : : i!: : : : : !             ノル'        入り込んでいて、書き言葉でも話し言葉でも
   , : ´: : : : : : : 人:: : : : |   n    -‐    八!        乱れてしまっていたの。
  / : : : : : : : : 〃Vヽ: : : :', r'丿          イ: : |
/ : : : : : : : : r‐'/爪: : : : : :/ { r‐ 、__ . .イ: : ノ: :: :{        カール大帝は、ローマ帝国の後継者とされていたから
: :/: : : : : : : ://///∧ : : : ,′´/⌒つ : : :! : : : : : :{        彼は、これを何とかしようと考えたと言われるわ。
〃: :: : :x≦///////∧: :: :ヽ  / 二) : 八 : : : : 八
{ : : : : }/,/////////∧: : :∧  ヽメ//个、:ヽ: : : : : :.
ハ : : : く,///////////∧ : :┌―‐‐┐///∧:: : : : : : :.

148 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 22:33:50 ID:MWT4bj/M

             ,. -‐===‐-
          , : :´: : : : : : : : : : : : :`丶、
         〃:: : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ
.          /´:: : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : ハ       彼は、イングランドから神学者であったアルクィンを招いたり、
         /: /:: :: :l:: :: :l: :: : : : :ヽ: : : : : : ',: :: :∧      宮廷や教会等に学校を開いて、
.       /: / : : : :|:: ::/i: : : : : : : ',: : : ヽ: :∨ : : !      正しいラテン語を学ばせようとしたの。
      {: /: : : :从 : ハ: : : : : : :人: : :从: :}: : : :|
      |: i:: ::斗-‐廾‐-、: : : : 斗-‐廾ト、::!: : : :|     この動きは、カール大帝の宮廷内での動きだったけど
      |:ノル': :{z≠=z、   7: ::ノ ,xz=≠、 }: : : !::|     古典文化の復興させようとした動きを14世紀のルネサンスに
       |: : : : 从 fゞ、,ィ` ノ'´  爪ゞ、ィ 从: : :ハ::!     なぞらえて、カロリング=ルネサンスとも言われているわ。
.       八: : :∧. ∨匕!,      匕::::リ / : : /:: :ハ
     /: : : ',: ハ ´      ,       ./:: : : i: : : :ヽ
      /: : : : :i: : : ',      、__,    八 : : ハ:: : : :\
   /: : : : : :|:: : : :ト             イ: : : : :i : ',: : : : : :\
 , : ´:/: : : : : : !: : : :ハ : : ト   _  イ: : ,': : : : : !: : ヽ:: :: : : : :ヽ
./: : :/: : : : : : :ノ : : : : }く ==、 ,-==┐: : : : : :{: : : :`ヽ: : : : : ',



                 __
            _, '"´      `丶、
           /            \         これらによって、
             / ,' /  / /  ヽ   `ヽヽ        ラテン語は、復興をするんだけど、
          l l j __ // ,イ   、ハヽ   }! ハ       これは、宮廷や教会・・・・・・つまり上流階級しか
          l l 「 j_从7ヽハ  !七大 ` } リ }/       正しいラテン語は、広まらなかったの。
           | l Vf゙仡圷/ jl ノィアト、ヘ// /
            j l  l  V_:ソ  ´  V:リ /jイノ         一般庶民は、変質したラテン語を話していたのよ。
          ,' ハ ヘ.       '  ` ,'  l !
           / / l  ヽ   ー ‐  .厶 |ハ          この変質した口語のラテン語が、
        //' ∧  弋ト 、 __ , r<7  l ヽ         後々のフランス語やスペイン語といったロマンス諸語に。
     / / / ∧   Vー、 Kヽ{   ヽ  ヽ
    /  /./  /¨}   ',__∧_j_l::::ハ   \ }/      正しいラテン語は、
    ,′  l {  /:::/   /::::ヾ ☆Y:::ハ    X        文字を使う上流階級に広まった為、ロマンス諸語の
    {   V r'::::::/   /::::::::::\__j:::::入xぅ/  \      書き方に影響を与える様になったの。
    ヽ  l  { :::/   /::::::::::::::::::V://∠     ',
     }  ! j/  /:!::::::::::::::::::∧V _二}:ヽ   /      ロマンス諸語では、『H』は、発音しないにも関わらず、
     /  /  {   〈:::::::l:::::::::::::::/:| j/ -ーソ:::ノ   /      実際書く際には、『H』を書くのは、
    / /  |ヽ  \:::l:::::::::::/∠/j  rテ':〃  ( ヽ   ,    この影響によるものだという説があるのよ。
 / /  、__jノ   ∧{::::::/ ,/ {  _/:::ハ   `ー彡
/   〃  、__ >   /::;>'´   /! ∨ヘ::::ヾ::\   < _   まぁ、諸説の中の一つの説にすぎないけどね。
ヽ  {{    =ァ 彡<::/     { >く{ ヽ:::::ヽ:::::ユ=―'´

