嗚呼! やる夫道

やる夫系作品のまとめブログ

衆議院議員のやる夫が暗殺されるようです 第六話 サンガー来日

□ 歴史系 山本宣治 近代
目次 イントロダクション キャスト 予告 初回 CM 主要登場人物:やる夫 涼宮ハルヒ ラクス・クライン 他
895 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:01:30 ID:xE1c7r8g0

┌────────────────────────────────────────────┐
│1937年(昭和12年)2月2日 広田内閣が第70回帝国議会の「腹切問答」で総辞職し             ....│
│新たに林内閣が発足し、国会では新しい内閣と議員との間で激しい論戦が行なわれようとしていた。     │
│ちなみに、現在の国会議事堂ができたのは1936年の事であり                           .│
│この第70回帝国議会は、新しくできたばかりの国会議事堂での最初の国会であった。            ..│
└────────────────────────────────────────────┘

                                  ,-、
                               .,|IIII|,、
                             ./;;;;;;;;;;;;;;\
                             .._日iiviiviiviivii日_
                            |:::゚:゚:゚:゚:゚;゚;゚;゚;゚:゚:゚:゚:゚:::|
                                ェ|::::i━━━━━i::::|ュ
                            |::|::::| ||:||:||:||:||:||:| |::::|::|
;ヾ ;                          台 |::::| !!:!!:!!:!!:!!:!!:! |::::| 台                         "
; ゞ ; ;                     ___.iェェェ:|;;;;|二二二二二|;;;;|:ェェェi.___                   " ;ゞ
;ゞ ヾ; ;"                   |:::,-、::[.___[((~.)()(.~))].___]::: ,-、::|                ;ヾ ;"/" ;
;"ヾ ; " ;;--、.__________|:::IIII :|:::┌┬┬┬┬┬┬┬┬┐:::|:: IIII:::|____________ ; ;ヾ ; " "
;; ;ヾ ; ; ヾ ___________|:::::::::::|:::││││││││││::.|::::::::::::|___________ヾ ;"; "i "; ;
";;;ゞ゛;;; ゞ.|:|[]|::|[]|::|[]|::|[]|::|[]|::|[]|::|[]|:::「」 :|:::││││││││││::.|:::「」 ::||[]|:::|[]|:::|[]|:::|[]|:::|[]|:::|[]|::゛;ゞ ;" "ゝゞ;
; ゞ ; ;ヾ ;;::|:|__|::|r'" . .: ;;;`、:|__|::|__|::|__|:::l:::l:::|:::││││││││││::.|:::l:::l::::||__|:::|__|:::|__|/⌒ヽ-、|__|::ヾ ;"; "i "; ;;
"ゞ; ;;ゞ゛;;::|:|[]{"  .;;;;;;;;;;;;;;ヽ]|::|[]|::|[]|:::「」 :|:::││││││││││::.|:::「」 ::||[]|:::|[]|/....;;;;;;;;.、`ヽ.::|[]|.:;ゞ ;" "ゝゞ ;
ヾ;ヾ;ヾ; ;";;;;/∴` . .::: ;;;;ヽ;;;;;;;).|__|;;|__|..__..|___|..││││││││..|___|__..:::||__|:;;|./"⌒';;  ∴;;;);;;)._|;;ヾ ;"; "i "; ;
"ゞ;;ヾ ; ; ;__i_ || ....,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)¬¬:::|::::::::|./. ┴┴┴┴┴┴┴┴ \:i::::::::|¬¬;;;(,,, ...::;;;;;;;;||,,,;;;;;;;;;;);;;゛ ヾ;\ " ヾ;
;ヾ;ヾ; ;メヾニニ[_].         -ニニ三三三三三三三三三三三三三三三ニニ-     [__]ニニニゞ ; ; ; ゞ ; ;ヾ
; ;ヾ; ; ;ヾ"          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄          ヾ; ;ヾ; ;メヾ;

     ※今の国会議事堂がこの建物になったのは1936年(昭和11年)である。(今までは仮議事堂)

896 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:02:17 ID:xE1c7r8g0

┌─────────────────┐
│東京 とある衆議院議員の事務所    │
└─────────────────┘



         |  | ̄ ̄ ̄|:l  |       | ::|       ,| |
        | ̄ ̄      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
        |                           | |
        l__________________,| |
           |  |`''-、_                 | |
           |  |   「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
           |  |   |         |          | |
           |  |   |         |          | |
           |  |   |         r‐┐| r‐┐      ,| |
           |  |   |         |  ||!  !       .| |
ノヽ-ヘィiヘl^ヽ-,   |  |   l        └‐'゙ l└‐'      | |
―――――┐ス  !  !    |         |          | |
          | ,レi |  |   |______,|_____,,| |
          | Z |  |  /                   ,|_|/
          | ヘ |_|/

897 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:03:04 ID:xE1c7r8g0

     , / '´ ̄ ̄` ー-、
   /   〃" `ヽ、 \ヽ
  / /  ハ/     \ハヘヘ.
  |i │ l |リ ⌒   ⌒ }_}ハヽ   先生、宇治からお越しの「やる夫さん」という御婦人が
  |i| 从 ( ●) (●l小N
   (|  ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ    先生にお会いしたいと言って来てるんですが・・・
   VV j .        ノ
    _'Y/゙ヽ、 _ , '        
  r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
  {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1


                 ____
              _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
             /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
            //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
           〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
           i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
           l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj     いや、いま忙しいから・・・
           li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
           !:l!:ト、l::l{`         !  j川/
           ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
              Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
             iN \.  ` ニ′/}'
              丨   丶、  /
           ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
  |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
 ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥

898 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:03:31 ID:xE1c7r8g0

                 ____
              _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
             /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
            //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ  ━━┓┃┃
           〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i    ┃   ━━━━━━━━
           i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!.   ┃               ┃┃┃
           l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj  。                     ┛
           li::l::N{:ヾVヘ ー== 'ハ ソr=ハ!:l/
           !:l!:ト、l::l{`         !,、 j川/  ゚ 。
           ヾト辷N!      ,,'   ≦ 三              って、や・・・やる夫!?
              Yl:ト、     ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
              iN \ ゚ 。≧         三 ==-         とにかく、ここにお連れして!
              zh   丶、ァ,          ≧=- 。
           ノ ̄´"''‐ 、   イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ヾ        ヾ ≧
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|  ハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ     レ   ≦
  |八 \      __/      _,)ヽ___/ "ヾヽ。`=、、
 ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥

899 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:04:07 ID:xE1c7r8g0

             /::::: .: .:      .      ノV|
                /:::::::.:::: :::.::  /: .::/  .::    } ノ.|         水谷先生、お久しぶりです。
            /:::::/::::::::::::  /: .:;イ:::: /::::  //ヶ' 」ヽ
            }:::::j::::::l::::::: . {:::; '-1::;イ/l::::: ,ィ, '∠- '  ',       突然押しかけてしまってすみません。
            |:::::{:::i::{:::::: ::.ト/z;=∨、 l::::// ‐-l:: .  }
            |::::::Vli::ヽ::::i!:|´、_{‐' }` ∨  zミ、 }: .:: ト/,_      ちょっと、私用で東京に来てまして
            |::::/ rl:::::::トヾl    ̄`   、{‐'}`ノ/::: /7/.l
            |::::{.、r}::::::|          ``"フ;、ノ/,' }| ,、    その、先生にお願いが・・・
            |:::::゙ヽj:::: |        、_ .. ' j:/ }.// !| //
           ノ::::::::::j:::: l丶、       _`` .イ .// ' /. レ' /
          /:::___/:::: l   `丶、    ∠_:{ ゙′    ` /
         /:「 ̄ 7:: /ー―――`=;=;ニ´-- l   /.  /
       , ':::::::::l  /:. /        } }    j,  / .   /
         {:::::::::::::l //  i        .l l   /::ヘ     {
       ,ゝ''´ ̄ }//  {        l l   /:::: },    ト



     _,. --- 、==ー、
   ,/=ラ7:::ヲ:∧、、ニヽヽ
.  ,',/:イ:::/:!:::'i!:i:::!ヽ\ヽヽ\        お久しぶりです・・・まさか東京でお会いするとは。
  //:〃:,ィ:i!::::/::l:::!ト、\\\ヾ、
  イ:/!::/l!::|:::/:::゙|::|:lヾ\i\ヽ、:!:i       一体、どんなことでしょうか?
  ::/:|:イl斗!::i:::::/!:|リ:ト_ヾ|!:::lハ!::!::!
  :::::i|:|:l {i|/ィt/ハl::Nハij.}゙|:/!::|::|::!      私にできる事ならなんでも。
  :::::l|:|:トy//:!:/i∧!' ` "'リ//:/
  ::::!:|:|:レィー/        У´
   :::l!l;!ヾ、′     /
   :::|!′ ゙\    `゙ヲ′
          ゙ヽ   /
      \イ'"` ̄´
        \.\

900 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:04:54 ID:xE1c7r8g0

               ,. -‐ '' """ '' ‐- .,
             /           `' /| ,'!
            , '       , '´     ノ |>'.l
         /,    /  ,.'/   ,.-,.‐',.. - '´ !'、
         ,'イ./ , .,' ,./ l'l  // '''Z,..r‐ ''"´  ',   
          l'.l,'.! l  l ,'li,,...,,l .N     ,'.ノ /   .!
         l' .i l、l l,!ィ=-;、ヽi  -‐-ィ' ,/, ./  l   新聞を読んでましたら、本会議場の壇上で
          Nヽ',!、l'::'-!` `  ,.,-'</rノ   ,'
          l.l |!`  ̄  ,   ,,!'':':;!'i/  i.//   社会大衆党の河上先生と、尾崎行雄先生が質問されると聞きまして・・・
           !i  !',.    !.:   `"/ィ,.イ/'/
          ,'l  .! '.、.  、‐- ,.   /,!´ ! /     その、新しくできた国会に一番上の娘を連れて行きたいんです。
         ,' !  l-‐.ヽ. `"´ ,. -'.,´!  .! !
.           ,' .|l  !''ー'-`ー=.´l-.r‐ '1  .! l      娘は好奇心がありますし、国会は亡くなった父親の・・・
        ,'  'i, l        .!|   ! .i.! .!
        /,.. イ',. !          .!!  .! ,',' ',      娘はまだ実家にいるので、もし可能なら東京に呼び寄せようかと。
        , '´   !. ', l   ,、    }}  ,' .,'!'`"'‐.、
     /    .,'  ヾ, (ヽ,>ン','´' _!! .,' /' ',    ',    父親の同志だった河上先生の演説を聞きたいと思いますでしょうし。
     !    !   '、ー/´´'-‐,ニ-{,l.,'/  i    .l
     !   ヽ.!   ,ゞ`   ´r'‐7,!!'   .! /  .!
      ト、  __!  /l     ,. ‐''´ ヽ',   .!'   !




     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::ヽ!::::}!::::l::li|
     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、:::::::::i::!::l:l !
      l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ    治子ちゃんが国会に行きたいと・・・
     !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
       ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!    そういうことなら、私がなんとかしましょう。
         !::、::::i      l            |:::/lj/l:!リ
           ヾト、:!               j!/ j|:::リ     治子ちゃんには、東京に来てもらうよう連絡しておいてください。
          ヾ!    ヽ  ‐          /イ´lハ/
            }ト.、   r ===ァ      /' !:://      河上君が国会の壇上に立つのも何かの縁でしょう。
             リl::l゛、  、 _ ,ノ    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/       彼は国会でやる夫君を追悼する名演説をしましたから・・・
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/

901 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:05:13 ID:xE1c7r8g0

┌────────────────────────────────────────┐
│1937年(昭和12年)2月17日                                          │
│この日は10年ぶりに「憲政の神様」尾崎行雄が本会議の壇上に立ち                 │
│国務大臣への質問と言う形で、政府批判を繰り広げるということで                   │
│2000人以上の傍聴希望者が、列をなして国会前に殺到した。                     .│
│無論、2000人が入れるわけはないので、千代と治子は水谷の斡旋で傍聴する事ができた。  .....│
└────────────────────────────────────────┘


      ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人__从人ノ
     <                             >
    <       林内閣を糾弾しろ!               >
    <                                  >
    <       いよっ!憲政の神様!             >
     <                             >
       Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒WY

      ∩∩∧ ∧∩        ∩∧ ∧∩∩∧ ∧∩∩∧ ∧∩
      )/ `(   )/∩∧ ∧∩∩∧ ∧∩ )/ `(   )/ `(   )/
   . ∩∧ ∧∩  | `(   ) / `(   )/∩∧ ∧∩∩∧ ∧∩
     `(   )/ ∩∧ ∧∩∩∧ ∧∩ |  `(   ) / `(   )/∩∧
       |   |   `(   ) / `(   )/    |   |   |   |  `(
     ∧∩∩∧ ∧∩        ∩∧ ∧∩∩∧ ∧∩∩∧ ∧∩
      )/ `(   )/∩∧ ∧∩∩∧ ∧∩ )/ `(   )/ `(   )/
    ∩∧ ∧∩  | `(   ) / `(   )/∩∧ ∧∩∩∧ ∧∩
     `(   )/ ∩∧ ∧∩∩∧ ∧∩ |  `(   ) / `(   )/∩∧
       |   |   `(   ) / `(   )/    |   |   |   |  `(
        ワーワーワーワーワーワーワーワー

902 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:05:38 ID:xE1c7r8g0

┌───────┐
│国会議事堂    │
└───────┘
_________________________________r=============
..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:/  ===============  \            / /r === 、
’..:..:..:..:..:..:..:..:./´                            `\..:..:..:..:..:..:..:..: / /.| |  |======
∧..:..:..:..:..:../                                 \ :..:..:..:..:..: }. }  | |   |
/∧..:..:..:/                                   \.:..:..:. / /.  | |   |
、/∧===================================================== / /  / | |   L ___
「| ̄|==================================================== ´=´=..´=.| |   | ̄ ̄ ̄
| |  |         .:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.. .. ./</\>\. .. ..:.:.:.:.:.:;:;:;:;:..        | | |   | |   |
| |  |         .:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.. .. ../ ^}{   }{^ ゚, .. ..:.:.:.:.:.:;:;:;:;:...     | | |   | |   |
| |  |.        .:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.. .. ../、 / \/ \ , ゚,. .. ..:.:.:.:.:.:;:;:;:;:.      | | |   | |   |
| |  |       .:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.. .. ../ } {.    }{.    } {. ゚, .. ..:.:.:.:.:.:;:;:;:;:    | | |   | |   L _____
\. !       :;:;:;:;:.:.:.:.:.:.. .. ..|/ ^ 、. /\ ./ ^ 、|... .. ..:.:.:.:.:.:;:;:;:;:.    | | | /| |   「 ̄} { ̄
} { \.        .:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.. ....|   } {   } {.   |... .. ..:.:.:.:.:.:;:;:;:;:.    | |. / } {| |   |   } {
} {. } {\      .:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.. .|   | |   | |.   |.. .. ..:.:.:.:.:.:;:;:;:;:..    |/} {l } {| |   L. _.} {
} {. } {  \.      .:;:;:;:;:.:.:.:.: . |\. .| |   | |. ./.|.. .. ..:.:.:.:.:.:;:;:;:;:.   /} { } {. } {|_.」   { ̄ ̄ ̄
} {. } { } { \     :;:;:;:;:.:.:.:.: |. ` | |..===.| | ´ ..|. .. ..:.:.:.:.:.:;:;:;:;:  /.. } { } {. } 「 |   | ̄ ̄ ̄
} {. } { } { } { \.     ,:;:;:;:;:;:;: |   | |   | |.   |.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:. /} {. } {} { } {. } |  |   |
} {. } { } { } { }. \   .:;:;:;:;:;:|   | |   | |.   |:;:;:;:;:;:;:;:;:. ./} { } {. } {} { } {. } |  |   |
} {. } { } { } { } } {\r= 、.....:;:;|   | |   | |.   |;:;:;:r= 、/} { } { } {. } {} { } {. } |  |   |
} {. } { } { } { } } { }| | l   |   | |   | |.   |.  | | l. } { } { } {. } {} { } {. } |  |   |
\ } { } { } { } } { }| | l   |   | |   | |.   |.  | | |. } { } { } {. } {} { } {/|  |   |
\\ . } { } { } } { l/| l   |   | |   | |.   |.  |\.{. } { } { } {. } {} {.//|  |   |
.  \\.{ } { } } //.} {.  |   | |   | |.   |.  |.\\.} { } { } {. } //.  |  |   |
.   \\} { }.//|| ||} {    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  .}|| ||\\.} { } {//.   |  |   |
...    \ //|| || ||} L ______________ 」.|| || || \\//.     |  |   |
.       // || || || ||}/  三三三三三三三三三 ゚, || || || || |\\.        |  |   |
.     //l|. || || ||/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \ || || || || ||\\..    |  |   |
..  //||. ||. || ||/三三三三三三三三三三三三三三\|| || || || || \\    |  |   |
 //l. ||. ||. |/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\i.|| || || || l\\  |  |   |

903 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:06:52 ID:xE1c7r8g0

                    ,..-─-  ._
                ,.-:'::::::::::::::::::::::::_::`丶、
                /::::::::::::::::::::::::::\:::::`ヽ::::::\
                 ,.':::::::::::::|::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::':,::::::::ヽ
             /::::::::::::::::l::::::::!::::::::::::::::::ヘ:::::::::l::::::::::ヘ
              ,′:::::::::l:::∧:::::|:::::|\ -‐-L_:::::|::::::::l:::i       うわぁ、すっごい~~
              |::l:::::::::::j:イ´\l\|  \::::ハ:::::/:::::|::|:::|
              |::|:::::|::::::N,x=、       行ミト/|:::/l:ノ:::|       さすが、最新鋭の建築!すごく綺麗!
.              、|:::::|::::::|ハ 心.}     { じり' jイ.:::::::::!
             \|\_> 辷ソ  ,   ー-' ;:::リ:::::|::|       ありがとう、水谷先生!
               |::::::::::',     ___    /:::::l::::::::|::|
          __   |:::::::::ヽ、   ` ´   ,/::::::::l:::::::::、|
.            Y7ヽ、 | :::::::::::::::>.,. ..__.. '´/::::::::::l::::::::::::ヽ
          〈 ' / ∧ |:::::::::::::::j_//   /:::::::::/ヽ、:::::::::::ヘ
          ヽ   ( |::::::::::::://⌒ヽ /'::::::::;::/  _ヽ:::::::::ヘ
           rヽ   ):::::::::,'厶-、/ /:::::/j/ /  `ヽ:::::::∧
           , }`¨¨´ }:|::::/    , '  |::::/  /       l::::::::::ハ
         i´ ヽ ___N∨   /     ∨   /      |:::::::::::::'.
         |     } |  ./      /         |::::::::::::::|
         /     /  !  /     /        |:::::|::::::!


