嗚呼! やる夫道

やる夫系作品のまとめブログ

やる夫は自由民主党を作るようです 第六話 逮捕と正力松太郎

□ 歴史系 三木武吉 近現代
目次 イントロダクション キャスト 予告 初回 CM 主要登場人物:やる夫 できる夫 やらない夫 他
777 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/29(火) 23:51:19 ID:SYLPNNO.0

┌───────────┐
│1934年3月 大審院   ....│
└───────────┘
 、_    、  、     _、-                             -、_   ,、  ,、
、, `'-、 `'-、゙'-,、-'´              ,、- '  ̄`' -、             `' -i'゙ ,、-'´  ,、-'´、-
 `'-、 `'-、 `i-'               /   、 ─ 、  \              ゙-i  ,、-'´,、 '´
   `'-─゙-┘               i゙  // ̄\\ ゙:              └-゙─'´
`' -、                        !  ;  | ´','','` |  ;  !                    _ ,、-
、  `' -、                    └-┘ \_/ .└-┘                 ,、- ' ゙  _
 `' -、.  `'>              | ̄ ̄`!     i´ ̄ ̄|                <゙   ,、- '´
,-、   i`' T゙              ├─┬''''''''''''''''''┬─┤              ゙T '´!_,.,_ ,、.,,
i/ソi~'),!-、.i_               | ;;  | ̄ ̄ ̄ ̄|  ;; |             ,...,,.-,!c,=!i_・i.!_;,ノ
⌒'`ヽゝソ ! ')i゙;ゝ     _ _ _ _ | ;;  |  _ O _ .|  ;; | _ _ _ _       (・.)(゚ノ゙ゝ ' ' ' ´
~` ' ' - 、 , _` ’      \┌ ─ ─-'';─ ┼ '-'-'-' ┼ ─ -─ ─ ┐/      `_ , 、 、 -  ' ' ~
 ̄i ` ' ' -, 、 ,`,'_' '_- 、 ,、| i::::::::::::::::::::i i   ̄  ̄  ̄  i i::::::::::::::::::::i |、, _- '_'__´、 、 、、- ' '゛ i  ̄
  i     !   i ;iミ,;ヾT´! i i┌ ─ ─ ! i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i i ─ ─ ┐i i ,゙-、,ナヽζ!   !     !
  i     !   i 丿 く i i i ! !- ┬ - ┤i- ∩ ┐┌ ∩ -i├ - ┬ -! i !゙(マi i゙T''゙ヽi.   i    i
  i     !   i .i~i ゙',゙.!    ! !  .i.  i二二二二二二二二!   !  i .! !' '/./  i!.
  i     !   i (|─´──┬ ' ´  ! !            ! !.  ` ' ┬─ ─ .┤!.   i    i
┌‐────┐ | i~!    .!i    i└-───────┘!.     !    i~! | i   !    !
│        .|  | i i.    .!i    /              \.   i     ! i | i    !    !

778 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/29(火) 23:51:32 ID:SYLPNNO.0

                      , -──‐‐-、
                     / ,-─==-‐‐、\
                    / ,,---、  ,,,---、ヽ
                    i ''"フ-ァ'ハ ,r‐< i        主文
                    |   '`ー゚ 」  L`゚‐'^ |
                   __| ,,、--└Li┘---、 |___      被告人を禁固三箇月の刑に処す
                  { ti/   /\   \iァ }
                   Y    ./´ ̄`\   Y´      また――
                  ノ  ∠__/\_ヾ、  ヽ
                 / /  /  i  ヽ ヽ   \
                i  /   ,'    i   ヽ ヽ   !
                | i   i     i    i  }    }
            ,.、-‐‐┤ :   !     !    }  ! ノ ノ‐--、,_
         ,、-''"    ヽ ヽ  ヽ丶   !   ノ ノ  /    `‐-、,_
      ,、-'"         \ \ ヽヽ  !  /    //         `'‐、,_
     /            \ヽ、,,__ ヽ、,, i/ //  /            \
    / \             ヽ  `r-、,  _/ /   /            / i

779 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/29(火) 23:51:47 ID:SYLPNNO.0

               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \     (もう、あれから六年かお……)
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

780 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/29(火) 23:52:00 ID:SYLPNNO.0

                      , -──‐‐-、
                     / ,-─==-‐‐、\
                    / ,,__丶 ノ _,,、 ヽ
                    i '-、_)ハ /__丿 l     ――法の規定により
                    |   '`ー゚」  L`゚‐'^  l
                   __| ,,、--└Li┘---、 |___    衆議院議員の資格をはく奪するものとする。
                  { ti/   /\   \iァ }
                   Y    ./´ ̄`\   Y´    以上。
                  ノ  ∠__/\_ヾ、  ヽ
                 / /  /  i  ヽ ヽ   \
                i  /   ,'    i   ヽ ヽ   !
                | i   i     i    i  }    }
            ,.、-‐‐┤ :   !     !    }  ! ノ ノ‐--、,_
         ,、-''"    ヽ ヽ  ヽ丶   !   ノ ノ  /    `‐-、,_
      ,、-'"         \ \ ヽヽ  !  /    //         `'‐、,_
     /            \ヽ、,,__ ヽ、,, i/ //  /            \

781 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/29(火) 23:52:16 ID:SYLPNNO.0

                  ___  __             ∩
                 く,ニ ! └┘/7   [][]「l  ∪
                  くノ   <ノ     くノ  o 
                          /           / !          /
\                       /   / _     / ノ        /
  \                 _,. --──--、_   ヽ  ,イ_>-、_/⌒)   /
   \              /           \   ,イ__>-、_  ヽ/  /
     \          /(            ノl  |\-、  1  | /
      \        (  `ー---------‐''" ノ    Y"ヽ、レノ
        \       (|`ー===========‐'"|)      _,.-ノ
         \     f`ー==、____,. =''" |\   ノァ-イ
                |`ー‐-.._____,. -‐''"l  \/イ-‐"
               ノヽ=.._       _,. -'"|  / ノ
────────    { 、_   `ー----‐''"  _ノ }. /`ー"  ─────────
               ト-.._         _, イ`
               |_     ̄`ー--‐‐' ̄    j
        /       |`ー--、_____,. -‐‐'"|       \
      /   ,. -‐''" ̄ゝ               ノ`ー-、-、     \
     /   / /    >、`ー----------‐‐<    \\     \
   /    / /      ト-..__ ̄ ̄"""" ̄ ̄ _フ      \\     \
  /      |  |       `ー.. ニニ__ニニ_フ         |  |       \
/       |\\        `ー------‐‐''"        / /|         \

782 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/29(火) 23:52:47 ID:SYLPNNO.0

――やる夫から「衆議院議員」という肩書が消えた瞬間であった

      / ̄ ̄ ̄\
    / /     \ \
   /  (●)  (●)  \   ……
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \
 前衆議院議員 やる夫

783 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/29(火) 23:53:05 ID:SYLPNNO.0
  ┏━                                          ━┓
┏┛| ̄                                             ̄|┗┓
┃| ̄                                                 ̄|┃
┃|            やる夫は自由民主党を作るようです                |┃
┃|_                                                _|┃
┗┓|_                                            _|┏┛
  ┗━                                          ━┛

                    \ │ /
                     / ̄\
                   ─( ´∀` )─
                     \_/
                    / │ \
                        ∩ ∧ ∧
                      ∩ ∧ ∧ \(´∀`)∩
                        (´∀`)/ |    /
                     |     〈 |   |
                  / /\_」 / /\」
                   ̄     / /

【原作】
戸川猪佐武「小説三木武吉(1983年)」
戸川猪佐武「小説吉田学校 第一部保守本流 第二部党人人脈(1972年)」
【参考文献】
重盛久治「三木武吉太閤記-生きた政治史(1956年)」
三木会「三木武吉(1958年)」
水木楊「誠心誠意嘘をつく 自民党を生んだ男・三木武吉の生涯(2005年)」
その他歴史書・政治評伝

784 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/29(火) 23:53:28 ID:SYLPNNO.0

┏                                            ┓
┃                                            ┃
┃              第六話 逮捕と正力松太郎               ┃
┃                                            ┃
┗                                            ┛

785 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/29(火) 23:53:40 ID:SYLPNNO.0