149 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 22:34:25 ID:MWT4bj/M

これにて本日の投下は、終了とさせて頂きます。

見て下さった方々に感謝を。

明日は、21:00頃から『第2章 世界の姓  - フランス編 Ⅲ -』を始めたいと思います。

しかし、明日から一週間ほど、
とても忙しくなる為、突発的な投下の延期を行う事が、増えるかもしません。

読者の皆様には、大変、御迷惑をお掛けしますが、
御理解とご協力の程を宜しくお願い致します。

それでは、お暇な時に覗いて下されば幸いです。

151 小さな名無しさん@この板は300レスまで 2014/11/09(日) 22:41:41 ID:IoPXdzsI

書記と発音が別々に発展したから読まない文字が出てくるのか
勉強になるな

152 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 23:07:30 ID:MWT4bj/M

小ネタ 小ピピン

153 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 23:08:15 ID:MWT4bj/M

.            -=ミ 、
            \ヽ
.               __Vム  ,- 、
            /  ヘ', } 7  \
.          /   ∧ Ⅳ,i| !  ヽ
.        /    i .}:ミ∨f千 }    :、
       /    i ,'| !     l 'Ⅵ   \
.      / ;'  | ト.L__,: __,|/≦|    |\\
      {/|   i:弋り     弋り|.   |  `丶
.        |   |  ̄      ̄ |  .! |
.         | ハ  .|    ’  _,  !.i | i
.          |′∨.|、 ー   ̄   リ| ,'り
             ', !、{ ヽ__, ィヘ,. イニ!' Y
             ', |:} / ∠_}|ニニ}>、__
       /フ´:iリ.!{i′  ー、.}L_ニ!:::::::::::y:::\
      /::{::::::::::|〈 j    r-|==}7::::::::/::::::::::::Y
     _{::::::::|::::::::::|_/     rチr=='::::::,:'::::::::::::>'∧
    /::::V:::::i:::::/:{{   ≠ニ||ニi:::::/:::::::/:/ ̄::ム
.    {::::::::∨:::Y::∧ ヾ __,.イニニ||ニj::::/:::/::/::::::::::::::::}
.   }':::',::::::>:´:::::∧\\}}ニニ||=':://:,'::/::::::::::::::::::::/
   i:::::::',::'::::::::::::::::::\≧チ∨「||7::/:::::::レ::::::::::::::::::::::::i
    l::::冫:::::::::::::::::::::::::::>='リ二|!::i::::::::::{::,'::::::::::::::::::::::|

今回出て来た小ピピンだが、
彼の他にもピピンは、後二人いる。



           ,. --──-  _
          fz{ゞ--ミメ、ー‐z_ \
         //      Ⅵ  `ミ ∧
.        / j , -- 、  '´|ー-  ミ丶}
       / 〈_ -=ミ __r= |=ミ__ Ⅳ リ
        {  .L_ ,./^L__|_j⌒/⌒Y
        |   |   {    l    {ノ.ノ
.      八  ト、  ゞ^   l/  /rf^ヽ、
        ` |ーz __  j   {-! |::: ∧
           {彡 ´r-、`  ト .,/、{_}┐ !
          L_/_L_ ̄_厶斗 _,ハ .|
          /      ,. </:八|
         「  jハ ,. <:::::/∨:::::::\
          厶ト∠  }'::::::::::/::::::: ∨::::::::::\
            {__/,ィ/::::::::::/::::::::::::::: ∨::::::::::ハ
         /::/=∧::::∠:V:::::::::::::::_」::⌒\:::',
.         /<二=/:::::::/:::::∨:::::/:::::::::::::::::::: |
        /二ニ=/:::/:::::::::::: |/::::::::::::::::::::::::::::|
.        /ニニニ//:::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::|

