嗚呼! やる夫道

やる夫系作品のまとめブログ

やるやらと学ぶ人名講座 第2章 世界の姓  - イタリア編 -

□ 知識・学ぶ系 人名
目次 イントロダクション キャスト 予告 初回 CM 主要登場人物:やる夫 やらない夫 他
102 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:25:31 ID:Rl1mCy1k

第2章 世界の姓  - イタリア編 -

103 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:25:52 ID:Rl1mCy1k

  _
  |:  |
__,.|:  |__,.,_ _ __ __,.,___,.,__, ,__,.,_ ____ __,.,_ _ _ ,.,___,.,__,, _, _,, _ __,.,___,.,__,,____ ,_.
  |:  |
  |:  |               __________
  |:  |            /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\           _,,-
  |:  |            //   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         |_,,-
  |:  |          ∠/      \_________\         |.i-
  |:  |           | ___  |    | ̄| ̄||≡|   |_           !.l-
  |:  |           |/\   \|__|_|_||≡|_ |」___    |
  |:_|          //  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ .,,-''!.i-
  || ̄|          ∠/     \______________\,:::!.i-
  ||≡|  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,      |___i ..| | ̄| ̄|||≡| ,;:'""':;,"'':;,"'':;,
  ||≡| i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,      |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|i':::::::::::::'i::,:::i,::::i,
  ||≡| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |┐┐|||| :::| └| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ||≡|::::::::              |   |┐┐|||| :::|__| | ─┐
  ||≡|::::::::              |   ├―――‐|   | |   ̄
  |: ̄|::::::::             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
,、,.|,.、.,|、.,.,,.、.,、,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.|,、,.、.、、.,,.、.,.,,.、.,.,,.、,.,| |、.,.,,.、.,.,,.、.,、.,.,.,,.、.,、.,.,.,.,.

104 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:26:10 ID:Rl1mCy1k

         ____
       /      \       ・・・・・・前回の続きをやるって言ってたけど、
     /   _ノ  ヽへ\     どうして、やらない夫の家でやるんだお?
    /   ( ―) (―) ヽ
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |    それにゲストって一体・・・・・・
    \     ` ⌒r'.二ヽ<
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
  {   {         \`7ー┘!



         ____
       /     \        ・・・・・・はぁ、考えても仕方ないお。
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \     とりあえず、教えて貰うだけよしとするかお。
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ

105 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:26:33 ID:Rl1mCy1k

     / ̄ ̄ ̄ \
    /::::::::::::::::    \
  /::::::::::::::::       \
  |::::::::::::::::::::::::        |  /⌒ ポチッ              ピンポーン>
  \::::::::::::::::        / /  /
    | :::::::::::::::      ̄ ̄ /
    |  :::::::::::::       |--‐‐'
    |  ::::::::::     |



               -―─- 、
           /         \      やらない夫ー?
         ′  ⌒    ⌒   ,
          i  ( ―)  (― )  i     遊びに来た・・・・・・
          |     (__人__)    |
          、           ノ
      ⊂⌒ヽ  >       <_/⌒つ
       \ 丶′             7
        \ ノ           ト、_/                         ガチャリ>

106 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:26:55 ID:Rl1mCy1k

:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||           _____         |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||        . : : : : : : : : : ::ヽ      |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||       /: :/: : : : : : : : : : :.     |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||      ,': :/: :/: : : : :}: : : : :l!:l    |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    はーい!!
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||      .: : l!: :l: :/:://l!ハ: : : :l::l    |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||      i: : :.Vl=/_- ./ ー_ヽノ::!    |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||      |: : |::|! {ヒ!.   {ヒ! l::: |     |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||      l::::::l::l ''''  ,  '''' ハ: |     |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||      ヽ/从>、  ー   イ从ノ     |:::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||     .::≦:::く:::::`:::==''::ノ--....、     |:::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||    /::::::::::::::::`:≧=≦:ヽ::::::::::::::.   |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||   ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|o:::::::::::::',   |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||   /:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::|o:::::::::/::ハ  |:::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||  〈_::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::|o::::::/::::::::|  |:::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||   ,'≧ー-<_::::::::::::::::::::::|::::::/::>:´l  |:::::|.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||   |:::ヽ::::/{{::::「:::: ̄:::: ̄::::´::7_::_::::  |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||   |:::::::::::::::::::>,:__::::>-</:::::::ヽ:|  |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||   \:::::::::::::::::::::::::::/`ィ´-  ヽ::::::::::|  |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||    `<:::::::::::::::::::{  `ァ''´ ノ:::::/  |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ガチャリ

107 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:27:26 ID:Rl1mCy1k

         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /( ○)  (○)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・



        / ̄ ̄ ̄ \
       ノし ゙\, .,、,/"u\     おい!!
     / ⌒ (◎)ヾ'(◎)u \
      | u  ⌒゙(__人__)"⌒ u |    やらない夫!!
       \ u   `ヾ,┬、/` ,/
.       /⌒/^ヽ、 )__( ,ィヽ、
      /  ,ゞ ,ノ ゙⌒" ,  ゝ、
     l /  /      ト/.\\

108 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:27:45 ID:Rl1mCy1k

                   / ̄ ̄ \
          -`  ⌒ ヽ、_    \       ・・・・・・ん?
            ´   ●)(● )     |
.               (_人_)    |      何だ。
                 '、       |
               |         |       えらく騒々しいと思って来てみたら
               | 、     .ィハ、_     やる夫じゃないか。
               ≧ュ─ー ´:::::::::.......ヽ
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...>、
            ,.<..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
         /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
          j ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/..::::::::::::::Λ トコトコ



        ___
      /:::::::::::::::::ヽ         ____
    / :::::::::./ ̄ ̄ \____ ,. --ー.....:::::::::::::::::::.. \
   / :::::::::: ⌒´ ヽ、,_  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
   i :::::::::::(●).(● )    |::::::::::::::::::γ::::::::::::::::::::: ノ
   | ::::::::::::(__人___)    |:::::::,. -ーy::::::::::::::::::::: /       どうしたんだ?
   | :::::::::::/::'、           | ̄   _/::::::::::::::::::::: /
   | :::::::/::::: |        |   /...::::::::::::::::::::: /         そんなに怒鳴って?
   .| :::::::::::::/|       /レ-,.イ:::::/::::::::::::::::: /
   i:/:::::::::::: ヽ__、____,. "//::ノ.:::::/:::::::::::::::: j
   r:::::::::::::::::::「二二二 ::::::::::/::::::ノ::: 、:::: //
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::r

109 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:28:05 ID:Rl1mCy1k

        ノ L____
       ⌒ \ / \       見損なったお!!
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \     まさか、こんな幼気な少女を家に連れ込むなんて!!
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl



            / ̄ ̄\
          __ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |       ・・・・・・はぁ?
          (__人___)    |
              |` ⌒´   u. |
           |        |
           ヽ      .イ
          __「ヽー'ーー"/7_
    _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄:::::/::::::ヽ、
   /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー、
  丿;;;:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  i ;;;;;:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !

110 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:28:50 ID:Rl1mCy1k

                                  何を言って・・・・・・>
  _     <何しらばっくれて・・・・・・
  |:  |                            いや、この子は・・・・・・>
  |:  |
  |:  |                                あ、あの・・・・・・>
  |:  |               __________
  |:  |            /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\           _,,-
  |:  |            //   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         |_,,-
  |:  |          ∠/      \_________\         |.i-
  |:  |           | ___  |    | ̄| ̄||≡|   |_           !.l-
  |:  |           |/\   \|__|_|_||≡|_ |」___    |
  |:_|          //  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ .,,-''!.i-
  || ̄|          ∠/     \______________\,:::!.i-
  ||≡|  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,      |___i ..| | ̄| ̄|||≡| ,;:'""':;,"'':;,"'':;,
  ||≡| i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,      |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|i':::::::::::::'i::,:::i,::::i,
  ||≡| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |┐┐|||| :::| └| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ||≡|::::::::              |   |┐┐|||| :::|__| | ─┐
  ||≡|::::::::              |   ├―――‐|   | |   ̄
  |: ̄|::::::::             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
,、,.|,.、.,|、.,.,,.、.,、,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.|,、,.、.、、.,,.、.,.,,.、.,.,,.、,.,| |、.,.,,.、.,.,,.、.,、.,.,.,,.、.,、.,.,.,.,.

