嗚呼! やる夫道

やる夫系作品のまとめブログ

マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです 後書き

□ 歴史系 マーニー・ハイイェー(マニ) マニ教
目次 イントロダクション キャスト 予告 初回 CM 主要登場人物:巴マミ キュゥべえ 他
409 ◆OkhT76nerU 2012/11/28(水) 22:25:43 ID:gnph.ETA0
それじゃ後書きみたいなものでも。
即興なんでまとまりがなかったり、文章がおかしかったりするかもしんないけど許してね。

410 ◆OkhT76nerU 2012/11/28(水) 22:28:51 ID:gnph.ETA0

このスレを始めた切っ掛けは、某ブログでレビューされてた青木健『古代オリエントの宗教』を読んでるとき
マニさん=マミさんという電波を受信したこと。


               _,. <:::::::;_} __
            ,,..::":::::::::;>"     ` `  、
       、 _   /::::::::;>"       ヽ    \    この感じ・・・
.      > `ー´¬>"           }  ヽ  ,、
.     /,     ::}:::: /  i     /  j /ヽ  !  !ヽ、
     . '´  j {{`ヽ!::::: |  |  | /!  / /  ⌒jト  | }}
___ノ   j: |.  \,ij/,}}j  l   斗j七//   yfトv ' ___∧,、_____
 ̄ ̄ /jノ! {:: ::.:.,.〈 ̄(;} j!::. .:':,  |' j>    'ヒソ j;ノ  ̄ ̄ ̄'`'` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   '   {人 ::/|/ ヽ'jハj(\:. .:\{ィv_;リ     、''i^ヽ ヽ
     '   ヽ{ ' j" ̄  ̄ミ::ヽ廴 _\'''     , ノ:::>' ノヽ
             ≦こ;;≧、::::{ \::::{、    ` _/:::/ Y´ }/ }
          l´  ̄`ヽ:::ヽ:jヽ ||`ー ̄,,`7/(::::::::<、 `lノ' /、


ちょうどその頃向こうのスレを描くに当たって、情報量を増やしすぎて投下ペースが長くなったり
内容が冗長になったりしてるんじゃなかろうかと悩んでいたので、サクサク描く練習として始めることにしました。

411 ◆OkhT76nerU 2012/11/28(水) 22:34:28 ID:gnph.ETA0

向こうだと雰囲気を殺伐とさせたい(残虐性を誤魔化したくない)ので性転換配役はやらないことにしてるんですが、
マニさん=マミさん以上の配役がどう考えても出てこないので主役に抜擢。

                 _ __ ___
              /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`丶、
             /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
             レ'´. : . : . : . : . : : : . : .`ヽ、::::::::.:\
        /⌒ y'´. : /: . : . : / : . : . : . \: . : :.\:::::::::::〉
       //  /. : . /. : . : . /: . : . : . : . : . ヽ.. : .ヽヽ:::/
    //  . /. : . /: . : . /:/ ヽ:\: . : . : . :.}.: . : .',: V
   //   . :/: . : . i. : . :./:/   '´ヽ ̄`メ、.: :.}: . : . :..l i
    /   . ://. : . ∧. : /l {    --\\: . :./: . : . i | |
    //  . :/. i. : . i |ィ´ { リ    下て.ぅ >.:/. :/ . :(::`´:::) __
    〃  .:./:.{.:l. : . l | \|-_     弋_.:ツノレ. :/: . : ..(..:::)´ : . : . \
   / i .:/l / :l. : .ヽ\x≡ミ、     , ////:./: . : /:/. : . : . : . : . : .\
    | ./ l ヽ\>: . \// ′      /イ. : . /:/: . ://:ニ/  }ノ
    |/         `l    、 _ノ   ノ ´  ̄ ̄ `ヽく: : : /  /: . \
                ヽ         /          \|  /: . : . ノ
      (⌒Y´ )    { >      「「 /            l  「 ̄
       `ヽ/     ノ:ヽ\ `二´ /:/ /    / / 二二V    l\_ __
           __  \:\\  // /     l/ /´ _ _/ __ 」/  ̄ ̄ \
         /: . : . `>==: > V:ノ \    l /    /:::::::::::::::ヽ       \
        /. : ./ ̄   く: : : ノノ:`ヽ  \  ヽl    /.:::::::::::::::::::::\     ノ
        {. : /  _ _ ノノノ//l: : U   \ _ ヽ   /.::::::::::::/:::::::::::::l
          V/   `ー /  /:/`ー'       ! /:::::::::::::::レ'´ ̄ヽl
              /  ノ:/          l {:::::::::::::::::l/´ ̄ヽl
                /   〈.:ノ          / ノ:::::::::::::ノl    l
             {                 〈ヽ ̄`¨¨´  l    l

今までやる夫スレで色々キャスティング考えてきましたが、ここまでハマってくれたキャラはいませんでした。
名前だけでなくその厨臭い教義、恐ろしく多才でハイスペック・・・にもかかわらずどこか漂う残念臭等々、
マニさんは実にマミさんっぽいと思います。

412 ◆OkhT76nerU 2012/11/28(水) 22:41:06 ID:gnph.ETA0

デフォルメや表情が多くて描いてて楽しかったです。割と勝手に喋ってくれるキャラになりました。

                 ___
             ´            ` ミ
         /                マ
.          /        〃  ∧      ',_
        .′       /i}  /  '_      (())
         |    ⌒ / i /  ´ `、   ((><))
         │   i/   レ′      ヽ!   (())
        从、 } 三三    三三   'ヾ /¨ゝ、
      , ヘ\ノ ( (     ( (   _ /    〉
     iく.   Xヘ  ) )  r- 、. ) )  ノイ    /,ヘ
     __ ヽ   Yゝ><二)___ ァ‐、イ  `、_ (/ ∧
    ノ \i_y‐;{ /   ハ.【】.7/  ∨    `ー〈__`≧x、
    ヾ、   \ {    / `Y´/   ム_          ソ
      \ _ノ ゝ-イ  人/   /  `>、      ´
      Y¨≧='゙    └┬′/   ./   L_ `ー、、
     乂!         ゝ、ム __/  ___Lノ‐一'´
               r'__ノ ̄


彼女を主役にした時点で、「明るく楽しくマミれる歴史スレ」という方向性が決まったような気がします。

                    _,,.... - ...
   |_o           .  '         `ヽ     ヽ .
   |_  ヨ ー―――/       .ヘ     \ \― __.ノ
             /       /  ヽ. ヽ   ヽ  ',
             ,'   ,'  ,' /    ヽ. ii   " `Y" )
            i./.i  i  ii_/,    `ー+_',  〉ゝ¥v ̄ )
            .i| i  T"i_´!.、    _,.__ノ }  廴ニiソ; ;ー"
             ! i  ./{:C;     〃:C`ヾ.   ;‐i ゙リ
  〃   ,...-ヘ / ̄\゛ " {{: : :}     {: : : }}` /.ゃリ~´\   ヾ
..  Λ  i´   り/ / / 〉 c弋ソ   ,  七づ;゚ ,' イ ノ   〃 ヘ
.  { ゝ..,i  i リ{   './ 人 {//  /// / 〃`シ´{   ,'! レ′
.  ゝ、  ヽ、 i ハ  〃, '  丶.   -  、 /_...彡"  ',  !.レ"
    `ー‐ ヽメ ヽ, -'´     .__ `i≧`ー '_≦_    `ー' ミ_ノ〃
    \          /´ r::`:.、ニlニ_ノ_   ヽ      ,
   \ `        ノ   ヽ::::::::i::!:::::::::リ  .ノ    //
     \          ゝ/ ゞ ゞ〃 |:|ヾツ    〉     /

417 ◆OkhT76nerU 2012/11/28(水) 22:48:23 ID:gnph.ETA0

解説は身も蓋もないことを言いそうなキャラということでQB。
青木健『マニ教』をメイン資料にしていたからか(というか4話あたりまでほぼこれだけで描いていた)、
「このスレを見てから、青木健先生の本を読む度にキュゥべえのAAが浮かんでしまうようになったw」というレスを頂きました。

        l、            /
.        l \         //
        ,.l  ヽ- ─ - 、/ /
     . / l /       `ヽ/ヽ
    /  //  ○   ○  ', ヽ  ボクトケイヤクシテ『マニ教』カッテヨ!!
  ヽ/  / l           lヽ ',
 /\/   l   (_ノ_ノ    ,' l  l
イ  /ヽ   ゝ、       .. ´  .l  l/
 レレ       ` ー─ ´    /´l、
                     レレヾ

無自覚とはいえ存命のアカの他人に変なイメージを与えるってどうなんだろう・・・

418 ◆OkhT76nerU 2012/11/28(水) 22:57:30 ID:gnph.ETA0

自分も描きながらうっすら感づいてはいましたが青木先生の著書については色々批判もあるようで、
某ブログ管理人さんからの又聞きによると、

「イラン史に詳しい人曰くいい加減で投げたくなるような部分もあるが、それだけで一冊まるまる否定するともったいなさすぎる鋭い指摘が沢山ある」
とのこと。
『マニ教』のp38でボイスによるマニ教原点の抄訳を「誤植が多く、そのまま引用すると研究者が無知を暴露してしまう恐ろしい本である」
とか書いてるくせに、アンタ自身がそのクチかいw

とはいえここまで詳しくマニ教扱ってる本はないし、今更路線変更できないんでそのまま描きました。
まあ最初に「話半分で聞け」って言っといたし別にいいよね!