┌─────────────────┐
│事の始まりは、1928年1月         │
│東京市会での市長選挙であった。     .│
└─────────────────┘

      / ̄ ̄ ̄\
    / _, 、_ \     やる夫がせっかく市長にしてやったのに……
   /  (●)  (●)  \
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /

786 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/29(火) 23:53:57 ID:SYLPNNO.0

┌─────────────────────────────────────────┐
│この当時、東京市会は民政党系の議員が過半数を占めていた。                   ......│
│だが、あくまでも「系」であって一枚岩ではない。                                .│
│しかし、民政党系の議員のボスであったやる夫は、東京市政に絶大なる影響力を持っていた。   │
└─────────────────────────────────────────┘
         ____
       / \  /\       
     + / (●)  (●)\       東京市政はやる夫の天下だお
    /   ⌒(__人__)⌒  \ +  
    |               |  
     \            /

787 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/29(火) 23:54:22 ID:SYLPNNO.0

┌──────────────────────────────────────┐
│東京市長は議会での議員投票により選ばれていた。                        │
│市会で過半数の票を獲得できた人物が市長になれたのである。               ......│
│つまり、やる夫が推薦する人物が即市長になれたと言っても過言でもない。          │
│だが、そのやる夫が推薦し、就任した市長が就任わずか数日でボロをだしてしまった。   .│
└──────────────────────────────────────┘

<あの市長、おかしくね?>   <頼りねぇーよな>  <辞めてくれねぇーかな?>

 ,,∧ ∧,,∧ ∧,,∧ ∧,,∧ω・)∧_∧
ω・`)(´・ω・)・ω・(´・ω・`)∩(´д`; )   ザワザワザワ
 ∧,,∧ ∧,,∧と ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧
(´・ω・`)(´・ω・) (・ω・`)(´・ω・) (・ω・`)(´・ω・)(´・ω・`)(´・ω・)   ザワザワザワ
 ∧,∧ ∧,,∧∧,∧∧,,∧∧,,∧ ∧,,∧ )∧,,∧|∧,,∧ ∧,,∧) ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,
(・`  )(・ω・`)ω・`)・ω(´・ω・`)・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・)(・ω・`)(´・ω・) (・ω・`)(・`  )(・ω
 ∧,,∧( ∧,,∧   ∧_∧ ∧,,∧,,∧  )∧,,∧ |∧,,∧)∧,,∧ )∧,,∧| ∧,,∧ )∧,,∧ ∧,,∧
(´・ω・`)(´・ω・`)( ´∀`)(´・(´・ω・`)(´・ω・) (・ω・`)(´・ω・)(´・ω・)(´・ω・)(´・ω・`)ω・`)
∧,,∧ ∧,,∧ ∧,,∧ ∧,,∧(∧,,∧ ∧,,∧∧,,∧∧∧つ∧_∧) ∧,,∧ )∧,,∧ | ∧,,∧ ∧,,∧
(・ω・`)・ω・(・ω・`)( ´・ω)・ω・(´・ω・`)ω(・`  )( ´∀`)(´・ω・`)(´・ω・) (・ω・`)(´・ω)

788 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/29(火) 23:55:04 ID:SYLPNNO.0

┌────────────────────────────────┐
│市長という職は、市民・利権関係者・市職員・議会……              .│
│あらゆることを考慮しなければならない職であり、凡人には務まらない。  ......│
│そのため、短期間で辞める市長がこの当時は多かった。            .│
└────────────────────────────────┘
         ____
       /   u \
      /  /    \\     また、市長選びに失敗してしまったお……
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |    こいつを辞めさせて、新しい市長を選ばないといけないお。
    \  u   `⌒´   /

789 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/29(火) 23:55:17 ID:SYLPNNO.0

┌────────┐
│やる夫事務所  ....│
└────────┘
               , :<¨ ̄ ̄ ̄¨>.、
           ー=≠: : : :/: : : : : : : : : : : \
           /: : : : : :{ : : : : : h: ヽ : : ヽ:ヽ
          /: :/:/: :,ム∧: : : : : |ヘ-、∨ : ハ ハ    やる夫先生、こんにちは~
            /:/: |: : // ', : : : }.:} ヽ: j : : i |: {
         {/ / : | : {リ  ヽ: :/j/,  Y.: : :| | :ヘ
            {: : :| :∧ィ=气,j/  ィ≠气 : :∧}: : :ヽ
           |:/{ Ⅵ: } :.:.   _,、, .:.} : : }: : : : ヽ、
           |{ ヘ |: :八:.   {  ヘ  ,|: //: /´ ̄´
            ヽ: : :厂fv≧ー=≦/j//∨
     (ヽ        {:∧{ / :{__ / //ヽ、
    (\〉r',      ヾ,イ{{: : : l  /: : : ;/アヽ
   rー'  .:} 〉-、    ,/ Vハ: : | ′;/,/   '.
   `こ、 / : ∧-、 /   ヾヘ、:! {/,/}     ヽ
      {/ : /: ノ ∨    { \∨/ /ノ       \
      ヽこ;/   ⌒ヽ\/ > ^´<´ \      ヽ
          東京市会議員 松永東

790 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/29(火) 23:55:35 ID:SYLPNNO.0

┌───────────────────────────────────┐
│松永は、やる夫が東京市会に進出するときに                        │
│やる夫が松永に頼み込んで、一緒に東京市会議員選挙に立候補した仲であり    .│
│東京市会ではやる夫派の筆頭だった。                            │
└───────────────────────────────────┘
      ____
    /  ⌒  ^\        お、松永君。いいところに来たお。
   /  ( ●)  (●)
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ      あの無能市長の代わりになる人物は誰かいないかお?
 |       |r┬-|   |
 \        `ー'´  /      遠慮せずに言ってくれお。


             __
        , ‐ '´ ̄;.;.; ̄` ー 、
      /.;.;.;.;.;.;.;;.;.;.;.;.;.;.; .;.;.;.;.; ヽ
     /: :: ::i: : : : :.;;.;.;.;.;.;.; .;.; .;.; .;. ヽ
    /: :/;..;.;i;.;.;.;/|;;/|:: : : : : : : : : : : ヽ
    /.;.;|/;..;.;|;.;.;/  i;/ |.;.;.;.;/|.;.;iヽ:;:;;:;: ;ヽ       うんと……
   i;.;.;/i;.;.;;.;|;;/   レ |.;.;.;/ |.;/ ヽ.;.;.;.;.ヽ\
   i;.;/.;|;.;..;.;|7ナァォョ  |.;.;/ _レ  ヽ.;.;.;;.;.;ヽ      それは――
   /;.;|.;/|;.;;.;イ 迄rノ  |.;/  辺冖/;.;.;.;.;.;.;i
  /,;ゥ;|/ |;.;.;;.;|`‐`'´   '´  弋万i;.;.;.;.;.;ト;.;|
 '´ /;;.;`‐|,-‐,'コ           /;.;.;.;.;,、| ヽi
  /, -‐'フ _|, やト 、  ` ー    |;.;.;.;.;;/ i;|
     ' / ニレ7ヘ`t  _  ‐ t'´i;;.;.;.;/ |
      |  ィァ',/i ,'‐'   `<´' |/ {;.;.;.;/

791 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/29(火) 23:55:46 ID:SYLPNNO.0

――この人なんて、どうでしょうか?