111 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:29:03 ID:Rl1mCy1k

            |                                   ,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
            |__       ____________           ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
              /  ./|      |~l~i~~~i~~~~~|~i~~~~~~l~~i~~'|         ||\  ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;
             | ̄ ̄|  |      |  |   |    | |   |  | |  |         ||  \
             |    |  |      |  |   |    | |   |  | |  |         ||    |\
     ____    |    |  |      |  |   |    | |   |  | |  |         ||    |  \
   . / /|/| |_  |゚ |        .|  |   |    | |   |  | |  |         ||.0   |    \
 / ./|||| |  |∠/| |  |        .| ノ.       |  !  | ノ .|  |          ||    |    |
 | ̄| ||||/|/::/(二).|  |____.|,,,,,,,,,,,,ノ,,,,,,,,,人,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ,,,,,,,|______||    |    |
 |  |/|||| |/| ⊂ノノ__|/                 ___________ \   |    |
 |  | ||||/|/|  木                   /※※※※※※※,,,ヽ   \  \|.   0|
 |  |/|||| |/  ゚ ゚ ゚                 / ※※※※※※※※※\   \  \   .|
 |  | ||||/                       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \_|
 |_|/            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|                l⌒l⌒l i⊂⊃i   |\ \
/            /           /_,|                ⌒'⌒ l______,l   |  | ̄|>
             | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|                              |\|_|
             |_|            |_|                            |  |

112 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:29:44 ID:Rl1mCy1k

         ____
        //   \\
      /(―)  (―) \      ・・・・・・えーと。
     /   (__人__)   u \
      |    ` ⌒´      |    つまり、彼女は、やらない夫の友人の妹で
      \           /     今日は、彼女のお兄さんが、用事で居ないから預かったと・・・・・・。
        /         \
       |              )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ



     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    ..-::::::::::::::::::::::::::::....、   丶
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   丶
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /:::::: - ''77 ̄| ̄| ̄:`丶::::::丶   、     はい!!
   | :.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:::::/.:.:.:.//  | | .:.:.:.:.:.:.:.\::: 、
   | :.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:::://.:.:.:.//    |  ト .:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ::}  |     『Henrietta Croce』「アンリエッタ・クローチェ」と言います。
   | :.:.:.:.:.:.:.:.:. |://:.:_...//--- 、 | 丶丶______.:.:.:.:}:|  |
   | :.:.:.:.:.:.:.:.:. レ /77 ̄ ̄ `丶!  ×\ ̄`丶レ ||     やらない叔父様の友人である兄さんの妹です。
   | :.:.:.: | :.:. !レ彳´ /      |    \\ ミイ| ||
   | :.:.:.: | :.:. !´| !/ ニニニニ丶、/    -- 、\ハ! | |     よろしくお願いしますね!!
   | :.:.:.: | !  ! | ! ´ ̄ ̄ ̄丶    -=== ハ |  ! !
   || | :.: | !  ! | !                ムリ |  | !
   || | :.:. | !  ! | !  /////   丶  //// ムイ!!| | | !!
   || | | | | ! ! .! | !         ′    ハ| !||| | | ハ
   |ハ| | | |ハ ! !ハト、    ‘、 ̄ ̄ フ    イ リ !||| | | ! !
   丶ハハハレハレNハ!N丶、..        ,イハレハレハレノハリ
         `.爻 ┴─-`ニ=┬=〔´^ ^ ノノノ^レノ ′
    ___________ |:.:.:`¨¨ ー--┴─仆|

113 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:30:27 ID:Rl1mCy1k

         ____
       /      \      あ、はい。
     /   _ノ  ヽへ\
    /   ( ―) (―) ヽ    やる夫と言いますお。
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |
    \     ` ⌒r'.二ヽ<   よろしくお願いしますお。
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
  {   {         \`7ー┘!



                / ̄ ̄ \
               ⌒  `⌒  \     v-,     彼女のお兄さん・・・・・・俺の友人の
            ( ●) ( ●)   |     | r     『Gioseffo Croce』「ジョゼッフォ・クローチェ」は、
             (__人___)     |      | |      アンスロポニミーの調査の為に、ご家族でイタリアから来日しててな。
             '、        |     | |,.-、.
          ,,. -ー|         |ヽ__/ ̄ヽ` r´    彼らは、この近所に家を構えたから
         / .::::::、::|       /ィ::::〔 ̄ ̄ `' ト-、   ご近所としての付き合いから彼ら家族と知り合いになったんだ。
        l :::::::::::::::::ヽ__、____,. ":::/::::〔 ̄   l:::. ヽ
        」 ::::::::l:::: ::::::「二二::::/ :::::::ヽ y   l::::::. ',
        l :::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    l:::::::: i
       / ::::::ー-ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_/:: L::::|
      / :::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::|::|
     / ::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 ::::::::::::::::::||
    / :::::::::::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::V ::::::::::::::: |

114 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:31:17 ID:Rl1mCy1k

             ____
           /   ― \        ふ~ん。
           /   (● )  ヘ\
        |   (⌒   (● ) |      ・・・・・・所でアンスロポニミーってなんだお?
         ヘ     ̄`、__)  |
           ヽ           |      何かの生き物かお?
         , へ、      _/
            |          ^ヽ
            |      1   |



     /. : / : :/ :/ : /: //ハ: : :∨: : : :∨:ヽ: : : : : : : ム
      l: : :{: : / :/: : :// /  ∨: :∨: : : :∨: Y: : : : : : : :     あはははっ!!
      |: : :l: / :/__:彡<.  /  ,_--:=:∨、: : :∨:|: : : : : : : :|
      |: : :|: /イフ__`´  /     _ ̄ヾミ≧ヽ!:|: : : : : : : :|     違いますよ。
      |: : :|∧´./仏o.      . '´{7示o` .}:|: : :|: : l: : : : : |
      |: : :|:::: . 弋::ソ      弋_:::ソ  |:l: : :l : :l: : : : : |     アンスロポニミーと言うのは、人名学を意味する英語ですよ。
      |: : :|:::::ム  ¨        ¨¨´  .l:l: : :|: : |: :|: : : |
      |: |: |!::::|::     .,         .l::l: : :|: : l: ,: : : ::
      |: |: |!:|::|ハ    、    ,       ,'::ノ:/::|: : :/: : : ::l
     V|: l!::ト、!::ヽ    ̄ ̄´     ./ : / : l!: :/: :| : : :
      ヽ八从ハ::>      _ .. <: : /从/l!ノ八:从::ノ
             .ィ_}   ̄  __.. -'-<
            {   ̄ ̄ ̄     _}
             丿           \

115 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:32:03 ID:Rl1mCy1k

               ____
             /      \       へぇ!!
           /   ⌒   ⌒\
          /   ( ●) ( ●)ヽ     よく知っているおね、アンリエッタちゃん。
            l      ⌒(__人__)⌒ |
          \     ` ⌒´   /
          /             ヽ



                / ̄ ̄ \
               ⌒  `⌒  \        彼女は、お兄さんの影響からか
            ( >) ( ●)   |        姓名に関しては大人顔負けでな。
             (__人___)     |    
             '、        |        今日、預かるついでに、彼女に頼んで
          ,,. -ー|         |ヽ___     ゲストとしても参加して貰う事になっているだろ。
         / .::::>-、_ ___     /ィ::::::::::::..`' ー-、
        l ::::://// ,ヽ__,. ":::/::::::::::::::::::::::.. ヽ
        」 :::/     代_|二::::/ :::::::::::::::::::::::::::::::..\
       l ::::/__    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::: i
       L√:::::>、<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l :::::::::::::::::: |
       ハ::::::::::::::::v":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::: |
       ハ::::::::::::::::: 〉ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::/::||
      ハ:::::::::::::::::: i/\:::::::::::::::::::::::::::::::::::;| ::::::::::::::::::: ノ::|