  .‐::::二´::イ:iト、‐=-`::.、_
/::://::::,:イ::i:l:i::::、:::::`:、::`:.、
:::///://:i: |:!:|:i::::丶:::: ヽ丶\
/:::/:::/´::〃ハ:l::::!:!i:::: i丶`:!ヽ:ヽ::ヽ    ははは そんなにはしゃいで、足元は大丈夫かい?
: /:: /::::/:i::::: ハⅣ:;、!:::: l::::ヽ!:::i:::::::::::.
/i: /:: /i::l::: /i::lヽl::丶:::l::::::ハ:i|::i: i:、::i   いやいや、喜んでもらってよかったですよ。
!:|i:i::: i:i:ll:::/∧:!:::l` 、:ヽ!:i/:::i:ハ!::l::i l
::|l::|::::|:|::l: '/ ヽ: l   i::::!:!ト、:!::::i:ヽ! ! |   こちらが、婦人用の傍聴席です
::!:|:|::::!:!: !/ィ示ヽ:!  !ハ /ヽ !ヽ:li:i:N:::!
::: |:|::::ヾ:::!`ヽ::ノ_ ' /' |! .ィ、 l:!::|:!:: '
、i:|:Ⅳ:::iヽ!       !く:::ソ ! !::::!' /
: ト、!:! ヽ!         , ` ´ /|::,':/
: !i:N  `       ノ   /i:!:'/
:、:!|ハ     _       /::!:/′
小:!. ヽ       ̄ `   'Ⅵ'
::::リ.   \    `   /

904 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:07:39 ID:xE1c7r8g0

                       `ヽ、
                  ,  '"´ ̄ ̄`ヽ \ ト、
                  / /  二  ミ}  ヽ| ヽ!
          `===ァ'´  / // 三二ソ   /  /\!
            /  , イ / / / /∟.r‐'′ ,イ   ヽ
          // // / / /| ///   ∠-rイ j川  ヽヽ    先生、今日は傍聴希望者が多いのに
         ///  // | l| | | |ハ{    ∠jリ|/|川   ハ|
          |/// //  lト⊥|-{{ヽ !     ノ⊥L リ //川 !    わざわざ席を取ってくださってありがとうございました。
         ! || |  | ||´ ,ィテヾ       ´ト-ヘ」/ ///|| || |
            l! |  |  Vハト-ソ        ̄彡/ /刈 || !   この子も大変喜んでいて・・・
           ヽ| \ヽ ヽ '"    〈      〃// レ7//
               ト、「ト    _.. --┐     // |/ /
               | リ ∧    ヽ   /    //  j| |
               |/ // ヽ、__`ニ---nnイ/ /リ |
               / / / ̄         n| | |_h ///7┐
            ///         | | | | | |/// /|
         ,  '´ _ イ |      `==彡| | | | | | // /ヽ
        / ,ィ7/ ,.--┴‐t ̄ ̄ニ/ 「| | | | | V/ /─ヘ.
      ////////     ヽ  /   }j     | |∧    `、


         ___ _
  .‐::::二´::イ:iト、‐=-`::.、_
/::://::::,:イ::i:l:i::::、:::::`:、::`:.、
:::///://:i: |:!:|:i::::丶:::: ヽ丶\
/:::/:::/´::〃ハ:l::::!:!i:::: i丶`:!ヽ:ヽ::ヽ
: /:: /::::/:i::::: ハⅣ:;、!:::: l::::ヽ!:::i:::::::::::.
/i: /:: /i::l::: /i::lヽl::丶:::l::::::ハ:i|::i: i:、::i    いやいや、礼には及びませんよ。
!:|i:i::: i:i:ll:::/∧:!:::l` 、:ヽ!:i/:::i:ハ!::l::i l
::|l::|::::|:|::l: '/ ヽ: l   i::::!:!ト、:!::::i:ヽ! ! |    それより・・・私と会うということで
::!:|:|::::!:!: !/   ヽ:!  !ハ /ヽ !ヽ:li:i:N:::!
::: |:|::::ヾ:::!`ヽ _ ,,_ ' /' |! .ィ、 l:!::|:!:: '    何か、ご面倒なことがなければいいんですが・・・
、i:|:Ⅳ:::iヽ!       !く _ ,, ! !::::!' /
: ト、!:! ヽ!         , ` ´ /|::,':/
: !i:N  `       ノ   /i:!:'/
:、:!|ハ     _       /::!:/′
小:!. ヽ       ̄ `   'Ⅵ'
::::リ.   \    `   /
Ⅵ.     ヽ、     ´
`  ー  _   T ´

905 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:08:14 ID:xE1c7r8g0

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
                    ,   ,,,.:-‐,,..... -
                  , ::':ル'´:ー''´::::≦-
                   r''ニ、:::::ニ=-:、::::二ェェッ=-‐
                r'::::::ニ-、::::::::ミミヽ、::::::::::::::=ニ_
                   /:://:::::ミ、::::::::::::\ヽ、:::::::::::::<      え?水谷に国会傍聴の斡旋を依頼した?
                  ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ
                  /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、     義姉さん、あいつがどんな奴かわかってないんですか?
              /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\
                 i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ    水谷はやる夫兄さんの事を今でも同志と呼び
                / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、
           rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_     あまつさえ、友人だったとか言ってる恥知らずの裏切り者ですよ。
         / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ
         |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i    どうせ「やる夫家と仲良し」だとアピールに使う気なんでしょう。
         /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ
        〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l   僕は行きませんから、どうぞ楽しんできてください。
       /  ' , ,,,i'´!、 l- ヽ=- -‐-;'''´       l  , ' ,' .i
        /   ゙l i  'i j/  ,..-‐' ̄         ! /   |   治子ちゃんの付き添いには、うちの家内をやりますから。
      /     ll、ヽt,ケンェ‐'´            ,!'    .|
.      i┴、>ニ ン`''=ーン´ヽ             /ヾ!ー,-,ン.i
     リンニ--/    , '   ヽ           /  |、-‐'´  i
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

906 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:08:45 ID:xE1c7r8g0

/ .:: .: :/::::/ .            _         } l l  ヽ
 : :::.: /::;ィ´::..:::         /         / ノ !   ヽ
  :::: ./:://..:::::      / ,ィ´::: .:    /  ,.イ / /     ',
 ::::::: {://::::::: ..::   /: //:::::::    /.,.-‐'´ / / /       l
..:::::/;-l{7{::::::: .::::  /{::::/  {:/:::   ,ィ´:/   ノ-ク ,ィ:        |
::::://,ニl:::';:::::i::::::  /~l::/―-l{l:::: / i::/      '"´ j::     } !
:::/{ , j:::::ヽ:::';:::::. {_z=ゞ三ミ;、';: /ヽ、i/         ノ:..: : ::.  ノl/      いや、そんなことはありませんわ。
:/: ',ヽ」:::::::: ゙ヾ;:::::.',__{-‐''´:::rヘヾ       、___ /:::::::/ /:: //
':: ;:::'、!:::::::   |\::', ̄`'''‐''       _z;:=;_ ノイ/:;:':::: /
 j:: :::゙l: ::::  | ゙ヾ           /-‐'::ノ〒フ:::;イ:::/
. l:: .:::::!: :::  |   u           , `''-く,.-';;-'´ノ/
⊥;;;;;;::l:.    |ヽ           {   ‐''ラ´  '´
   ゙̄1: . :   | ヽ        、__ 、 ‐'    ノl
    ';:: ::   !ー‐ヽ     `ニ''`   ,...'´ |
     ';::.::.  |    ` ー- 、_ _,,.-''´:: :   |


     ,...::´:.イ:::::i:::\:::::`:..、
    /.::/.:::!i:::::i::::::::ヽ::::::::\
   ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ
.. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!
  i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i      ご心配なく。
  |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!
  !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、     ご事情はわかってますから。
    ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ
    〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'
.      ヽ_.. _       /   トj:::iN
.      iー     / /```ヽ
       ゝ--rrf´ /   ,  ´\
         トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ

907 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:09:36 ID:xE1c7r8g0

                 ,  -――  .. 、
            , ´   , ―‐ 、  }ヽト
         ,ィ´レVV| / lWl   ヽ/ ノ }、
          / NVレV /    , へ / / / ',    水谷先生・・・
        l /iレ/   |     .′∠_ / /ハトl、|
         、{ ./   { 从  {/   /- 千 :/  Nハ!    亡き主人は先生の事を友人だとずって言ってました。
        { {    Vr汽 {`    斗j / 〃  |
        ヽゝ、  {_V少    r汽ミィ//  /    今日、私達にこんなにしてくれたのは、そういうことなんですよね。
           从| ┬≧      ヾ少''イ/  イ
.          .′_l 从      '      フT"´ |
.        / _{ .|  |\  ㌧ア   イ  !‐ 、 |、
         '/   |  |  {ヽ __ ... ≦ |  |  ヽハ
       _ イ     |  |、 `ー‐ '’  /|  |   | ハ
      /  l    |  | ヽ、    / |  |   |ヽ ヽ
.   /   ∧   ! ハ|  ≧ー ’   l 人_  | ',  \
.  /     / :∧/ ̄}∧     ヽ '  `≦ イ   ヽ|  ',    ヽ
 /レレWレ| .′ ',   ヽ    `l      .′   ∧  ヽ レW!



      ______
   , <:.:,イト、V!:.:.:.> 、
. /:.:.:.:.:.:/:.:ヤ:.カ:.{゙ミー、:.:.:\
/|:.:.:.:V:./:.:.:.ヤ:.V:.l^":.:.:\:.:.:.\
:.:}:.:.V:.∧:.:.:.ハ:.:l;ツリべ:.:.:.:.V:./\
: l//:.:.}}/:.:.:V:.:/:.:.:.:.\:.:V:.:.:.:./ヽ
//:.ト、:.:リ:.:.:.:.:.:V:.:.:.:.:~レへ、:.:.:j:.:.ハ
:.l:.:.:.:l:.i.:/:.:.:.:.:.:./|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.V:.:.:.:. !   もちろん、やる夫君とは友人のつもりでした。
:.|:.:.:.:N/:.:.:.:.:.:.:.i:.l:.:.:.:.:.:.ト、:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.l
リ:.:.:.:|/:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:i:.:l:.:.!:.:.:./|:.:.:.: リ   その気持ちは今でも変わりませんよ。
、:.:.:.:'.:.:.:.:.:.:.:.:V\:.:.:.:|/:.:.:!: /:.:|:.:.:.:,′
:.:ヽ:.:.V:.:.:.:.:.:./:.:.ハ/:.:.:.:.N:.:.:ト、:./    ・・・私は議場に戻らないといけないので、失礼します。
:.:.:/\!_;.イ:.:./:./:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:|:.V}
:./:.:.:j:.:.:.:.:.:.|/:.:.:.:.:.:./|:./ /イ^ }     どうぞ、河上君の演説を聴いていってください。
ハ:.:./:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:./|/ |/ ,/
 V|:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:./ {  /
  へハ! }:.:.:/__/

908 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:10:26 ID:xE1c7r8g0

          ____  _,.-==-- 、
     ...-‐=三ニ≧弐ニミ´三ニ=-、
   /:,::::‐:'´/::::::,イ::::::∧:`:、`:、=:ミ、`::.、
  .::'::/::,:イ,イ:/::::::/i|::::::':::: ヽ:::ヽ:::ヽ:::ヽ::::\
. /:::/::::::'::::///:i:i:::': !|i:::i:::i:i::i::\:`::、::\:\::::::、
/:::/::::/::::/,イ':::i:l:::::::/!|:::|::l l::|:::、:::\::\:::ヽ::ヽ: 丶
:::/::::/i::://::l::::l:!:::::/::ハ:|::!:|::ト、:::\:::',::、:丶::丶::、: ヽ
/::: /::l:::'/:i::|:::l::::::;':::i:::::l:|::::|::|小ト、::ヾト、:ヽ: ',:::i、::i::::i
:::::/::::l::i::::;斗、!::::,i:::l::::::; |::::|:l/:::|、 ` 、!:::i:: i:ハ l::i |ヽ!    やる夫・・・君が亡くなってからもう8年かな?
::::'::::::l::l::::' r 、!: /:|::l::::/:l:|::::!!: /|!=≧、ヾl::::l':::!|:::!:|:::|
:::::::::::|:|:i::i { !:/:/l:l: /: ハ!:: Ⅵ:八  ヾ!::/i::: |:::: !: !
:::::::: i|:|:|::l y/:/:/l| ' / i∧::l {′ ヾ=-メ}ハ. |::::|: /}:/
 ::::::!|:!:|::|V/l/ '. |::/ /' ヾ!.       '  、::::!/::::'
  ::::::!:::|::l::i: '    !'                V,'/
   :::::::l:il:l:' i                ,   ノ´
   :::::|| |!. 、                r ´
     ::ll {.  \          - ― 、‐'
     :!.     ヽ          _ノ
            、        /
          、.   , -‐丶   _ ′
         \イ \    ̄

909 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:11:03 ID:xE1c7r8g0

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
          ____┘(
         /\  / ⌒
        /(○) (○.) \
      /   (__人__)     \
      |      |::::::|      |    支配階級は思想弾圧の次は
    ! |!l\    l;;;;;;l     ,/
     i| /    ー´    \     きっと戦争を起こすつもりだお!
     i/ l!           \
    そ|彡∪           , --、  )
   ∑ !彡,l <        (   _/
    レY^V^ヽl.  


                 ____
              _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
             /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
            //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
           〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
           i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!    ははは
           l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj 
           li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/    支配階級だってそんなに馬鹿じゃないさ。
           !:l!:ト、l::l{`         !  j川/
           ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/     戦争なんて起こすわけないだろう。
              Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
             iN \.  ` ニ′/}'       そんなの共産党の妄想さ。
              丨   丶、  /
           ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
  |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
 ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

910 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:11:20 ID:xE1c7r8g0

       _.. ==、_
     太ド:.ミ、:.:.:.:.`ヽ:`丶         河上君も、尾崎先生も
      f:.ゝ:`゙<_:\:.:.:.ハ:.ハ
    ハ:.:.:`瓜__:ヾ:\!:.:.:V:ハ         軍事予算についての反対質問は行なうが・・・
     l:.Α:.::.:ヽ’'`}ハ:. ト、:.:}:.:.l
    V:.fアヘ¨´   }!:.|./:.从:.|        もう軍を止める事は、手遅れかもしれないな・・・
     ヾ{` __    |/ヘ:.{:.:.:.{
      '. ¨’      Vヘ:.{!、
       ヽ_, 、     / / ̄⌒¨
          ハ   /  ./
        /} ゙ト {   /
       /   く } } ヽ'    、
      .}   }/´}ヽ_{_      ヽ
      .ト、   〈:::::::::::ヽ       Y
       } ヾ 、 |::::::::::::::!      ヽ

911 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:11:46 ID:xE1c7r8g0

┌─────────────────────┐
│支那事変が起こるのは、この半年後である。   ..│
└─────────────────────┘
         _ _   _/_/    _    _
        / / \\       _/   / /
        / /   \\     ___/ /        '
  \    / /     \\  /     /     ";
        ̄         ̄   ̄ ̄ ̄ ̄   "/
  ;"   , ;゙゚';'゙ ;;    ';‘  , /゙   /           ″
     ;;                  ゛    " /    /
   \       ";; '  ゙ ⌒;;/ (;;   ", "   ゙   /  ´
  ゙   ;*゚;'  ´ ;;!"(;;⌒   ) ;;) ;;  /   /
        \  (;; ;; ;(⌒ ;")  ) ⌒ ;;) "     /
 \  (;; ` \::⌒) \⌒;;  (;; / ;;)/     ' ´      
  ゙   ;;(;;;\(   (  ::)     "  / ")  __,, ;/  ´  
\    \ (::\(;;\       "  ⌒ ;;/ (  /;; "  
   \(;;⌒ (:: \        //":;;;)/;;    " i     
 ゙  (;;; \( \;;"\ \      / ";/;; ;;)⌒;;//,

912 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:11:58 ID:xE1c7r8g0

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
           ____
         /:::     \       水谷
       /::::::::::     \
      /::::::::::         \    お前は戦争が始ったとしても、きっと指をくわえて見守ってるだけだお。
     |:::::::::::::::         |
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/    お前が両手を広げて立ち塞がってくれるとは、やる夫は期待してないお・・・
  ;/::::::::::::            \; 
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

913 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:12:08 ID:xE1c7r8g0

 ,{.:.:.:.:|..:.:.:.:.:.:{.:.:.:ヽ,.:.::\.:.:
/.:|.:.:.:.:|\.:.:.:.:.:\.:.:.:\.:.::\:
.:.:.!..:.:.:1.:..:\.:.:.:.:..\.:.:.:\.:.:.:
.:.:.',.:.:..:|.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:`<..:\     こうするしかなかったんだよ。
.:..:.:',.:.:.∨.:.:.:.:.:.:`<.:.:.:...:`< 
ヽ:.::.\.:∨⌒ヽ.:.:..::`<.:.:.:.:.:.     やる夫、君とはやり方が違っただけなんだ。
.|:\.:.:..:.:.∨ヽ ヘ^\.:.:.`<:.:.
:.',.:.:.\.:.:..∨ } ヘ  ヽ.:}.:ヘ.::      別に君にわかってもらおうとは思わないよ。
.:.:',.:.:.:.:.\.:.:\  ヘ::::::}从.:.ヘ
.:.:.:',.:..:ハ.:.ニ=-.:\ ヘ::::|.:',ソ\      あの世から見ていてくれ、やる夫・・・この国がどうなるか。
.:.:.:.:',.:.:.:ヘ.:.:.:.:.:.:.:..ヾ ノ
..:.:.:.:.:\.:ヘ\.:八\  \        そして、今を生きている俺がどうするかを・・・
\.:.::.:.:.:\i. \j  \ ',\
  \.:.:.:.:.:|        ` .',::::ヽ
   マ..:.:.:.1        ',:::
   ヽ}マゝ、       ',::
         \      /:::
          \   /::::::::

914 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:12:21 ID:xE1c7r8g0

┏┓                                            ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
┏╋────────────────────────────╋┓
┃|                                            |┃
┃|        衆議院議員のやる夫が暗殺されるようです       .|┃
┃|                                            |┃
┗╋────────────────────────────╋┛
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                            ┗┛



                      ___
                   /)/ノ ' ヽ、\
                  / .イ '(●)  .(●)\
               .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
               .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
               . \ ヽ           /



                                             .