                           ヘ
                   /゙  ̄ ̄ `ヽ|: : :\ー- 、
                      /: : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : ヽ、
                  /: : '´ : : : : : /: :l : : : : : : : : : : : :.\
                 / : : : : : /: :/: :/: : : : : :/|: : : : : : : : :ヽ
                 / : : : : : : /: : _/:_:/ !: : : : / |: | : : : : : : : : ',
                 /: : : : : : : : /: :'´/|: / |: : : : |  l:丁`ヽ: : :ヽ: : :i
             /: //: : : : ,': : : / .|/  :l: : : : |  ヽ|: : : : : : :.∨ |
                // ,' : : : : i: : :/ ,ィ≠k ',: : : :.| z=kVヽ: : : : : ∨
                  | : : : : :|: ://代 ノハ  ヽ:..:::| f..う㍉ハ: : : : : :l
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|小 {i ::::::j} } ∨:| {i:::::::ハヾ|: : :|:: :│
          |  ━━━━━  l{ハ V廴ソ f==fヾ Vヒ ソ j: :.∧:: :|
          |   読売新聞   |ヘ}、 _ _ ノ ' ヽ、 `¨ ノ| :/小: :|
.         /^) ~~∴~~  |: :ゝ _ ::.:.  こフ   ̄.:.:::/ :|/: : | ∨
       {/ ス          |: :.|: :.|> ,  __    </: : :|: :.│
        {/ _ノ           |: :.|少'   r|   Ⅳ\ /: : : :l: :.│
        ヽ'´_フ             |: :.|    |_   |  ノ: : : :/ : :│
        V|              |: :.|    |  `7 /: : : : /: : : : l
           ト|              |: :ヘ.    |  ,/ /: : : : / \: : : l
               東京市会議員 正力松太郎

792 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/29(火) 23:56:01 ID:SYLPNNO.0

       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\        ダメだお
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


.     , ': :   . : : : :,: -‐:/: : :. : : : : : : ー-、: : . .  \
    /: :     /: : : /: : : :.:. : : : : : : :|: . ヽ: .  ヽ、 \
.   /: : : . . : ::i. : : : : :/|: : :/ :.:| : : : : |: :| : : : : : i: : :ヘ\ヘ
.   ,': :/ : : : : :.!: : : /:/ .!: :/ヽ: :!: : : : :|: :|、: : : : :.|: : : ∧ ヾ
   ;. :/: : : : : : ! : ;イ:/  }:/  `|: : : :.∧:,! ヽ: : : :|: : : : ∧
   i:/: : : : : : :.l: / l/ ∩ {    |: : : / ∩ ∨: :.|: : : : : :ハ
  /:,.イ: : : : :./イ    | !      |: : /   | !   ∨:,!:. : : : i、::i    はやっ…
/イ : :! :. : : : : l     | !      l: :/   | !   ∨ヽ: : : :| ヾ
  /: : :| :.: : : : : |   ∪     !/   ∪  /:.:.:.:.i: : : |
. /: :,/ | :.: : : : : :!  . .. .            . ....l:.:.:.:.:.|∨:;'
///: :| :.: : : : : :| : ::::::::: :    ___    : :::::/:.:.:.:.:.:! }/   
  /: , '| :| :|: : : :.|ヽ.       /`′:.:〉   ,.イ:|:.:.:.:.:.:.:!
. // |/!: |: : : : !-‐> r 、 _/:.:.:.:.:.:/、<´/|/ヽ:.:.:.:.:|
     |/|: : : : |/:::::::|´ ./:.:.:.:.:.:/:::::\::`ヽ  ∨:.::!
     / ヽ: : : |::::::::::::|、 ゝ--‐,'イ:::::::::::〉:::::ハ  ∨:,!

793 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/29(火) 23:59:45 ID:SYLPNNO.0

┌────────────────────────────────────┐
│虎の門事件で警察を失職した正力松太郎は、読売新聞の社主となり            │
│元東京市長であった後藤新平の勧めもあり、東京市会議員となっていた。       ...│
│政界進出への野望があり、東京市会を足かがりに国政に進出しようとしていた。     .│
└────────────────────────────────────┘
           ___
           /⌒ ー、\
          /( ●)  (●)\           それに、この前の選挙で
.      /::::::⌒(__人__)⌒::::::\
  cー、   |     |r┬-/ '      |⌒,一っ     やる夫が正力を落としたばっかりだお。
 ,へ λ \    `ー‐'      / 入  へ、
<<</ヽ                     /\>>>    きっと、向こうもやる夫を恨んでるお

794 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/29(火) 23:59:59 ID:SYLPNNO.0

┌────────────────────────────────┐
│正力松太郎は政友会系議員に担がれて、東京市長選挙に立候補した。    .│
│一回目の投票では正力が一位であったが                      .│
│やる夫の多数派工作で、正力は決選投票で敗れてしまった。         ...│
└────────────────────────────────┘

   l ,|: l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `:.-:'´: : :.ハ,-.、
 ,l.::|:.:!: |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l: : ',
.ィ |: |: |: |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',: :.Λ
,|: |: |: |: |: : : : : : : : : : : : : : : : :./: : : : : : : : : : : : : :.l: : :.',: : :ハ
:|: |: |: |: : : : : : : : : : ::.Λ: : : :.:/: : : : : : : : : : : :.,': : :l: : : :',: : : ',
:|: |: : : : : : : : : : : : : :/ V: : :/: : : : : : : : : : : : ,j: : : l:: : : ハ.: : :.',
:: : : : : : : : : : : : : : : :ゝ-.': :,:': : : : : : : : : : : : :/:;!: : :l.: : : : ハ.: : ::',
:: : : : : : : : : : :U: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : ./:::::!: : :j: : : : : ハ.: : ::',      な、なんで……
:: : : : : : : : : :l: : : : : : :.ハ/: : :.:/: : : : : : : : :/:::::::l: : :ハ: : : : : :.ハ: :. ハ
:: : : : : : : : : :l: : : : : : :{_,}: : :./ : : : : : : : :,:'::::::::::l: :.,':::ハ.: : : : : :l: : :Λ
:: : : :./:: : : :.,': : : : : ./: : : :,/: : : : : : : : /::::::::::::;':::/::::!:.:V: : : : :l: :.i: :.!
:: :./: : : :.:,': : : : : :,': : :,:'-': : /: : : : :,:イ:::::::::::::/:/:::::,' : .;}: : : ::,': :j: : l
/:: : : : : /: : : : : : !: :./ l: :./ : : : :,イ:.l::::::::::::/イ:::::::{: ,' :.l: : :./: : ハ:..,'
:: : : : : : /: : : : : : :.l:. ハ {_',: .l.: : : :/:.:.::l:|: |:|/::::l:::::::::v: : :l: :./: : / jノ
:: : : : : /: : : : : : : : V: ':,  V: : : /: : :. l:|: |:| :::::ゝ- 'l: : /j:./!: :,:'
:: : : : /: : : : : : : : : : : : j: `:-V: :{: : : :.:l !. !     V/ '´//
:: : : ,': : : : : : : : : : : : :/: : :.ハ:.ヽ;l: : : :.', , ―-,   ノ  '′
:: : :,: : : : : : : : : : : : :/: : :./ V: : : : : : V:::::::::/ /  , - 、  / ̄_)
:: : ,: : : : : : : : : : : :./: : :/ミxzxV: : : : : :ヘ - ' ´     {  }/ // `ヽ

795 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/30(水) 00:00:10 ID:TRBzCLzo0

       ⌒ヽ:::`::::::: ̄ ̄:::....
        <::::::::::::::::::::::/::::::::::`: 、
.         /::::::/:::、://:::::::::::::::::::.\     先生!
      /:::/::::/::/X./::::::::::::::::/:::.  ヽ
       ̄/:::..イ:/   |::::::::/ /::::;:::.   }    正力さんは読売新聞を買収して
.       イイ::::/ \ !::/ゝ-i:::/::::.. /
.        ノノ!::::! ,, ̄  i′__ j/:::::::::i/     今は日の出の勢いですよ。
.   ,ヘ⌒) l:::ハ rv‐ 、  \ /::::::::::/
   /:::::::::`ヽ !/⌒>、  ノ___'''ノ:::/!:i′     この人と喧嘩しても何の得にもなりません。
.  / \:::::::::://:::/`ヽУ::::ヽ彡'l:::ハ:::|
 /    ヽ::/!::!::::i /:::r‐r‐く i/  リ      あたしが、仲直りの仲介をしますから。
./     イ::|:::!::::!,'.:::::::/三三ヽ

          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、        まぁ、そういうなら
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |       会ってやってもいいお
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

796 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/30(水) 00:01:15 ID:TRBzCLzo0

┌─────────────────────────────┐
│不仲だったやる夫と正力は会った。                     .│
│だが、なぜかこの二人は、話してるうちに意気投合してしまった。  .....│
└─────────────────────────────┘
             ____
            /⌒  ⌒\
          。o(゜>)  (<゜)o 。         ギャハハッハハハッ
         /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
          |     |r┬-|     |   て
         \      `ー'´     /( `´) そ
        /           \ノ ノミ
        |\ \・      ・ \____ノ