116 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:32:53 ID:Rl1mCy1k

. /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : ヽ: : : : . ヽ
/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /:/: : : : : : : : l: : : :l : : : : . .
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /:/:/: : : : : : :/: : :l: :|: : : : . . l
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l:/!: l: : : : : : /:/: :/l: l! : : . . . .!
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l!::|: l: : : /_/_/_/ム/,,l l : : : /..l     そんな、大人顔負けだなんて・・・・・・
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ::l: /  7__=、 7/ /::::::/}./
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :Y  イ .心!`   /:::/ノ      兄さんの横で覗いていたら
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::|    {r'l    {イ:|        自然と覚えただけですよ。
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::|    `¨    ヽl
: : : : : : : : : : : l: : : : :|: : : : :|: : :l: : ::| XXXXX     `
:::. :|:. |:. : : |:. : |: : :l:. |:.. : :: :l:::. :|:. : |           /
.l::. l:...|::::. :.l::::. l!:::..l!::.|:::. ::::::|::::. l:. : |        ___, /
l!ヽ:l::::l::::::. l:::::::ト:::::l::::l:::::l::::::l::::: l::... |        ´ニ´::|
  ヾ从:ヽ|八::l. ヽ::::从:lト、:ト::::::|::::::|       /:::リ
   ┌‐ヾ777ヾ77ヾ77ヾァヽ∧!ヾ::|      /:/リ/
   {//////////////////∧ァ,、/ ̄ ̄フフ´/ /
   //////7777777//////////77,、



             / ̄ ̄\
             ⌒  `⌒  .\
            ( ●)( ●)  |     いや、いやアンリエッタちゃんの能力は、
           (__人__)      |     俺が保証するだろ。
            l` ⌒´    |
           {         |     傍から見ても大人顔負けだろ。
           {       /
       _. -: ´Λ     _.へ` 、
      r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_
    /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
    |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
    〈: : : :::: _ -¬--―-、: : く:r 、: : : V }
    /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|

117 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:34:13 ID:Rl1mCy1k

. /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : ヽ: : : : . ヽ
/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /:/: : : : : : : : l: : : :l : : : : . .
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /:/:/: : : : : : :/: : :l: :|: : : : . . l
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l:/!: l: : : : : : /:/: :/l: l! : : . . . .!
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l!::|: l: : : /_/_/_/ム/,,l l : : : /..l
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ::l: /  7__=、 7/ /::::::/}./
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :Y  イ .心!`   /:::/ノ     もう、やらない叔父様ったら・・・・・・。
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::|    {r'l    {イ:|
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::|    `¨    ヽl
: : : : : : : : : : : l: : : : :|: : : : :|: : :l: : ::| XXXXX     `
:::. :|:. |:. : : |:. : |: : :l:. |:.. : :: :l:::. :|:. : |           /
.l::. l:...|::::. :.l::::. l!:::..l!::.|:::. ::::::|::::. l:. : |        ___, /
l!ヽ:l::::l::::::. l:::::::ト:::::l::::l:::::l::::::l::::: l::... |        ´ニ´::|
  ヾ从:ヽ|八::l. ヽ::::从:lト、:ト::::::|::::::|       /:::リ
   ┌‐ヾ777ヾ77ヾ77ヾァヽ∧!ヾ::|      /:/リ/
   {//////////////////∧ァ,、/ ̄ ̄フフ´/ /
   //////7777777//////////77,、



     /. : / : :/ :/ : /: //ハ: : :∨: : : :∨:ヽ: : : : : : : ム
      l: : :{: : / :/: : :// /  ∨: :∨: : : :∨: Y: : : : : : : :
      |: : :l: / :/__:彡<.  /  ,_--:=:∨、: : :∨:|: : : : : : : :|    ・・・・・こほん、
      |: : :|: /イフ__`´  /     _ ̄ヾミ≧ヽ!:|: : : : : : : :|    それじゃあ、早速ですが、始めさせて頂きますね。
      |: : :|∧´./仏o.      . '´{7示o` .}:|: : :|: : l: : : : : |
      |: : :|:::: . 弋::ソ      弋_:::ソ  |:l: : :l : :l: : : : : |    まず、欧州の姓名の変遷について話しますね。
      |: : :|:::::ム  ¨        ¨¨´  .l:l: : :|: : |: :|: : : |
      |: |: |!::::|::     .,         .l::l: : :|: : l: ,: : : ::
      |: |: |!:|::|ハ    、    ,       ,'::ノ:/::|: : :/: : : ::l
     V|: l!::ト、!::ヽ    ̄ ̄´     ./ : / : l!: :/: :| : : :
      ヽ八从ハ::>      _ .. <: : /从/l!ノ八:从::ノ
             .ィ_}   ̄  __.. -'-<
            {   ̄ ̄ ̄     _}
             丿           \

118 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:34:34 ID:Rl1mCy1k

           ,,-、く~~ヽ、 っ  ヽ,          /~~ (
           (    __ノ ヽ-,  |          )  /´
          _/     | _ ,ノ   ヽ         `) ~|
         \___ノ )`´    |        __ ,)  レ~、
                ,-´、_    ´つ   /~~~´
              ,,-~~`   ,,ノ   /
              ´~~~~、_ノ ,~-´
                  、-、 ,,-ノ
              |~~~~`ツ
              `ヽ,
                ~ヽ
                 )
     ,,、,,-、          |
     |   `‐- 、,     ノ                  ,--,
     /      ~`~~´             __     )  ヽ
    /                  ,~、__  _~´ `丶   ヽ  `ヽ
   /                  |   `-´   _、 `|   `|,  \
  /                ,__,-´        ( !  \   \  ~~~`ヽ,,_
  `/              /           、二,   `ヽ_,,   ̄く    |
  /,             (  _ 、‐、 ο     ´i  |      `-、   ,~_\ i
  ~ `´ヽ,         /´  ~  `´       ) ,,_|        `i ヽ, `´ ヽ
     |__,,-‐‐-、,, ,,-‐`              `´          ) ,-!     )
     ,,-‐、    ~                       i~~`-‐フi_/
  _,,/   ` ‐-´i_ - ‐ ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`‐ ´`‐`―´~ヽ,っ  `\_  )

古代ヨーロッパでは、東アジア圏に比べ、長い間、姓が生まれませんでした。

慣習として父称・・・・・・父親の名前を添えたり、
「~の息子」や「~の娘」を意味する接頭辞を父親の名前に付け、
それを添える程度でした。



        /: : : : : : : /: : : : : : : l: : :: : : : ヽ: :ヽ.
     /: : : : : : : : //: : : : : : : :/!: : : : : : : : \: :.
.     ′: : : : : : :〃!: : : :_:_:_:_/ l:!: : : : : :ヽ: }、l: : .
     {: : : : : : : :/: :l|: 彡´/7¨`l! \|、:_:_::| :|:l!: : l
     |: : : : : : : : : : |:::「 ,示.o 、     ヽ\ヽ:|::j: : :|
     |: : l: : : :l: : : : |:::| 込ソ_     ,.o、ミ:|:: :l:lリ
     l: : |: : : :| : : : :::::!   ̄      {tソ ,::: :|/    何故、古代ヨーロッパには、姓が生まれなったのか。
     |:::::|:..:l::::|:::::l::::::::|        、   l::: : :!
     l:::::|::::l::::|:::::|::::::::|         '  .:::: : :|     諸説入り混じっていますが、
     l!、:|:::::l!::|:::::|::::::::|     、―,    八:l :|     主に2つ要因が、考えられています。
      ヾ:从::l!:::::|、::::l!       フ   /::l:::l: :リ
        / ̄ヾ \! _      ..ィ::::::::::|:::|:/
          /   `ー― 、二 ァ‐‐'リ从ハ/|!:/
   .. -√{\       >=ソヽ      ′
_.. <     |  \     /ミ7{:}、 ト
   ヽ   \.  \  / ./l::||lヾ.、 `
    |        ヽ′//l::||l  l::}    ヽ

119 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:34:53 ID:Rl1mCy1k

       _,    _,     _    _     _    _,    _    _
       |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|   |_|_|   |_|_|
    | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_
    |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _|
    |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|
        ∧,,∧           ∧,,∧          ∧,,∧
     ∧,,∧(・ω・´)       ∧,,∧(・ω・´)      ∧,,∧(・ω・´)
   ε=━┓Oニ)< >     ε=━┓Oニ)< >    ε=━┓Oニ)< >
    /   ノ lミl_, (ヾゝ    ./   ノ lミl_, (ヾゝ   ./   ノ lミl_, (ヾゝ
   (o_o,イ   ヽ´|(__) ノ~⌒)(o_o,イ   ヽ´|(__) ノ~⌒.(o_o,イ   ヽ´|(__) ノ~⌒)彡
      ノ    ヽ| | ̄ノl ノ   ノ    ヽ| | ̄ノl ノ   ノ    ヽ| | ̄ノl ノ
     / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_ ./ /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_ / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_
     ヽニフ|_|   (_/  ヽノ ヽニフ|_|   (_/  ヽノヽニフ|_|   (_/  ヽノ
         (_ヽ             (_ヽ            (_ヽ