人_人_人_人_人_人_人_/  __           __
             (  ⌒ヽ\      //⌒
        予張.       > |   ‘,\ _ / /  }
        防.っ      (   |>=-'     `  ⌒ ヽ       rx
        線て.       >´ /           \  \ (ニ| iニ)
        !て      (  /                 (ニ| jニ)
          良      >   ●      ●            |/      .
          か..    (                   }    __  __,
.          っ.       > i    ー'ー       人   | | | /
          た      (  |\           /  ゚。  V | /  __,
                > | __ ーr  _   イ  /     / i7i7}/
             (  |⌒ヽ }        {  {{___, ノ\   /

425 名無しのやる夫だお 2012/11/28(水) 23:10:44 ID:4FjiT7Ec0
1800年も前の弾圧されて滅びた宗教なんざまともな資料残ってる方がおかしいよね
ところでボゴミル派とかカタリ派みたいなグノーシス主義の流れを組むマニ教に近い異端キリスト教って
欧州でマニ教が滅びて数百年も立ってからいきなり出てきたというのは、何らかのマニ教絡みの経典なりが残ってて影響を受けたと見ていいのかな

419 ◆OkhT76nerU 2012/11/28(水) 23:01:27 ID:gnph.ETA0

前半の重要キャラ、マニさんのスペシャルな親父、パティーク。
好きって言ってくれた人ありがとう、自分も大好きです。


                   ,. ‐''´   ヽヽ、
                   _!- ァ:.´: ̄:.ヽ.、ミ ヽ
                   , ' ,ノ´:.:.:.:.:.:.:l:.:.i!:.:.ヽヽr- .._
                  i i/:./:.:.:.:.:/:|:.i!:.|ヽ:.:.:.:V!   ゚|!
                ,ィ ゝ:l:.:.:.:.:._ノ;ノリ'⌒l:.:.:.|!   |!
                !゚ '. 、l:.:.:.r__ヾノ"'⌒ソ|:./   /
                l '. ):|:|´ 〈 .   _ノ´`ヽ、イ
                 l  ' .ゝー 、r― '〉イ _,. ‐'' l l
             _ -、.   ヽー .'_>='=='´'''´  _'ノ'
          _,-'゙―‐、ヽ-、 ヽ_     _,.....==<´      ___
         .j'  ̄`'ヽ V,r‐'   `{|| ̄ ̄  .| | j、_ ,r '' ´ ̄      ` ' 、
        _|   ̄`l .レ'/―- ,.. -''L!__,.. -' '''´ /         _,.......... `>
      .r´‐:| ‐<___j'´ノ        〈     ,.../ r⌒'i   _,. - ''´    ノ
       ヽ,...|    ) / ,r‐、 |:7   /   ○ /:::l ゝ‐ ' '''´       /
       .f  ゝ......ノ'ヽ `ゝ='.」:|   l      |:::::::T ー- 、.._       <
       〉、     ノ,.r ''´ /:::::|   l     |:::::::|   \ `      (
      /  `7'7''´  ヽl  |:::::|   l     |::::::::|――i ` ヽ      ヽ
    ,/     /./   ,r''´| |:::::|     !    _ |:::::::|       / l    ,. ‐ヽヽ
  r'´    / / ヽ ./   | j:::::|    l   ー' |::::::::l     /  ヽ ,/    ヽヽ
  l     / /  /    lノ:::/    l      l::::::::l   ./     ヽ     ヽヽ

422 ◆OkhT76nerU 2012/11/28(水) 23:07:38 ID:gnph.ETA0

実はマニさんの父のパティークとシリア伝道に行った「教師パティーク」は別人だという説もあるんですが、
同名異人を増やしてもややこしくなるだけだし、何よりメソポタミア→イラン→インド→イランに帰国→再度インドへ→メソポタミアで謁見に同行
→シリア伝道→メソポタミアに帰還というメチャクチャな移動を一人でやっていた方が明らかに面白いんで同一人物説で。


   /      _>‐i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.\: :\ |            l
   !  _>       l:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:ハ:.、:.:.:.|ヽ:.:.:.:.:.:.:.ヽ、 ヽ        /l
   ! | f⌒;     l:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:ノ l:.:l、:.:.!/_ヽ:.:.:.:.:.:|: \:|         / ,
  ム l弋ノ     'l:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:/  !:.l !:〃⌒ハ|:.:.:.v: : :ハl         / /
  /  ぃ         l:.:.:.:,:.:.:.:.:.:./:.:__x≦、 ヽ///!| ヒ:i , l|:.:.:.:l /: :|      / /
‐く  ハ V       'l:.:.:.:.:.:.:.:.:.厂 ヒj ヽi \//| ノ'ー=彡ノ: /∨: : |       / /
_  \l VV         l___:.:.:.∧___ ィ彡'〃 V   ゞ彡イ: : 〉!: : ,'    /,. ゙    俺はスペシャルで!
 `ヽ| い        /⌒ヽ`ヽ、     /   ヽ     ! |: : l l: :/    //
   Ⅵ  弋 _____/    ヽ V   /   _ r'゙     /: !: ://:∧ .//        パルティア貴族で!
   l|    V:::ヽr、ヽ     V Vト 、_____ r' /: : !イ/ //}「 ∠
   l|     ∨:::ヽl }\     Vl Ⅵ^ ー――く7 イ: : : /: / j〃 // ヽ、       長老なんだよおーーッ!!
   弋     ヽ:::::`く  \  K 弋       l //: : : レ'i  / /´ >、 i\
     ヽ     \::::::\  `く  \ \___///: : : :/ l  ̄ //::::::::>、 \
      ` 、    丶、:::::ヽ、 \  丶、_/ ̄ ̄\: : / 丿 /イ::::::::/:::::::l 、 ヽ
       \      丶、:::丶、 丶、  ヽ      y/l ̄ゝ__ゝ:/::::::::/  ` 、'、
    , -- 、   \      `ヽ、::丶、 `''┴―― /´/:::::::::ヽ  \_;/     `\

『マニ教』いわく、シリア伝道に行ってから一年での突発的な帰還は(エルカサイ教団への入信・出奔などの)
マニの父の行動パターンを彷彿とさせるので、やはり両者は同一人物のような気がする、とのこと。
さぞかし生きてて楽しかったことでしょう。

426 ◆OkhT76nerU 2012/11/28(水) 23:11:08 ID:gnph.ETA0

その親父に捨てられた空気な母、マルヤム。
「マルヤム」って要するに「マリア」のことなので、もしかしたらマニさんとイエスの共通性を強調すべく捏造された名前なのかも知れません。
もちろん元々彼女がキリスト教徒だった可能性もありますが。


              _....-_..ニ.._¬- .,_
           _,.rニ、/´:::::::::::::::::`:ヽ、:`ヽ、
         _,.-'´::::::::::::;::::::::::::::-、::::::::::::\:::::ヽ.
     ,.- ア;:::::::::::::;::::;:!:::::::::::::::::::`ヽ::::::::::ヽ:::::::':,
    /  /:;ィ:::::::!::::/::/ l::::';:::::、::::::::::::ヽ:::::::::ハ::::::ハ
.      ;':/,':::|:::|:::::|:;'  ヽ::;ト::::',‐、._::::::::ト.::::::::::';:::::::l.
      l;' !:::|:::|:::::N__, -ヘ::',ヽ::',ーヽ- }:ヽ::::|::|:::|:::l
.       1 l:::|、:';::::| yテ=ミ. ヾ `Y5Tヽハ:::l:::ノリ::::l:::|、
        ` ヾlヾ:ト:::l ' |ュワ:!    hUり' l:::ノ:'フ:::::::';:::|::、
         ヽ ヾ`トrっ‐'  ,   ーrっ/..-'く:::::::::::ヘ:|::ヽ
           l:::::l   rー_⌒) /─-、.ヘ::::::::::::::ヽ::ヽ.
              ,'::::::`:::t、._´ `´_/      `ヘ::::::::::::::::\:l
          /::::::::::l:::l  ` ニ ´l        ヘ:::::|:::::::::::::`ヽ、
            l:::::::::::ハ:::ヽ、_ _,ハ         ヘ:::lヽ::::::::::::::::::ヽ
           |:::::::::l. ヽ:::::::::::/:::::ヽ         ヾ', `ヽ:::::::::::::::::',