                  ,、
            _,.-‐─-/ ヘ‐-、_
            /        |   `ヽ、
          /     i  λ:: |: ヽ、  .ハ
          | iノ .:  | 'フ´|::. j`ヽ、| λ |     アハハハハハハ……
          |/ : : .;イ´j/, j;:/  , リ 〉 ヘj
         〈 : :/::|  ┃ ,H  ┃ ∧ノ ,〉
          V}`|: ::|.`‐-‐'  `‐-‐'〈::::j,/{
            j ::| :.:|、""" {_,フ "jY77ァ:. |
            | ::| ::{ `>‐-‐{ニニ二}: : |
           ノ ::丶、ヽ、 |__{ニニ二}: :. |
          / : :::f´ 、ー-`| ,.〈    ,〉: :. |
        / / : ::|  i\.|//|    |: : ヘ、

797 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/30(水) 00:03:43 ID:TRBzCLzo0

┌────────────────────────────────┐
│やる夫の秘書である原玉重もこの頃から正力と交友を持つことになる。  ......│
└────────────────────────────────┘
               _,.-‐─-ィ'ト-‐─-‐':.:<´
             ,ィ'´: : : : : : : : |: : : : :: : : : : ` ̄:`‐-、
            / : /: : : : : :j:: : |ト、: : :i: . . . . . . . .ヘ ̄`
          /:ヽ、r',: :/: :/: : : /|:: : | | }: :|: : : : : : :: : : ハ
       /::rー-|: :/: : :|::;-‐'´|:: .:j |  |: :|`‐-: : : i:: : : :ハ
       /:::j:::::∧/::|: : |::/  |: :/ |   |::j ∨: : : |:: : : |::|
        /::::|::::/::/::/|: ::j/ __j:/ |   |/___ ∨: : :|:: : : |:j    はじめまして、原です。
        \:|::〈::::|:/::|: :/ヤ〒行`     オテヤハ:: ;小、:: :j/
         |::::::\_(|;/ `、ヒィzj      {んソ,λ/::i::| ∨     読売新聞の正力さん、よろしくおねがいします。
          |:::: ::|:: :| `ーヘ   ̄       、  ̄ j::::::::i::|
       |:: : : |: ::|    ヽ、    、‐-,   ,イ:i::::::|::|
       |:: : : |: ::|       ` ー-_ァ`ニ-‐"´ |::|:::: |::|
       |: : : :|: ::|       ,r'~ ,ィj  {、`ヽ、|:::|: : |::|
       |: : : :|: : |   r' ̄  `ヽ、 }  |: :|: : |::|
       |: : : :!: : |   j´`ヽ、. \\|ー‐j   ,|: :|: ::}::|
       |: : : : : : | ノ    {`ヽ、\| /  /|: :|: :|:λ  ,ノ^ァ‐、__ノ´)
  ⊂ニ´ ̄ Y^ヽ: : : |/"    ヽ、. \|./ /,/|: :|: |`ヽr'"   { {{´ <_
   ノ γノ 丿 `ヽy       `ー-,"、ー'´ :|: ::|::j  〈    ゝy、~゛ 、、`>
      やる夫事務所長兼秘書 原玉重

798 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/30(水) 00:03:57 ID:TRBzCLzo0

┌─────────────────────────┐
│たった一回会っただけで、こんな約束をしてしまった。    .│
└─────────────────────────┘

         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\      わかったお。
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \
     |       |::::::|   ,---、   お前を東京市長にしてやるお。
     \       `ー'   しE |
     /           l、E ノ    だけど、最低一年は待ってほしいお。
   /            | |
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ

           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',   本当ですか? ありがとうございます。
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |   何か、お礼をしたいんですけど……
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ

799 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/30(水) 00:04:07 ID:TRBzCLzo0

       ____
     /⌒  ⌒\        お、それなら、やる夫を読売新聞の社長にしてくれお
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \     市長は企業を営んではいけないんだお。
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /    だから、お前が辞めた後の社長はやる夫だお


        __ - ――‐'  "    \
      ,/          !     ∧
     /  ,/  __ /,ィ:   l __     ヘ、      アハハハ…
     j /.::  /,ィ//'!l  、.|∨`ヽ ::.   \
.    У .:::/ ,イ,// |l  ト!| ∨:|  :::.  l、,/    (本気で言ってるの、これ?)
    i /:/ /:::!レr‐、リ ノレ r= i:ノ  |:::  |}/
     ヽ{ヘ{  |:::!:! lij:j,7ィ}={, l:ijj.〉ノ: |^i: /
.      | \.!::l::ト、_/_ノ ゝ__ l':レイ! レ′
.      レ:::::j:/y'フ,ィァ (二フ ,.ィ:|::l: l:!   _
     /:::::/、j、_ ´ 〈/フー「`iー、:!:|: |::〉ァ.//
    ノ :::/:iへ ::.\  У⌒゙|  |:lλ!::l レ/,j_
   / :::::/:::|   \|   |\ |  |;' !:!|:{  Lメノ}、

800 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/30(水) 00:04:38 ID:TRBzCLzo0

┌────────────────────────┐
│こんなこんなで、やる夫と正力は盟友になってしまう    │
└────────────────────────┘
【やる夫の思惑】
       ____
     /_ノ   ヽ_\      正力はいずれ政友会の大物になるお。
   /( >)  (<)\ 
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   やる夫の行為に、正力は恩義を感じて
  |     |r┬-/      |  
  \     ` ̄'´     /   いずれ、それが役に立つ日が来るんだお。

【正力の思惑】
                 /`ヽ
                 /^⌒7   `ー
             /   /       `ヽ
              /    {     {      '、   東京市長になって実績を作り
           / /   、∧{   ト 丶    ヘ
             / /   //\'、  |、_メ\  八   そこから国政に出ます。
            {. イ{   トf弋;;)ム. ^ト、弋;;)!ゝ ト ゝ
.           ∨い 小 二彡ヘ_{ゝニ彡| │    そのころには、やる夫は民政党の首脳部入りしてるでしょうから
            } \| lU7  ,__   イ,イ{
              /   リ 〉=ト≧r―r<ノ 八    良い関係を築いていくのは得策なんですよ。
          /  ノ ハ|  Yヘ¨¨7/ ノ  ヽ
            / / 〃 |   |__∨/ xく  ヽ \
            {/(  { │  }7只|/ヘ ∨ ハ }
         ヽハ  j  `┬‐' \i〉  |  ヽ  }(

801 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/30(水) 00:04:50 ID:TRBzCLzo0

┌────────────────────────────────────┐
│だが、このやる夫と正力の連携によってある事件が起きた。                 .│
│それは、京成電車(京成電鉄)が、東京市内の浅草に乗り入れをするという申請を   │
│東京市会に出したことから始まる。                              .....│
└────────────────────────────────────┘
         /─ ̄ ̄ ̄─ヽ
          |     ||    |
  /. 二二二二三三三二二二二ヽヽ
  | | .      |・・上野|      ..| |
  | |┌──┐./三三三.ヽ┌──┐| |
  | |│A15..│| |┌─┐| |│3596│| |
  | |│ ̄ ̄│| |│  │| |│ ̄ ̄│| | 
  | |│    │| |│  │| |│.../.|│| |  
  | |. 二二二 .| |. 二二 .| |. 二二二 .| | 
  | |  ○    | | .__. | |    ○  | |
  | |────| |-| .  |-| |────| |
  | |  ロ.. . .| | .|._ | .| |. . ..ロ  | |
  | |        | |___| |        | |
  | |三三三三|| ─── ||三三三三| |
     | ||   目 [ ].=] 目 ||◎ |||=
       ̄ ||   =====  U||__
        └-─────-┘
      ―//─―――\\―

802 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/30(水) 00:05:02 ID:TRBzCLzo0

┌──────────────────────────────┐
│東京市内の市電を守りたい東京市と市会は                ....│
│京成電車の東京市内への延線を認めなかった。              .│
│これまで五度、東京市会で審議されたが、そのたびに否決された。    │
│六度目の正直という事で、京成電車は東京市会に工作をかけた。     │
└──────────────────────────────┘