1つは、現在の欧州各国の言語の祖とされる印欧祖語を
話していたインド・ヨーロッパ語族の者達は、元々は、遊牧民であった考えられる事です。

遊牧民は、その生活形態から基本的には家父長制で、
部族が一つの家族と言った大家族制的な文化を持っています。

この為、出自や血筋のあり様を示す家や家名という枠組みを作る必要が無く、
姓を必要とせず、自らの父親の名前を個人名に添える父称による命名法が、
一般的に使用されていたのだと推測されます。

事実、遊牧民国家で、家父長制や大家族的文化が残っている
モンゴルなんかでは、姓が存在せず、
現在でも『父親の名前+個人名』とい命名法が残っています。

120 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:35:40 ID:Rl1mCy1k

 /. : / : :/ :/ : /: //ハ: : :∨: : : :∨:ヽ: : : : : : : ム
 l: : :{: : / :/: : :// /  ∨: :∨: : : :∨: Y: : : : : : : :   もう一つは、当時のヨーロッパが、
 |: : :l: / :/__:彡<.  /  ,_--:=:∨、: : :∨:|: : : : : : : :|   あまり発展していなかった事です。
 |: : :|: /イフ__`´  /     _ ̄ヾミ≧ヽ!:|: : : : : : : :|
 |: : :|∧´./仏o.      . '´{7示o` .}:|: : :|: : l: : : : : |
 |: : :|:::: . 弋::ソ      弋_:::ソ  |:l: : :l : :l: : : : : |
 |: : :|:::::ム  ¨        ¨¨´  .l:l: : :|: : |: :|: : : |
 |: |: |!::::|::     .,         .l::l: : :|: : l: ,: : : ::
 |: |: |!:|::|ハ    、    ,       ,'::ノ:/::|: : :/: : : ::l
 V|: l!::ト、!::ヽ    ̄ ̄´     ./ : / : l!: :/: :| : : :l
   ヽ八从ハ::>      _ .. <: : /从/l!ノ八:从::ノ
         .ィ_}   ̄  __.. -'-<
        {   ̄ ̄ ̄     _}
         丿           \



         ___
      /)/ノ ' ヽ、\       ん?
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \    どう言う事だお?
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /

121 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:36:59 ID:Rl1mCy1k

        /: : : : : : : /: : : : : : : l: : :: : : : ヽ: :ヽ.
     /: : : : : : : : //: : : : : : : :/!: : : : : : : : \: :.      ちょっと先の話をしますが、
.     ′: : : : : : :〃!: : : :_:_:_:_/ l:!: : : : : :ヽ: }、l: : .      ヨーロッパで姓の制度が、
     {: : : : : : : :/: :l|: 彡´/7¨`l! \|、:_:_::| :|:l!: : l     最初に出来たのは古代ローマと古代ギリシアでした。
     |: : : : : : : : : : |:::「 ,示.o 、     ヽ\ヽ:|::j: : :|
     |: : l: : : :l: : : : |:::| 込ソ_     ,.o、ミ:|:: :l:lリ     これらの地域は、他の欧州地域と比べて
     l: : |: : : :| : : : :::::!   ̄      {tソ ,::: :|/      格段に発展していました。
     |:::::|:..:l::::|:::::l::::::::|        、   l::: : :!
     l:::::|::::l::::|:::::|::::::::|         '  .:::: : :|      つまり、人口が増え、発展するに従って
     l!、:|:::::l!::|:::::|::::::::|     、―,    八:l :|      姓の必要性が、生まれたと推測されます。
      ヾ:从::l!:::::|、::::l!       フ   /::l:::l: :リ
        / ̄ヾ \! _      ..ィ::::::::::|:::|:/
          /   `ー― 、二 ァ‐‐'リ从ハ/|!:/
   .. -√{\       >=ソヽ      ′
_.. <     |  \     /ミ7{:}、 ト
   ヽ   \.  \  / ./l::||lヾ.、 `
    |        ヽ′//l::||l  l::}    ヽ



 /. : / : :/ :/ : /: //ハ: : :∨: : : :∨:ヽ: : : : : : : ム
 l: : :{: : / :/: : :// /  ∨: :∨: : : :∨: Y: : : : : : : :
 |: : :l: / :/__:彡<.  /  ,_--:=:∨、: : :∨:|: : : : : : : :|    姓という制度は、同じ個人名を避けるだけでなく、
 |: : :|: /イフ__`´  /     _ ̄ヾミ≧ヽ!:|: : : : : : : :|    世襲的に受け継がれる事から、自らの出自や血筋の
 |: : :|∧´./仏o.      . '´{7示o` .}:|: : :|: : l: : : : : |    あり様を示す証明書としての側面を持ちました
 |: : :|:::: . 弋::ソ      弋_:::ソ  |:l: : :l : :l: : : : : |
 |: : :|:::::ム  ¨        ¨¨´  .l:l: : :|: : |: :|: : : |     しかし、よく考えてみて下さい。
 |: |: |!::::|::     .,         .l::l: : :|: : l: ,: : : ::
 |: |: |!:|::|ハ    、    ,       ,'::ノ:/::|: : :/: : : ::l    当時のヨーロッパは、大家族的文化が優勢でした。
 V|: l!::ト、!::ヽ    ̄ ̄´     ./ : / : l!: :/: :| : : :l
   ヽ八从ハ::>      _ .. <: : /从/l!ノ八:从::ノ     同じ家族に血筋の良さを話す人が、何処にいるでしょうか。
         .ィ_}   ̄  __.. -'-<
        {   ̄ ̄ ̄     _}
         丿           \

122 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:37:30 ID:Rl1mCy1k

        . . -――-ミ
      . : : : : : : : : : : : : :`: .       前述した父称というタイプは、
     . : : : : : : : : / : : : : : : : : : .      家父長制や大家族的文化が、ある場合は、有効に働くのですが、
   /: : : : : : : : :/: l: l: : \ : : : :ハ     人口が増え、発展するに従って、それらは、薄れていきます。
   /: :/: /: :/:/: :/:/!: : : : ゚。: : : :}
   {: :{:.//: :イ:/:/:∧ト、: : :}: : : |    理由としては、人口が多くなる事で末端では、
   |: : Y: :==‐ / / ‐==: :}: : : :    家父長が、縁遠い者に、逆に生みの親や兄弟が、相対的に近しい者となり、
   |: : :|/.xテぅx    xテぅx| : : : |    父称では無く、その家の一族の名前が重要視され始めた事。
   |: : :|ハ. Vツ     Vツ l!: : : :|
   |: : :|:::.     ,      ,l : : :l:|    また、部族内では役職や官職は、限られた席しか無い為、
   |:l! :|::lハ.   _ __     イj: /: l:|    同じ部族内でも奪い合いをする事も多くなり、
   ヽlヽ/ィ_l.> ..   . < }_l/ lハ:ノ    家父長制や大家族的文化を産み出す土壌が、
   / .ニ.|  \ ̄/  |ニニ>、     なくなってしまった等が、挙げられます。
  /ニニニニ|__ . イ=ヘ..   |ニ≧ニニ>、
  /ニ>,ニニニニニ{{ 介l/ニニ/ニ>‘ニ=ヽ
 {ニニニニ>,=ニ=ゞィ llニニ /ニ/.ニニニニニ}



         ____
       /      \       むむむ・・・・・・何か難しいお。
     /   _ノ  ヽへ\
    /   ( ―) (―) ヽ
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |
    \     ` ⌒r'.二ヽ<
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
  {   {         \`7ー┘!