915 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:12:40 ID:xE1c7r8g0

┏                                            ┓
┃                                            ┃
┃           第六話  サンガー来日                  .┃
┃                                            ┃
┗                                            ┛

916 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:13:00 ID:xE1c7r8g0

                 __
               ..ィ"::::::::::::::::`::::..、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\        とうとう、"水長"こと水谷長三郎が登場しました。
.            /:::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::ヽ:::ヽ
           /::::::::::r一…ミx:::::::::::\::::::i::::ハ      この件は、当時の新聞に写真つきで載ってるんだよね。
         ':::::::/::l|       \::::::::::ヽ::|:::::::.
          |::l::::!:::{{__    ヾ゙ム从i|::::::::i      傍聴席のやる夫の未亡人と娘の写真を新聞に載せるとか
           Ⅳ:::l:::ト __`    ´__l川:リ::::::::!
          |ヾ:{人Τr::cミ   ィ::r::c 少:::::::.      結果的に、水谷のアピールは成功したんだろうね。
          l::::::/)、.乂zソ     乂zソ ハ:ヘ:::::ハ
         .'::::///)      '     .人 〉》::::∧    ただ、水谷がやる夫家に同情的だったのは確かだろうけど。
          /:x〈〈〈. ゞ≧:. r‐y .ィ彡 / /}、::::∧
.         // |l\      }  ̄ {     ィ':| l!ヽ∧   水谷はこの作品のキーパーソンなので、皆さん覚えておいてね。
        /::i  キ! .>‐   |、  ,|   手キl:::| l! i::∧
.       /::: |   V7′ ̄ ̄|  ̄ | ̄ ̄ ハ:.' ′.|::::∧  後、配役については考えた末のことなので、ご了承ください。
      /:::::: !  /` ー─‐/   :ゝ--:イ  ∨  l!::::::∧
.     /::::::::::|l ∨     /    ヘ. "´   ∨ |::::::: ∧
    /::::::::::: |l /    .:/\ m ∧      ∨ !::::::::: ∧
.   /:::::::::::::: !"     /|   ヽ. / iヽ.      ヾ|::::::::::::::ハ



        , '´ ̄ ̄` ー-、
      /   〃" `ヽ、 \
     / /  ハ/     \ハヘ    ちょっとそれはおかしな見方にょろ。
     |i │ l |リ       }_}ハ
     |i | 从 ノ    `ヽl小N    思惑はあったにせよ、水谷は親切心から行動しただけだと思うにょろ。
     |i (|  | ●   ● li|ノ
     | 、| ⊂⊃、_,、_, ⊂ノ i|     こっちからも言うにょろが、配役については皆さんご了承くださいにょろ。
     | ヽlヽ> 、 __ ,l⌒ヽ|
     | / \ヽ::ヾ三|::i   i
     | ,ミ_::::コ ヾ、:::∨ツ l  |

917 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:14:34 ID:xE1c7r8g0

┌─────────────────────────────────────────────┐
│1922年(大正11年) やる夫はあるアメリカ人夫人と出会い「産児制限運動」というのに関わる事になる。    .│
│その夫人は「マーガレット・サンガー」と言い、1922年3月上旬から4月上旬にかけて来日予定であったが  .....│
│太平洋上の船内から入国許可の電信を送り続けたが、なかなか許可が下りなかった。            .....│
└─────────────────────────────────────────────┘

             |
             |                ..:::::::::
             |              ...:::::::::          ...::::::::::    ...::::::        |
             ∥            .:::::::::::::         ....::::::::    ...:::::::      ..:::::::::: |
               ∥           r---i::::       _..:::::::     ...::::::::      ...:::::::::::  ∥
             ||            |___|         !__!:::::    i ̄ i:::::    r- -:::::::::   ∥
             ||            |   |       |  |     |ー-.|     |ー -|     ||
              ヒ            |   |       |  |     |  |      |  |      ||
              ||     _r-----i≡====≡ニニ≡≡=__,|_,r、_i_|__|,r=、_j_j_|__|_rュ_,、__||_
__i/_______||__   rt=ェェェェi-===ェ===ェ====ェ==========================ェェェェェェェェユ__
iー----------`ー'゙-、__ノ_,_,_,_,_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'=,'_=三二ニ≡=-j
|  ♀                                                              r '´
.!                                                    ..  ....     .......  ヽ;;;;
.|     ;:;''ー'',:;-、,-、;;..、、,,;;;-:;_;_,、、,,-、;;.,.、、,,-、,-;-:;,''';:;,;:;.,..,''';',''';:;,;:;.,..,''';',''';:;,;:;.,..,''';',;,''';:;,;:;.,..,''';',''';:;,;:;.,..,'',''';';.,..'';:;,;:;;',''';:
:::::~::"´``゛゜''';:;''ー'',:;-、,-、;;..、、,,;;;-:;_;_,、,''';:;,;:;.,..,''';',''';:;,;:;.,..,''';',''';:;,;:;.,..,''';',;,''';:;,;:;.,..,''';',''';:;,;:;.,..,'',''';';.,..,''';',''';:;,;:'';:;,;:;..,,,..,,,..,..,';:;,

918 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:16:15 ID:xE1c7r8g0

             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ     ロンドンでの会議に行く途中
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |    わざわざ西回りして、招待された日本に行こうとしてるのに
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′   入国許可をくれないなんて、なんて失礼な国なの。
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、    日本人の学者たちが私に会いたいと招待してくれたというのに・・・
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}
′ \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨_ ゞ=仆ヽ.:.:_ノ
 ,   〉个、:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ l  }〉:.}'´

919 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:16:41 ID:xE1c7r8g0

            ,r'"      .:.:.::::::::::::::::::.:.ヽ
          ,r'゙:.      .:.:::::::::::::::::::::::::::::::::!
         /.:.:::::.:. b  .::::::::::.,、、、.:.:.:;;;;;;;;;;;;;;ノ
         !.::::::::::.:.:.:.:.::::,r''"´   `ヾ ̄``ヽ
         ヾ.:.:.:.:::::;、‐'´  ,,. -─   }   .:.',     これはこれは、御婦人。
          l 厂-‐ 、,,  ,,,,、、、、、,,,  ',.:::.:.. .:.:::!
              リr‐‐-ィイ ゞ-‐==ミミ ヾミミミ ;;;!     一体、なにをお困りですかな?
           Y´,,でシ} ,;:ぐゝ='` .:;.;ミヾ'!ミr'´Y
            1 `` "i .:; ',~ ゙゙´   lミ!;い〉     日本がどうとか・・・
              {   l .:;. .、     ,r' 〈_ノ
               ',  ,.イ;;:.,r≦ミ;、     rrイ
            i {彡シ竺ミミミミ!  .:!  j1 .!
               ', '"`ー=‐'``  ノ / ! L
            ノハ:::.:. `¨¨"     ,r'′ /:::::',
            _/:::L'、::::.      ,,. イ  ,/.:::::ハト、,,_
      __,,、-‐''".:.:.:.::::::::::ゝニニニニ彡'" Y.:.:.::::::V/.::/.::`ー-、、_
    "´ .:.:.:::::::::::::::::::::::::::i  `ヽ  ノ .l |.:.::::::::::::::::/.:.:::::::::;:;:;;;;;
     .:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::|:.:.ト、     .:! |.:.:::::::::::::::.::::;:;:;;;;;;;;;;;;;;;
    .:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::L.:い   .:.:! 」.:.::::::::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


              ___r=y=ー=冖-ィrt=、
          /___f〆::::::::::::::::::::::::::::::Yごソ\
         /__f〆:::::::::::::::::_y=ー¬冖¬―-\       /
         / .{f7::::::::: イ厂  ;′         `\    / /
        /__{f|:::::/  l l  |      ヽ  ',  ヽ  / /
.       /〈匚/イト\   | |  |       ',  i  ヽ∨ /   / //  あら、帝国海軍の方?
      /   ̄7 |l|___}〉 ∥|   | {      |   |     ∨ /  ..::/  
.     /   //  |:| ̄  | || l   | | ト      | ∥ ;    ', Y /.::∠     日本政府が入国許可をくれなくて困ってるの。
    /   , / l  |:|    l┼ヽ\ ||| \  |ハ / | | |: l::.::.::.:/
  /   |:| |  |:|',   |ヽー=≧x、ヽ ゙, //_」./l  | ||:リ::.:/ /     私を招待しておいて、こんな失礼な事はないわ。
/     |:| |  |:| ヽ  |   弋_リノヾ'ー |/ィ,T7/ /j / /::.::.::.∠ -‐::.::.
       |:| |  |:|  ト  ヽ   ̄      ゝ' /´ |::::/::イ::.:/.::.::.:: -―    外国人の婦人に対しても無礼でしょう。
    /   |    | \ \         / /::.::.::.::.:/__  ー―
 \/    ∧    |\   ̄   ___,. ' /´::.::.::.::.::.::.<二 _  ̄ ̄    私、そんな危険人物かしら?
___ \   / ∧    ト  \      ̄` イ   |::.::.::.< ̄ ̄ ̄  r―一
::.::.::.::\\/ /.::.ヘ   ∨>=>  _ ∠::.::.:|  |::.::.::.::.::.>  __ ̄ ̄ ̄
::.::.::.::.::.::.` <´\ヘ.  ∨::/∧:ト\く___|  | ̄ ̄ー―::.::.::.::.:ー- ::.::.::.::.
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\ ゙ヘ  ∨/ |:|:::://::.::.::.::.:|  ∧__ー<  ̄ ̄ ̄`` ̄
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ ヽ  V  |:|::〈〈::.::.::.::.::.| / \::.::.::\ \

920 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:17:24 ID:xE1c7r8g0

    ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.\   
    ;:;:;:;:;:;:;:;:;;:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:..ヽ  
    ;:;:;:;:;,.‐ '"´`フ´  ̄``ヽ、::::.:.:.:.:.:!  
    ''"´     /        \:.:.:./         そうですか、なるほど・・・
          ヽ  ', 、,,, ``ヽ、 ',;/   
     ,r‐-、    j  ```ヾ 二ニヽ,,,リ.           私から政府に打電してましょう。
    / <ゝ ヽ /   、 ,ゞェァ /,    
    !  ,rイ  V     ``   ''´.i            きっと、許可してくれますよ。
    ヽ ヽ!                ヽ    
    ;;.:.:〉、    ヽ        ,r‐ , ヽ  
    ;:,/  ー'     !     ,rー-、;;;、ソ  
    '゙  i  ,!    !    ,イ    ,j     
      l  ,!    ,'    `ヾ≧ソ'゙   
      |  !   ,'       ノ      
    _ l  `、  !.    ``ー「.       
    .:.:.``ー-、_          ,!`ヽ     
    :;:;:.:..:.:. .:.:.iヽ`''ゝ-‐ー'''´.:. .:.i     
    三二!;:.:..:.|.:.iー'"´ ̄`ヽ、.:.:..|     
    三二!.:.:.:..|.:.:|`¨`ー-、   \L_   
    .:.:.:.:..:.:.:.:.:.|.:.:.|\       /.:.`ヾ.:.:`¨`ー-、__.   
    .:.:.:.``ー‐-'ヽ        /.:.:.:.:/ヾ三三三三`ーゝ、 


                  ,. -ー' 二二二 ー- 、
                 //: ̄__:::::::::::::::: ̄`:::ヽ
                 /〃'::::::/´ノ〉):_ノ_ノ::::::::::::::::::\       政府に打電?そんなことできるの?
              //´::::::__,ィ:ゝ-':__,:::-──- 、::::::::::ヽ
              /゙::::::::::/ ̄ ̄\ ヽ\  ヽ \::::::::ハ__    なら、お願いしていいかしら?親切なお方ね。
              !:::::::/ i     ヽ ', ヽ  \ ヽ>,仁》
           _ |::::ハ  ',      i }  ! !  ',<ノ||\    それと聞いて無かったけど、あなたのお名前は・・・
           《ニハ_ゞ、 \ \    ! ||  | |__ || l | \>
            ソ|| \\ \ \   | .从,ィ匕Lィ|| | | 〈´
                 | '、 \\,>≧ゝ, |/ /,ィヌニミ、|i | l  |
                ハ \  `卞代ツミ ヾ′   ''' / //   ト、     , --─.::´
        .`ヽ、  〈/|:} ヽ,\  \`¨´  、     / // /  l ヽ  /::::/::: ̄
     /:::;:ィ:::::\ //|  |\\, __>   - ´  イ!// /   !   ∨:::::::::':──-:::、
    . .. ::/::::ハ::::∨ム'〉 「`:::ゝ,\_ ≧ュ,fヽ_ .ィ─ヘ,ィ l   |l  /::::__::::\::: ̄`ヽ
    . .. .:. :::://__;/:::::|  |::::::::::ヘ   !:::::::l |::::ハ;:::::_:::::ヽl   l| 〈::::::::::\:::::\::::ヽ
    . ::/;::///::::::::::: ! / :::::::::::::} |::::::::l !/  ∨ }/::::/ / ハ`ゞ 、::::\\:::::ヾ

921 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:17:45 ID:xE1c7r8g0

           /.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.ヽ
       /.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:!
      /.:.:::::::<kカ〕::::::::::::,,,.-──‐-r 、─-<′
      !.:.:.:::::::::::,、-‐''"´,、 -─ - 、.. :.:i j. : . : .:ヽ
      ヾ.:.:,r'"´,,,  '",,.-─-、、ィ. :.:.:| !. : .: . :. !
         ソ、、、,, j r'´_,,,、-ー-、彡.: .:l/. :.: . :. :.:|    これはこれは、ご婦人に対して失礼しました。
        {r─-ミ、,,、;:;'`゙ftァュ. :.:. :.:. :.:.ト、,r‐ 、.: .:i!
        'i ,.ィモシ' .:;;:. `''ー-‐''"``ヾ.:. :.:ミj ,イ !.: .!    海軍大臣の加藤友三郎と申します。
          | `~7 .;.:;.:.:.       .: : .:.`゙./H ,!.:.:|
        !  {  ;.;;;.:.:ト、       ,r'´.: .: じ,/:::/.
        ヽ ,>‐''⌒ヾ、     ′.:.:.:.,、 ノ_ノ
         !,f!  ,、、、,,,, ゙i,,    ;!. :. :.::!.:.:.:.:.! 
         l ゞ‐'´   ``ヾ!ヽ    !.:.:.:./.:.:.:.:.:.L_
         ヽ  '´ ̄ `¨     '.:.:./.:.:.:.:.:.:.:」:::.\
          ,rハ           !.:./:.:,、‐'´:::::::::::::.:.!
         /.::::::!       _ ノ´,、‐'".:::::::::::::::::::::::.:|


      ____
   ,...-‐:::::::::::::::::::::::::‐-.....、
  /::::-‐  ̄ ̄ ̄ ‐- 、:::::::ヽ
 //.   u  l    l ヽ::::::`、
.//.  l、 l__ . l__/l_ 〉   ト、::lヽ
l l二二lメヽー‐l`、 7l / l   〇〇ヽ
l l ト l/l ヾヽ、. l V‐レ-、l u l/^` ヽ      ・・・え?
l l. l`ヽ-‐ u `、l r'⌒、`l l lヽ   ヽ
.l 〉`lV`r'⌒、 !l!lll!! ゝ--' l ノl. l l   ヽ
l l`ヽヽゝ.-'       u ノ/.l ノノ.    ヽ
 l l. ヽ\u -‐―‐-、 u.//   /::フ、 ヽ
 ヾ l、`‐ _ `―一 ´-‐//::::ヽ  `v lヽ.ヽ
  ヾ_l、lヽ l フ`ニ>' ̄y/::::::::::::ゝ ‐-l 、、`、
   `、ニハУ::::::::::〈./::::::::::::__::::〈  >-‐ ' ヾ
     l`- .>::::::::::::::::::::::::::::l ヽ:::ヽ   l
   、二く. /::::/l:::::::::::::::::::::::l.  ヽ:::\∠\