428 ◆OkhT76nerU 2012/11/28(水) 23:19:21 ID:gnph.ETA0

重要な弟子は魔法少女で統一。主役をマミさんにしたことだしこのスレは性転換アリ、と決めてはいましたが、
特に必要性もないのに女性キャラを出して小狡く人気を稼ごうという手法はやる夫スレに限らず嫌いなので、
それなりに説得力のある配役にしたつもりです。杏モーの空海とか。


    タノシイネー   ソダネー   ハァハァ・・   ネミー   アッタカアッタカ
     /i´Y´`ヽ           ._    __    , -─-、
    ハ7'´ ̄`ヽ. i>i<!´`⌒ヾ<i..,r´===ヽ.. '´   ヽ ,マミ-─-'、
    l ,イl//`ヘヘ!((( ノノリ从从ゝ!l|从ハノリ!|{ i{ノハ从k}*(ノノ`ヽ)
    リノ(! ゚ ヮ゚ノリ ゞ(リ ゚ ヮ゚ノリ |リ、゚ ー ゚ノl|ヽ!l|.゚ ー゚ノリξゝ ゚ ヮ゚ノξ
  _/\ ̄ ̄ 旦  ̄ ̄ ̄旦 ̄ ̄ ̄旦 ̄ ̄ ̄ ̄旦 ̄   ̄旦 ̄\
/  ※\   (;;゚;;)   (;;゚;;)    (;;゚;;)     (;;゚;;)   (;;゚;;)  \
\\  ※\______,―――,_____________ヽ
  \\  ※  ※  ※  ※|\____ヽ※  ※  ※  ※ ※  ※   ヽ
    \ヽ-―――─――- | |====B=|―――─――-―――――――ヽ
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\|___l__◎..| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ..       ..  | .| ̄ ̄ ̄ ̄| ヤミサ~エ~クダク~チカラデ~~
                .\|        |

429 ◆OkhT76nerU 2012/11/28(水) 23:27:36 ID:gnph.ETA0

アンモーといえば、作中説明はしませんでしたが東方マニ教会は早くからそれなりに独自性を打ち出しており、
(ミトラ神の位置づけの理解にアンモーとマニの間でズレがあった模様)
サーサーン朝の弾圧でメソポタミアの本部が弱体化した際一時的に独立しています。具体的な争点や相違がわからんから端折ったけど。

     _________________
    |                            |
    |        デーナワリー派         |
    |_________________|
         ⌒≫:.:-|::ト:: \_/:.:∠ ̄ ̄|::|
       /: }三.|::|三≧==≦三≧、 |::|
      /:.:.:.\≠|::| : : : : : : : : : : : :.:.:|::|ヽ
       .′ : /:.: .|::| : : /|: : :/ : : 、: :.:.|::| ',
    .ノイ: :/:.:/:.: .|::|:/ !:.;/ヽ.:i\: : :|::| :
        |: :.:.:.′ .,'|::|  \i/  ヽj/ ヽ|::|ノ
        |: {⌒i八{ |::|  ┃    ┃  |::|
        | : 、_,. .|::|    _     ノ|::|
        |: : /: : :` |::|_=─‐┴┴=≦ __|::|
        |: / : : : (___)) 〈()〉 (_(__)
        |/|: : : : / ヽ/   .人  ヽ、
        | : : :/|: /   /'⌒Y⌒マヘ.
        .ノイ}/从:{   /^ト-u个-u}_;}
         , -(-、 `⌒`ーl、___〕___〕
       {::   .}    `ー‐┴─┘
          `ー‐'

           /   /  / / / ヽ 、  .! 、 \   ヽ
          / /    ./  , '/ /   ゛、.!  、 ヽ  ヽ _ ,,r-,
         //    /|_ / //  ――L|、  l !   }へ| |l}
         .!/|  l  /'|´ / l/      リ ヽ | |  |/ /`V=、
        . || |  l  | ,X= |         \|| l }=| c | |l     ━━┓┃┃
         ! ! ヽ ゝ| ´⌒ヽ      , ´⌒ヽ.  .| /  A iiiゞV..        ┃   ━━━━━━━━
           ヽ ヽ!{     }     {     }  /  /=ヾ|、X        ┃               ┃┃┃
            `ー乂__,ノ     乂__,ノ /  ,/ ) ,. |、 -、_>--,                        ┛
             /|     '          / ノ/リ-'ノ- '´  ――|
         r―--/人     ___   ー'´/,-- '´        ヽ
        ,! ―゚ 。゚ 三 ≧     ゚'ゝ  イ /     -- 二二,!
        /__-== 三       ≦。    | </    _,..-_-'´―-、
       ___ 。 -=≦        ,ァ-  .|っ ヽ  /´  ̄ ̄,. - '´´|
       ゚ ・ ゚。  三<       、,Jト   | ヽム二,r '´     |
      /==-、__ ≦ ッ       ッV´≧   ノヽ-、-./_   , -- ' 二,}
      ー―。 ゚ 。 ミ´    、、 ハト・。゙i ゚。 '''ト-'´   |`ヽr ,. イ ̄

430 名無しのやる夫だお 2012/11/28(水) 23:30:27 ID:BIj/rmJY0
正直言うと、耳慣れない文字が多くて弟子の方は把握できんかった。
印象的だったのは、病気の娘治したり、文字を発明したりするところだったなあ。

431 ◆OkhT76nerU 2012/11/28(水) 23:36:47 ID:gnph.ETA0

ウマイヤ朝下で再統一されましたが、その後またもや再分裂し、アッバース朝初期に
「アフリカから来たアブー・ヒラール・ダイフーリー」によって再統一されたそうな。このへんの詳しい経緯も不明。
アッバース朝の弾圧が始まって以降イラクから中央アジアに脱出したマニ教徒と、中央アジア土着組の折り合いも悪かった模様。

        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \    畑耕すな泉で物を洗うな!
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !   光の要素粗末にすんじゃねえ!
     /     `ー'    \ |i
   /      アンアン ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl

                                           ____
これは薬草育てて医療器具洗ってるんだお!              / マニマニ \
                                        /_ノ  ヽ、_   \
マニさんはお医者さんでもあったじゃねーか!           /(●)三(●))   .\
                                       |   (__人__)      |
田舎モンにはイラクの先端医療はわかんねーだろうけど!   \ ヽ|r┬-| /   /
                                       /   `ー'´      \

432 ◆OkhT76nerU 2012/11/28(水) 23:39:55 ID:gnph.ETA0
>>430

だろうと思ってザクとかウッズィーとかは覚えやすいよう名前で役を決めました。
キャラが薄いとそっち方面からのキャスティングできないし。

             _,,..-----、.,,_
          ,.イ"        `ヽ、
        /             ヽ、
       /                ヽ-、   
       i                  i `ヽ、
     ,.-ィ                r''i1 |::i"~,,`i
    /⌒:| 「`''''''ー‐‐――''''""~ ̄|| !,,:ll |,.!二~ノ
   i-―|| |i::::::::::::::::(  )::::::::::::::,,.ノ;    /__  /
   |r―|| ~`ー---ゝ="――'''"    ,/  `/
   `!,.-ゝ、  ,.----------.、_,.---、‐'"⌒;./
    !_r'"~~i"i " ___ i  )   i__,./
     ヾ--ゝゝ7~___ / -'^ー―''"
          f":::;;;;;;;;:`i!/
           ゙ー―‐‐"