         ,. .:.'´: : : : : : ,!: : : : : ',: : : : : : : : ヘ
        /: ,: : : : : : :/:.j:!:l: : : :l: l: : :v.: : : : : :.\          <正力さん、議会で申請を可決してください。
       ,:' : /: : : : : : :/: ,ハ:',: : : : ハV:_:',: :V: : : : : \
     ,: : :./ : :, : : : ,ァ: 7 ',: l: : : : l: lマ:丶: :V: : : : ',: ヘ、
     l: :./: : :/: /:/,: ,′_, V!: : : :l: } V: l、: :',: : : :.ハ: :Λ
     |:,:': : :.,': : : :/ ,.{:レ芹、ヾ!: : :j; :テ尤ミV: : ': : : : ハ: : :}     わかりました。
     l;′: :,': : : :, ,〃オゝ;イ   }: :ハ: jゝィ心》: : :l: : : : :.}V:.!
      {: :,: : l: : : :Ⅳ.{Kじ刈!  ,:./ }/ヒう:リ ' j!: :l、:l: : :l リ     でも、やる夫さんの協力を得ないと…
     l: ハ: :{: : : :l:k Vにソ  'ヘ- {. ゞこノ ,:l: :,' ヽ!: /
     V: :ヘ:!: : : :l:| l ` ‐''   ノ ‘、    ,{j:/:! .j:/
.      |: : :l丶: : l:l \   _ ' __,  ` ‐‐ ´ノ: :.l 〃
       |: : :!: lへ:V`:.、 ̄     , 、 ,.ィ:'´: : :|
.        l: :,: : l: : l`: :l: : >r-   _.l l:´: l:.l: |: : :.|
        !:/: :.ハ: :V: :V:/Vノ     | l.ハ、!:.l:.l: : : !
.      l,′:, :.l: : V: V/ヘ、   ! /^ヽz;{: : :.:|
       ,: : :/: : V: : : :.V/,ハ __ {  ´二}/!: : : :',

803 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/30(水) 00:06:49 ID:TRBzCLzo0
┌──────────────────────────┐
│この当時、東京市会はいわゆる「ねじれ」にあった。       .│
│国政が「政友会」、市政が「民政党」である。           ..│
│国の政友会が京成電車の乗り入れを許可したとしても    ....│
│東京市の民政党がノーを言えば、実現できないのである。    │
└──────────────────────────┘
        r‐ ― }:: :: :: :: :: :: :: :: :: `ヽ
        |:: :: :/:: :: :: :: :: :: :: 、 :: :: :: \
        l/:: ' :: :: :i、 :: :: __ :: :ヽ:: :: :: :::ヽ   国政の政友会の代議士さんからも頼まれたし
      /::: :::.i-':: :: | \:: ::\:: :: 、|:: :: :: |
.   /:; :: //::レヽ:: !、 ィ=ュ、:: :: :: :: \:: :::!   ここで、京成電車の申請を東京市会で可決できたら
  /:,イ:: :::|:: ::リ--\:} ´{i'::::jヾ::、:: :ヽ::゙ー:|
  " |:: :::ハ:: :l{ヘゞリ,_iァ ゝ迄 〉、:ト /ヽ}::|   間違いなく、私の功績になるわね。
    \:} \リヽ__ノ '\_ ,/',.V 〉':|:: :: :|
       /::/フ、 ゚__  ィ _:∠:::ハ:: :: |
    __, -=__ノ~' ニ) ヽ:::7::/   \∧::\:|
    ,≧/ス  ,.、 、' ,/:: :/      ∨ヘ::::l\
.    、///`´ }― {/!,V         !//!:::\:\

804 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/30(水) 00:07:44 ID:TRBzCLzo0

┌─────────────────────┐
│まさに政友会お得意の「我田引鉄」であった。   .│
│民政党のやる夫は乗り気ではない。         .│
└─────────────────────┘
     ____
   /      \          国政で田中内閣と戦ってる民政党のやる夫が
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \       なんで政友会が絡んでる京成電車の
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  // ∩ノ ⊃  東京市内乗り入れを許可しないといけないんだお?
(  \ / _ノ    \/ _ノ
.\ “  /  . \ “  /    そんなことしたら、やる夫は民政党の代議士連中や
  \ /      /\/
    \       \        選挙民からフルボッコだお。
     \    \  \
       >     >   >

                   ______ ./`ヽ、__,-‐、
                 ,ィ´          |´    {
                  /    /   j  :|   |     j、
                /  i::  /   /::i j|   {、     ヽ、    わかってますよ……
             /  |:: ノ   '⌒/ ,/ |i   |:|⌒i、 : :  ヘ
              |  :|/   //| / |i ,ィ j | :|  ::  |  |    なので考えました。
             | // ,.ィ'´ __j,/  |jノ jノ__|,/|  |  |  |
              |/ /  /:::|:|,ィfチミ、  }-{ ,ィfチミ ハ  | ∧. j   こういうことではどうですか?
             |/:{  {:::::||      ノ 、     ハ、 jノ  }ノ
             j  i`ヽ|::::::| `‐-‐ ´  、 `‐-‐´{´|::}ノ|
             | | |:::ヽ、:::ヽ    ‐-     ノ´ }、::::|
              | |  |:::::::λ:: `ヽ>‐- -‐´f::'´_,ィ'´j:::|
             |リ  },ィ'´ `ヽ、 ヽ、/\/:〉_ノ´  {:::|
             j  f`ヽ、   V  ∧  .ハ`~     ,|::j
             /  i|   `ヽ. j/|/ ヘ / .∨‐--‐"|ノ

805 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/30(水) 00:08:06 ID:TRBzCLzo0

┌─────────────────────────────────────┐
│正力の提案は以下のような物だった。                              ...│
│まず、正力の工作で、委員会では申請を可決させる。                     ..│
│だが、本会議で決を採れば、民政党系が過半数をとっている議会では否決される。   ...│
│なので、本会議で数名の民政党議員に棄権をうながしてほしい。               │
│そうすれば、本会議で申請を可決できる――というものだった。                .│
└─────────────────────────────────────┘
          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、      仕方がないお…
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |      後はやる夫に任せてくれお
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

       | /    |            . `ヽ、
        j,ノ     |      |、   .、     \:i:.ヘ
        /   /  /'|  :: |: | ∨  :|、  、:: ヘ:. ハ
     /     /  / |   ::.|. |  ∨ |V   ヘ、:: } }   いつもすみませんね。
      /     :j  /_,ノV  :::|/ `ー|-、| ∨  ハ:∨: |
    j  :|   .::|  {  __,∨ :::|  ,__ヽ、| |:V  }:::::  |   では、お願いします。
    | :;/|  :.::iヽ、|、 ィチミヽ、{´ チ弐ミ、 |:::ヽ,ハ:::   |
    ∨ |  : .:| j::ハ´   ,ノ, 、      ノ|:::: |,,ノ::::  |
      ∨ : :| |::::ハ‐-‐'  __`‐-_‐" ノ::: :l::: :!:   |
       `ヽ:| |: ::::j、    V ,ノr、〉,}}〉':: ,/:::::::::   |
            |: : :::::|::>‐::-_,ノノ' ,イ:: /::::::|::|::  |
            | : : :::|::::::::::{二二二},ィ´ミヽ::|::|:   λ
            | : : :|ヽ、::_}二二ニ/,ィ⌒ヽ、:|:|   ハ
            |  : ::|  〈"´   〈´     ||j  i  ∧

806 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/30(水) 00:08:24 ID:TRBzCLzo0

┌────────────────────────┐
│やる夫は正力から依頼を受けて                │
│配下の市会議員に本会議を欠席するように促した。  ......│
│用を済ませったやる夫は高松へと一時帰郷した。    ....│
└────────────────────────┘
      γ⌒) ))
      / ⊃__
   〃/ / ⌒  ⌒\          んじゃ、実家に帰るお。
  γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)
 / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ     後は頼んだお。
(  <|  |   |r┬(    / / ))
( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
               / /