1人目は、大ピピン。

7世紀初め頃、内紛続くメロヴィング朝にて
クロタール2世を奉じ、内紛を沈めた。

後にカロリング朝に至るまでの
基礎を築いた人物として知られる。

154 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 23:08:44 ID:MWT4bj/M

          ヽー-- ..,,_\
          -=' 丶、   `ァ- _
         /    _ -=ニヘ ∠   >
      __ァ′    _ -‐ァ アマニ‐  \
.       7       / /    ^ミミx 7
     厶ィ/   イ / /"⌒   ヽミ,⊥、
.       7   /⌒/  '≠ァx     ,、 }
.      //|/rそト   ″ じリ     )),′
        ∧ヘヾ'              (ノ
            .   r'            i!
             :.   `     '    '卜、
          丶  `¨´   //  j
             > ..__ _ .∠/   ∧
           /     ハ/    ∧ 丶
             |/へ、  / l{ヽ、   /     、
            | /'  廴j ヽ  、 /   /〉  丶
        ,.ィ |/く   ″}  ', |`′ / ̄ ̄`ヽ

2人目は、大ピピンの孫で小ピピンの祖父にあたる中ピピン。

7世紀の終わり頃に他の宮宰を失脚させ、
フランク王国唯一の宮宰として国を実権を握ったとされる。



.            -=ミ 、
            \ヽ
.               __Vム  ,- 、
            /  ヘ', } 7  \
.          /   ∧ Ⅳ,i| !  ヽ
.        /    i .}:ミ∨f千 }    :、
       /    i ,'| !     l 'Ⅵ   \
.      / ;'  | ト.L__,: __,|/≦|    |\\
      {/|   i:弋り     弋り|.   |  `丶
.        |   |  ̄      ̄ |  .! |
.         | ハ  .|    ’  _,  !.i | i
.          |′∨.|、 ー   ̄   リ| ,'り
             ', !、{ ヽ__, ィヘ,. イニ!' Y
             ', |:} / ∠_}|ニニ}>、__
       /フ´:iリ.!{i′  ー、.}L_ニ!:::::::::::y:::\
      /::{::::::::::|〈 j    r-|==}7::::::::/::::::::::::Y
     _{::::::::|::::::::::|_/     rチr=='::::::,:'::::::::::::>'∧
    /::::V:::::i:::::/:{{   ≠ニ||ニi:::::/:::::::/:/ ̄::ム
.    {::::::::∨:::Y::∧ ヾ __,.イニニ||ニj::::/:::/::/::::::::::::::::}
.   }':::',::::::>:´:::::∧\\}}ニニ||=':://:,'::/::::::::::::::::::::/
   i:::::::',::'::::::::::::::::::\≧チ∨「||7::/:::::::レ::::::::::::::::::::::::i
    l::::冫:::::::::::::::::::::::::::>='リ二|!::i::::::::::{::,'::::::::::::::::::::::|

同じ名前の人物が居る為、
大中小と名付けられている様に見えるが、
この小ピピンだけ少々由来が、違うと言われる。

それは・・・・・・

155 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 23:09:08 ID:MWT4bj/M

      ,. --──-  _               ヽー-- ..,,_\
     fz{ゞ--ミメ、ー‐z_ \              -=' 丶、   `ァ- _
    //      Ⅵ  `ミ ∧          /    _ -=ニヘ ∠   >
   / j , -- 、  '´|ー-  ミ丶}        __ァ′    _ -‐ァ アマニ‐  \
   / 〈_ -=ミ __r= |=ミ__ Ⅳ リ   .       7       / /    ^ミミx 7
  {  .L_ ,./^L__|_j⌒/⌒Y        厶ィ/   イ / /"⌒   ヽミ,⊥、        -、、
  |   |   {    l    {ノ.ノ   .       7   /⌒/  '≠ァx     ,、 }          \ 、
  八  ト、  ゞ^   l/  /rf^ヽ、  .      //|/rそト   ″ じリ     )),′         ,.-ヽV´ ̄`ヽ、
    ` |ーz __  j   {-! |::: ∧         ∧ヘヾ'              (ノ         / /`ニ´\ニニニ`=、、
     {彡 ´r-、`  ト .,/、{_}┐ !          .   r'            i!        /   /ニニニニニニヽニニニニl 、
     L_/_L_ ̄_厶斗 _,ハ .|           :.   `     '    '卜、     '´|   lニ_ニニニニ_ニ|ニニニlコニト
      /      ,. </:八|           丶  `¨´   //  j     { |   |((_,))ニ((_,))|ニニト!‐l、
     「  jハ ,. <:::::/∨:::::::\            > ..__ _ .∠/   ∧     j |  l | ニニニニニニニ|ニニ|fヽ !
    厶ト∠  }'::::::::::/::::::: ∨::::::::::\         /     ハ/    ∧ 丶    !,|  ト|  ニ_,ニ,ニ,ニ,_ニ|ニニ|ソ/
     {__/,ィ/::::::::::/::::::::::::::: ∨::::::::::ハ       |/へ、  / l{ヽ、   /     、  i |  ! ,ィく∧∧∧∧>|∧|<
    /::/=∧::::∠:V:::::::::::::::_」::⌒\:::',       | /'  廴j ヽ  、 /   /〉  丶  } |  i、´|「三三三三|「//ニニ\
   /<二=/:::::::/:::::∨:::::/:::::::::::::::::::: |     ,.ィ |/く   ″}  ', |`′ / ̄ ̄`ヽ |∧| `lj'-ァ三三 'lj /ニニニニ\
  /二ニ=/:::/:::::::::::: |/::::::::::::::::::::::::::::|     i. l |  /ト./ / /! |  /         i       /`'ー一 ''´ニニニ/ニニヽ
  /ニニニ//:::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::.       |Ν , ノ/  Y  ∧  /   /     |     /  ニニニニニニニニ/ニニニニニl