            ,.r-――-、
          //ー-一'"ヾ\
          |:::l ⌒  ⌒ ヽ:}_
          l:/ rェァ ,rェァ .|/.j
          |     ノ_    |_シ
          |  `'ェェェ'´ |
. __r.、       .',   `ー´  ,'
.{三_ .\       .ヽ、___,.イ_
   \´\      .`ヽ..ー-:::/,ソ
     \ .\___/、;;;;;/ ̄`\
        ヽ ___/ /.o.| ☆ヽ, \
            { ,' o |  ∧  ヽ,
            |.{ o  |___.}ヽ、 ヽ,
            トl_____,.|  ヽ、ヽ,
             .__|_{ニ}_l_l__l_l_l,   .\ \
           | {、       ,′    .\ \
           |/ `,ー-r -y_ノ       Y´ `ヽ,
             ./  /  .|  |          l_r、.  l
         ./  /   |  |          }.l l.|
           ./  /    .|  |          `¨´
        (`ーイ    .|、_,|
         | |     |  |

434 ◆OkhT76nerU 2012/11/28(水) 23:45:40 ID:gnph.ETA0

性転換キャラでマニさんに次ぐ暴れっぷりをしてくれたのが高町キルデールさん。
これまた描いてて楽しかったです。


      /: : : : : : : : : , ' ´ : : : : : : : : : : : : : \/: : : : : :ヽ,
      /: : : : : : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : ヽ, : :ヽ: : : : : : : : ',
    /, -‐‐/: : : :/: : : : :/: : : : : : : : : : : : : : :',: : :|: : : : : : : : :l
   /  /: : : : .:/: : : : :/⌒ l: .: .: :.⌒ヽ : : : : :|: : |: : : : : : : : :|
     /: : : .:/: : | : : |: / .|: /|.: :|.: :八: : |: : }: : |: : |: : : : : : : : :|
    ./: .://: : : | : : レ ィ=ミ' |:.八/ィ≠ミ|: /.: .:.|: :/.: .: .: : : : : :|
    {: :/  |: : l: :| : : :{{.んイ} ∨  ん心レ }: :/.:/|: : : : : : : : : |
.     ∨   |: /|: 八: :l. 込ソ    込ソ 〉/: :ハ/ .l: : : : : : : : : |
.          レ レ'|: :ヽ⊂⊃           /: :/ノ  |.: : : : : : : : :|
           l: :/∧   マ ̄} / ̄ ̄ ̄`ヽ、| : : : : : : : : |
           ∨/: /\   `ー'/   , -‐‐  \: : : : : : : |
               {.: |.  `ト--{   /       ヽ: : : : : :|
            ヽ|  _,ノV´ ̄`T ヽ  , -‐     l: : : : : |
.      , -‐──一'7´/ {.   └‐ノ/        |: : : : .:|
      / , -‐─一'7  レ'{\─‐<_/   , -‐‐  ∧: : : : |
     ./ /        {   | .厂|\   ヽ/     / }: : : :|

435 ◆OkhT76nerU 2012/11/28(水) 23:46:06 ID:gnph.ETA0

>>1の力量不足もあって、ゾロアスター教の扱いが悪くなってしまったのが残念。
誰かペルシアスレ建ててくれ。

        _、‐-、, -‐z._
        > ` " " ′.<                                     _,r'´::::::::::::::::::::::::::`'、
      / " " " " ゙ ゙ ゙ ゙ \                                 {::::::::rr-‐-‐'^i::::::::::::::i
        7 " " ",.",ィ バ ,゙ ゙ ヾ       r‐ ' _ノ                       ゙l'´゙《   __,,,ゝ:::r、:::::l
       ! " " /-Kl/ Vlバ.N     _ ) (_                            ト=r;、 ゙"rィァ‐リメ }:::::}
       | "n l =。== _ ,≦ハ!      (⊂ニニ⊃)                           ゙i`"l   ̄    ソ::::ヽ
      |."しl|  ̄ ,._ ∨       `二⊃ノ            _            ゙i. ゝ^   ,  /ヾヾヾ、
      | " ゙ハ  ー--7′       ((  ̄.             /:/⌒            ヽ ゙こ´  /     ヽ、
      r'ニニヽ._\. ¨/           ;;.        -――、 l: :/- ,. .-―-. 、.          ヽ、  /__,∠、    `'-、
     r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、. /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<:::::-=ニ――`ヽ  /⌒ヽ.   `゙ク'゙´   `    ゙'、 ヽ
   /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィ /:/::::::::::::/:::,::::/::i:::::i:::::::ヽ:::ヽ::::::::ヽ   /  /.   /           〉 ヽヽ
.   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'゙/:/:::::__/::/:://:/:::/::,ィ::i:::i::::::ヽ:::::ヽ:ハ:::l /  /   ィ               ヽヽ
  | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'..゙{イ:::::::::/チャ≧ヾミ:イ://::j!::j!:i:::i::!::::::ト:::.}://  /゙_,,-'´:::                 ゙i
.   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂.キr!i::::::i:::!マ三三≧'' jム斗fハj:::∧:::jー/´  ⌒ヽ.   `                  }
   |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´  { j !ヾ::!ヘ!!   ,、    三三/⌒¨7´    ヽ  } }      ,-ィ‐r'´´      /   l
.   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉.   ヽl!:::iヾ!ヾ   { `¨¨¨} ,/¨7ー{   r- }_ノー'⌒)....  / ```l       /     l
   |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/     ヘ:!\    ヽ__.. - '´    {  \___><_/⌒´   /l:::    l     ー'´      l
                               >=¬¨7/     ヽ、ヽ、___/::...ヘ
                              ,/{    {{   ,.ァ< ̄´}::::::::::::::::::::.ヘ
                              {ハヽ   ヽf7f} /^ヽ, `「}-、j;:::::::::::.:..:..:..ヘ
                             |i∧ ¨ア´ ̄[´∧> :}: //rー`¬、::::::::.:.:.:.ヘ
                               !! ∨    <7 }>  |</^}   /::::::::::.:.:.:::ヘ
                           レ'´ {       i!   {/⌒7__,/ \::::::::.:.:.}

436 名無しのやる夫だお 2012/11/28(水) 23:47:49 ID:BIj/rmJY0
ゾロアスターは、王家のための宗教って感じだったなあ。
三大宗教にはかなり影響を与えたけど、地方宗教にとどまるのが運命的だった。

438 ◆OkhT76nerU 2012/11/28(水) 23:59:38 ID:gnph.ETA0

ローマ帝国でのマニ教について調べる際、参考書としてアウグスティヌスのマニ教理解についての論文や
「異端」を題材にした本を読みましたが、ズバ抜けて面白かったのが以前も名前を挙げた『異端者たちの中世ヨーロッパ』。
値段も高くないしイチオシです。

///////////////////;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;ヽ//////
////////v- =ニ.. _///{;;;>ー=ニo、;;;;;;;;;;o;;く///////
V///////{ : : : : : : :`/ : : : : : : : : : : <;;;;;;;;;;;;ノ////////
. V//////{ :.:.:.:.:.: : : :./」 : : : /\ : : : : : : : : :>x///////
 ,iV/////〉 :.:.:.: : : :,’ /::ト. :./  、 ∨ : : : : : : : : : : : 〉///////
 i;;;V//// :.:.:.: : : : ,' じ'’∨  /:::} V : : : : : : : : :////////
. {;;;;;∨//{_:_:_:_:_:_:_:{::::   .    じ'’  } : : : : : : ://////////
 ',;;;;;;;\///////.八    .   :::: ,.ィ : : : : : : ////////////
  ∨;;;;;;;;\/////.γ≧=ー-o=チ:::Λ : : : : :////////////
   \;;;;;;;;;;;>-,,,,,,,`:::o::::::::::::::o:::::::::Λ : :////////////
    \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;イ ̄。7 ̄`冖ト、/7//////////////
      ` - =ニニ/ 。/      i;;;;;;;\////////////
       r、_ ,.イ_/\    ト、;;;;;;;;;;;;</////////
       { __      r-、 / \;;;;;;;;;;;;;;</////
          `ゝ ... ___i  /    \;;;;;;;;;;;;;;;;
                `'´

こっちの見解だと当時のカトリック知識人が地理的にも時間的にも隔絶しているカタリ派やボゴミール派をマニ教起源と見なしたのは
「異端が本質において同一であるという異端観に由来するものであり、
なんらかの系譜や伝播の事実に言及したものではない」だそうな。>>1もこっちに賛成です。

440 ◆OkhT76nerU 2012/11/29(木) 00:12:21 ID:DGuxrAlo0
>>436

これは自分の説明不足のせいなんですが、サーサーン朝&神官団の奉じたのはあくまで「ペルシア的ゾロアスター教」であって、
それがゾロアスター教のすべてではなく、特に地方では様々なバリエーションがあったはずです。
つい「ゾロアスター教」っていうとローマ帝国のライバルの国教=キリスト教に匹敵する大宗教って考えちゃいますけど、内実は割とバラバラです。
なんせ長らく聖典が確立されてなかったぐらいだし。