922 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:18:27 ID:xE1c7r8g0

┌─────────────────────────────────────────┐
│たまたま、ワシントン会議に全権として出席し、帰国途上だった加藤友三郎と船が一緒であり    │
│加藤の援助によって、入国は許可されたが・・・                                │
└─────────────────────────────────────────┘

                   ,,、、、、,,,
               ,ィ''"´ヾい`ヽ`ヽ
              /イ,r‐-ゝji!ソノr‐<ミヽ   「産児制限」の宣伝パンフレット数万部は
              ,!//   -ー -   ゙、ミl
              リイ! -‐-  -‐-  ト、!   政府の政策に反しますので、没収します。
              i^j! '''二ヾ  ''二ヾ リl
              ゙、カ ´ ̄ i ;::. ̄` j,!   帝国の領土内で産児制限の宣伝活動は一切しないでください。
              ヾ!   ,ィ 、_, ヽ  ソ 
               /ト、 〈 -‐-‐- 〉 ,イト、   改造社主催の講演会は不許可ですが、医師会の講演のみ許可します。
            ,, イ{  \ ` ̄´ ,/ || ト、
       ,,、、-‐''"´ / lト、   \__,/  ,i! ゙、`'ー-、
     / i      /  | \  ,イ;;;;ヽ   /|  ゙、   `'ー-、
    ,/ |      /_ 」.   `ー'ヾ;;;;/ヽ/ !_ _゙、      | ヽ
    /  !      / !    /;;;;;!   /\       | 〈
 .  i    ! /    <   ',   /;;;;;;;|   /   >     ,!  ゙i
    〉   l/     \  ゙、  /;;;;;;;;;;| /  ,/      リ   |
   /    |         \ ヽ/;;;;;;;;;;;;;l/ /ニニニニニニコ |    |
             内務省の偉い人


           ,ォェ、___
        ,.f込tン:::::::::::` ヽ、
     /::::;. -‐  ´ ̄ ̄`丶\
    〃::/          \ヽ、
.     ll::/   l        、 ヽY _     あら、そう。わかったわよ。
    ll::l}   l  |    l | l   lイニ}| 
    ll;;l} l、 |   | l、 -l‐七/v'  lミ彳、    こっちは招待されたんだから、どうでもいいわよ。
.   _,'Vi  l,x tT二t,|ヽ,ノ,ィT}`'j l ||〃へ.、
  /<//l、 ヽヽィf_lj`     ¨ ∠ノlノ.|| l ヽ>   本当、日本っておかしな国ね。
  ヽ//{∧  \_.  __'_, ,ィ′l  レ. l
.  / //'l | \__<. 、 __`_´.イ,ヽ  \,__ l     
  / l_| |_!   l  l l'ー--,<└vヽ  \\!
. /    ,ィー-.‐|  |'′ //lYミヽ|l ハ 、 ヽ:.\
/     /.::::::::::::{   \ーtfノli 斤 l:::::|j\ l:::::::.\
    /.:::::::::::::::ヽi\ ヽ  ̄l」 |/  |::.Y :::`'::::::::::/
.   /.::::::::::::::::::::::|:::l ヽl_,、_r、,_,、r、l'|:::::', :::::::::::::/

923 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:18:49 ID:xE1c7r8g0

          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \
       / /  ハ/     \ハヘ      産児制限?わけわからないにょろ。
       |i │ l |リ/    \}_}ハ.
       |i | 从 ○    ○l小N     何で、日本で禁止されたにょろか?
       |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ
       | i⌒ヽ j         ノi|__/⌒)
       | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/
       | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ
       | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''



                       _____
                    ..´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ \
                     /:.:.:.:z─y─ミ/  ノ:.ヽ    とりあえず、人口論とサンガーの主張
                  /:.:.:/:/´       \:.:.ヽ:.:.ハ
                   {:.:i:.l:.:!⌒ヽ       ゙:.:.:i:.:.:.:.!   日本の政策について紹介します。
                 Ⅵ:.V        ⌒ヽ.}:./:. :./
                 `Ⅵ.ィ=ミ      //:.://:|
                  /:`ト     ィ==ミ 彳:ノイ:.:.|__
                   .':.:.人 `__    /:.:バ:.:///〉
                /:.:./j:.:.\ゝУ   彡/:.イ7'  /〉
                  /:.:./ .':.:.:.:..  ̄ 「 /:.:./i:.:/ ′ /
                 , ':.:./ /:.:.:.:. ,:ャ=イ/:.:./≧:!   ./!
               /:.:, ' ./:.:.:.:ィ彡’ x/:.:./  f^ー一イ::.
               /:.:./ .':.:/ 才" /:.:./  /ゝ三三!:∧
            ./:.:.// ./:.f´ ̄   /:.:./{  .!  `  ´}:.:.∧

924 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:18:59 ID:xE1c7r8g0

┌────────────────────────┐
│1798年に発表されたマルサスによる「人口論」は      .│
│マルサス主義と呼ばれ、内容は以下の通りである。     │
└────────────────────────┘

人口は

【1人】
  ∧_∧
 ( ´∀`)
 (     )
 | | |
 (__)_)

【2人】
  ∧_∧   ∧_∧
 ( ´∀`)  ( ´∀`)
 (     )  (     )
 | | |  | | |
 (__)_)  (__)_)

【4人】
  ∧_∧   ∧_∧   ∧_∧   ∧_∧
 ( ´∀`)  ( ´∀`)  ( ´∀`)  ( ´∀`)
 (     )  (     )  (     )  (     )
 | | |  | | |   | | |  | | |
 (__)_)  (__)_)  (__)_)  (__)_)

【8人】
  ∧_∧   ∧_∧   ∧_∧   ∧_∧   ∧_∧   ∧_∧   ∧_∧   ∧_∧
 ( ´∀`)  ( ´∀`)  ( ´∀`)  ( ´∀`)  ( ´∀`)  ( ´∀`)  ( ´∀`)  ( ´∀`)
 (     )  (     )  (     )  (     )  (     )  (     )  (     )  (     )
 | | |  | | |   | | |  | | |  | | |  | | |   | | |  | | |
 (__)_)  (__)_)  (__)_)  (__)_)  (__)_)  (__)_)   (__)_)  (__)_)

と増加する・・・

925 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:19:20 ID:xE1c7r8g0

しかし、増加していった人口を食わせる食料は・・・

【ラーメン1人前】 人口1人
 ∬____   
 \≠/   
.    ̄    

【ラーメン2人前】 人口2人
 ∬____    ∬____  
 \≠/    \≠/  
.    ̄    .    ̄   


【ラーメン3人前】 人口4人
 ∬____    ∬____    ∬____  
 \≠/    \≠/     \≠/  
.    ̄    .    ̄     .   ̄   


【ラーメン4人前】 人口8人
 ∬____    ∬____    ∬____     ∬____  
 \≠/    \≠/     \≠/     \≠/  
.    ̄    .    ̄     .   ̄     .    ̄   


としか増えていかない・・・
こうなると、増えていった人口を食わせるだけの食料がない。

926 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:19:37 ID:xE1c7r8g0

結局は、食料をめぐって争いが起こる
 \      ★          (⌒ )                  ☆    /
             |      \      ☆      ★     |::
       *(⌒ ⌒ヽ  ::/        \   |     ☆   ,r'⌒ ⌒):   ☆ (⌒ )
    \  (´⌒  ⌒  ⌒ヾ  ラーメンヨコセ!  ⌒ヽ   /    ボカ  ⌒`)  /
  (⌒ ) ('⌒ ; ⌒   ::⌒  ) \  (´⌒  ⌒  ⌒ヾ   /  ⌒ ; ⌒')::
    :(´     )     ::: / ( ('⌒ ; __,,__ ⌒ ::⌒ )      ボカ `)* :
  :(´  (   )     :::  (  (´  ( ´・ω・)      ::: ) /       )  `)
                  ☆─ (´⌒;:    ::⌒`) :;  )
                     (⌒::   ::   (・ω・´)  )  ::⌒ )
                    / (       ゝ  ヾ      )


結局は人口と食料の不均衡により、格差が到来するので
これを解決するには「晩婚」「禁欲」しかないと、マルサスは語った。

927 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:20:35 ID:xE1c7r8g0

┌─────────────────────────────────┐
│これに対して1822年のプレースによる「人口原理の論証」では            │
│若いうちに結婚し健康な子供を産み                          .│
│その後は結婚生活の中で避妊をするという「新マルサス主義」を提唱した。  ....│
└─────────────────────────────────┘

                      ___,ェォ、
               / ´::::::::::メ込メ::.、
              /, ' ´ ̄ ̄`ー ‐-:::::.\
             , '/             \::.ヾ
        _ Y〆  ,           l   ヽ::l    さーて、ここで問題です。
         |{ニネl   l | l   |  l   {l::ll
       , ヾミl  vヽ十‐l- ,l |   |  ,l {l;;ll    避妊って実際には、どうやるんでしょうね?
      ,.∠从|| l i_'"{Tト乂,r'|tニTtx,l   iVヽ 
     </| ||弋 ゝ ¨     ´i_rft // ,l∨冫   女の大事なところに器具をとりつける手術をしたり・・・ふふふ
        ! lj   ̄l 丶 、_`__   _/ /}ハ/
          !  __/ ノ、ヽ`_´__ , ゝ__/ | l`从    ようは看護師である私が、避妊の実際のやり方を広めたのよ。
        /::/ 〃v┘>--一l l  l  !_| |_!l\
       /.;/ , ハ  /ミYミ\ `i  |ー‐-、   ヽ  あまりにも避妊方法が猥褻すぎるからって、投獄されたのよ。
     /::::::l /i_|::::l 圦 ~ 介 /  }::::::::::∧
      ∨:::::::´:::::Y.:::|   ⅤL// /iノ:::::::::::::∧
      ∨::::::::::::,':::::|'l,t、,t、_t_、| /t、l::::|::::::::::::::∧
      八:::::::::冫::::{ 、丶 l / ´,'  /::::::l:::::::::::::::::::〉
     /::::::::::::/´l:::::ヽ {薔} 、  /::::::::/::::::::::::::/

928 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:20:54 ID:xE1c7r8g0

┌─────────────────────────────┐
│サンガーの産児制限運動の主張は主にこのようなものである。     .│
└─────────────────────────────┘

     , '〆.:.:.:.:.〆         ` 、
   /{f7.:.:.:.:〆          \
   / -∠.:.:.∠  /  l        \ \    労働者階級の女は子供をたくさん産んでも養う事が困難。
 ≪_ハハ.:V、\ | |   |       l   ヽ
 /ヾイ イハノ/ | |ヽ  |\   '    !  l ',  そのような女性を守るのは国家の役目であるはずなのに
./ /://!l l:l∠  |庁゙ト、|、 ` , |!   ! l |l |
 ,'l::l/. !| l:l \ | 仆{!ンヽヾ  { | / K/ /  彼女らに「産児の義務」を負わせるのはおかしいことなのよ。
, ' |::|   l| |:|\ \ ` ̄¨`   レrテ/ ///
  l::l  l| |:| l\ \      、`¨/ イレ´    その彼女らから妊娠という重荷から自己を解放するために
  l/  l|    | 丶-         / /
     ハ    l、      ` ̄  ィ  /      避妊という方法が必要なの。
   /ハ   l:\:>、    /l |/|
  /  ∧   l:::/:.:7爪::.:丁 l | /       貧乏人が子供をたくさん産んでも、より貧しい暮らしが待ってるだけだわ。
 ̄`ー_<:::ヽ Ⅴ::/ 小ヽ::| l  | /
::::::.ヽ⌒マ}:::::ト、Ⅴ/::||::L::.ト、l //        だから、私は貧民街の女性達に避妊を実施する運動をしたのよ。
:::::::::::::::::::::マ}::::ト、Ⅴ:::l|::ヘ`ー| /'ヘ
:::::::::::::::::::::::::::マ}:::::|<Y⌒Y>:| /::::::ヘ

929 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:21:13 ID:xE1c7r8g0

┌────────────────────────────┐
│ようはサンガーはフェミニストであったので              .....│
│日本のこういう人たちは彼女の主張に共感を受けたのである。    │
└────────────────────────────┘

     /: : : : : : : : : : : : ://: : : : : : : : : : : :ヘ
    /: : : : : : : : : :}´`゙´ 彡=‐''^、: : : : : : : |
    f: : : : : :/ノ!!´         ゙、 : : : : : |    サンガーさんの運動は素晴らしいですぅ~
    {: : : : : :/             ゞ: : : : : :》
    .|: : : : / /==ヽノ  、ィ===ヘ \: : : : }   是非、日本でこの運動を広めたいですぅ~
    i : : : /     ,,,     ,,,      |: : : ノ
    |: : : |  -‐━━'゙    ゙''━━-   l: : ノ    ということで、彼女を日本に招待するですぅ~
    《: : :l    ─''´     `''─    |: :|l
    〈〈《《      r'´   ヽ       |ヘ弋
    ヽゝト  ::.   丶^ー^ー'   .::   |r^ソ`
      〉o   ::    _ _ _   ::    lo〈
      `ー、    <-‐<>‐->    l`ー'
        《、 .   `''ー─''´    /ヘヽ
         ゞ|、     ̄ ̄     イ》ハ
        /| 丶、,,     ,,  '´| \
     r─'´  |     ̄ ̄ ̄     |  `''─-、

     加藤シヅエ(戦前フェミニストの代表的な御方)

930 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:21:28 ID:xE1c7r8g0

┌───────────────────────────┐
│だが、この主張は日本政府の政策と相反する物であった。    │
└───────────────────────────┘

              ,,、、- ─ーー -、、
             ,.イ !;..    ! !  ``ヽ
            ,イ いトト、;.、 ノノィイ ノノ::、   日本の国策は「産めよ増やせよ」だ。産児は国民の義務だ。
           j! ィイ´¨¨`ゝァァ‐''" ``ヾミミ',
           i ノ!    ハ)     ゙,ミミ!   総力戦時代の現在、人口を増やさなければいけない。
            j;ィイ     ´    ,,,、、, !ミミ!
           i,イ1,、、、,,,,,_ `"" ,,,,、、、、, トV   人口が増えれば国は豊かになるし、軍事力も高くなる。
            ,ハミ!``,tzzキ.; ,' zrzュ,``リハ
           いミ `` ~´:i i:.`` "´ ,リ 〉   何故、避妊などしないといけないのか。
             `い`,   ,.::;! ;;:.   ,イノ 
           _,.イ::::!   ´ `ー''"`  ; ト、    性病予防以外の避妊方法を一般国民に知られては困る。
        ,. ィ´.::/.:.:.:ハ  ,r -‐‐‐‐- ; ,ハ.:::::.:.、、
''''二二ニにフ.:./.:.:/.:::::〈 `:、  `"""´ / /.:::::::::!.:::ミ`ーー-- 、、、、
.:.:.:.::::::::::::::::::::/.:.,.イ::::::.:.:.\ ト、 _ _,,. イ/.:::::::::::::!.:.:.:::.:.``ー---- 、
.:.:.:.:, .:.- ─ヲ77.::::l.:.:::::::::::::.`ヽ __ _ ___ !:::::::::::::::/.: ̄``¨¨ー-.:.:.:::::::
r"´__,, -‐- 二」.:::::i.:.:.:::::/.::::::::i  ハ  !::::::::::::/.:/二二77ー---- -
.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::i.:::::/.:.:::::::::L ri __/.:.:.::::::i.:.:.::::::::::::::::.:.:.`` ー-

931 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:21:41 ID:xE1c7r8g0

┌──────────┐
│だが、実際は・・・     .│
└──────────┘
                   ,r'"  ̄``゙゙゙゙゙゙``ヽ
                  ./ -= - 、ヽ い ノノハ
                   / ィ彡-‐ ‐、、j,jノヘ h!   この本はまことにけしからん没収だ!
                 ! ,.ィイ!     リ   jミ!
                 V 彡}         リ   どういう内容かは、じっくり家に帰ってから読むことにしよう。
                  V彡' -‐-、、,,,  ,,,、、-h
                  j ハリ  "'ー'  !ー' リ   本当にけしからん!
                  Vい ;  `¨  i   !
                  jj!ハ ',   , __」  ′
                  ,コ '、   - -- ,′
                    /.:::丶、ヽ  `'''´ ハ
                 /.::::::::::::.:ヽゝ --イ.::::L
         ,. .::-=== '´.:.:::::::::::::::::::ヽ    .::::V`ー- 、、 __ _   
       ,.ィ.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.',_ _ 」.:::::::::::::::::::::::::::::::::.:.`ヽ

932 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:21:52 ID:xE1c7r8g0

                             __
                       , ' ´ ̄´     `丶、
                       /   rヘ=,,≠==、、  `、   「一般国民に知られては困る」っていうのは
                          〃l  ハl`ヽ       )   ヽ
                     リ l l ゝ      ,,,,从 l  l  兵士として徴兵されて死んでいくのは、庶民の子供だから
                      (l∨ ⌒ヽ   ´   〃 }  l
                      l |   r ‐ - 、⌒ヽ/ l) │  兵士を産む庶民が避妊をするのはけしからんけど
                       ,'| |   l   /   / /   |
                      ,'.| | \` ー '  _ / /    !  「俺達は関係ないから避妊するよ」ってことなんだよね。
            _             , -| | - l ` ー < / /    |
 r―――-、-''、 ` ー--‐'' ̄`ー''´  |.│∠  /  / / ヽ   !  没収した避妊本とか、研究者用の本を
   ̄ { `   ヾ }           { | /≠ミ/  ,'  ,'    l  |
    ヾ____ノ ノ    ` ー-____.l | l   /  / /    │ │ 官僚や警官は普通に読んで、それを実践してたんだよね。
        ` ー----‐‐ ̄   / / | l  /   ./ /    │  .l
                    / /  ! l , '   / / {    |  ヽ
                 / /   | l_ . //  ! /|     |   ヽ
                   / /   / ̄ ` ーl   !ー- ヽ  |   ヽ
                / /  /三    i  ! }       }  ヽ ヽ
               / , '  /ーrォrォ - |   |/      l   ヽ ヽ