123 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:38:05 ID:Rl1mCy1k

               / ̄ ̄\
              /   _,.ノ `⌒            まぁ、古代ヨーロッパでは、
              |    ( ●)(●)           民族的、文化的、経済的背景から
              .|    (___人__)            姓という制度や文化が、
              |        ノ            生まれにくかったとだけ覚えとけば良い。
              |        |_,-‐、  / ⌒)
              .人、      厂丶,丶,丶´ / ̄    逆に姓が、比較的早くに生まれた
           _,/( ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ       古代ローマなんかでは、
    _, 、 -― ''"::::::::::::\:::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、     それが生まれる土壌が、多くあったんだ。
   /::::::::::':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ::::::: )
  丿:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',:::::|
 i .:::::::::::::::::::::|;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 〈 ::::::::::::::... ',::.
/ ..::::::::::::::::::::::!;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::\:::::::::::::::;;;ハ ::::::::::::::::::.. ',



        ___
      /_ノ '' 'ー\     ふむ、分かったお。
     / ( ●) ( ●)\
   / :::::⌒(__人__)⌒::::\
   |       `'ーnl^l^l  |
   \         l   っ/
             (   ゝ
              i   \

124 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:38:32 ID:Rl1mCy1k

        ..  ----  ..
     .. : : : : : : : : : : : : : : : : .        ・・・・・・話を戻しましょう。
    .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
   /: : : /: : : : : : l : : : : :∨: : : :ハ      先ほど言った様に
   .: : : :/: : : : /: : | : : : : : ',: : : : : ::.      ヨーロッパで最初に姓に相当する形式が生まれたのは、
   l: : : {: : : /://:ハ: : : : : :l!: : : : : ::l      古代ローマと古代ギリシアでした。
   }: :l: l≠/=.イ// ,, =≠=-|: : :|: l : :|
  .: :/: :|'{iミo  /   '{汽o、i: : :|: l : :|      どちらも紀元前5~6世紀頃には出来たとされますが、
  /:/: : :ハ`ー'      -ゞ-'/: :l: , : | : :      古代ギリシアの方では根付かず、
 l: l: : :l::::.   .,     / : //: :/: : j      根付いた古代ローマの方でも普及したのは、
  |: |: l:l!::.:.ゝ。 -  _ ...ィ:/ //: ://: /      紀元前3~2世紀頃だとされます。
 lハl、ハl/`ヾl. 、__ .。彡''/:/ ハ:/
       . ≦:/ .l/     /ニハ
     /=ニ:/.ィァヘ    /.ニ二.∧
     /=lニ〃ソ_}}=ヽ_./二二二ニ∧



        /: : : : : : : /: : : : : : : l: : :: : : : ヽ: :ヽ.
     /: : : : : : : : //: : : : : : : :/!: : : : : : : : \: :.    この古代ローマで生まれた形式は、
.     ′: : : : : : :〃!: : : :_:_:_:_/ l:!: : : : : :ヽ: }、l: : .
     {: : : : : : : :/: :l|: 彡´/7¨`l! \|、:_:_::| :|:l!: : l    ・個人名『praenomen』「プラエノーメン」
     |: : : : : : : : : : |:::「 ,示.o 、     ヽ\ヽ:|::j: : :|
     |: : l: : : :l: : : : |:::| 込ソ_     ,.o、ミ:|:: :l:lリ    ・氏族名『nomen』「ノーメン」
     l: : |: : : :| : : : :::::!   ̄      {tソ ,::: :|/
     |:::::|:..:l::::|:::::l::::::::|        、   l::: : :!     ・家族名『cognomen』「コグノーメン」
     l:::::|::::l::::|:::::|::::::::|         '  .:::: : :|
     l!、:|:::::l!::|:::::|::::::::|     、―,    八:l :|     もしくは、上の三つ名前の後に
      ヾ:从::l!:::::|、::::l!       フ   /::l:::l: :リ
        / ̄ヾ \! _      ..ィ::::::::::|:::|:/      ・添え名(栄誉名)『agnomen』「アグノーメン」
          /   `ー― 、二 ァ‐‐'リ从ハ/|!:/
   .. -√{\       >=ソヽ      ′       を重ねる連記複合式の命名法でした。
_.. <     |  \     /ミ7{:}、 ト
   ヽ   \.  \  / ./l::||lヾ.、 `

125 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:39:02 ID:Rl1mCy1k

     ____
   /      \      プラエラーメン?
  /         \
/           \    ラーメン?
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/    コグラーメン?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



          / ̄ ̄ \
         _.,ノ ヽ、,_  \
        (= ) (= )   |                ラーメンじゃなくてノーメン。
        (__人___)  u |         ⌒ヽ
         '、        |   ____  ,.-、ヽ、      英語の『name』(名前)にも繋がる言葉だ。
      ,,. -ー|         |ヽ__∠___ゝ」 r'
     / .::::::、::|       /ィ::::〔 _,.-ー  `'r-、
     l :::::::::::::::::ヽ__、____,. ":::/:::〔/    l:::. ヽ
    」 ::::l:::::::::::::::「二二::::/ :::::::ト、 y   |::::::. ',
    l ::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r    l:::::::: i
   / :::::;;:ーミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、_ ノ L::::|
  / :::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く:::::::::::::::: i::|

126 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:40:36 ID:Rl1mCy1k

     /. : / : :/ :/ : /: //ハ: : :∨: : : :∨:ヽ: : : : : : : ム
      l: : :{: : / :/: : :// /  ∨: :∨: : : :∨: Y: : : : : : : :    うふふ。
      |: : :l: / :/__:彡<.  /  ,_--:=:∨、: : :∨:|: : : : : : : :|
      |: : :|: /イフ__`´  /     _ ̄ヾミ≧ヽ!:|: : : : : : : :|    少し難しかったですかね?
      |: : :|∧´./仏o.      . '´{7示o` .}:|: : :|: : l: : : : : |
      |: : :|:::: . 弋::ソ      弋_:::ソ  |:l: : :l : :l: : : : : |    それじゃあ、日本でも有名なこの方を
      |: : :|:::::ム  ¨        ¨¨´  .l:l: : :|: : |: :|: : : |    例に出して簡単に説明しましょう。
      |: |: |!::::|::     .,         .l::l: : :|: : l: ,: : : ::
      |: |: |!:|::|ハ    、    ,       ,'::ノ:/::|: : :/: : : ::l
     V|: l!::ト、!::ヽ    ̄ ̄´     ./ : / : l!: :/: :| : : :
      ヽ八从ハ::>      _ .. <: : /从/l!ノ八:从::ノ
             .ィ_}   ̄  __.. -'-<
            {   ̄ ̄ ̄     _}
             丿           \



       _ f ¨  ~- ャ
        ´     =ミ、   ヽ
.           | i    、:i   :i
    イ   i   乂_ __.夂 !川ミ 、
    〉  i:| ( .ム__ :| 爪 :リ! 、 ハ
   八_从≧ミ、 リ )厂 }ヲ厂乂ヘリ {
   ミ r=v' ノ゙      /"    .爪
    |  V{ ≠¨==zzォ ノ 从=≠ ル!
     ム     Lモ'オ   :| モ'ニ {/
     L.ィ ;.         :|    ./
.      |八       ,    }  ./
.      |  、     ⌒¨′ ′
     ノ   ヽ  l ー 二二 '/
-=ヤ「       、       /
::::::::マハ        ー――'ミ}}ト、
:::::::::::寸ミ=--z、_____. ムク:::::::\
::::::::::::::::`============":::::::::::::::

   ガイウス・ユリウス・カエサル
     Gaius Iulius Caesar

127 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:40:58 ID:Rl1mCy1k

        ___
      /_ノ '' 'ー\     ジュリアス・シーザーかお?
     / ( ●) ( ●)\
   / :::::⌒(__人__)⌒::::\
   |       `'ーnl^l^l  |
   \         l   っ/
             (   ゝ
              i   \



     /. : / : :/ :/ : /: //ハ: : :∨: : : :∨:ヽ: : : : : : : ム
      l: : :{: : / :/: : :// /  ∨: :∨: : : :∨: Y: : : : : : : :    ええ、
      |: : :l: / :/__:彡<.  /  ,_--:=:∨、: : :∨:|: : : : : : : :|    ユリウス・カエサル・・・・・・
      |: : :|: /イフ__`´  /     _ ̄ヾミ≧ヽ!:|: : : : : : : :|    英語では、ジュリアス・シーザーと呼ばれる彼の名前は、
      |: : :|∧´./仏o.      . '´{7示o` .}:|: : :|: : l: : : : : |    前述したローマにおける命名法に忠実で
      |: : :|:::: . 弋::ソ      弋_:::ソ  |:l: : :l : :l: : : : : |    古代ローマの命名法が、分かり易いと思います。
      |: : :|:::::ム  ¨        ¨¨´  .l:l: : :|: : |: :|: : : |
      |: |: |!::::|::     .,         .l::l: : :|: : l: ,: : : ::
      |: |: |!:|::|ハ    、    ,       ,'::ノ:/::|: : :/: : : ::l
     V|: l!::ト、!::ヽ    ̄ ̄´     ./ : / : l!: :/: :| : : :
      ヽ八从ハ::>      _ .. <: : /从/l!ノ八:从::ノ
             .ィ_}   ̄  __.. -'-<
            {   ̄ ̄ ̄     _}
             丿           \