           _   -―― <_ノ)
        _  '" : : : : : : : : : : : : :ー一ァ
       〃: : : : : : : : :ヽ : : : : : : : : <
.     /: : : : : :! : : : : : : : : }:\: : : : : 丶
     /: : : : : : : :|:ト、: : : : :.i : i⌒ヽ : : !: : :\    はーい
    ,' : : : { i: /|i⌒\ : : i : }\厶: : i : : : :.ヽ
    !: : : : い : : j∨_  \ i : 爪_ハY、:i: :ト、: :.:|   後は任せてください!
    |: : i: : :\ :ル爪_`ヽ \ハ:::::jノ N: :| \|
    |: : :ゞー 、:`{八:::::ハ     ー'' {: : |
.     !: /{    \:\ー''  ,y‐ヘ ヽヽノ\|
    j:/レ'\   ヽ `ヽ (  .ノ イ:|
          `ト、  )  ̄`ヽ≧T∨/N
.     __ノノ`  l    }゙マー1 //!
    /´       {   ノ }\j//∧
     {     イ __ >ーく. _人ヽV/∨
    `ーr='´ {     /Y { \}/}

807 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/30(水) 00:08:40 ID:TRBzCLzo0

┌───────────────────────────────┐
│だが、やる夫が帰郷中に正力は大失態を演じてしまった。           .│
│委員会で京成電車の申請が否決され、本会議へと議案が移された。    .│
│やる夫配下の市会議員は、やる夫指示通りに本会議を欠席して     .....│
│京成電車の申請は可決された。                        ......│
└───────────────────────────────┘

<やる夫先生が欠席しろって言ったし……>  <まぁ、欠席しとくか……>
      ∧ .∧  ∧ .∧         ∧ .∧  ∧ .∧
   .∧ .(´・ω・) (・ω・`) ∧ .∧  ∧ .(´・ω・) (・ω・`)∧ .∧
   ( ´・ω) .U) ( つと ノ (ω・` ) ( ´・ω) .U) ( つと . (ω・` )
   | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
    u-u (l     ∧ .∧  ∧ .∧ u-u (l    ) (∧ .∧ ∧ .∧
        `u-∧ .´・ω・) (・ω・`) ∧ .∧u∧ .(´・ω・) (・ω・`) ∧ .∧
         ( ´・ω) .U) ( つと . (ω・` ) ( ´・ω) .U) ( つと . (ω・` )
         | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  ) と ノ
          u-u (l    ) (   ノu-u  u-u (l    ) (   ノu-u

808 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/30(水) 00:09:09 ID:TRBzCLzo0

┌──────────────────────────────────┐
│だが、申請が可決された京成電車は喜んだ。                      │
│そして、京成電車から正力に十万円のお中元を贈ったのである。          .│
└──────────────────────────────────┘

            /´`ヽ/´\-‐─-、_
           ,ノ"   {         `ヽ、
        /    , |   |、    \:  ハ             <正力さん、お中元です
          / ,ノ    i /∨.  | ∨   ヘ.  }
       / ,/    ::;| |'´∨ { ⌒ヽ    ヘ.j
      j//   / ::;/|/ __ ヽ、|  __\:::: }::: ,〉   はーい、受け取っておきますね。
       |  /| .:;ハ ィチミ H ィチミ V:::メj,/|
       ヽ、| { ::{::ハ、_,ノ ヽ__,ノ|∨iノ:i|
           ヽ、|:::j、   -‐    ,|::. | |
            { ::|::`二=r r=ニ":::j:_ | λ
          /:ヽ{/ヽ |/ヽ,/  ̄( |__j::: ヘ
         /::/|::::/ /   |/    r'、〈〈 }::.: ヘ
           ヽ:| |::j ゝ:::. ', ::::...   {ゝ-‐',},〉::i: 〉

809 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/30(水) 00:09:25 ID:TRBzCLzo0

┌────────────────────────────┐
│正力はそのお中元を半分にし                     ......│
│五万円をやる夫に、残りの五万円を政友会の中島に贈った。   ...│
└────────────────────────────┘

              /            ヽ、 、       \ `ヽ、
            / ,       ,ィ  ::   |、  ヽ.       \ .ハ
         /  ノ    _.i: | |ヽ、.i::  | ヽ.'⌒|ヽ:::     \|     やる夫さん、いつもお世話になってます~
         {ヽ/  γ´ /|: | |  | |::   |  ヽ、ト、:::::      \ \
         ∨     / |: | |  | |::: ,j    } j V:::: ヽ.   |ヽ、.ヘ   お中元です~
          /  /   /  | ,j |  |リ:: /  __ j/  ∨:::: |:  |   } ,j
        j  λ   /  _|/__   }:: /、 ',ィ'"´` ハ:∨:: |:: /   j,/
        |  | |   ハ ,ィ'"´` ヽj_ノ‐ヘ.      {ノ:::}:  |:: /
           | |: |  /:.:ハ  〟   ノ  、  ` ‐--‐ 'i::i::| /j;/i
         ヽ| ヽ、{: : λ`‐ -‐'   r-‐ァ      j::|::j,/,ィi: |
            | i: : : }ヽ、      { __,ノ    ,ィ´::::}_ノ:::| |: |
            | | ::i: :j  `>‐-ァ ‐-‐ォ‐ ´ |:::i:;;;:::;;;:;:| |:: |      __
            | | ::|: ::|ヘ/´ ,r'´ ̄ノ __{,r彡キ≧ミ爻巛ミミ弍㍉rュ,,/´_ノ__
           /´リ | : :|: {  j,ア ̄フ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,ノf´ i:'フフ
            / /.  | j |  /  --‐´~)                ,γ´i:ノ |,/'´
            /  j   | | | 〈   --‐'´)_ニニニニニニニニニニニニニィ':::{  |-‐┘
         /   |   | | \`>、.  -‐'´,ノ  |: :|    :| f´   -r-┘

             / ̄ ̄ ̄\
        /           \
       /  \      /  ヽ
         |  =`   ´=エフ  |
       !    (__人___)    /      おっ、わざわざすまないお。
       ヽ.__  `ー'  ミ☆´
          `7 ー   <
     r'⌒Vソ /        \
     !  く /         )
     ヽ、  ヽ    /  /
       入  \_,/  /l
      /   \    /  !

810 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/30(水) 00:09:44 ID:TRBzCLzo0

┌─────────────────────────────────┐
│つい最近まであったようだが、この頃の政界では                 ......│
│「お中元の時期」になると、大物政治家は配下の議員に金を配っていた。     .│
│やる夫も当たり前のように、正力から贈られた五万円をそのまま          .│
│配下の議員に配布したのである。                          ......│
└─────────────────────────────────┘
【お中元の時期】
       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\     お~い、この金をみんなに公平に配っておいてくれお
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /

          ,..-──v'⌒ヽ
       _/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.厂`ー―ァ
.     /〈::::/:∨:.:.:.:/::.:.:.:/:./:ヽ:.:.:.:<
    〈::::::::Y::::/:.:.:.:.ナナメ|:/ヽ:.:}:.:ト:.\>
    ヽ:::/:::/:.:.:,ィ-|∠_ リ  |:ス:.:|:.:.:. |      わかました。
      〉-r(|:.:./ `ト{:r「   イテチ:.:|:.ト:.:|
.     |:.:.:|:.|:/_  ´ ̄   ヒ!ノ∧|.:「リ      いつものように配っておきますね。
.     |:.:.:|:.:.:.:.:ト、   rァ   ノ:|:.リ
.      |:.:.:ト、:.:.:.K:}   r‐ rイ:l:.|:.:|
.      !:.:.:|__}:.:.:|::::\_,,>、:\:l.:|:.:|
     |:.:/ ヽ:.:.ヽ::::::ヽ |::::::}:/:/
      ∨   ヽ:.:.:l\:::ヽ|:::/|:./
    /   .|  ヽ::ヽ \ |∧l:.{   r‐rこつ
.   /   ヽ レく ヽ:.:ト-ィ r'>'⌒「 |_ ⌒⊃、
.    {    ト、::}、 ト:.|/  \  |  ヽ:::厂 ̄

811 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/30(水) 00:09:57 ID:TRBzCLzo0

┌───────┐
│しかし……  ......│
└───────┘

<おい、また市会議員が逮捕されたんだってよ>

                         <今度は板船権だって……>

: : : : : : : :: :::: :: :: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::: :::::::::::: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: ::::::::::::::::::::: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :Λ_Λ . . . .: : :::::: :::::::::::: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.:. ./彡ミ゛ヽ;)‐、. .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l .  ./ :::/;;: ヽ ヽ::i:. :. .:: :::::: :::::::::::: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ..(_,ノ ̄ ̄.ヽ_ノ ̄
    相次ぐ市政の汚職事件に再び落ち込む東京市民の皆様