          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \ 
       / /  ハ/     \ハヘ     官僚や警察官でさえ避妊をしたいと思ってたのだから
       |i │ l |リ⌒     ⌒}_}ハ
       |i | 从 ●    ● l小N    庶民はもっと避妊が必要だったということがわかるにょろ~
       |i (|ミ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ   ミ
       | i⌒ヽ j   (_.ノ   ノi|__/⌒)
       | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/.
       | ∧ 人l||l,三|:::::/l| |l||l 从
       |  l ( ⌒ ):::V::/ | ( ⌒ )

933 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:22:09 ID:xE1c7r8g0

┌────────────────────────────────┐
│サンガーは自分を招待した東京の改造社の講演を中止させられたため    │
│京都の医師会の講演のために京都を訪れた。                 .....│
│このとき、サンガーの通訳をしていたのがやる夫である。           .....│
└────────────────────────────────┘

          ∠てYフ大>、_
        //イ⌒⌒    `ヽ、
       rくL/∠. /      ヽ  \
       ゝ..水、j} i |   ヽ  i  、  ヽ    さすが京都はすごいわ。
       }71|¨´| l、 i i i  i, |l l ト、i
       ,j:| |:|丶. ト、斗匕 l l\从リ,i i !    日本に来たかいがあったわ。
      /|:| |:| . ヽ|==` ヽリ} =≠ i}ル
      ./ ` "ヘ\\ミミミ   ,  ミミミハ|
     /   /∧ ト_、  r‐┐  ノ{ |
    /{  { /ムハ l j> `ニ,.ィム} .;レ'


        ___
      /      \
   /          \     そうでしょう。
  /   ⌒   ⌒   \
  |  /// (__人__) ///   |
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i

934 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:22:25 ID:xE1c7r8g0

┌──────────────────────────────┐
│その夜、やる夫と安田徳太郎はサンガーが宿泊するホテルを訪れ  ......│
│サンガーと産児制限について語った。                      │
└──────────────────────────────┘

           __ __....、、
       /´:::::´::::::::<´
.       _i:::::::::::::::::::::、:::::::`≧ー-
    ァ7::::::::::::::::::ヽ::::\\::::ャ、     ドイツ語の本をたくさん持ってきたので、
     /,':::::::::::::::::::::ヽ::\::::ヽ:ヽ`ヽ
   /i:::::i:::::::::、::、::::、:::ヽ:::ヽ:::ヾヽ    これらの本について語ってくれませんか?
   ソ::::l::::::::tj‐リヾミヾ_ヾ::::::::::::::゙i
.   /::::::!::::::ト= ゙ ヾヒ'`i!::::::::::::ハ!    マルサス主義や医学に間して・・・
   l:il::::::::ハ.   . .  "" l!::::::::::!
、、._ リ i::::::l、  r‐┐   /:::::iヾl゙
   ̄/ リ::::lヽ. =.-'  ,/:::::l !_リ-- 、
   i 〃i!l. ヽ、... ィ::/kン于ラ r' ̄ヾY
    i ヾ'、 'ヾ  ""゙/ i!.lヾ!//ヽヽ | l      へ,、
.    i `、ヽヽ  ,  ノ.i li //  llヽ i l   //:.、>`ー-.、
    ',  ヾ、.ー-‐,ン´,i l l i  〃l iヽヽ  ヾ、:::::::r┴-=、`i
  ',   '    `二――┴リ_l―サ┴'‐‐!l--、、_ヾxし/‐--ヽ!
ii    ,r‐''''''''ー|::::|    |        ~  i   i しー-- i
ii  /       |::::|    |          i   iーレ゙  l
!!/iソ;       |::::!     |           '   | ii   ノ
./ リ/       |::::    !             | i `ー /



       __{〆..:::::::::〆        `  、
    /_{f7.::::::::::〆                 \
   / __{f7.:::::::〆   /           \  \
  厶イ7:r-、く  | |    |        ヽ   \
 〈〈__/:ハ::.Vヽ\ | |   |、          |    ヽ
. /ヾィ/ イヘヽノノ | |ヽ  | \   ',    |    | '.
/ /://ll |:「´   |{ 丁ヾト、|  ヽ  |!   |    |l |     (ドイツ語なんて読めない・・・)
  |::|  l| |:|    |ヽ弋f==,ミメ、 ' ∥  /ハ     || | 
/|::|  || |:|ヽ   |   、_{._!ンヾ  }ノ|l /厶| , / ハ|     ああこの本は「that's out of date」
  |::|  || |:| \  ヽ   ̄¨`    l/rテミ|/ / / }ノ 
  |::|  l| |:|  l \ \         、ヾ' / イl/         これらの本は古すぎるから、語るに値しないわ。
     l|     |   ` -\ J     ′/  ノ
      |l    |\        r‐ァ   / /
     ハ    ト、  、 U    ̄  イ
    / ハ     l::.\ >_,、   /  |
     / ∧   l:::::/.::7爪  丁   |
―-  _∠::::ヽ  ∨:::/ 小ヽ |l   |
―‐ 、 ` マ}__ ト、  ∨/:||:lL)〉ハ   |

935 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:22:36 ID:xE1c7r8g0

┌─────────────────────┐
│最後に、サンガーはやる夫たちにこう語った。   │
└─────────────────────┘
                       _r=ァ=、ィfZァ、,、
                    ,  ´fフ:´-=_:三ー_ー^ヘ
                    / _r//'_ァ'='^ー'`´` ^ー\
                 /r=、ソィー'7´          ヽ    この世の中には多産で悩んでる
                 ハ L/イ| ヽヽ        ',    ヽ ',
                , ソ/ l ハレ´イ{ { {     | ',   ハ ',   女性がたくさんいるんです。
                //:/ ノj `´i |ムト、ト、   | }  リ i !
               ハ:{/イ: { 乂yニミ、ヽ  ノ メ ノ/  } !   避妊の方法はまだまだ幼稚ですが
       ヽ._ヽー 、   / // |:. ヽ. { ´ ̄¨` `}イ,ィミxイ / ノ/
         ̄二ニヽヽ/ -ヘ、:.. l:...  lト\`'    ´ ¨// ./    私は避妊普及のために何度も投獄されてきました。
 ヽ、_ _-ァ.:´__::.::.::.:ヽ::\  j:〉..:.l:...  l!     、_ __′"/´ | / )
  _,._-ニ-ァ‐´ィ二;:-- 、::.::..`ヽ、..:∧:.. lト_、     イ.: j| /{ ノ′  あなたたちも世界の労働者のため
‐ ´/´ /´ ̄´/::.::.::.::.::..‐.-_、::\:.ヽ:.. l::.::::>ー<l!:.:.|:. リ‐//レ
    /′  /-‐ァ::´::, ァ::/.::.: ̄:.`ヽト、.V/::}:ハ:{トヽ/!:. !:/‐'::/   世界平和のために戦ってくれることを期待してます。
      /´ /::.:/ノ/..::..::.::.::.::.::.:..:ヽヽヽ=l:| ト='イ-!: /::;∠ イ_
     /´ /イj/イ'/.::.::_.::.::.::.::.::.::.::.::.`トi`j:|__ヽ\ノ人::.::.::∠´
   /' イ/ // ノ/:.‐..´...::.......ー ::.::.::.::.::.::.:K/:ハ.「jフス::.:.`:くヽ
   ///   /イ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.{_j   jァzく::.::..::..`ヽ、


       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\     もちろん、お約束しますお。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-/      |   あなたの主張を本として、やる夫が出版させていただきますお!
  \     ` ̄'´     /

936 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:22:53 ID:xE1c7r8g0

┌──────────────────────────────────────┐
│こうした約束でできたのが                                      ......│
│「山峨女史家族制限法批判」という、やる夫が翻訳し注釈をつけた本である。        ....│
│題名に「批判」をつけたのは、検閲・押収を避けるためで、「学術用」として出版された。   .│
└──────────────────────────────────────┘


     ______________  __________
   {\              `\               \
     \\               \                 \
      \\                \                \
        \\               \               \
         \\                \                   \
           \\               \                  \
            \\__________\ ___________\
             \ソ三三三三三三三三三三ミ彡三三三三三三三三三ヘ
               `く三三三三三三三三三三入三三三三三三三三三三ゝ

937 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:23:06 ID:xE1c7r8g0

┌────────────────────┐
│やる夫はこの事をこのように皮肉ってる。     .│
└────────────────────┘

       ____
     /⌒  ー、\     政府の「研究は大いにやればいいが、宣伝はダメだ」というのはありがたい話だお。
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  宣伝さえしなければ、火あぶりや磔にされないのだから、政府の温情に涙がでてくるお。
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /  一般国民に宣伝しなければ良いのだから、本当に政府の優しさには感動するお。

938 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:23:23 ID:xE1c7r8g0

        ____
      /     \     貧乏人が「育児の余裕なし」と言うたびに、政府や御用学者は
    /_ノ  ヽ、_   \
   /(●)三(●))   .\  「尽忠報国」の愛国心を心に訴え、民族膨張の雄図を説き、富国強兵の根本義を示すが
   |   (__人__)      |
   \ ヽ|r┬-| /   /   信念、つまり主観を実証する客観的実証をしてくれお。ようは経済的根拠を示してくれお。
   /   `ー'´      \
 /               \  「産めよ増やせよ」なんて簡単に言うなお。多産で苦しんでる国民は多いんだお。

939 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:23:33 ID:xE1c7r8g0

              _.............._
            _ ,..:':´::::::::::::::::::::`ヽ、
        ,..:'´:::`:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.
.      ,:':::::::;::::::::::::::::::::::::_:::::`ヽ、:::::::::::ヽ
       /:::::::/:::;::::: -一 ´ `ヽ::::::ヽ:::::::::::ヘ     そういうことで、やる夫は「産児制限運動」に携わるわけですが
     /:::::::/::/        ___ヽ:::::';::::::::::::ハ
    ;::::;:::::|:::| ,.-一-    ´  ヘ:ハ:l:::::::::::::ハ    ここで大事な点を指摘しなければなりません。
     |:::l::::::l:::|   __      ,.ィ={トjハ::::、::::::::l
    l::ト.:::::ヾl、.ハ::::::ヽ     ト.::::::|` |::::|〉:::::::|
    ヾ: l::::::::ヘ.  vこノ  ,   ヽツ ハ::::|:::::::::|
      `l:::::::::ヘ、`¨´  _..、   /'::::::!::::::::::、
        |::::::l::'‐ヘ、  「  `'|   ,.-'、:::::::|::::ヘ:::ヘ
       |::::::|:::::::::`::-、_` ー '_..イ   l:::::::|::::::ヘ::::ヘ
      ,:::::::;!::::::::::::::::;::ヽ`¨´  |  |:::::::ド-、::ヘ::::ヘ
      /::::::/:::l::::::_;r'  |  _, ヘ  ー-'、  `‐ヘ::::ヽ
      /::::::/::::l;r' /,、 /´ /  ノ   ,   ー、  ヽ:::::ヽ
.    /::::::/::::::! // l ∧  | /   / /    ヽ.  ヽ::::ヽ
    /:::::::/:::::::l. ` ヽヽ` |l  ヽ、|  r′ /   }ヽ ヘ:::::ヽ

940 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:23:51 ID:xE1c7r8g0

┌──────────────────────────────┐
│この年の10月31日                                .│
│やる夫に5人目の子供、次女の美代が生まれる。               │
│つまり、産児制限運動に携わろうとするやる夫は、5人も子供がいて    │
│千代は「多産」をしたわけである。                        │
└──────────────────────────────┘

              _,,,............,,,_   /}
           ,.-'"´      `ァ'´. /
            /        「 ̄   ∧
       /         ノ     ヽヽ
      /  {   |  |  ァ‐ニ;、  r‐┘ ',
      l  ',  /へ {  / ‐ ニヽヘ    }
      {   ヽ. |f'´T;ミ、 {  ,イ }:::ト|  ,イ. |
      ヽ   「 'r‐'::}  ``  ヒ__ノ j/| }|
        \  '、 ー' _,,,...、   /  「 |
         `~大  |   }   /  /  {
         、_ ノ ゙r; 、ヽ  ノ__, r1 /   `ー''7
       ヽ _フ /ヽ、べてにヘ、 }j ./   ヽ__ノ
       -' -r'   ヽト、 ヾヽ }フ´j/ }  |
            {   _f千‐'‐Fニ´./7、_」_ /
          丶 「,|`-  `‐┴ く    ゙,7
           {、ノ }」-r‐ァ''"不、  `ヽ、 ||
         `-'´ ,フ´_∠/ ハ  \「r'
            ,へ/  / / ヽ_ -_ >
             ̄   /__/    ̄
                   {_ノ


※三男は極秘に養子に出してるので、世間に認知されていたのは4人

941 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:24:05 ID:xE1c7r8g0

┌────────────────┐
│これを知った人たちの反応は・・・   .│
└────────────────┘

         し!     _  -── ‐-   、  , -─-、 -‐─_ノ
  自 多    // ̄> ´  ̄    ̄  `ヽ  Y  ,  ´     )   多 え
  分 産    L_ /                /        ヽ  産  |
  達 批    / '                '           i  !? マ
  は 判    /                 /           く    ジ
  例 し    l           ,ィ/!    /    /l/!,l     /厶,
  外 て   i   ,.lrH‐|'|     /‐!-Lハ_  l    /-!'|/l   /`'メ、_iヽ
  な る   l  | |_|_|_|/|    / /__!__ |/!トi   i/-- 、 レ!/   / ,-- レ、⌒Y⌒ヽ
  の の   _ゝ|/'/⌒ヽ ヽト、|/ '/ ̄`ヾ 、ヽト、N'/⌒ヾ      ,イ ̄`ヾ,ノ!
  ? に  「  l ′ 「1       /てヽ′| | |  「L!     ' i'ひ}   リ
        ヽ  | ヽ__U,      、ヽ シノ ノ! ! |ヽ_、ソ,      ヾシ _ノ _ノ
-┐    ,√   !            ̄   リ l   !  ̄        ̄   7/
  レ'⌒ヽ/ !    |   〈       _人__人ノ_  i  く            //!
人_,、ノL_,iノ!  /! ヽ   r─‐- 、   「      L_ヽ   r─‐- 、   u  ノ/
      /  / lト、 \ ヽ, -‐┤  ノ  サ    了\  ヽ, -‐┤     //
ハ キ  {  /   ヽ,ト、ヽ/!`hノ  )  イ    |/! 「ヽ, `ー /)   _ ‐'
ハ ャ   ヽ/   r-、‐' // / |-‐ く   テ     > / / `'//-‐、    /
ハ ハ    > /\\// / /ヽ_  !   |    (  / / //  / `ァ-‐ '
ハ ハ   / /!   ヽ    レ'/ ノ        >  ' ∠  -‐  ̄ノヽ   /
       {  i l    !    /  フ       /     -‐ / ̄/〉 〈 \ /!