128 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:41:20 ID:Rl1mCy1k

        ..  ----  ..
     .. : : : : : : : : : : : : : : : : .
    .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.     まず、第一名・・・・・・個人名は、『Gaius』「ガイウス」となります。
   /: : : /: : : : : : l : : : : :∨: : : :ハ
   .: : : :/: : : : /: : | : : : : : ',: : : : : ::.     これは、日本語における名前だと思って構いません。
   l: : : {: : : /://:ハ: : : : : :l!: : : : : ::l
   }: :l: l≠/=.イ// ,, =≠=-|: : :|: l : :|
  .: :/: :|'{iミo  /   '{汽o、i: : :|: l : :|
  /:/: : :ハ`ー'      -ゞ-'/: :l: , : | : :
 l: l: : :l::::.   .,     / : //: :/: : j
  |: |: l:l!::.:.ゝ。 -  _ ...ィ:/ //: ://: /
 lハl、ハl/`ヾl. 、__ .。彡''/:/ ハ:/
       . ≦:/ .l/     /ニハ
     /=ニ:/.ィァヘ    /.ニ二.∧
     /=lニ〃ソ_}}=ヽ_./二二二ニ∧



        /: : : : : : : /: : : : : : : l: : :: : : : ヽ: :ヽ.
     /: : : : : : : : //: : : : : : : :/!: : : : : : : : \: :.
.     ′: : : : : : :〃!: : : :_:_:_:_/ l:!: : : : : :ヽ: }、l: : .   次に、第二名・・・・・・氏族名は、『Iulius』「ユリウス」となります。
     {: : : : : : : :/: :l|: 彡´/7¨`l! \|、:_:_::| :|:l!: : l
     |: : : : : : : : : : |:::「 ,示.o 、     ヽ\ヽ:|::j: : :   |この氏族名とは、ローマに定住した者達の同族的、
     |: : l: : : :l: : : : |:::| 込ソ_     ,.o、ミ:|:: :l:lリ   地縁的集団を表した名前で、古代における部族制の名残とされます。
     l: : |: : : :| : : : :::::!   ̄      {tソ ,::: :|/
     |:::::|:..:l::::|:::::l::::::::|        、   l::: : :!     ちなみに、このユリウスという氏族名は、
     l:::::|::::l::::|:::::|::::::::|         '  .:::: : :|     (ユピテル子孫)という意味があります。
     l!、:|:::::l!::|:::::|::::::::|     、―,    八:l :|
      ヾ:从::l!:::::|、::::l!       フ   /::l:::l: :リ    古代ローマの文人、ウェルギリウスの著した『アエネアス』にある
        / ̄ヾ \! _      ..ィ::::::::::|:::|:/     アエネアスの子供であるユールスという人物の子孫が、
          /   `ー― 、二 ァ‐‐'リ从ハ/|!:/      ユリウス氏族となったとされています。
   .. -√{\       >=ソヽ      ′
_.. <     |  \     /ミ7{:}、 ト            アエネアスは、トロイの王族であるアンキセスとウェヌスの子供であり、
   ヽ   \.  \  / ./l::||lヾ.、 `           ウェヌスは、ユピテルの娘であるとされているので
    |        ヽ′//l::||l  l::}    ヽ       (ユピテル子孫)というのも強ち間違いではありませんでした。

129 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:41:50 ID:Rl1mCy1k

     ____
   /      \      へぇ、ユピテルの子孫・・・・・・何かカッコいいお。
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

130 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:42:20 ID:Rl1mCy1k

             / ̄ ̄\
          /   ⌒ ´ ⌒             ちなみに、現在もあるジュリアン、ジュリア、
.         |    ( ●) (●)            ロシア革命の指導者であるレーニンの
          |     (___人__)            本名であるウリヤーノフなんかは、
          .|        ノ             全てこのユリウスから来ている。
           j        |
         ..ノヽ、    , ノ       _
  ,. ー、一一´:::::::::::::≧ーー"7          i' Y
. / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`-、       i l _
/ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. >-、   | lフ ト、
.::::::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ  i/ ,.イ 丿
:::::::::::::::::: l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. v:: l /  i'r ´,.ィ
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::: l j  丿r´,.ィ
:::::)::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::: 八   `チ



             / ̄ ̄\
             ⌒ ´ ⌒_  .\      主神たるユピテルに繋がる由緒ある名前で
            ( ●)( ●)  |     また、このユリウス氏族は、帝政ローマの皇族・・・・・・。
           (__人__)      |
            l` ⌒´    |      だからなのだろうな。
           {         |
           {       /        ジュリアンやジュリアといったユリウスに繋がる名前は、
       _. -: ´Λ     _.へ` 、     貴族達に好んで付けられ、現代でも貴族風のイメージや
      r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_    お坊ちゃま、お嬢様といったイメージを内包しているらしい。
    /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
    |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
    〈: : : :::: _ -¬--―-、: : く:r 、: : : V }
    /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|

131 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:42:48 ID:Rl1mCy1k

     /. : / : :/ :/ : /: //ハ: : :∨: : : :∨:ヽ: : : : : : : ム
      l: : :{: : / :/: : :// /  ∨: :∨: : : :∨: Y: : : : : : : :    次に、第三名・・・・・・家族名は、『Caesar』「カエサル」となります。
      |: : :l: / :/__:彡<.  /  ,_--:=:∨、: : :∨:|: : : : : : : :|
      |: : :|: /イフ__`´  /     _ ̄ヾミ≧ヽ!:|: : : : : : : :|    これは、元々、個人名等が、被ったりしない様に
      |: : :|∧´./仏o.      . '´{7示o` .}:|: : :|: : l: : : : : |    識別の為に付けられた名前だとされています。
      |: : :|:::: . 弋::ソ      弋_:::ソ  |:l: : :l : :l: : : : : |
      |: : :|:::::ム  ¨        ¨¨´  .l:l: : :|: : |: :|: : : |    しかしながら、家父長制、大家族的文化の希薄化により、
      |: |: |!::::|::     .,         .l::l: : :|: : l: ,: : : ::    氏族の中でその家を区別する家族名としての役割が強くなりました。
      |: |: |!:|::|ハ    、    ,       ,'::ノ:/::|: : :/: : : ::l
     V|: l!::ト、!::ヽ    ̄ ̄´     ./ : / : l!: :/: :| : : :
      ヽ八从ハ::>      _ .. <: : /从/l!ノ八:从::ノ
             .ィ_}   ̄  __.. -'-<
            {   ̄ ̄ ̄     _}
             丿           \



        /: : : : : : : /: : : : : : : l: : :: : : : ヽ: :ヽ.
     /: : : : : : : : //: : : : : : : :/!: : : : : : : : \: :.     なお、このカエサルという名前は、
.     ′: : : : : : :〃!: : : :_:_:_:_/ l:!: : : : : :ヽ: }、l: : .     後には、副帝を意味する第4名の添え名(栄誉名)になる様になりました。
     {: : : : : : : :/: :l|: 彡´/7¨`l! \|、:_:_::| :|:l!: : l
     |: : : : : : : : : : |:::「 ,示.o 、     ヽ\ヽ:|::j: : :|    そして、これが、後に皇帝を意味する
     |: : l: : : :l: : : : |:::| 込ソ_     ,.o、ミ:|:: :l:lリ    ドイツ語のカイザーやロシア語のツァーリとなりました。
     l: : |: : : :| : : : :::::!   ̄      {tソ ,::: :|/
     |:::::|:..:l::::|:::::l::::::::|        、   l::: : :!
     l:::::|::::l::::|:::::|::::::::|         '  .:::: : :|
     l!、:|:::::l!::|:::::|::::::::|     、―,    八:l :|
      ヾ:从::l!:::::|、::::l!       フ   /::l:::l: :リ
        / ̄ヾ \! _      ..ィ::::::::::|:::|:/
          /   `ー― 、二 ァ‐‐'リ从ハ/|!:/
   .. -√{\       >=ソヽ      ′
_.. <     |  \     /ミ7{:}、 ト
   ヽ   \.  \  / ./l::||lヾ.、 `