812 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/30(水) 00:10:14 ID:TRBzCLzo0

┌────────────────────────────────┐
│1928年夏                                         .│
│板船権という、東京市政の特殊な利権が絡んだ汚職事件が発覚した。   ....│
│この汚職事件の発覚で、「京成電車の乗り入れ問題も怪しい」と         .│
│東京市民や新聞各紙が騒ぎ立てるようになった。                ...│
└────────────────────────────────┘
  |         |  |      ________________________________________________
  |         |  |_____ΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦ||ΦΦΦ
  |         |  | ̄ ̄ ̄ /|                    ||
  |         |  |   / /|TTTTTT   TTTTTTTTTT||TTTTT
  |        /\ |  /|/|/|^^^^^^ |三三| ^^^^^^^^^^^||^^^^^^^
  |      /  / |// / /|
  |   /  / |_|/|/|/|/|
  |  /  /  |文|/ // /
  |/  /.  _.| ̄|/|/|/         ∧_∧      
/|\/  / /  |/ /           (___)     夏祭りだ わっしょい!
/|    / /  /ヽ            /〔 祭 〕〕つ
  |   | ̄|  | |ヽ/l            `/二二ヽ
  |   |  |/| |__|/   ∧_∧     / /(_)
  |   |/|  |/      ( ´∀`)   (_)    ∧_∧
  |   |  |/      // /  ^ ̄]゚        (`   )
  |   |/        ゚/ ̄ ̄_ヽ         ⊂〔〔 祭 〕
  |  /         /_ノ(_)          ┌|___|
  |/          (__)             (_ノ ヽ ヽ
/                                (_)

813 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/30(水) 00:10:28 ID:TRBzCLzo0

┌────────────┐
│そして、1928年9月……   .│
└────────────┘
 ___ 00 __     ___ 00 __   
 | ∟ └┘/7  | ∟ └┘/7 
 |_厂   <ノ   |_厂   <ノ 
                              <やる夫はいるか!>
                  _____
                  /ーニjj三ニ‐ u \
                /(○))三(○ ))::li| ヾ           一体なんだお!
               l|i :;:((__人__))) .::u:;:li}  ガバッ!
               ヽ:;::: {r┬-}i ::::lii:::;u ノ
                 \__`ー"u   ::;;/、───────- 、
                ,r' ヽ二ノ ̄ ̄r⌒ヽ ( ̄ ̄( ̄)     )ヽ
  .            / | イ  Y     |   |  ̄ ̄::: ̄.     /:/
  .           /  |  |       :|   | ::::::::::::.      / /
  .         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽニ=ー、/  /i::::::::      / /
        /  ̄  ̄   ─      ⌒ ̄ヽ        / /
       / r _ / _    r   _ ー 、 ̄ヽ  ./ /
       { {   {    ─    {      )   }/ /
      / ヽ、____________ノ   / ./
    //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;;;;. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.,,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   / /
  //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;;;;.: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:,,.:.:.:.:.:.:.:.:/   / /

814 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/30(水) 00:10:40 ID:TRBzCLzo0

                 __l゙r`、ー-=、-:、_
                r'i"、ヽ.__ヽ、 ヽ  ヽ
                ',i r'"_,,,.';'; l l i __ ';     やる夫先生、あなたに逮捕状が出てます。
                   |l、 li. riェ|.|i ;' /r;', '、
                 !'`;i゙_  .i' ! ./l)rノ /     京成電車の乗り入れ事件に関する収賄で
           ノ|.      ',-‐- ,':'",!"'、/
   、        _,..:'  |      ヽ,__,,.. -'._,,. ヽ、
.   ヽ- ,__,,..-''"   |         ,.-|''iニ"_,.-' ,! ヽ- 、,_
.    `、        |      ,:;':' | |二-:' /   ';   ``''‐- 、_
     ヽ       |.    ,r'゙,、 i-, .', ,.:'/-、r'"   ,.:'"´  `i
      ヽ       .|   ,.:'!,`ヽー' !丶i:' ./   `r  ,:'      |
       ヽ、   .,..、| / ,.i‐:、_!"'、,i"i /   ,:'´  i        |
          |`;  .,:'`フ .|゙ / | ',r、 ,.i !ヽ,!.,'  ./             |
        i .';./ .∠,-' ,' |. |、 i >'/ .i  ./    、!       |
.         | ! ,:'゙ ,-!、 | | .|. `i,' '"  !  /      |      |
          '、 ` ´ r,!.| .! |  |O   | .,'       i      |
         `i、    ヽi ',|  |    | .,'       .|        |

815 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/30(水) 00:10:50 ID:TRBzCLzo0

               _____
             / '⌒ヽ  ; '⌒゙\       ||  ||
            /        ∪     \      ||  ||
          /   /´  `ヽ/´  `ヽ   \     o   o
         /    (    ●ll●    )   \
       /      ヽ_   _ノヽ_  _ノ    ; \
       |  ;  ''"⌒'(    i    )'⌒"' ∪   |        はっ!?
       |  ∪      `┬─'^ー┬'′ ∪    |
        \          |/⌒i⌒、|        /         全く身に覚えがないお!?
         \ ∪    !、__,!    U  /
         /       、____,,      \
        /                        ヽ
        |  、                ,   |

816 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/30(水) 00:11:01 ID:TRBzCLzo0

┌──────────┐
│正力も逮捕された  ......│
└──────────┘
              /`ヽ‐| `ヽ-/‐-─-.、_
             jノ    |  i|       .λヽ、
           '⌒メ"  / ,j:|  ||、   \::(_,j: ハ/
           /  , ./ 、/ |:|  リ `ヽ,  `ヽ、  ´|
         j ,i (j | /ヽリ.  | / \i、 ト、|: |      な、なんでですか!?
         | ハ  ,∨、___ \{   、__  |:ヽ|:::  |
         V  ∨::ハ {_},, ,}-{  {_},, j |ノ::  |   ,
            }:|:::::}‐/-/'_`/‐/‐'/ j:::  |  (j
             jノ::::λ   i::::j   ,/ ,/::: 、j
            / :::/::::`>-ニ´-</ /ヽ;::: λ
            ( ::/:/)/ノ、:::/ /j,,ノ_ .\:: \
            r‐/´ '´テ'´// ,/´  `ヽ`ヽ::: \
            〈´ヽ、_,,ノ{__,≦ソ'´ /      ハ }:`::. ヘ、
             }  ,ノ::/::γ   /       {__j::::ヽ:::: ヘ、
            〈 〈:::/:::::人..::::/    / /´::::::::::::}:::i:::: \
            `~∨ヽ;/  `y    /  〈::::::::::::::/:::::ト、:::: 〉
                  /   ,/____ '\:::::::::::::::/:::}:;/´

817 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/30(水) 00:11:25 ID:TRBzCLzo0

┌───────────────────────────────────┐
│検察の主張は以下のとおりである。                            .....│
│                                                    │
│京成電車幹部が正力に乗り入れ申請許可を依頼                     │
│↓                                                  │
│正力とやる夫、政友会の中島が共謀して、議会工作を行う                   │
│↓                                                  │
│謝礼として、京成電鉄幹部が正力を十万円を渡す                     .│
│↓                                                  │
│正力が、やる夫と中島に五万円ずつ配った                        ...│
│↓                                                  │
│結論「収賄」                                          ......│
└───────────────────────────────────┘
         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /( ○)  (○)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。           なんじゃこりゃああああ!
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・

818 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/30(水) 00:11:35 ID:TRBzCLzo0