                  彼が、同時代のフランク人に比べて非常に小柄だった為、
                  小ピピンと名付けられたとも言われている

                  事実、彼は、「短躯王」とも呼ばれている。

156 ◆S.DnKL8wio 2014/11/09(日) 23:09:41 ID:MWT4bj/M

        ,.y __                         r-、r=、__
     ,-/ {{i´r//}        z--、ヾ、 /ヽ、       < ヽ Y Ⅵ ト ヽ
    {      〈        /  \∨/  \        /,′     /
    ト、_   ,. - ≧   ./   /ニニニニ:、 \    7 ̄: ` :ト、/
        >'´: : : : : :',  /  /`ー ミ元ヲ'´ ∨ ヘ  7: : : : : : : :.`Y
      ',: : : : : : : : :', .// ,イ `ー '´ニ`ー '´Vハヾ 7: : : : : : : : : 7
.         ',: : : : : : : : :',Ⅵ /:i  「 ̄ ̄ ̄ ̄`i |、 ' 7: : : : : : : : : 7
       ',: : : : : : : : :', },{ (!  |VVVVVVⅥ |', |7: : : : : : : : : 7
        ',: : : : : : : : :', | Y  |:::::::::::::::::::::::::::! レリ.': : : : : : : : : 7
        ',: : : : : : : : :',:/.i  !:::::::::::::::::::::::::::| | ': : : : : : : : : 7
          ∨: : : : : : : :ト、ヘ│:::::::::::::::::::::::::::! 从: : : : : : : : :./
         ∨: : : : : : : i: Y`!:::::::::::::::::::::::::::::i': :i: : : : : : : : :/
             ∨: : : : : : :i: : :ト、∧∧∧∧∧|: i: : : : : : : :./
           ∨: : : : : : i: :.|           |:.i: : : : : : : /
               ∨: : : : : i: └┬:┬┬─r:.┘!: : : : : : /
            ∨: : : : :',: :..:.|//! |//|: : :,': : : : : :/
            ,': : : : : : :',: :..|//! |//|: :,': : : : : : {
               i: : : : : : : : ゙,.:.|//! |//|:/: : : : : : : |
            i: : : : : : : : : : j//.∧i///!: : : : : : : : :i
             |: : : : : : : : : /i/./:::∧//ハ: : : : : : : : :i

なお、余談であるが、
彼の父であるカール=マルテルや子供であるカール大帝は、
長身の美丈夫であったと伝えられている……。

157 小さな名無しさん@この板は300レスまで 2014/11/09(日) 23:20:22 ID:ZfsIX0kI
と、等価交換(震え)

□ やるやらで学ぶ人名講座 第2章フランス編Ⅱ
目次 イントロダクション キャスト 予告 初回 CM 前回 次回
関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ちなみにクロタールと言う名前は現代フランス軍の対空ミサイルにもつけられているんだぜ
まめちしきな
[ 2014/11/21 16:20 ] [ 編集 ]
>また、その一世紀にも渡る交流の中で上手く、自分たちのゲルマン文化とローマ文化を融合させ、
 >彼らのゲルマン文化の中にローマ文化を受容させる基礎を作っていたの

自前の法典つくったりいろいろアイデンティティの維持に優れているな
[ 2014/11/24 17:22 ] [ 編集 ]
あれ、フランク人の名前の由来って投げ斧のフランキスカからとったんじゃなかったっけ?
[ 2014/11/25 19:03 ] [ 編集 ]
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:極門散人

Twitterで更新情報や
与太話を呟いています

カテゴリ
最新記事
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
全記事表示リンク
人気ページランキング
ブログパーツ
アクセスランキング
リンク