132 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:43:07 ID:Rl1mCy1k

     /. : / : :/ :/ : /: //ハ: : :∨: : : :∨:ヽ: : : : : : : ム
      l: : :{: : / :/: : :// /  ∨: :∨: : : :∨: Y: : : : : : : :    最後に、第四名・・・・・・添え名(栄誉名)である
      |: : :l: / :/__:彡<.  /  ,_--:=:∨、: : :∨:|: : : : : : : :|    『agnomen』「アグノーメン」です。
      |: : :|: /イフ__`´  /     _ ̄ヾミ≧ヽ!:|: : : : : : : :|
      |: : :|∧´./仏o.      . '´{7示o` .}:|: : :|: : l: : : : : |    これは、他氏族に養子なった人物に名付けられたり、
      |: : :|:::: . 弋::ソ      弋_:::ソ  |:l: : :l : :l: : : : : |    その個人の偉業を讃える為に贈られる名前だったりします。
      |: : :|:::::ム  ¨        ¨¨´  .l:l: : :|: : |: :|: : : |
      |: |: |!::::|::     .,         .l::l: : :|: : l: ,: : : ::     例えば、養子の場合だと
      |: |: |!:|::|ハ    、    ,       ,'::ノ:/::|: : :/: : : ::l     ユリウス氏族からの養子であれば、ユリアヌスとなり、
     V|: l!::ト、!::ヽ    ̄ ̄´     ./ : / : l!: :/: :| : : :     栄誉名の場合だと
      ヽ八从ハ::>      _ .. <: : /从/l!ノ八:从::ノ     アウグストゥスやアフリカヌスが、該当します。
             .ィ_}   ̄  __.. -'-<
            {   ̄ ̄ ̄     _}
             丿           \



     ____
   /      \      ふむふむ、そんな風にローマ人は、
  /  ─    ─\     命名されていたのかお。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

133 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:43:37 ID:Rl1mCy1k

        . . -――-ミ
      . : : : : : : : : : : : : :`: .      しかしながら時代が下り、紀元2~3世紀になると、
     . : : : : : : : : / : : : : : : : : : .     氏族名を父親の氏族名だけでなく、
   /: : : : : : : : :/: l: l: : \ : : : :ハ     母親の氏族名、果ては養父母の氏族名や家名まで
   /: :/: /: :/:/: :/:/!: : : : ゚。: : : :}    延々と書き連ねる様になっていきました。
   {: :{:.//: :イ:/:/:∧ト、: : :}: : : |
   |: : Y: :==‐ / / ‐==: :}: : : :
   |: : :|/.xテぅx    xテぅx| : : : |
   |: : :|ハ. Vツ     Vツ l!: : : :|
   |: : :|:::.     ,      ,l : : :l:|
   |:l! :|::lハ.   _ __     イj: /: l:|
   ヽlヽ/ィ_l.> ..   . < }_l/ lハ:ノ
   / .ニ.|  \ ̄/  |ニニ>、 
  /ニニニニ|__ . イ=ヘ..   |ニ≧ニニ>、
  /ニ>,ニニニニニ{{ 介l/ニニ/ニ>‘ニ=ヽ
 {ニニニニ>,=ニ=ゞィ llニニ /ニ/.ニニニニニ}



         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\     どうして、そんな面倒くさい方法にしたんだお?
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |    短い方が良いじゃないかお。
  . \ ヽ           /

134 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:44:09 ID:Rl1mCy1k

               / ̄ ̄\
              /   _,.ノ ヽ、__         その理由は、既に説明しているだろ。
              |    (● )(●)
                 |     (___人__)
              |       ` ⌒´ノ
                  |        |  ,rー、=-、
                 人、       | ,イに) |  l
           _,/( ヽ、.,ヽ., ___ ,__ノi´ `ー' | |ヘ
    _, 、 -― ''"::::::l:::::\:::::::::::::::::r'゙´~~   ', jー,i 〉
   /.:::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'ー-‐え__  ゙ン'゙ /`i
  丿;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;((、ヽ (ハノ /lヽ、
  i ;;;;;;::::::::::::::::|;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;ハゞニΤヘ_/;i l:: l
 / ;;;;;:::::::::::::::::::!;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::\::::::::::::::::;;;;;;;ハ ::;;;;;;;;::::::::. ',/



         ____
       /      \      え?
     /   _ノ  ヽへ\
    /   ( ―) (―) ヽ
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |
    \     ` ⌒r'.二ヽ<
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
  {   {         \`7ー┘!

135 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:44:48 ID:Rl1mCy1k

        ..  ----  ..
     .. : : : : : : : : : : : : : : : : .
    .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.     さっき、姓の所でいいましたよね?
   /: : : /: : : : : : l : : : : :∨: : : :ハ
   .: : : :/: : : : /: : | : : : : : ',: : : : : ::.    姓という制度は、同じ個人名を避けるだけでなく、
   l: : : {: : : /://:ハ: : : : : :l!: : : : : ::l    世襲的に受け継がれる事から自らの出自や血筋の
   }: :l: l≠/=.イ// ,, =≠=-|: : :|: l : :|    あり様を示す証明書としての側面を持ちました
  .: :/: :|'{iミo  /   '{汽o、i: : :|: l : :|
  /:/: : :ハ`ー'      -ゞ-'/: :l: , : | : :    ・・・・・・って。
 l: l: : :l::::.   .,     / : //: :/: : j
  |: |: l:l!::.:.ゝ。 -  _ ...ィ:/ //: ://: /
 lハl、ハl/`ヾl. 、__ .。彡''/:/ ハ:/
       . ≦:/ .l/     /ニハ
     /=ニ:/.ィァヘ    /.ニ二.∧
     /=lニ〃ソ_}}=ヽ_./二二二ニ∧



        ___
      /:::::::::::::::::ヽ         ____
    / :::::::::./ ̄ ̄ \____ ,. --ー.....:::::::::::::::::::.. \      権威主義的な方面へ・・・・・・。
   / :::::::::: ⌒´ ヽ、,_  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
   i :::::::::::(●).(● )    |::::::::::::::::::γ::::::::::::::::::::: ノ     つまり、自らの血筋や出自を
   | ::::::::::::(__人___)    |:::::::,. -ーy::::::::::::::::::::: /      他者に見せつける権威の為の
   | :::::::::::/::'、           | ̄   _/::::::::::::::::::::: /      道具として名前が、用いられる様になったんだ。
   | :::::::/::::: |        |   /...::::::::::::::::::::: /
   .| :::::::::::::/|       /レ-,.イ:::::/::::::::::::::::: /
   i:/:::::::::::: ヽ__、____,. "//::ノ.:::::/:::::::::::::::: j
   r:::::::::::::::::::「二二二 ::::::::::/::::::ノ::: 、:::: //
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::r

136 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:46:04 ID:Rl1mCy1k

        /: : : : : : : /: : : : : : : l: : :: : : : ヽ: :ヽ.
     /: : : : : : : : //: : : : : : : :/!: : : : : : : : \: :.     例えば、五賢帝の一人、
.     ′: : : : : : :〃!: : : :_:_:_:_/ l:!: : : : : :ヽ: }、l: : .     カエサル・マルクス・アウレリウス・アントニヌス・アウグストゥスの
     {: : : : : : : :/: :l|: 彡´/7¨`l! \|、:_:_::| :|:l!: : l    即位前の名前は、
     |: : : : : : : : : : |:::「 ,示.o 、     ヽ\ヽ:|::j: : :|    マルクス・アンニウス・ベルス・カティリウス・セウェルスと言って、
     |: : l: : : :l: : : : |:::| 込ソ_     ,.o、ミ:|:: :l:lリ    『個人名 ・父氏族名 ・父家名・ 母氏族名 ・母家名』という
     l: : |: : : :| : : : :::::!   ̄      {tソ ,::: :|/     長大な名前でした。
     |:::::|:..:l::::|:::::l::::::::|        、   l::: : :!
     l:::::|::::l::::|:::::|::::::::|         '  .:::: : :|
     l!、:|:::::l!::|:::::|::::::::|     、―,    八:l :|
      ヾ:从::l!:::::|、::::l!       フ   /::l:::l: :リ
        / ̄ヾ \! _      ..ィ::::::::::|:::|:/
          /   `ー― 、二 ァ‐‐'リ从ハ/|!:/
   .. -√{\       >=ソヽ      ′
_.. <     |  \     /ミ7{:}、 ト
   ヽ   \.  \  / ./l::||lヾ.、 `