 \                     /     キラーン☆
   \  丶       i.   |     /     ./       /
    \  ヽ      i.   .|  、 `  ̄ ̄ `' ,/      /
      \  ヽ  /⌒ ー-、  i、‐-┬-ー-r i       /
   \      / ヾ 、、、ヽ〉 |},_   _,,| |
        .//  7ヽ_|」」ノ   l´゚゛{ `'゚゛ |Z        -‐
  ー    / ,′  /       ! _''__,   i.イ
 __    /     ,ム-.、       ト. ー /l ゙i         --
     二ヽ    ̄      ̄⌒ヽ_,ィ! , ̄ /  ヽ.、 = 二
   ̄    \  ヽ、__.. 、    !、   /., ___,,`ー-.、      ̄
    -‐    `ヽ、-== 、 У   /´      〃   ',  ‐-
            `ー-、/   /            l
    /          ,'、   ,′       ,ィ、   ハ
            /  l,゚'  ,;l;,    、。, ;ノハ `ー-''  ',  \
    /          }`ー‐个ー  -‐ '' ノ |     l

441 ◆OkhT76nerU 2012/11/29(木) 00:16:25 ID:DGuxrAlo0

なお、サーサーン朝が滅亡して神官団が弱体化したせいで、それまで押さえ込まれていた「異端的」ゾロアスター教、
要するに神官団の公式見解から外れたタイプのゾロアスター教が噴出してえらいことになりました。


                      _
                  /:/⌒
              .-――-. . 、l::::/-‐:  ̄ ̄`ヽ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ-==ニ ̄`\
          ィ::i´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     //::l::::l:::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::\
   /  i/:/::::::i:::::::::::::::::::::{::::::::::::::::::l:::::::::::::::\ヽ:::ヽ
  /     /:::i::::::::::」_:⊥斗ハ´:::::::::,イ::}::::::l:l::::::ヽ:ヽ\l
  ヘ   {ハ!: ,イ|/ |/  ヽ::::/ |/`ヽi::::l:::::::::i::::l  }
 /:::::l∨    ∨: {  ○   ∨  ○ /::::l:/::::::l:::l
 {::::::l: ∧     ∧:人。 ゚       ゚c //:::::::ハ::l
 l::::::ヘi     i: :ハ'///////,} / |:::::/ .}/
  l:::::::|     |\N            i  ':/  ヽ
  l:::::|     |  /´⌒ヽ、       人        i\
   ヽ:!      i (       ̄`ア イ/`      / : :\
    |     |⌒ヽ――┬―く  :!       / : : : : \
    |     |`‐=ニ‐rゝ_7ィ,/゙i\    / : : : \: : : : : :ヽ
    i    ∧. : イ、.`〈 只l '‐‐r \ヽ/\: : : : : : \ : : : ::l
    {      ̄> \l;:;:;:ヘr 〈 ィ/    \: \: : : \: : :|
    ∨     .\_  \;;;;;l lヘ/      \: \.: : :|: : |
     .V   / .、,r' ´ン、  \l lヽ        |: : :|: : :|: : |

443 ◆OkhT76nerU 2012/11/29(木) 00:27:37 ID:DGuxrAlo0

アッバース朝のマニ教弾圧に関してなんですが、7話投下後読んだ『ギリシア思想とアラビア文化』によると、
アッバース朝政権成立はペルシア人の支持によるところが少なくなく、またダマスカスに本拠地を構えたウマイヤ朝と違い
アッバース朝の本拠地イラクはペルシア人人口が多く、政権内にも多数の官僚を抱えていたのでペルシア感情を慰撫する必要からやったと見るべきだそうです。


                                    ____
                                  /ノ  ヽ、 \
                              (ヽ /(○)}liil{(○)\
                              (((i )    (__人__)   \
                             /∠ |    ヽ|!!il|!|!l|/   |
                            (___    |ェェェェ|  _ \
                                  |        /  ∴∵
                                  |       /   ∴∵
     _,. -‐''"´ ̄```' ‐ .、._                 |   r  ̄∴∵    ・・
_,. -‐''"´            `゙''ー-..,,            ヽ  ヽ   ∴∵
               --―---- `''ー 、          >__ノ;:::......  ・・
                         `ヽ 、                   , -─‐──‐-、
      /            二二、       `':.、                /、ハ,        \
      /            | {::::`ヽ\       ` 、             /^ <  て        \
    /                  ヽ::::::::} 〉         ゙ 、          l  ./'Y''~ヾ       ; l⌒ '"⌒ ヽ、
        /´          ヽ `ー' /             |           |  `  ::::::::::::::::::      |ー       \
    /-、ヽ        三 ." ̄            |     .      !   ::::::::::::::::::::::              ,;   \ ,rー、
.    |{:::::::::ヽ  、          ゛'                  |            ゝ :::::::::::::::::::::::::::::::::  i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
.    | \::::::ノ/      ヽ        `ヽ         /           (  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
     lr‐、_,/ "        .`ヽ       ノ       /           ゚~゜´^i!i!i!i!i!⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜
    lT~ "  ,   ,       )   _,.-‐''      /            ( i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i! と_
    | |    ;;; (      / `''"/       /            ( ̄i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i! ,
    | |  ;;;    ゞ、_,.-‐''/_,-‐"^ヾ      /              `ー、i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i! j
    | |  ″        | |       `ー-/                  - _i!i!i!i!i!i! ` ー' ̄     ̄
    | |            | |       /                     廴_i!i!ノ

446 ◆OkhT76nerU 2012/11/29(木) 00:38:18 ID:DGuxrAlo0

サーサーン朝のやっていたギリシア哲学研究の継続にもサーサーン朝イデオロギーの継承という側面があり、
アッバース朝は実務面のみならず統治理念という意味でも、かなり意識的にサーサーン朝を参考にし、箔付けのために後継王朝を標榜しました。
ペルシア系知識人としてもそういうことにしておいた方が違和感なく体制側と結託できるので、
国祖アルダフシール一世や名君ホスロー一世を理想とする君主鑑をバンバン書いたそうな。


                           __
                         /  /|
        /|  |   |   |   |      (三三l/l __ __    __ __
──── "   |  |   |   |   |      (三三l/  //  /| /  /  /|
.        |   |  |   |   |   |      (三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l(三三l/l
___.  |   |  __  __  __   (三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l(三三l/l
゙   /|  |   /  /|/  /|/  /|   (三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l(三三l/l__
─‐'  ゙|  __三三l/l(三三l/l(三三l/l   (三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l(三三l/  /|
  |   |/  /|三三l/l(三三l/l(三三l/l   (三三l(三三l(三三l/l/  //  /(三三l/l
  |   |(三三l/l __ __l/l(三三l/l  /  /|/  /|/  /|(三三l(三三l/l(三三l/l
  |   |(三三l/  //  /|/l(三三l/l (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/l(三三l/l
  |   |(三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l/l (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/l(三三l/l
  |   |(三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l/l (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/l(三三l/l
  |   |(三三l(三三l(三三l/ll/ (三三l/ (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/l(三三l/l
  |   |(三三l(三三l(三三l/l       (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/l(三三l/
  |   |(三三l(三三l(三三l/l       (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/
  |   |(三三l(三三l(三三l/l       (三三l/(三三l/ (三三l/
  |   |(三三l(三三l(三三l/


この説を採るなら、マニ教弾圧は君主の気まぐれどころか相当高度な政治的判断です。
前近代の人間が妙なことをやったとしても、よく調べるとそれなりの合理的判断が働いていたというのはよくある話。
「何をもって合理的とするか」が現代人と異なってる場合もありますが。

447 ◆OkhT76nerU 2012/11/29(木) 00:51:25 ID:DGuxrAlo0

なおマニ教を痛烈に攻撃した当時の御用学派ムウタズィラ学派ですが、
ただでさえ小難しくて人気はなかったのに、その後「コーラン被造物説」を唱え、
これを受けたカリフ、マアムーンがミフナ(異端審問)始めて一気に顰蹙を買います。