942 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:26:07 ID:xE1c7r8g0

┌────────────────┐
│新聞にこう書かれたりもした・・・    .│
└────────────────┘


    ∧_∧ プッ     やる夫氏は産児制限運動の大家であるが、なんと4人も子供がいる。
   (*@∀@)    
   _(つ   φ_      だが、これはおかしなことではない。
  |\ .\三\[=]\
  | .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |   これらの子供は、やる夫氏が運動に携わる前に生まれた子供であるからだ。
.   \|  ○○新聞 |

943 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:26:48 ID:xE1c7r8g0

      _,,.-‐''  ̄ ̄ '- 、
    ,/:::::/::,ィ´^^ヾ\:::::ヽ       /\
    /::::::://l::/     ∨`i:::::ヽ    /  /
   l:::::::::l/::llリ     v  l:::lレ    \/
   |:::::::::l::::l j!-=''´  `ー- lノ      ___
   |:::::::::∨:l  _     ,=、b      |    |   そりゃあ、誰だってそう思うわ(笑)
   |:::::::::r┤lo´ ̄ヾ  " ,,,,l        ̄ ̄ ̄
   |:::::::::ヽ.l ヽ'''''' rー'´ Ⅴ ノ     /\      しかも、どんだけラブラブな夫婦なんだよ。
   |::::::::::::|::ヽト、_ ヽ_ ノ ´l     \  \
   l:::/:::l:::|:::r=、::\ _∨:::::\     \/
   /::j!:::::l:::|:l(  \::\´`|:::::::::::ヽ
  /:::ii::::::ll:::|| .l   \ /!l´ ̄ ̄ニァ
. /:::〃:::::ll:::::l| l   /  ヾl」l」V´:::ヽ
 l::::ij::::::::::l:l:::::|_lヽ、   / ノ::::jヽ:::|
 |:::l l:::::j:::|::l::::|::::ヾ  >-´、 /:::i::::| |::|
 |::| .l::::ii:::|::l::::l::::_r' ̄(_uuノ´ヽ::l:::ノ レ'
 レ' ∨|::|⊥-ト'" : : : : : : | | l lヽレ'
    ∨く : : : : : : : : :|: : :Ⅹ:| |: :|
    ∨::\: : : : : : :|! : :/|: :|_|: :|
     \| ヽ: : : : lj : :ヽl: : : : :」


          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \       できちゃった婚するような夫婦なので
       / /  ハ/     \ハヘ
       |i │ l |リ/    \}_}ハ.    普通に子供がたくさん出来ちゃったにょろか?
       |i | 从 ○    ○l小N
       |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ     やる夫は避妊は言っても、「禁欲をしろ」とは一言も言ってはいないし
       | i⌒ヽ j         ノi|__/⌒)
       | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/  避妊をしなかったら5人も産まれると事実を、やる夫は自分で証明したにょろ。
       | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ
       | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''´

944 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:27:25 ID:xE1c7r8g0

┌──────────────────────┐
│このことに関するやる夫の反論?は以下の通り   .│
└──────────────────────┘

     ____
   /      \     何も、やる夫は金持ちにまで避妊しろとは言ってないお。
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \  やる夫のような金持ちはどんどん自分の意思で子供を産めばいいんだお。
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /   夫婦が子供を養えるか養えないか、養う事で貧乏になるのか
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |    夫婦が本当に子供が欲しいのかが問題で、その選択肢が避妊なんだお。
  \ /___ /

945 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:27:48 ID:xE1c7r8g0

┌─────────────────────────┐
│サンガーのアメリカと、欧州では以下の違いがあった。   ..│
└─────────────────────────┘

【欧州】
資源が少なくて人口増のゆとりがない

人口増になれば食糧難になる国が多い

なので、金持ちも貧乏人もあまり子供を産むな


【アメリカ】
資源が多くて人口増のゆとりがある

貧富の格差がある

金持ちはたくさん産んで、貧乏人は避妊してあまり子供を産むな(優生学的)

946 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:28:01 ID:xE1c7r8g0

                , -‐ r ─― 、
              /   /      \
           // ,=vシ== 、 ヽヽ ヽ    まぁ、本当は中絶とか深刻な問題も絡んでくるんですが
             // //     ヽ ヽ ! l l
         〃{ i{ {‐-、   ィ尢ハl i| |    説明はここらへんでご勘弁いただきたいと・・・
           {仆 f ィ=ミ     ィ≠ミ  | |
           |ハムヘr;_j ,  jr;_リl  |)l|!    次は、やる夫が産児制限運動でどういう役割を果たしかを取り上げます。
           l `∧  r‐‐v   li  l l |l
.            ,'  i ゝ、 ヽ ノ  ィ'l   l l !
          /  ,'  l _}>‐匕!_ /  ,'l l |
         /rt/   ィf< _ _ `/  /_j | l

947 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:28:20 ID:xE1c7r8g0

┌───────────────────────────────────────────┐
│1922年(大正11年)5月、やる夫が「山峨女史家族制限法批判」を医者や教授用に2000部を配るが    │
│これに加藤シヅエが猛烈に反発。                                         ....│
└───────────────────────────────────────────┘

     /: : : : : : : : : : : : ://: : : : : : : : : : : :ヘ
    /: : : : : : : : : :}´`゙´ 彡=‐''^、: : : : : : : |
    f: : : : : :/ノ!!´         ゙、 : : : : : |     「批判」って一体なんですかぁ~
    {: : : : : :/             ゞ: : : : : :》
    .|: : : : / /==ヽノ  、ィ===ヘ \: : : : }    こんな、コソコソした動きはやめてほしいですぅ~
    i : : : /     ,,,     ,,,      |: : : ノ
    |: : : |  -‐━━'゙    ゙''━━-   l: : ノ     やる夫はやることは意味不明ですぅ~
    《: : :l    ─''´     `''─    |: :|l
    〈〈《《      r'´   ヽ       |ヘ弋     やる夫は真面目に仕事してないですぅ~
    ヽゝト  ::.   丶^ー^ー'   .::   |r^ソ`
      〉o   ::    _ _ _   ::    lo〈
      `ー、    <-‐<>‐->    l`ー'
        《、 .   `''ー─''´    /ヘヽ
         ゞ|、     ̄ ̄     イ》ハ
        /| 丶、,,     ,,  '´| \
     r─'´  |     ̄ ̄ ̄     |  `''─-、

948 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:28:38 ID:xE1c7r8g0

┌─────────────────────────┐
│                                   .....│
│                                   .....│
│                           (極秘))    .│
│                                   .....│
│                                   .....│
│        山峨女史家族制限法批判           .....│
│                                   .....│
│                                   .....│
│                                   .....│
│                                   .....│
│                                   .....│
│以印刷代謄写、順学術的研究及批判タル本小冊子ヲ    │
│専門学者医師薬剤師以外ニ頒布スル事ヲ許サズ       │
└─────────────────────────┘

※本来は右から読みますが、めんどくさいので左から

949 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:28:54 ID:xE1c7r8g0

┌────────────────────────────┐
│やる夫の目的を加藤シヅエなどは理解できなかったのである。   │
└────────────────────────────┘

               ____
             /      \          これは学術用の本で「極秘」だから、一般人は読んじゃダメなんだお。
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \       そういうことなら、出版法や検閲にはひっからないんだお。
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/       こういうカモフラージュを理解できない人の頭の中は幸せいっぱいだお。
          /     ー‐    \

950 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:29:07 ID:xE1c7r8g0

               , -‐ r ─― 、
              /   /      \
           // ,=vシ== 、 ヽヽ ヽ
             // //     ヽ ヽ ! l l       昔も「お花畑サヨク」っていたんですよね。
         〃{ i{ {‐-、   ィ尢ハl i| |
           {仆 f _     _ |  | |       やる夫が左翼の中でも尊敬されてる理由は
           |ハム  ̄ ,    ̄ l  |)l|!
           l `∧  r‐‐v   li  l l |l       空想家じゃない現実主義者だったからなんですよ。
.            ,'  i ゝ、 ヽ ノ  ィ'l   l l !
          /  ,'  l _}>‐匕!_ /  ,'l l |      加藤シヅエとかは、戦後まで生き延びたので
         /rt/   ィf< _ _ `/  /_j | l
        ノ |l/   ,' llニニ二ニ/  /  >、|      本当、評判悪いんですよね。
       /  /   /. ├ ¬ー/  / // ヽ
.     /   /   /  |   ,/  /´,/    ヽ
   , イ    /  ∧  | fA./  //レ''´    \

951 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:29:20 ID:xE1c7r8g0

┌──────────────────────────────┐
│戦前、出版物は内務省による出版禁止制度があったので        ...│
│一般人向けではなくて、あくまで「極秘の学術用」として印刷された。    .│
└──────────────────────────────┘


          ____
        /_ノ  ヽ\ 
      / ( ●) (●)、       避妊の方法を知りたがってる奴が多いんだお。
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |      これを労働者に教えたいけど
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ    やる夫には学者連中に本を渡すのが精一杯だお。
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

952 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:29:31 ID:xE1c7r8g0

┌───────────────────────────────────────────────────┐
│出版法                                                                     ...│
│                                                                           .│
│第三条 文書図画ヲ出版スルトキハ発行ノ日ヨリ到達スヘキ日数ヲ除キ三日前ニ製本二部ヲ添ヘ内務省ニ届出ヘシ    .│
│                                                                           .│
│第十条 文書図画ノ冊号ヲ逐ヒ順次ニ出版スル者ハ其ノ都度第三条ノ手続ヲ為スヘシ                     .....│
│但シ雑誌類ニ在テハ内務大臣ノ許可ヲ経テ其ノ手続ヲ省略スルコトヲ得                               │
│                                                                           .│
│第十九条 安寧秩序ヲ妨害シ又ハ風俗ヲ壊乱スルモノト認ムル文書図画ヲ出版                         ....│
│シタルトキハ内務大臣ニ於テ其ノ発売頒布ヲ禁シ其ノ刻版及印本ヲ差押フルコトヲ得                      .....│
│                                                                           .│
│第二十条 外国ニ於テ印刷シタル文書図画ニシテ安寧秩序ヲ妨害シ又ハ風俗ヲ                          .│
│壊乱スルモノト認ムルトキハ内務大臣は其ノ文書図画ノ内国ニ於ケル発売頒布ヲ禁シ其ノ印本ヲ差押フルコトヲ得    ......│
└───────────────────────────────────────────────────┘


          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \
       / /  ハ/     \ハヘ   ようは戦前は出版物の出版禁止制度があったから
       |i │ l |リ       }_}ハ
       |i | 从 ノ    `ヽl小N  やる夫はあくまでも学術用の本屋で売らない「非売品」扱いにしたんだにょろ。
       |i (|  | ●   ● li|ノ
       | 、| ⊂⊃、_,、_, ⊂ノ i|
       | ヽlヽ> 、 __ ,l⌒ヽ|
       | / \ヽ::ヾ三|::i   i
       | ,ミ_::::コ ヾ、:::∨ツ l  |

953 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:29:43 ID:xE1c7r8g0

┌────────────────────────┐
│そんな中、やる夫の運命を変える出会いが起こる。    │
└────────────────────────┘