     ____
   /      \      寿限無かお・・・・・・。
  /         \
/           \
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

137 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:46:40 ID:Rl1mCy1k

        ..  ----  ..
     .. : : : : : : : : : : : : : : : : .
    .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.     しかしながら、3世紀末頃からキリスト教が流行り始め、
   /: : : /: : : : : : l : : : : :∨: : : :ハ    このローマ式の長大な命名法は、廃れ始めます。
   .: : : :/: : : : /: : | : : : : : ',: : : : : ::.
   l: : : {: : : /://:ハ: : : : : :l!: : : : : ::l   そして、ゲルマン人の流入と、
   }: :l: l≠/=.イ// ,, =≠=-|: : :|: l : :|   5世紀末の西ローマ帝国の滅亡によって
  .: :/: :|'{iミo  /   '{汽o、i: : :|: l : :|   ヨーロッパでの姓文化は、途絶え、
  /:/: : :ハ`ー'      -ゞ-'/: :l: , : | : :   人名は洗礼名に統一され、
 l: l: : :l::::.   .,     / : //: :/: : j   再び父称が、使われ始めるのです・・・・・・。
  |: |: l:l!::.:.ゝ。 -  _ ...ィ:/ //: ://: /
 lハl、ハl/`ヾl. 、__ .。彡''/:/ ハ:/
       . ≦:/ .l/     /ニハ
     /=ニ:/.ィァヘ    /.ニ二.∧
     /=lニ〃ソ_}}=ヽ_./二二二ニ∧

138 ◆S.DnKL8wio 2014/11/04(火) 20:47:12 ID:Rl1mCy1k

これにて本日の投下は、終了とさせて頂きます。

今回は、長々と説明ばかりでしたが、
徐々に個々の姓名の由来を解説できたらと思っています。

それでは、見て下さった方々に感謝を。

明日に20時30分頃から『第2章 世界の姓  - イタリア編 2-』を始めます。

お暇な時に覗いて下されば幸いです。

139 小さな名無しさん@この板は300レスまで 2014/11/04(火) 20:50:03 ID:/MTP4UX2
乙乙ー
カエサルって家族名もポエニ戦争で象をやっつけたか何だかで、
フェニキア語の象って言葉を意味する、功績や境遇に由来する姓って説もあるよね。

140 小さな名無しさん@この板は300レスまで 2014/11/04(火) 20:50:17 ID:yyTVACCE
乙でした。
やる夫よ、日本だって源朝臣・徳川・次郎三郎・家康みたいなノリだぞw

141 小さな名無しさん@この板は300レスまで 2014/11/04(火) 20:55:59 ID:va.8f3cA

古代ローマって、個人名が日本で例えるなら太郎次郎ぐらいしか無いから
姓も併記しないと個人を特定できないよね
女性に至っては古代日本と同じで名前自体ないし

144 小さな名無しさん@この板は300レスまで 2014/11/04(火) 21:15:21 ID:CU4iOJfI
競走馬の血統を連ねて名前にするようなもんかな?


148 小さな名無しさん@この板は300レスまで 2014/11/04(火) 21:25:46 ID:XEIy/F/E
やたら長い名前っていうとピカソの本名もやたら長いんだよね

とまれ乙でした。次回も期待

150 小さな名無しさん@この板は300レスまで 2014/11/04(火) 21:52:50 ID:o6JaDMcE

ふと目についたので開いてみたら良スレ
外国で日本人にはミドルネームが殆どの場合無いって言ったら面白がられた記憶があるな

151 小さな名無しさん@この板は300レスまで 2014/11/04(火) 21:56:08 ID:8wPOWvos

これは為になるスレだ
ゼロの使い魔で人名に興味を持った奴は俺以外にもきっといるはず

152 小さな名無しさん@この板は300レスまで 2014/11/04(火) 22:02:28 ID:4OlXJ5G.

ヘンリエッタが出てくるとは珍しい

155 小さな名無しさん@この板は300レスまで 2014/11/05(水) 04:30:17 ID:RMbScKKI
そのうちクッソ長い名前で有名なパブロ・ディエゴ・ホセ・フランシスコ・デ・パウラ・ファン・ネポムセーノ・
マリーア・デ・ロス・レメディオス・クリスピアーノ・デ・ラ・サンティシマ・トリニダードさんにも触れるのかしらん?

156 小さな名無しさん@この板は300レスまで 2014/11/05(水) 11:49:23 ID:ziqerEgo
乙ー
ファンタジー物を書く時に名前が一番気を使うんだよなー。
一番簡単なのは地名、役名、村名か、そもそも姓無しだけども、
そもそも名前の綴りも英語系かフランス系かロシア、ドイツ、アジア、日本といっぱいあるしな。

まあ、言語体系から作っちゃえばいいんだけどさ。それやると指輪物語状態だからなw

157 小さな名無しさん@この板は300レスまで 2014/11/05(水) 11:53:59 ID:TDZN7Zas
指輪はすごいもんなあ
映画のほうじゃ細かいこと気にせず全部カタカナ語にしちゃってて残念だったけど

162 小さな名無しさん@この板は300レスまで 2014/11/05(水) 14:32:27 ID:w.GM/NdA
>>156
ぐぐったら「欧羅巴人名録」みたいなサイトがあったので
そういうのを活用するのもいいかも

164 ◆S.DnKL8wio 2014/11/05(水) 20:57:00 ID:Pa8U9A4c

>>139

そういう説も存在しますね。
ローマの個人名は、土地や神、
功績から取られたものが多い様に思います。



>>140 >>148 >>155

日本やスペインも触れる予定です。
どうぞ、お楽しみに!!



>>156 >>157

小説や戯曲では、
名前の読者や観客に与えるイメージを重要視しているものもあります。
例えば、ロミオとジュリエットですが、ジュリエットという名前は、
前回触れた様にお嬢様的なイメージを内包しているのです。

165 ◆S.DnKL8wio 2014/11/05(水) 20:57:42 ID:Pa8U9A4c

>>162

現在は、その様なサイトもあるので、創作は、容易になりましたね。
逆に、難しくなった事もありますが……。



>>158 >>159 >>161

雑談は大歓迎ですよ。
ただし、皆で楽しく、気持ちよくが、私のモットーです。
そこだけは、気を付けて下さいね。



>>読者の皆様

この様な稚拙な作品を読んで頂き、有難う御座います。
皆様が、読んで良かったと思える作品にしていきますので。
御支援の程、宜しくお願い致します。

□ やるやらで学ぶ人名講座 第2章
目次 イントロダクション キャスト 予告 初回 CM 前回 次回
関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
>>カエサル・マルクス・アウレリウス・アントニヌス・アウグストの即位前の名前は、
マルクス・アンニウス・ベルス・カティリウス・セウェルス

長さたいして違わなくねぇか?
[ 2014/11/05 20:01 ] [ 編集 ]
>>長さたいして違わなくねぇか?

『自らの血筋や出自を他者に見せつける権威の為の道具として』って、例えで即位前の名前の説明
『個人名 ・父氏族名 ・父家名・ 母氏族名 ・母家名』を出して、血筋や出自が4個もある名前だっていってんのに…
どんな読み方したら出る感想なの?
[ 2014/11/19 13:22 ] [ 編集 ]
指輪物語って姓が明らかにされる人物があまりいないし、姓に頓着しないってイメージ。
それがビルボ・バキンズやホビット達を読者にとって身近な存在に感じさせ、
一方で通り名のみが明らかにされている登場人物には、名一つで人々に通じる様な偉大な人物というイメージを抱かせている気がする。
まぁ、創作上の物語なのだから家名をだらだら述べても意味が薄いってのもあるけど。

とりあえずガンダルフやアラゴルンみたいに、ブリーと南方王国とエルフとドワーフで、同じ人物に対する呼び名が違うというのは胸熱
[ 2014/11/26 03:52 ] [ 編集 ]
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:極門散人

Twitterで更新情報や
与太話を呟いています

カテゴリ
最新記事
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
全記事表示リンク
人気ページランキング
ブログパーツ
アクセスランキング
リンク