┌───────────────────────────────┐
│この「京成電車疑獄事件」同時期に起こった三つの事件と合わせて    ..│
│「東京市政四大疑獄事件」とされた。                      ....│
│検察当局が東京市会議員の半数を逮捕したために               │
│出席議員数が足りず、東京市会は議会不成立状態になってしまった。    │
└───────────────────────────────┘
【議会不成立】
                         ∧_∧ _       ∧∧ _
                        (´-` )||      (゚Д゚,,).||
      /`l       ______( (S)  )||____. |  O||___
      ||  |     /     /          /     / ̄/     /j
      || _└.   /    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/.  |
      ||_  /     /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/.|.  /|
      ||l  /     / | ̄ ̄||     / ._| ̄ ̄||     /  |/
        lニニニニllニニ|    ||ニニニニllニニ :|    ||ニニニニl  /l||
         |      |l   |――|| l――|l|   |――|| |――|| /
         |―――|l   l   || l――|l|   l   || |――||

819 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/30(水) 00:11:49 ID:TRBzCLzo0

┌─────────────────────────────┐
│やる夫関連書籍によると、このやる夫の逮捕について        ......│
│「やる夫は他の疑獄事件の巻き添えを食った」と解説している。     .│
└─────────────────────────────┘

        ____
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)
   /     (__人__) ヽ   なんでこんなことに……
   |       |!!il|l|   |
   \        lェェェl /
    /         ヽ
    しヽ        ト、ノ
      |    __    |
      !___ノ´  ヽ__丿

820 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/30(水) 00:12:01 ID:TRBzCLzo0

┌─────────────────────────────┐
│こうして、正力松太郎の国政への進出は事実上不可能となった。  ....│
└─────────────────────────────┘
         ; l´ ̄`ー--.、/´ヽー─-:.、__ .
          j,ノ      |   .     `ヽ、
          /        ,|   :|    ヘ:: ヘ .
       . /   ノ  / ,/ |  |:|'| |::u  λ:: ハ ;
      ;/ ,./  /   / /u :|  |:| | :|、:::    \ }      虎の門事件に続いて――
     / ,ィ'/  /  ,| |  |  |:| | :| \:    \
     / / / ::j  ,/ ヽ|   ヽ、 |j. ヽ| ,ノ∨  i::  ハ .   私は不幸だわ……
     |/ j ::::|  ハ `\、_ ヽ、|_,/´  ∨ |::|、 | ;
       |  ::l  |::ハ 二ニ=" }‐{ ゛=ニ二 ハ. lリ| |/
        ;∨ |ヽ、|::::j、::.  ::,ノ , ヽ、:::  ..::{:::j,/: |
       . ヽ、|| .i:::::ヽ、 ̄   __,   ̄u,ィ:i::|:  | ;
           | /| :::::i:::`>‐r- -r‐<:|:::j:: :|:  |
            |/ :| :::| /´  {    }  |:/:: :j  | .
         ./ :;| :::|'   |\/|  ,ノ  /ハ  | ;
        ;/ :::/'| :::|   |     | /  ,/  }  |

821 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/30(水) 00:12:20 ID:TRBzCLzo0

┌───────────────────────────────────────┐
│やる夫と正力は保釈された。                                       .│
│だが、「刑事被告人」という立場は政治家のやる夫にとってとてつもないダメージだった。     │
└───────────────────────────────────────┘
         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○)}liil{(○)\  /   /
     /    (__人__)   \/   /   /  )     うおおおおおおおおおおおおお!
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /        
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙' 、_.)

822 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/30(水) 00:12:32 ID:TRBzCLzo0

┌─────────────────────────┐
│1929年9月、政友会田中内閣が倒れた。             │
│民政党の濱口雄幸内閣が誕生する。             ...│
│これはやる夫にとっての念願達成であったのだが……   ..│
└─────────────────────────┘
                  ハ
             / : ハ` 、.
                / :::: . ハ. ソ.
      、-'-- 、 ./ ::::::::.:: ハ/_|__
.     ヽ. ::::::... ̄ ..:::::::::::::;=r、................ ̄ア
       '., :::ト::ト‐zzf f∠ィ | |:::::::::::: ,ィ´    すまないね、やる夫君。
         '., ',│ !-〈〈  -! ! 廴:::::: ,イ
       _ -┘jノ ノ-、ヽ. ,-ト、`‐=〈弋、     君の功績から、内閣書記官長にしたいところだけど
    <::::::::{rr r' ◎|  |◎ | |>i、iヾ、{`、
       7-、 :!l. |ー‐  , ‐一 ,'_,ノィリ~`     「刑事被告人」ではね……
.       // 〉!l |''、   c   ''ノ,イ
.         ∧lハ!-≧ --イ{|`'、. l.
         {|__[::[[:::::!{|_|│
.          ,.ィヽ {f  ̄「   ` 、
       ∧  ハ |li  |     /ハ

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \      大丈夫ですお。
  /  /⌒)   ⌒゚o  \
  |  / /(__人__)      |    そんなことより、濱口先生が総理大臣になってうれしいですお。
  \/ /   ` ⌒´     /

823 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/30(水) 00:12:43 ID:TRBzCLzo0

         ____
        /     \
      /  _ノ  ヽ、_  \      やる夫はすごく不幸だお……
     /  o゚⌒   ⌒゚o  \
      |      (__人__)     |    刑事被告人だから、表立って活動できないお。
     \     ` ⌒´     /
      >    / )ヽ   <      表から濱口内閣を支えることができないお……
      (  \ / __ハ ) /  )
      \  ゙  /ヽ ゙  /
         \_/   \_/

824 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/30(水) 00:12:55 ID:TRBzCLzo0

┌────────────────────────────┐
│濱口内閣が誕生したが、やる夫は刑事被告人と言う立場から  ......│
│政権入りはもちろんのこと、党内の重要な職にもつけずに       │
│「無役」の一国会議員という立場になってしまった。          .│
└────────────────────────────┘
      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ
   / _ノ ノ    \  \ `、     どうしてこんなことに……
  (  < (○)  (○)   |  )
  \ ヽ (__人__)   / /

825 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/30(水) 00:13:26 ID:TRBzCLzo0

        __     ______,00     ,勹
       └‐¬ |    └‐¬ |     く..く 
         l二ノ .     l二ノ.      \)



                                    .

826 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/30(水) 00:13:43 ID:TRBzCLzo0
【今回の登場人物一覧】

[主人公]
三木武吉:やる夫(2ch)

[民政党関係]
濱口雄幸:武藤遊戯(遊☆戯☆王)
松永東:日下部みさお(らき☆すた)

[政友会関係]
正力松太郎:高良みゆき(らき☆すた)

[その他]
原玉重:柊かがみ(らき☆すた)

827 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/30(水) 00:13:57 ID:TRBzCLzo0
登場人物年齢表(やる夫基準早見表)
1928年12月31日基準
やる夫:44歳(+0)
正力松太郎:43歳(-1)
松永東:41歳(-3)

828 ◆YTHZ6/xn/k 2013/10/30(水) 00:15:00 ID:TRBzCLzo0
この度もご視聴ありがとうございました。
今回、短くしたのは、次回が作者にとっての鬱回だからです。
書いてて気分が悪い事ってあるんですね。はい。

830 名無しのやる夫だお 2013/10/30(水) 00:35:15 ID:sRauiJHA0


1928年当時の5万円、現在の貨幣価値で計算したら大体3000万とか・・・

□ やる夫は自由民主党を作るようです 第六話
目次 イントロダクション キャスト 予告 初回 CM 前回 次回
関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
いや政治で金もらって便宜図ったのばれたら捕まるの当たり前やん、、、?
不幸って言葉が出るのは、当時皆やっていることという認識があったのか
国政(笑)国益(爆笑)
清濁併せ呑むってのは便利な言葉ですね

いまもやってんだろうなー警察黙らせているだけで
[ 2013/10/30 10:36 ] [ 編集 ]
さらっと流れているけどこの「お中元」は現代だったらとんでもないことになってるわなw
[ 2013/10/31 19:49 ] [ 編集 ]
だが国民がダーティな政党を見放し期待を掛けたのが「クリーン」な軍部だったわけで(その結果は論ずるまでもない)
当時の価値観的にはグレーってところだろう
[ 2013/11/04 22:59 ] [ 編集 ]
↑↑↑現代と当時では感覚が違うのでは?
この手のもので同じように考えるのはよくない
[ 2014/07/31 22:15 ] [ 編集 ]
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:極門散人

Twitterで更新情報や
与太話を呟いています

カテゴリ
最新記事
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
全記事表示リンク
人気ページランキング
ブログパーツ
アクセスランキング
リンク