===========================================================fi
.ミ//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三/λ
ミ//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三/ λ
//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三/  λ______
/三//三//三//三//.ミ┌───────┐ 三//三//三//三//三/   λ──────
⌒@⌒`@⌒`@⌒`@⌒`|  駅 治 宇    |⌒'@⌒`@⌒`@⌒`@⌒`    λ______
                └───────┘               |      |   ||   |  |
________ l二二二二二二二二二二二二二l        |      | ̄ ̄ ̄|  |  |
| || || || || || ||  |_||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;|.            |      |―――'、  |  |
~~~~~~~~~~~~~~~ ||  |  ||:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::|       ,---------,  . .|       .|  |
  ll┌───┐l ||  |  ||. ============= |   |.      | ̄ ̄| ̄ ̄|,l.  ..|二二二二二二
  ll│[] [] [l] │l ||  |  ||__________ |     .| ̄.. |.      | ̄ ̄| ̄ ̄|.|   .||| || || || || || ||
  ll│[,] [] [] │l ||  |_|| ̄|l「 ̄| |     .|   |  __    |   _|   _|.|   .||| || || || || || ||
  ll└───┘l ||  | o.||_|l|_」 |  □   [ ̄ ̄|. |.〒|   |  / .|  / .|.|   .||| || || || || || ||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  | ̄||     |┬┼┬ |   |. |._|   |  | . | .| . |.|   .| ̄(◎)  ̄ ̄ ̄
             .|  || ''''''''''''''' |│││ │   |.  ||.    | ̄ ̄| ̄ ̄|.l,,  .|、,,,ヽ|ノ,,,,、,,、,,,、,,
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

954 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:30:12 ID:xE1c7r8g0

┌────────────┐
│1922年(大正11年)11月    │
└────────────┘

.::::::::::. :. :.: .::::::::::. :. :. :.:::::::::::::::::. :. :. :.: ::::::. :. :                                    .: .:. :. :.:::::::::::::
.: .: .: :::::::::::::. :. :. :. :.                                       . :.: .: .: .:::::::::::: .: .: .:. :. :. :::::::::::::::.:
                    ヾミミミミy彡'′                           . :. :. :.:::. :. :. :. :.::::::. :.::::
              ヾミミミミミy彡  ``ji彡: .:. :. :. :. ::::::::::::::::::::: .: .:. :. :. :::::. :. :. :.
                 ``ji'´    ji´. :. :. :. ::::::::::::::::::. :. :. :. :. :. :. ::::::::: .: .: .:. :.
           ヾミミミミミ斗彡彡 〃                                  ヾミミミミミy彡
    . :;:;..,"'`',:'':'`::;:     ``j!´   _〃彡彡                                   ``ji'´
ニニニニニニ,', ,'ニニニニニニニニニニニニニニニ,;;;;,                               ヾミミミミミ斗彡彡
'',,.:;:;''.:.::.:;';;;V'',,.:;:;''.:.::.:;';;;'',,.:;:;''.:.;;;'',,.:;:;:;';;;;;,',_,,.. .-‐ '''""~~""'‐- 、、                 . :;;: ;.: :;``j!´;:;:;;;:;:;;;:; :;;
;;.::..〃'.::,';;;;,'.;;.::..,,''::.:.;;.::..,,'',,''.:'',;;;'',,.:;''.,';;;;;;;;;;',  .: .:. :. :. :. :. :. :. :.: .: .: .: .``ヽ、           .::;:;..,"'`',:'':;;;:;:;;:;;;:;;:;;;:;;:;;:;;:;;:;
'`',:'':'`::;:;..,"ヾヽ、(_)~゙~゙(_)::::l!(_)~゙~゙~゙~゙(_)~゙´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:. ,.  -‐ ── ─── ─── ─‐- 、;;;;:;:;;:;:;;;:;:;;:;:;;:;;:;:;:;:;;;:;
;;;:.'`',:'':'`::;:;..,".:.ヾ) ‐ -i::.:.:.:i|_ -_ - - _il |;;;;;,:'':、. :. :. :. :. :.: .:,. イ ,. -‐r‐rr ────‐rr‐rrァ- ‐-、、、`ヽ  . :;:;..,"'`',:'':'`::;:
;;;:'`',:'':'`'`',:'':'`ぐ_ - _‐i::.:.:.:i|_ -_ - - _il |;;;;;;;;;;:'`ヾヽ .. イ.,. イL」.::::.:::i|::i|:i| r'´r'´r'´r'´ i|:i|:i|. r'r'.i|i|i|i|i|. :;:;..,"'`',:'':'`'`',:'':'`
;;;;;;:'`',:'':'`'`',:'':`::ヾヽーrーーrーーrーrキ7;;;;;;;;;;;;:'`ヾヽ..イ..ji::i|::i|::::.::::.i|::i|:i|.::::::::..:t'´ r'´:i|:i|:i|,,,..,,,..i|i|i|i|i|. ..,"'`',:'':'`',:'':'`',:;;;;;;;
;;;;キ::jキ:::::::...::'`',:'':`::ヾヽ.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:|.:.:.:|:1;;;;;;;;;;;;;;;;;;'':'`'`',:'':'`',,j|::i|.:::::.:::i|::i|:i|::::::.:::::::.:::::.:::::i|:i|:i|.:::::.:::::.::',,"'`',:'':'`',:'':'`',:'':';;;;;;;;;;;;;
;;;;;';Vノ.:::::lj!.::::`',:'':'`'ノノ;;;;;;;;;;;:;:;:.:.:.,, .:.:'',, .:.:'',, .:.、;;;;;;;;;;;;;;;',:'':'`'`',゙゙.:.:.:.:.:.`゙゙゙゙゙.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`゙゙゙゙.:.:.:.:.:.:.:.:."'`',:'':'`',:'':'`',:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;ij!,,, .._jjレノ:'`',:'':ノノ;;;ニニiiニニニiiニニiニニiニニiニニii! `',:'':'`',:'':'`'`',:'':、. :. :.: .: .:. :. :. :. :.: .: .: .:. :. :. :. :. :. :. :,,,,.州州洲'`キrキ''キキ
;;;;;;;ij!::.::::〃:'`',:'':'`'`',:'':`::、;;;;;;;;;;;;;;;;;;.:.:.. ,, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'':.:.、`',:'':'`',:'':',:           - - _ ‐ _ ,,,.州州洲>キ'''´キ'''´-‐'''"
::::::::::.:.::〃;;;;:::.:..:.:.、,, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .、ニニiニニiニニiニニii!┼┼' '゙゙        - _‐ - .._ ‐,,,.州州洲r'"´     ,, .:.:.:. ,::
                                                  ‐ - ‐ _ -  `` ー----------

955 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:30:29 ID:xE1c7r8g0

        ,  -- ── -- 、、
       /           ヽ
     /            ヾ \
     /             ヾ    ヽ    えーと、たしかここだったかな?
     |      人 lヽ   i       |
    |    ノヽ ヽ \  ヽ  i     |
    |   ノ/_,--ニ'、_   _`ニニ-、ソ.   |
    ヽ  ( <`ー'ン   ´、`ー'´> i ノ、 l
     )  l   ̄  /l    ̄ ν ノ/
     ノ   フ、   ヽ、,     ノノ (..   
     ゝ   .ノ   ---    ゝ   〃 
     \    ヽ.,  〝   λ、    ノ   
      ヽ、厂 |-  ―  -|l ⌒l シ



           _.,..、:-:─:-..、、
           /:::::::::::::::::::::::::.:::`:ヽ.
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:、
      ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',       確か、ここのはずよ。
.      /::::::::::::::::::::::ヘノ!::::|::::::!::::::|:::!:::}:::i:::::}
    /:::::::::::::::::::::::::::厂 ≧rx|::::::j:/:イ:ノノ:イ
   /:::::::::i:::::::::{こj::::i 弋ケニゞ、イイヲイ:::::::\
 /:::::::::::::i!:::::::::じイ::::|      {  /::::ヽ::::::\
 \:;イ::::::i!|::::::::: ゝj:::::!       ゝ /:::::!:.::ヽ:::::::::>
   '<::il:|:::::::::::::;:!::::j     ー- , ′::::!::::::::ト/
     ヽi;;;;;;;;;;;;;j'"´ \    /::::|::::::>'"´
  ,.、rーへへ/´;;\      トニ´__"´
/´ ̄`ヽ;;;;\\;;;;;;;;`ヽ、 !\;;\;;;\__

956 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:30:39 ID:xE1c7r8g0

                 _ ,,.... ....,, _
              , '"       ` ' -.、
             /             \
            , '                 ヽ
          /                  ヽ
            , '                    ',   すみません、やる夫先生はいますか?
       /         lハl l  !l ! ヽ      l
     _,. '´  ./   ,.-.l  /ヽヾ_Ni l |l', リi      !
     ';  //  ./, i ('l. l l!. ヽァテミ 、 ' ノ-‐クレノ.ノ l
     ', / ./   〃  ヾ.|. l ll   `    r'tテァ/./  !
      ヽ、!   i,'i   ! i、! ',、         l  /   ヽ
        \ ,'.!i l l .ll ,ヽ`ヽ.    、 __''" ./ !   ヽヽ
         `ヾ.,l._,,,_l,ィ'    、   ー  /.ヽ!. _ ,.!''"´
            i=ー-_ ,_'ー-- .、ヽ_...ィー'=,、 .r '
           !   ` '' ̄ー=,'iー‐:1r''l_,.!

957 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:30:49 ID:xE1c7r8g0

                       ___ _
                .≦:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
             ..:.  -─\:.:.:.:.:.:.:.:\:._:_:_:.:.:\
            /:./  -──へ:.:.:.:.:.:.:.:〈 、 \:.:.ヽ           いらっしゃい。
           ,:':.:.://:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.{  \ 〉:.:.:.:.、
            /:.:.:/:.:.:.:、:.:.:.\:.:.:.:.:./:.:. !:.:.:.:.゚, /:.:.:.:.:.∧         やる夫さん?それなら、はなれにいますけど。
        /:.:.:/:.:.:.:.:/\:.:.:.:ト/、:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:∨_ \:.:.:.:.:.:.:.、
        .’:.:イ:.:.:.:.!{  ゚ 、:.\ \:.:.!:.:.:.:.:.:.:{ `Y ヽ:.:.:.:.:.:゚,       そこまで案内しますね。
         i:.〈/l:.:.:.__|_ヽ.    \{z==ミ:.:.:.:.:.:.:.V ハ 〉:.:.:.:.:|
         |:.:/ |:.i:.:.:.|  \       |:.:.:.:.:.:.:.:.∨} У:.:.:.:i:.|
         |:.丶|:.l:.:.∧ z=       |:.:.:.i:.:.:.:.:.:|::.∨:.:.:.:.: Ⅳ
         |:.:.从:.:、:.:.:.ヽ  ′ / ヽ  |:.:.:.l:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.::i:.:.| -──- .
         |:.:i | ヽ:.:.:.::ハ   </   } |:.:.:.|:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:ルイ: : : -─==ミ
        ∨_| |:.:.\:.:.:ゝ、  、__ノ .!:.:. l:.:.:.:.:.从:.:.:.:/:/i/:/      \
        ! ト }:.:.i:.:.:\:.:.:〕ト.   ¦:.:ハ:.:.:.:.i:.:.:.:.:/:/i/:/     、
              |:.:.l:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:i:.:≧=へ :.i |:.:.:∧:.:./:/i/:/        >--
              |:.:.l:.:i:.:.:.lヽ:.:.:.:|ヽ:.:.:.l:ノ V |:.:.:l: :l:/:/i/: ′      /
              人:.:.∧:.:.! ゚,:厂:}:.:ノ:/--- !:.:.:!: :{:/i/: /
              \ ヾ /ソi : イ/ニニ/:|:.:/ : /i/: /
               / |: i:i: : /    /: :l:{’: /i/: イ

958 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:31:00 ID:xE1c7r8g0

┌────────┐
│やる夫の部屋  ....│
└────────┘

: \    :   :  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : :\    :  : : : : : : : : : : : : : : : : : :_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: :  : : :\zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzゑzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz<¨ヽ .}7z/zz
: : :   : : |                     }i{               \V/イ ,ィ
: : : .┌ミ、 |                 rらo               ヾ <彡
: : : :| i |                 〈ヒ火}        _        V==
: : : : ら”:|                8io品{         ̄ミ=「ト~、 .}}===
: : : : : : : |                ゚piBら           ヾく/> {{∠z
: : : : : : : |                o゚i火{            {三〈三z}}≦ァ
: : : : : : : |                 ゚               マキ=={{≠イ
: : : : : : : |              ┌‐┐                  辷笠}{≦三
: : : : : : : |             } {                  ムー--}}==--
: : : : : : : |            ¨T¨                  三zzz{{三ニ
 : : : :__i三三}________rト-┐                    }}{
    K__ヽ三'zzzzzzzzzzzzzzz益z,/|                         |:T:!
    || }  } }         |¨¨ニ¨¨゚| |                      __| | |
    || |二] |-‐ ¬ ミ、  |¨¨ニ¨¨゚| |                  ム=LLら -
    || |[ニ| |    _. ィー‐ |¨¨ニ¨¨゚| |────────────、  | :
  /|| | |ー:| |=:::T「っ|:|:::::::: |¨¨ニ¨¨゚| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゚。.| レ-―
//|| | |:::::| |::::::|」  |」   └──‐ |/                    ¨|{
/::::::::::|'::::: |/                                       |_ \
                                           〈\ \

959 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:31:12 ID:xE1c7r8g0

         ,.. -─‐''''' ‐`ヽノ
         ,.‐'´            ~`ヽ
.      /                ヽ、
.    /                 i.
    /   {( ト 、              .}   なんだ、このブルジョア趣味的な部屋は。
   .!  .ノ八ヾ=、三ー 、_         !
   l  /‐- 、     ,..-─ヾj l j   (
    {.   i ‐r:qヽ   ‐f┬o;-ヽjノノ    ゝ
   ヽ.  l.`‐-'/}   ー-‐__`ー'、.     {
    \. l.  ヒ._     `゙ 6 }     l
     j, !.   `___     _ン   ノ
     ヽ、_ ヽ、  -    |l ̄` ー-r'´
.     |l ゙̄ー-丶、__,,. ‐'_,|l    _ ノ
      |l_   .f,「  ̄  7ヽ ̄  ̄`.二/^
     \  _,7 .| `ー--‐'//   / ̄
      \ヽ. |     /   /


            ,.:- ' ¬ ─ 、
         ∠´        ヽ
        γ      ~ヽ   \
        /           ヽ  \
       ノ λi_λ_(_ノ!_ノ__火,     \      さすが、洋行帰りのボンボンの部屋だわ。
      ノ  i'ta:、 イtヲフ' |     \ \
     //  | .フ   ″  | | γ    \ \
.     < ノ    ゝヾ___    |i.レ'        \ ゝ
     ヾ ノ i ヾ!ヽ   _  |i.| ノ      \/
      `'-、ノ  `- ┐   ノノ/  ハ  _,/´
         '-ノ,_/. |   ヽ ノ/ル-"_
       /´ ̄ヽ`フ    // ヽヽ\ `ヽ
      /   ヽ\\ヘ   / /   } ∧ \  \

960 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:31:26 ID:xE1c7r8g0

┌──────────────────────────────┐
│やる夫は音楽が趣味であり、子供達に楽器を持たせたりしていた。   .│
│そして、音楽のレコードをいつも流していたのである。          ......│
└──────────────────────────────┘

                    _
               イ:::::::::`ヽ                          / ̄フ
             /::::::::::::::::::::ハ                       X´//
                /:::::ハi l ト、ト、::i八                 X´Ⅹ X´
            {/!::{ 瓜ム/_,|::{,)                  _// X´
             j八 一 ,   .ハ/ ̄`¨丁`::.、           _>\/
             __/\ -=-/∧、::::::::::::}:::::::::\      ./ 乂\\、
            厂 ̄ ::|:::: /{> ´{_,八:〉:::::::: |:::::i::::::::`ー 、///r\  .|
        ∧::::::::::::!:::/〈L_厂∨}∠__::::::::|:::/::::::/:::: ///::::: ! {ノ__.ノ
        /:::::、:::::::::У::∧ \_,〉|:::::::/:::::: !/::::::/: ///::::::::::::|。Lj
.       〈:::::::∧:::::〈:::::::::∧ | | |:::〃::::::::厂>///::::::::::::_∨
.       /:::::::::∧::::::\:::::: ! !ハ.| / ̄ ̄`///  ̄ ̄ ̄
..      /::-=ニ二}:::::::::::\::| / |/   _.///ヽ
..       〈::::::::::::::::八:::::::::::::::}i〈 _ノ ./ ̄///   .、
.        \::::::::::::::::\ ̄ ̄ ̄  {_///!      }
.         \::::::::::厂 ̄`ア>、 ///__ノ     /
.           \_/{K__j三ソ "// ̄      ./-、
        <´{     〈\.///     , <´///∧
    <´////∧.     \\/      //////////!
   //////////∧     \〉       ////////////|
... //////////// \          /////////////|
. 〈///////////r一 ` < ___> ´ ̄¨{/////////:!

961 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:31:45 ID:xE1c7r8g0

                  _, ---──---- 、 __
               ,.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::二ニ=-
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: .::::` -、
            /:::: :::::::::: .::::::: :: :: ::::::::: ::::::: ::: ::: .::::::::ヽ、
            /::::::::  .:: .::::::::::: :: : :::::: :: :::::::: :::::: ::::::::::、-`;_、
           ,':::::::::: ::::: :::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:、    うわぁ~おっちゃんとおばちゃん達、何しに来たの?
           j::::::::::::::::::::ヽ::iヽl‐ヽト、:::i::::::::::::l::::l:::::::::::::::::::::::゙:、
           {::::,r'|:::::::::::::::ヽィフテミヽi、:::::::ハ从:::::::::::::::ヽ::::',
           |ハ{ |:::::::::::::::::',┴-<    ',:::l'rテlィ::::::::::::::::| ヾ:、
            ';ハ`::::|:::::::::::::ゝ      ',l ヒ_j_|::::::::::::::::|
             jハ::jヽ:::::ハ::i       >  j:|::::::|:::|::::i
            __|_\i ヾi   、--‐   /::lヽ:::iヽiヽi
             /     ̄ ̄ ̄7  ヽ=' /リヽi ヽi
          _∠        /` 、 _ ,∠__  ゙  ゙
     , -‐' ´  ヽ.      ∧ニ{     _,7|
  ,- '       ..:::::::' ,     / y´ , -' ´   |
/      .::::::::::::::::::::',    /フ_, -'´\     .|__
` 'ー-、  ..:::::::::::::__ ヘヾ',   /:::::::::::::::::::::::`、  |:::ヽ
   { \.:::::::::::::://::::ヽヽ',  ,ヘ:::::::::::::::::::::::::::::ヽ ',::::::::



                                ___
                       . : :´ ̄ . : : : : ̄`: : . 、
                         /   . . . . : : : : : : :.:.:.:.:.:\
                   /  . . . : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.: : .、
                    , ′ . . . : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:. : :、     お・・・おば・・・
                 /  . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.: : : '.
                   / . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:.:.:.:.: : : : '.
                     /  . . : : i、: :、乂: : : :{: : : j!: :.ノ: :!:l:.:.:.: : : : :'.
              / . . : : : :从乂:>、`ソ ゝ:ノノイ__ノイノ:.:. : : : : '.
              // . : : : : :,小 弋,ェァ,ゞ、 /,xェァ才 从:.:.:.: : : : : :'.
              // . . : :/ . いヘ         :     ムノ:.:.:.:. : : : : :'.
.           // . . . : ://  . : : |:.ヘ      、;     / N:.:.:.:.:.:.:. : : : :.',
           ヽ . . : : // . . : : : :Niハ.       ij  /:.:.|:.:.:.:.:. i!.:.:. : . . :.'.、
             \. //:/ . : : : : :|:.:.: \  ⌒   ,.イW/ :.:.:.:.:.:|!:.: : : : . . .:ゝ
              ヾ.:/   . :i : : :i|:.:.:.:.:.:|  、 _ イ!.:.:.: |i:.:|i:.:.:.:.:|!i:.:.: : : /
               ` <. i|: : :.i|:.:.:.:.:.:|      |.:.:.:.:|i:.:|i:.:.:.:.:|!::> "

962 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:31:57 ID:xE1c7r8g0

               ____
             /       \      お客さんに失礼だお、ちょっとあっちに行ってろお。
           /  ⌒   ⌒  \ 
          /  (●) (●)  \   あ~うちのガキがすみませんお。
            l    ⌒(__人__)⌒    l    
          \     `⌒´     /   なんでも、大阪から来られたとか。
          /              \


        _  _,.. ---ー--- ..,,
       ゞ‐'´         `ヽ、
      /               \
     , '            ,、      ヽ
    /             ハヘ i      ヽ      はじめまして、三田村四郎と言います。
   !            /ノヽ ヽィ、      ',
  l         ィニ'.,´_  ヽ ヽヽ ヽ   ',     大阪の労働組合で労働運動をしてまして・・・
.  {        /'1' ,.-r:cテ=ー ヽ_ーヽ   }
  ',          !   ー`=    r'1;Pj`リ  l     今日はちょっとお願いありまして来ました。
   }         {  ''      ヽ ー f'  /
  i         、ヽ_      r_ィ'  i´ /
  1     ri   ヽf    ー---    !ノ
   ヽ     ヽ、_,,. ノ      -     / ゝ
    ヽ、   `フ'´ ヽ _      / l´
     ` ー-,-'-―‐、 ヽ ` ー , _ ィ , ‐'
    rー '´     |l_`_-__!ェ '_´,, -、

963 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:32:12 ID:xE1c7r8g0

               ____
             /      \
           /   ⌒   ⌒\     ん?そちらの女性は?
          /   ( ●) ( ●)ヽ
            l      ⌒(__人__)⌒ |
          \     ` ⌒´   /
          /             ヽ


           _.,..、:-:─:-..、、
           /:::::::::::::::::::::::::.:::`:ヽ.
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:、
      ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',      九津見房子と申します。産児制限運動の事でお願いがありまして。
.      /::::::::::::::::::::::ヘノ!::::|::::::!::::::|:::!:::}:::i:::::}
    /:::::::::::::::::::::::::::厂 ≧rx|::::::j:/:イ:ノノ:イ      私達も4人の子供を養ってまして・・・
   /:::::::::i:::::::::{こj::::i 弋ニセゞ、イイfアイ::::::\
 /:::::::::::::i!:::::::::じイ::::|      {  /::::ヽ::::::\   「山峨女史家族制限法批判」の原稿をお貸しいただきたいのですが。
 \:;イ::::::i!|::::::::: ゝj:::::!       ゝ /:::::!:.::ヽ:::::::::>
   '<::il:|:::::::::::::;:!::::j    -─ , ′::::!::::::::ト/   それを、大阪の労働者教育用に配布したいので。
     ヽi;;;;;;;;;;;;;j'"´ \    /::::|::::::>'"´
  ,.、rーへへ/´;;\      トニ´__"´         研究者用じゃなくて労働者用に印刷したいんです。
/´ ̄`ヽ;;;;\\;;;;;;;;`ヽ、 !\;;\;;;\__