                                                      ノ )¨¨:、-.、__
          --――――--                          ________j |ヽ  ;  i ヾ¨;_
        /        、      ヽ\                      i´!|        |三三「 } }  } } .}j
      / ̄ ̄`   .,_   \     }  }ヽ                     | i!|           l| |l  し! / ./イ |
.    /    _/   ̄ ̄`ヽ.,___ノ ノ '.                    | i!|        《___》  `¨`¨   .|
.     /      ヽ           `¨¨¨ l }                   | i!|                   |
   /       ̄/ ,:     ':,       jノ                        | i!|                   |
   /     '''フ /        !   /   |                        | i!|                   |
  ノ: : : : -==/ /  ̄ ̄`丶、|   /   .!                    | i!|                   |
  \: : :___: /   ¨¨弋ツ¨:.:.:.  /-―― 〉                   | i!|                   |
    ヽf  ヾ       '"    ト、¨艾`/    コーランは永遠なる神の言葉ではなく                  |
    | :.:.:{            |   │     その被造物に過ぎん!   | i!|                   |
    ヽ`′             |     ′                     | i!|                   |
     `ー!          ':.:.:/   /                         | i!|                   |
      │:、     ,,-――‐; /                      | i!|                   |
      │ \   ` ――‐‘ /                             | i!|                   |
      │ ':, 丶     ̄  /                          | i!|                   |
      │  ':,  ` .,___,ノ|                         v/三二二二二二二二二二二三/
      r┴――‐┐┌――‐┴┐         / ̄ ̄/¨¨¨ヽ―- 、___/: : : :/: : : : ::i : : : : : : : : :│
      |: \/////┬/////////|__,.. --― ': : : : : : /:.:.:.:.:.:/ : : /////: : : //: : : : : ::!: : : : : : : : : :|
    /|: : : \///|l|l|//////////////: : : : : : : : : : : /:.:.:.:.:.:/: : :////: : : /: :/: : : : : : :!: : : : : : : : : :|

あるいはマアムーンの要請を受けて「コーラン被造物説」が提唱されたのか。
どうもこの辺りの話は、コーランの権威を盾にカリフ権を制限しようとする法学者に対し、
神学に対する哲学の優越を確立させて世俗権力を理論的に正当化しようとする意図が働いていたみたいなんですが。

449 ◆OkhT76nerU 2012/11/29(木) 00:58:06 ID:DGuxrAlo0

ミフナは大して効果が上がらず、特に鞭打たれても自説を曲げなかったイブン・ハンバル(後のスンナ派四大法学派ハンバル派の祖)が
逆に大衆のヒーローとなってしまったので、そのうち形骸化し、評判落としたムウタズィラ学派は御用学派から転落。


           <     :,   \
         /         }   } \
        /__,. ----==- 、ノ>―‐z.._ヽ
      /   /               } }
      /    {                | |
   r=彡 __ム  ___,ノ      ゝ.,__ |ミ|
   ヽ: . . : . . :/                |:./
    ∨: . . : .7     ●      ●  j/
      \ -、/    u ゚//////////゚u  | }
      {: . .     u    r~~‐;   u .リ
      ゝ _,、 u   /: : : : : :|  u )
           `  ...__└~~‐’   イ
             }三三r「{ ̄
            ィ´:.:.:o===o、
             /:.:||:.:.:.:.:.:.:|l|:.:.||:、
          /:.:.:.リ:.:.:.:.:.:.:|l|:.:.リ:.:i

マニ教と同じく、かつて一大勢力を誇り歴史上に足跡を残したが異端に転げ落ちた一派がここにも・・・

451 ◆OkhT76nerU 2012/11/29(木) 00:59:10 ID:DGuxrAlo0

ムウタズィラ学派は思想界の辺境に追いやられて、圧倒的多数のスンナ派からは
批判的文脈で言及される程度でほとんど忘れ去られますが、各地のシーア派に保護されて一応現在でも生き延びてるそうです。
諸行無常。

       / /
     ≧ ノ    '     _...      一二三\
     }イ   |!_,,,,..__..__, .__,, ̄ーヘ心ン''ニ..-/ミ、
     / _,,ェ‐''''^´ -一'''彳 ̄ ./´ ゛^''''ー-二''コ-ユ'
     }/    イ´    lヘ'、 〃       ヘヽ个|!
    _} / イ´ l   _ーァ’  !廴__    l }'小'ン{
    }>イ´ -―三_.._¨´ ヘ   /`Z三辷ー...ヽ }≧ミ、     そうだ
    }ミ;≧.  /. マテ `〉/ l   r'{ モテ`ー、ミ-〈\ヘ      これは夢なんだ
   ≦彡;{  ヘー- ニ ソ.  l    `≦二ン´   !ミ、 〉      私は今、夢を見ているんだ
   ム/Ⅵ{   -"  /  │           Ⅳ ヽ,
    { l ヘ     \/   ヘ--、        ムヽ |      目が覚めたとき、
    l  〈         ヘ_  _ン        夕 〉 /      マアムーン様の治世がまだ続いていて
     \  、        _;三.._          ヒ /´       起きたら「知恵の館」に行って、
      ∧ ヘ     ∠´ー―_ ム     / _ノ         神学論議をして、涼しい午前中に棗椰子を食べながら
       `¨ム      ゝ__¨       /_ィ            プラトンやアリストテレスを読んで、
         |      ┌‐¨´      イl              ムウタズィラ神学で世界の法と宗教を規定するんだ・・・
        \l  .\   /.      /  |
         l     \  `ー-.,__/   l |
           |      ≧ - ,ノ´  ノ|! l
         l  l       |ー'´    l│ l
三二一七 ´ /         !       ./ソ  `゙''ァー-ニ亡
            \  ___ヘ_/|   /ン≧z  廴_______二ニニ宀ーッ-_____

453 名無しのやる夫だお 2012/11/29(木) 01:02:52 ID:Vkg7TxS.0
ケイネス先生選んだ理由はそういうことか。

454 ◆OkhT76nerU 2012/11/29(木) 01:10:57 ID:DGuxrAlo0

この一連の話は哲学への反感も作ってしまったから、君主の横暴に対する民衆の勝利と見るか学問的損失と見るか判断に困る。
あとケイネス先生選んだもう一つの理由はこいつと山崎たくみ合戦やらせたかったから。

                                ___
                              ,ィ<´    `ヽ
                          ,.: : : : : >'"´ ̄ `  \
                         /: : : /          \
                          ,.: :/ : :/
                      /://:/
                 ,.: :‐ァ=-:: :ヽ{i/_
               / : : /: :>=-: : : : : : ̄:フ
              ,.: : : : : /::/: : : : : :>=-: : :<
             i: : : :,: : : / : : /: :/: : : : : : : : ヾミx、
             |: : :/:/ j/|: : //:/ : : : :ハ: : : : : :',: ::..
             |: :/:/,:/ |: //{/!:/\/∧::∧: : ::',: :、
    <¨ ̄三ニ≠=-j /: :{{ i./ |/  j豸于x }/∧ V: : : : :i
\`ー=ニ _\ \: : : :://: :/ハV/   ハ | ヾ   //  Ⅵ: : :}: :|
  \  \: :ヾミ: : : //: :/:/}:::|  /:|Ⅳ     :f芹ミjハ: :j:..:|
   \  ⌒>: : ://_,/{/: j:::| i/ |    ..,:::::{'ノ: : }: }/: :i|
     ヽ、<: : : : :/_〃=}:/l:::j lハ.|´ヽ\  ´ 人:i:|:/: : :リ
         >=- ¨    ∧j:ハ |  { \ \> ,ィ小: リ: : : :;
     <             ∧7x |   ヽ `´/}/ }: /: : : :/
      \         }/ハ{ \ _/l7777/}: : :.:/
        \,.:‐= ー=ミ {//// / >i///// / |: : :/
  >=-¬≧ ⌒ミ=-x_ ヾ{///{ { {//////  }: :/
/        \ i }_:::::;_:::}/∧ヽ V://__ j::/
     -‐==ミx V{{ {::::::{  V//{  }/::::ヽ`ヽ /`ヽ
.  /     >=-ヽ V j:::_ム、_ノ \{  { {:::::::}\}{   ',`ヽ
 / ,. ‐='  二ニ=-‐ r {ヽ´ \_ノヽ \\j  ヾ   }} }

流石にこのレベルの珍獣は珍しいですが、マニ教が流行った頃のキリスト教同様、
イスラームにおいても当時は「正統」が確立していなかったので、ラーズィーもそうだけどこの頃の学者には良くも悪くも強烈なのがゴロゴロいます。
興味があったら調べてみてね。

456 ◆OkhT76nerU 2012/11/29(木) 01:15:44 ID:DGuxrAlo0

8話あたりから調べるのと情報の整理に手間取って投下が遅くなる。サクサク書くのが目標だったのに良くないですね。
どこまで調べても牟羽可汗の入信の理由はわからず。なんなんだよホント。


    /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\
   /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\
  /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\ト――一'´ /
. /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:_ -‐|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: |.   マ  〈
/.::.::.::.::.::.:「 ̄ ̄ ̄ ̄    |::.::.::.::|::.::.::.::.::.::.::.::.|.... ニ   〉
::.::.::.::.::.::.::|     ,, ==〃  |::.::.::.:l|::.::.::.::.::.::.::. ノ.... 教... (
::.::.::.::.::.::.::|___〃_fニミ-===|::.::.::/'|::.::.::.::.::.::.::._〕..... ェ.. 丨
::.::.::.::./ |::| ̄7∧ 二 ノ    |::.:::/ d::.::.::.::.::.::.::.lノ..... !.... |
::.::.::.::| o|::!   ̄ ̄ ̄    |:::厶イ|::.::.::.::.::.::.:/  _   __ヽ、
::.::.::.::|ー|:|---――==ニ二l|厶-‐ |::.::.::.::.::.::..丁「::| ノ /: : : : :)!
::.::.::.::ト--l-≦,,_-┬¬、彡イx=ミ=|::.::.::.::.::.::.::_|_|:::レ (__,∠イ
::.::.::.::.| ヾ''孑ミミ<〈   ヽ 〃弋;ソ |::.::.::.::.::.::.::}        /|
::.::.::.::.:l >_ゞシ_,) > -‐ <_ ミ==='|::.::.::.::.::.::.::| 新 オ お |::|
::.::.::.::.::l  `¨´ イ   ´ \    |::/|::.::.::./| た レ 前 |::|
::.::.::.::.::.|     /  |      \ |:/ |::./::::::| な に は |::ト
::.::.::.::.::.|',   /   {、 ,      `ヘ イ::::::::::/ 光  と    〉::
::.:|l::.::.: |∧  、___,,.  -‐¬ト  | |:::::::::::}  だ  っ   丨:::
ヽ| l::.::.:|'::::ヽ  ヾ __,. -― 7´}′ | |:::::::::〈  ! て    |::::
 | l::.::|::::::;へ、 〈 | : : : : : :/ /  ||:::::::::::|    の    |::::
   l::.|::::/  ∧  \ー― /   /| |:::::::::::j         |::::
   ヽ|:/  / |: .、  二二  /. : :| |::::::::厶--――----、{:::::
    |:::| (0) |: : :\__  <: : : : :| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

457 名無しのやる夫だお 2012/11/29(木) 01:19:00 ID:20rT37As0
仏教勢力対する対抗勢力を築きたかったんじゃないか?

458 名無しのやる夫だお 2012/11/29(木) 01:20:22 ID:O32eUiX20
遊牧民の資料のなさは本当困る

459 ◆OkhT76nerU 2012/11/29(木) 01:22:23 ID:DGuxrAlo0

           ,. -  ̄ ̄` ゛ ヽ、
         /          \
        /         }       ヽ
       /   |       ハト、 |    ’
        /   l   //  i|,.斗─  | :|        ウイグル王国時代の遺物が見たかったら
       {   /|__ ./    .リ リ\| :| :|        このサイトがオススメよ!
      丶  {´\|       _,  } ハ/
        イ ィ=ミ    ィ=ミ ムイノ        ttp://dsr.nii.ac.jp/
     _ /|           /〉//У ̄ ̄`ヽ
    /   `ヽi^ixx  、__,   xxrvィY´  rニニイ}
    辷> 、 〉、`ー-、 .___ ,.-‐' /} {  / 、 x‐=ミ
  x‐=ミ ノ/ `ァ  〉r‐┤  r‐':./}\{_У     }
  {__  \|  /   / l ./|   | /  |  ヽ∠ニニソ
  ゝ─‐ヽ | /   ∧ |/ .l  |./   |.  \ __


¨¨ ‐- . _             ,.. -‐ァ
、       `ヽ-‐…‐- ミ,.. '"    /ニ
ニ、              `ヽ.    /ニニ
ニ=ヽ                   '.   /ニニ
´   i                    :. /ニニニ
   i                  '. `ヽ.ソ
   |    x≠ミ     r==ミ '.   '.    『東洋文庫所蔵』貴重書デジタルアーカイブの項目から
   l   ⊂⊃          ⊂⊃  '.    「マニ教」で検索すれば色々出てくるよ。
  .,:′           `ー'^ー′    }  i
 人                   .:   |
´  丶              イ    |
.   /≧=-   _ .  -=≦ . ‐=ニ二ニ= 、
.  /         /     . ‐=‐ ´  i ` }
/   !     イ       {=‐{ |     |彡'
  |   |      |       `ー-|     |

460 ◆OkhT76nerU 2012/11/29(木) 01:26:48 ID:DGuxrAlo0
>>457
だったらゾロアスターなりネストリウスなりでもいいわけだし・・・



                 从人ノ、
               ゝ从    ゝ - ―― - 、
              ゝ 〃   /////////////\
               _フ /    f/////////////////\
           ⌒7 /   f⌒Y Y´       ̄` ー-、//ノ
              厶イ   f´¨`Xノ          ト<
               ノ/   `Y´              ′
              ´/    ,.イ ′′ _,∠/ //  ハ}   '.
             厶イ从i'′i | !   〃/× / /  i   i!i
               '′_ ヘi「{   ィ斥ハ、 .'/ .-‐ ,ヘ ハ!
                    }   \A人  ゞ-゚'′   ィ斥厶ィ/ ノ    さらにここでは、ベゼクリク石窟を
             __  .ゝ.   \i ト、!    , ゝ゚゙从/      セカンドライフ上で再現もしているわ。
            {i \   \  ∨i\  r_ァ   仆、_
             ゛、  \厶_\ ii「丶゙ .z-  ≦=- /      ttp://www.youtube.com/watch?v=1pWaHs2PyWA&feature=plcp
                 > -―iー、__`ー' __\f`>-=x __ ̄
         ´`ー―/   __|ヽ_)  ` i二)、r'''`ー/  ヽ、= 、
            i  ir" |-、__    i'-‐`ー=-ー''',,  ヽヽ ソ
            、  {i .|`ー--'、   |`ー" .|'''' ̄_rー  .ヽi
             ヽ、_`-ヘー、--'  .,/、>-ミi.'--ニ'''  〃`ヽ
              v ニ 、`_-==-'/      i`ーヘ=="   ヽ
               ∨ {!    `     }    \      ヽ
                 ',  ヾ        /    ノ\    ノ


 〉     \\            `ヽ/  /::::::::::::::::/
/´ ̄ ̄                     /:::::::::::::::::::/
     /                    ヽ::::::::::::/
    ./                       :::::::/
   /                         V
  ./     /v⌒;                  i
  /       弋__ン                /⌒;     |  なんで今更セカンドライフ・・・
 ,′                         辷ン   ∧
/ .\                        /  ',
   \         、               /    ',
     >         ー 'ヽ __ノ        /     ',
   /    ≧ュ ..            <|        ',
  /           `   ̄ ̄  ´      i}        i

462 ◆OkhT76nerU 2012/11/29(木) 01:29:30 ID:DGuxrAlo0
                     -―― ー-
                     ´          `丶、
                /                     \
                       /        \   ヽ
               /           /、        ヽ  ハ
                /           / '. !  i|        }
             ′| | | . イ /  `ト}-- |、._|_    |  |
               | | l  ムイ /!/    !.| | i|  }     |   |
               |! {  { |i /_{'     jノーィ==ミハ }    !   !       ほら見て!
               |イ|、 、 Ⅵ==ミ     " .:.:.:  }/ /  '-、ノ `ヽ
             |j \ヽ `¨:.:.:.:.     .:.:.:.:.: ムイ /´ノ> ´ ∧    ぬり絵まであるのよ!
                   ゝトゝ.:.:.:.:. ′ _  ∠ イ¨´/ /   ヘ
                 K ヽ、   マ   ノ   . イ {_/./ /  /彡ノ   ttp://dsr.nii.ac.jp/kids/asobu/nurie/
                 } ー ≧  _ ¨´_ <  }ハ ヽ/ / .イ ー ´
                〈ー -=ニ三 / rzzvzzz彡ヘ、{_/ |/`ヽ
               r≧ー―‐≧'_ノ  }i{´    Vi7ー<//}
                  ノー r ´ ̄ }iム-‐ ムY、⌒ヽ /i/   `ヽイ
                  ー 、./  く::::::::/⌒ヽヽ\::::::ハ       〉ニ二⌒ヽ
              r≦/ ∨  〉::/⌒¨¨     ::::::::{ /    {    Ⅵノ
               / /   /   {::::{ >}     |::::::ノf      、   ノ´
             /   ./    ヽ`77     |一 }       ヽ
                〈     {      //ヽ _  ⊥  /
             \  へ    // f´     〉/         〉


              ,ヘ、    .ハ
              ト \-―-' 、l|
              |/,ヽ     ヽ 
       __      //   =   =l  どういう層を想定しているんだろう・・・
 〈^ヽ、_r⌒ヾ.--</ ゝ.     -ヘノ
 (  ≧  ̄ |l___/   ノ   T ,へ\= 、
(__>-‐ニフノ     /||     レ y-'.  \))
      ` ̄__      / リ | |  |_ノ ゞ≧_ へ

463 ◆OkhT76nerU 2012/11/29(木) 01:35:44 ID:DGuxrAlo0

中国のマニ教についてはciniiで見つけた『中国社会におけるマニ教の認識』が参考になりました。
他にも色々調べたけどまとまった情報は得られず。


          ,.f"ミミヾ、
        f";;;;ノ^〃=ミミ;、、
       ノ彡リノ/  明  \
       |リ||リ/ ─   ─ \
      .(川/  (●)  (●)  \  マニマニ~
      ||ト|     /_人_\    .|
       .iリ\.  § `⌒´ §  ,/
.           /    | | |    `、
         /      .| | |       、
          {    ̄| ̄|| ̄| ̄   }
.          ゝ __|_||_|__ ノ

465 ◆OkhT76nerU 2012/11/29(木) 01:40:59 ID:DGuxrAlo0

朱元璋の配役にツッコんでくれたのは嬉しかったけど、「明王」「小明王」についてもツッコんで欲しかったんだぜ。


           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙''-、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ゝ、
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
  .l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
  l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
  .ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ \.//lニ''|':::::::::::_:::::::::::::::.|
   . l::::::::::::::::::::::::::|ヽ:::::::::/::/    ./  |./ │::./  ゙',:::::::::./ ∧
   ./::::::::::::::::::::::::::::| ヽ::::/:/     ノo} //  l::::./ /r、! .!:::::./ ノ::::i
  フ:::::::::::::::::::::::::::::::l (.orヽ、 '-  ━━" /::::.l  ゝ /:::::::ー'::::::/
 ヽ::::::::::::::::::::::::::::.! `━'ーッ′         /:::::::\_ノ:::::::::::::/!
  \.--―'''゙゙\:::ヽ   r         、ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/_
          l::::::l   `   ___ノ    ミ;::::::::::::::::::::::::::::::::ー'":/
          ヽ::::l、   ̄ ̄           ミ;;;;;;;;ハト::::::::::::::::/
               \              `フ    ゙:::::::::::/
              \       /        |-、
             ,,/ \_r‐'"    ."      ! .`L
              ,r'"   ! ゝ               ヽ .\
         : ,,ノ./     |         ,..      /   l、
____―ー"゛::::\   ./        '"゛      /´,, ‐":::::゙'''ー-_
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽi../     .、         | .!:::::::::::::::::::::::::::::::\


                        , -yー 、           ////
                  ハハノハxィハ           ////
                      从{ト,ljr_7}}}       ////
                  乂ハ r┐从ト- 、   // n/     持  み
                   r<  レ}ー }ド’ 〃ヽ// r「l !
               ′ l    ト-イ  {{/  //`¨′     っ  ん
              /    !   j  l   /  //
    行          /   /  /   |/  //               た  な
            /   /  /   ////
.     く         〈     {  / //  /!                   な  丸
             .    \///// │
    ぞ           〉 , -‐ | ///|   }l             !! 太
             く ∨ r-L_ / 人  ハ
    ォ         >ー-{  r’7ーく  \/\               は
           //   >┘/   \      \
.    !!     // //  /       \     \

466 ◆OkhT76nerU 2012/11/29(木) 01:44:04 ID:DGuxrAlo0

今まで何度も指摘があったけど、このAAは非常に気に入って何度も使ってしまいました。
構想段階ではマニさんつきのこのAAを「もう何があっても」の歌詞に被せる予定だった。

    ト、入__斗ト、__厶ノ
...   厂| } .||dlb||.{厂!
    i  { / }}dlb{{ i  |
..   | /\/}dlb{i人 ノ
...  / ./  i`¨¨´ ヽ \
  く廴厶__ }  {   ヽ .>
    ̄∨¨>/ 弋¨¨iムノ
      i__T≠T_ i¨´
     | | ||   | | ||
     | | l|   | | ||
...    { | l|   { | ||
...    | | l|    !| ||
     {:∨::i   }∨:|
..    |:::::/    |::::::}                           ____
.      |::::|    |::::/                       /ノ  ヽ、 \
.     }:::{    .}:::{                   (ヽ /(○)}liil{(○)\
     |√i    |√i                   (((i )    (__人__)   \
     }  |    }  |                    /∠ |    ヽ|!!il|!|!l|/   |
     \ノ    \ノ                   (___    |ェェェェ|  _ \
                                  |        /  ∴∵
                                  |       /   ∴∵
     _,. -‐''"´ ̄```' ‐ .、._                 |   r  ̄∴∵    ・・
_,. -‐''"´            `゙''ー-..,,            ヽ  ヽ   ∴∵
               --―---- `''ー 、          >__ノ;:::......  ・・
                         `ヽ 、                   , -─‐──‐-、
      /            二二、       `':.、                /、ハ,        \
      /            | {::::`ヽ\       ` 、             /^ <  て        \
    /                  ヽ::::::::} 〉         ゙ 、          l  ./'Y''~ヾ       ; l⌒ '"⌒ ヽ、
        /´          ヽ `ー' /             |           |  `  ::::::::::::::::::      |ー       \
    /-、ヽ        三 ." ̄            |     .      !   ::::::::::::::::::::::              ,;   \ ,rー、
.    |{:::::::::ヽ  、          ゛'                  |            ゝ :::::::::::::::::::::::::::::::::  i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
.    | \::::::ノ/      ヽ        `ヽ         /           (  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
     lr‐、_,/ "        .`ヽ       ノ       /           ゚~゜´^i!i!i!i!i!⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜
    lT~ "  ,   ,       )   _,.-‐''      /            ( i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i! と_
    | |    ;;; (      / `''"/       /            ( ̄i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i! ,
    | |  ;;;    ゞ、_,.-‐''/_,-‐"^ヾ      /              `ー、i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i! j
    | |  ″        | |       `ー-/                  - _i!i!i!i!i!i! ` ー' ̄     ̄
    | |            | |       /                     廴_i!i!ノ

468 ◆OkhT76nerU 2012/11/29(木) 01:50:58 ID:DGuxrAlo0

もう知ってる人も多いと思うけど、ここで現代中国のマニ教寺院の話が読めます。
つーか日本語じゃこれぐらいしか情報が見つからなかった。せっかくだから簡単にはわからん話を書きたかったんですが。

ttp://www.geocities.co.jp/SilkRoad/9613/yomimono/mani.html

                         _  ___
                        _ヲ,7____|、
                        彡☆j   i 、 ヽ
                        ' |´`/ // ヽレ)ノ
      ____              Z_z(| | ┃ ┃ |!z                 / ̄ ̄\
     /-‐  ‐-\            Zニハゝ''' ヮ''ノz_Z            _ノ ヽ、_  \
   /  一   ー \          乙´       ,ろ           (●)(●)   |
   | ⊂⊃  __'__  ⊂|          /│  摩尼 │\           (__人_.)   |
   ヽ         ィ‘        <  \____/  >          |`⌒´    |
    │       │              ┃   ┃              ヽ,_   _ノ
  /│  明使 │\             =   =              /    \
 <  \____/  >                             /│  霊相 │\
     ┃   ┃                                <   \___/   >
     =   =                                    ┃   ┃
                                               =   =

470 ◆OkhT76nerU 2012/11/29(木) 01:51:55 ID:DGuxrAlo0
もう遅いし、とりあえず今回はここまで。
続きは多分今週中にやります。

479 ◆OkhT76nerU 2012/12/02(日) 22:14:36 ID:uc32GexI0
マッコーリー大学のサイトに現代中国のマニ教について書いてあるっぽい記事を見つけた。
ちゃんと読んでないけど。

ttp://www.mq.edu.au/research/centres_and_groups/ancient_cultures_research_centre/research/cultural_ex_silkroad/zayton/

□ マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです 後書き
目次 イントロダクション キャスト 予告 初回 CM 前回 次回
関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

極門散人

Author:極門散人

Twitterで更新情報や
与太話を呟いています

カテゴリ
最新記事
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
全記事表示リンク
人気ページランキング
ブログパーツ
アクセスランキング
リンク