;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ;;\;;;\\;;;;;;;;;;;;`ヽ、__>;;;;ヽ;;;;ト;;`ヽ、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;\;;;\\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ::::l;;;;ヽ;;;;;`;,,、

964 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:32:26 ID:xE1c7r8g0

..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)     別にいいけども、印刷する余裕が無いお。
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |   印刷会社が引き受けてくれると思えないお。
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ


            ,.....:.:´:.:. ̄.:.:`:.:...、
           ,...::´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         .′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{    それならご心配なく。
          }:.:.:.:.:.:.:.:.:八丶:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
       {:.:.:.:.:.:.:/リ  丶\\_:.:.:.:.:.:.:.:.}    労働組合の労働者には
        {:.:.:.:.:.iリ―-::.__ __..::-─ヽ:.:.:.:.:.:}
        八:.:.:.:.ト.弋歹   弋歹 リ.:.:.:.:ノ    印刷工もいますから。
        ヽ:.::.` ゙   ,|    ゙゙  ;:.:.:./
         ミ:.:.   〈 r     .':.:.:{_
         <;;;;;:、  -―-  | i><
        /  {ゝ:.、     .. | i     `}
.        ∨   i三ニ≧≦ニ:| i    .′
         ∨   |三三三三:| i     ;
          _V  {トミ三ニ彡ノノ   ,∠

965 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:32:36 ID:xE1c7r8g0

                            ___
                   . : :´ ̄ . : : : : ̄`: : . 、
                     /   . . . . : : : : : : :.:.:.:.:.:\
               /  . . . : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.: : .、        それとやる夫先生。
                , ′ . . . : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:. : :、  
             /  . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.: : : '.       労働者は多産に苦しんでいて
               / . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:.:.:.:.: : : : '.   
.              /  . . : : i、: :、乂: : : :{: : : j!: :.ノ: :!:l:.:.:.: : : : :'.      深刻な問題になっているんです。
          / . . : : : :从斗--:、`ソ ゝ:ノノイーノイノ:.:. : : : : '. 
          // . : : : : :,小 x===、   ,x==ミ、从:.:.:.: : : : : :'.     やる夫さんも私達の仲間に加わっていただいて
.       // . . : :/ . いヘ. .:.:.::::   :  ::::.:.:.. ムノ:.:.:.:. : : : : :'. 
.       // . . . : ://  . : : |:.ヘ      、;     / N:.:.:.:.:.:.:. : : : :.',    労働者向けの産児制限運動をしていただけませんか?
       ヽ . . : : // . . : : : :Niハ.    、 ___,    /:.:.|:.:.:.:.:. i!.:.:. : . . :.'.、
         \. //:/ . : : : : :|:.:.: \        イW/:.:.:.:.:.:.:|!:.: : : : . . .:ゝ  産児制限は労働運動にとって重要なんですよ。
          ヾ.:/   . :i : : :i|:.:.:.:.:.:|  、 _ イ!.:.:.: |i:.:|i:.:.:.:.:|!i:.:.: : : /  
           ` <. i|: : :.i|:.:.:.:.:.:|  ____   :|.:.:.:.:|i:.:|i:.:.:.:.:|!::> " 
                 ` <:_i|!_:.:.j / /⌒ヽ! :.:.:.|i:.i|i> "´
            ___......,,,,r≦≠=Y  ,/⌒ヾ) ≦<,,,____
          ,イ//////////ハ、、 |   l´⌒|  ,∠////////ハ、_
.        ///////////////ハ、 |   l_つ !,.イ/////////////ハ


            ___
          / ⌒  ⌒\   __
        / (⌒)  (⌒) \〈〈〈 ヽ
      /   ///(__人__)/// 〈⊃  }
      |   u.   `Y⌒y'´     |   |      オッケーだお!やる夫もそう思ってたんだお!
     \       ゙ー ′   ,/   /
     /⌒ヽ   ー‐    ィ     /       仲間がいて、本当心強いお!
     / rー'ゝ           /
    /,ノヾ ,>         /
     | ヽ〆         |

966 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:32:49 ID:xE1c7r8g0

┌──────────────────────────────────────────┐
│この二人は、左派の「労働総同盟大阪連合会」の                               .│
│通称「野武士組」と称する一員で、後に日本共産党の幹部となるが、それはまた後の話である。   ...│
│やる夫は労働組合や労働運動の指導者とは無縁の生活を送って来たが                 .│
│これが本格的な初めての接触だと思われる。                                  .│
└──────────────────────────────────────────┘

               ____
             /      \
           / ─    ─ \    とうとう、労働組合の連中が来たかお・・・
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |   しかも二人はかなり過激な左翼闘志だったお・・・
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \   やる夫が今まで付き合ってきた学者連中とは違うお。

967 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:33:26 ID:xE1c7r8g0
┌────────────────────────────┐
│1922年(大正11年)12月                           .│
│アインシュタインが来日し、京都に滞在していた。           .│
│そこをやる夫と安田がアポなしで訪問したと記録に残ってる。   ....│
└────────────────────────────┘

               ____
             /       \      アインシュタイン教授
           /  ⌒   ⌒  \
          /  (●) (●)  \   教授の友人のニコライ教授の「戦争の生物学」を
            l    ⌒(__人__)⌒    l
          \     `⌒´     /   やる夫は許可を得て翻訳してます。序文を書いてもらいたいんですお。
          /              \



        ,/   ,..:::=ー,..:-=-::、
        (( 、、_/ i'´ / _....,_ `ヽ
     、ヽ ミゞ ゝ ヽ/ ; r','"⌒~^'ー::、
      ''=,ミ -- ' ^ ~ ^ ニ _ ^ヾー-:、 ミ:、
     ∠./,:=ニニ - 二 =ー::、 ^ ミ 、 ー
  ,.::-=ニ'レ,.:--‐   ー--:: 、ヽ ヽ ミ ヾヽ        ニコライの?
 / , ,.-‐i ;::::::-、  !  .;:::::;;;::;、 ; ヽ  ミ  、ヽ、
  〃 ./'i ,,:=:, 、   _ ,:=::.、  .;   ニ  ヾミ、_       じゃあ、書きましょう。
  ,!  i l,γ @> ゙:.  .: k @ ミ:、 .i ,:-'   、^ミ=-
  ノ.  !,tゞニ彡'ノ : . ^ミ=ニイ、、  彡ソヘ ヾヽヽ、
/   . レ   /  :. '-、     :,  / ,ソミ:、 〉 )
     | / /ゝ、_ノ..,)ヽ   、 l  i /ヽヾ j λ
     ! ヘノ/ノ川 !.ヘヾ、ミ、 i  :l  ハノ .)ノ人 ヽ、
      !.i^'=ァ~'T''⌒ナヾヘ !  i /`´
      ヽ、`l  ;  /,/ / ./ノ
        ヾ、i. ;  〃゙  / ,.ノ'´
         ヾゝi_,ノ   ノ/
         ヽ、_,,../゙

968 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:33:41 ID:xE1c7r8g0

┌───────────────────────────────────┐
│戦争は無意味であり、而してその戦争を防止するための                ...│
│                                                    │
│或る国際組織が必要であるという信念を普及する事が                  │
│                                                    │
│今日の政治的著述のもっと重大なる任務であると私は考える。            ....│
│                                                    │
│この見地よりして、私は衷心より本書を普及を悦ぶものである。           ......│
│                                                    │
│本書がかかる問題に対して実に多方面な深刻な刺激を想起し得るものであり   .....│
│                                                    │
│歴史によって累積したるしぶとい偏見を打破するに適した著述であるが為に。     .│
│                                                    │
│                                                    │
│1922年12月10日 京都みやこホテルにて アインシュタイン               .│
└───────────────────────────────────┘

969 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:33:54 ID:xE1c7r8g0

       ,r::::::....   ヽ:::, -── - 、:::ヽ::.ヽ ヽ
        |   ,' .: :, ‐'         ヽ::ヽ:}i: l    アインシュタインはやる夫の代表的な翻訳著作である
         !:::...i/ .::/         , -―ヽ:i::! !: !
      │  { ..:::|   __    '    リレ!| !l    ニコライの「戦争の生物学(上巻)」の序文を書いたんだよね。
       | i .:ヽヘゝ´   `     イかリk|:: |:| !
       !| | { |`ー ,イ丞テミ    弋zソ '|::: !i !    ちなみに、下巻はやる夫の死後に発売されてます。
      .!|.:|!::ヽ| ::|`弋zソ          !:: |::|l
       l !::!..::::::| ::|.、    t ― v7   !::. !=' ニニ≠ 、
      ,'//_,. -┤ ::l..\   ` ‐ ‐'   /.!::: !‐'´ ̄ へヽヽ__
     // ィ二.| :::!:::...`>ー-   イ, .::!: |`!     ヾ=、、ヽ
    .///r'   | :::l::::::::...\     /.:: !:: |│     ,'  , ヾ `
    / ' /丶:  | :::|   ::....ヘ  /  .!::: | .|    / /
  /‐'´   \:. | ::::!    ,, =、 > l〃~|:::: !.┘  / '


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/0°   ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{\    /リ| l │ i|   このドイツ人のニコライって人とアインシュタインは
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   ヨーロッパ平和のための国際組織を作るべきだとした
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│   「ニコライ・アインシュタイン宣言」を発表してるにょろ
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |   これがEC・EU構想の先駆けと言われてるにょろ

970 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:34:13 ID:xE1c7r8g0

┌──────────────────────────┐
│1923年(大正12年)1月                        ..│
│「大阪産児制限研究会」を三田村・九津見とともに設立。     │
│各地で講演を行う。                          │
└──────────────────────────┘

| | | | | |                                                    | | | | | |
| | | | | |                 ┏━━━━━━━━━┓                   | | | | | |
| | | | | |                 ┃  会 演 講     .┃                   | | | | | |
| | | | | |                 ┗━━━━━━━━━┛                   | | | | | |
| | | | | |                                                    | | | | | |
| | | | | |                                                    | | | | | |
| | | | | |                    _________                   | | | | | |
| | | | | |                    |::::| |::::| |::::| |::::| |::::|                   | | | | | |
| | | | | |                    |::::| |::::| |::::| |::::| |::::|                   | | | | | |
| | | | | |                    |::::| |::::| |::::| |::::| |::::|                   | | | | | |
| | | | | |                    |::::| |::::| |::::| |::::| |::::|                   | | | | | |
| | | | || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| | | | |
| | | | ||                                                    || | | | |
| | | | ||  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧     _|| | | | |
      (     ) (     ) (     ) (     ) (     ) (     ) (     ) (     )
    ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧
    (     ) (     ) (     ) (     ) (     ) (     ) (     ) (     ) (     )
      ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧
      (     ) (     ) (     ) (     ) (     ) (     ) (     ) (     ) (     )

971 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:34:27 ID:xE1c7r8g0

        ./: /: : :/:.:./       ヽ:.i: : : : ヽ: : : ハ
       /: /: : :/: :/             i:i: : :ヽ:.:.i: : : : ::   この運動は成功し
       .′:!: : : {: :′          i:}、: : i|: :i:.i: : : :i
       .:/i:i: : : :|:{´ ̄`ヽ、     . ィ  ̄:.i|ミi:.|: : :.:|   朝日新聞と毎日新聞に社説で取り上げられる事になりました。
      .i:ハi:{: :.:.:.i.ヽ_ 、      ´   .V |: :i.:|: : : i
       .i:{i:iハ:.:.:.i,イ'示:えミ.       ィニ:示ヽ|:/:.:|: : : |   という事で、紹介しておきます。
      .i:{:,':i: :V小 {:r':.:.:.i      {r':.:.:.:i i}: : :.|: : : i
       λ:i: : iハ ヽニ:'        ヽニ:' .i: : : |}: : :i
      /: /i: : |: ::.        ’         /: : :.:|: :.:i:{
       /: /:.i: :.:|:i:八    「/ ̄ Y:i    ./: : : :/: : :i:.:.
     ./:.イ:.: |: : :i|: : へ   ヽ   ノ   .イ: : : :./: : : : ハ
    /:/..i:.:._|.:-‐|: : : i. ./:i .     . イ i/: : : /ヽ: : : : :ハ
    ,':イ . |イ{:::{  |: : : |. i ヘ `¨ ´  ' /: : :.;イ   }:ヽ:.:.ハ

972 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:34:43 ID:xE1c7r8g0

┌──────────────────────────────────┐
│この運動を起こさせる動機をなしたものは                         .│
│労働争議に於いて裏切った労働者が子供をたくさん抱えていたからである。   ...│
│この事実は欧米では以前から指摘されていた事ではあったが            .│
│わが国の労働者に認知されたのである。                         .│
│                                                  │
│産児制限には反対論がいくつかあるが                           │
│キツネがウサギの大家族を欲するが如く                          │
│資本家は廉い労力供給者の多からんことを望み                     .│
│坊主は檀家の多からんことを願い                              │
│軍国主義者は火薬に対する廉い命の多からんことを欲し              ....│
│さらに政治家は投票者数の頭数の多からん事に腐心している。            .│
└──────────────────────────────────┘



    ∧_∧ 
   (*@∀@)      ようは、労働者に産児制限の必要性を説くことが大事で
   _(つ   φ_     
  |\ .\三\[=]\   避妊の実際の方法を教授する必要がある。
  | .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |   
.   \|  朝日新聞 |

973 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:35:02 ID:xE1c7r8g0

┌─────────────────────────────────────┐
│東京は中産階級を目標に運動しているが                             .│
│大阪は無産階級(労働者)を主体にし、5万部も本をばら撒いている。            .│
│この大阪の運動対象の質といい、宣伝の量といい、由々しき事態である。         ..│
│                                                     ...│
│堕胎や嬰児殺害は罰せられる法社会である。                         ....│
│その「一日の長」である避妊が有識者によって宣伝される事は真に不思議である。    .│
│堕胎や嬰児殺害を取り締まる法から言えば、避妊も当然取り締まるべきである。    .....│
│吾等(毎日新聞)は警察を使って取り締まれといってるのではない。            .....│
│反対運動によってこの運動を取り締まるべきである。                       │
│                                                     ...│
│子供は宝である。養育できぬから産まぬなどおかしなことである。               │
│大学に行かなくたって、子供はまともな大人になる。                       .│
└─────────────────────────────────────┘


    ∧_∧     
    (´ m `)         吾等は自然の法に反するから運動をするなとはいわないが
   _(つ   φ_    
  |\ .\三\[=]\     あまり奨励すべき運動ではないと考える。
  | .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |  
.   \|  毎日新聞 |

974 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:35:22 ID:xE1c7r8g0

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、  て
             / /" `ヽ ヽ  \ て
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{\    /リ| l │ i|     朝日と毎日が対立してる!?
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│     なんで!?
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


              _.............._
            _ ,..:':´::::::::::::::::::::`ヽ、
        ,..:'´:::`:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.
.      ,:':::::::;::::::::::::::::::::::::_:::::`ヽ、:::::::::::ヽ     この社説の対比から
       /:::::::/:::;::::: -一 ´ `ヽ::::::ヽ:::::::::::ヘ
     /:::::::/::/        ___ヽ:::::';::::::::::::ハ    朝日がリベラル、毎日が保守というのがわかるらしいんですが
    ;::::;:::::|:::| ,.-一-    ´  ヘ:ハ:l:::::::::::::ハ
     |:::l::::::l:::|   __      ,.ィ={トjハ::::、::::::::l   この文章を比較するとそう思うよねぇ~
    l::ト.:::::ヾl、.ハ::::::ヽ     ト.::::::|` |::::|〉:::::::|
    ヾ: l::::::::ヘ.  vこノ  ,   ヽツ ハ::::|:::::::::|    朝日が社説書いたので、あわてて毎日が反対の事を書いた
      `l:::::::::ヘ、`¨´  _..、   /'::::::!::::::::::、
        |::::::l::'‐ヘ、  「  `'|   ,.-'、:::::::|::::ヘ:::ヘ   とも、考えられますけどね。
       |::::::|:::::::::`::-、_` ー '_..イ   l:::::::|::::::ヘ::::ヘ
      ,:::::::;!::::::::::::::::;::ヽ`¨´  |  |:::::::ド-、::ヘ::::ヘ
      /::::::/:::l::::::_;r'  |  _, ヘ  ー-'、  `‐ヘ::::ヽ
      /::::::/::::l;r' /,、 /´ /  ノ   ,   ー、  ヽ:::::ヽ
.    /::::::/::::::! // l ∧  | /   / /    ヽ.  ヽ::::

975 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:35:37 ID:xE1c7r8g0

        ./: /: : :/:.:./       ヽ:.i: : : : ヽ: : : ハ
       /: /: : :/: :/             i:i: : :ヽ:.:.i: : : : ::
       .′:!: : : {: :' _             i:}、:_: i|: :i:.i: : : :i      ま、今回はここらへんでお開きです。
       .:/i:i: : : :|:{   `ヽ、       . ィ '. :.i|ミi:.|: : :.:|
      .i:ハi:{: :.:.:.i.ヽ_ 、\   /    .V |: :i.:|: : : i      次回から怒涛の展開が待っています。
       .i:{i:iハ:.:.:.i,イ'示:えミ.       ィニ:示ヽ|:/:.:|: : : |
      .i:{:,':i: :V小 {:r':.:.:.i      {r':.:.:.:i i}: : :.|: : : i      もう、やる夫の寿命はあと6年ですしね。
       λ:i: : iハ ヽニ:'        っ:.:./ .i: : : |}: : :i
      /: /i: : |: ::.        ’     `¨´ ./: : :.:|: :.:i:{
       /: /:.i: :.:|:i:八     . --、      ./: : : :/: : :i:.:.
     ./:.イ:.: |: : :i|: : へ          .イ: : : :./: : : : ハ
    /:/..i:.:._|.:-‐|: : : i. ./:i .     . イ i/: : : /ヽ: : : : :ハ
    ,':イ . |イ{:::{  |: : : |. i ヘ `¨ ´  ' /: : :.;イ   }:ヽ:.:.ハ
    {:i /. i.|::::| .|: : : |. |        /: : :./:.|   i:::::|. 〉、:',
    |:i { / i.|::::| .|: : : |. |、      /: : : / : |   /::::// }:.i


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ       え?何が起こるの?
         〃 {_{\    /リ| l │ i|
         レ!小l○    ○ 从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ         j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

976 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:35:50 ID:xE1c7r8g0

.      _______________________________
     |┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓|
     |┃                                              ┃|
     |┃  京都で大事件が起きて                              ..┃|
     |┃                                              ┃|
     |┃  やる夫が大学から追放されて、無職に逆戻りになるんだよ・・・    ..┃|
     |┃                                              ┃|
     |┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛|


                              ,.ィ=t.、 i! i! i!. ,.ィ=t.、
                         | | | |_i!i=i!i=i!i_| | | |
                         | | | | |!l>=<l l | | | |
                         | | | | |<:○:>| | | | |
                         | | | | |!l:TT:l!| | | | |
                         | | | | |!| | | |i| | | | |
                         | | | | |!| | | |i| | | | |
            i‐┬┬┬┬┬┬┬┬:| | | | |!| | | |i| | | | |
            |‐┼┼┼┼┼┼┼┼:| | | Eヱ夲オヨ | | |
.         ___|‐┼┼┼┼┼┼┼┼:| | | | |_i_从i_|_| | | |
        |E|   |ヨ|‐┼┼┼┼lニニニ二:| | | | | |!| |i| | | | | |二ニニニl
        |E|   |ヨ|‐┼┼┼┼`△     | | | | |_|!|_|i|_| | | | |    △´
        |E|   |ヨ|‐┼┼┼┼‐| |_.il._.i!_.| | | | |_|!|_|i|_| | | | |_.i!_.il_.| |
        |E| lニニニ二二二二| | |i| |i| i| | | | | |!| |i| | | | | | |i| |i| | |二二二二ニニニl
 lニニニニニ二△    △.    | |_|i|_|i|_i| | | | | |!| |i| | | | | |_|i|_|i|_| |     .△    △二ニニニ
 r┤.i! i! r=i   | |_i!_i!_| |_i!_i!_.i!_| |_|i|_|i|_i! | | | | |!| |i| | | | | |_|i|_|i|_| |_.i!_i!_i!_| |_i!_i!_| |  .r=i. !
 | .|_|i|_l|_| |_i!_ .| | i! i! | | || || ||..| | |i| |i| |r=ffli==、r==t==jj=i| ̄|| |i| | |..|| || || | | l| l| | |. _i!_| |_|
 | .|_|i|_l|_| |_||_|.| |_l|_l|_| |_||_||_||..| |_|i|_|i|_|. |l l|  |.l  l.|  |l l|  ||_|i|_| |..||_||_||_| |_l| l| | |. _l|_| |_|
 | .| |i| l| | | || |.| | l| l| | | || || ||..| |_|i|_|i|_|. |l l|  |.l.,.、l.|  |l l|  ||_|i|_| |..||_||_||_| |_l| l| l木木木. |_|
 | .|_|i|_l|_| |_||_|.| |_l|_l|_| |_||_||_||..| | |i| |i| |. |l l| /.:: \ |l l|  || |i| | |..|| || || | | l| l.z木木木木.|
 | .|_|i|_l| | |_||_|.| | l| l| | | || || ||..| |_|i|_|i|_|. |l l|〃.::::::::::::ハ.|l l|  ||_|i|_| |..||_||_||_| |_l|z木木木木木
 | .| |i| l| | | || |.| |_l|_l|_| |_||_||_||..| | |i| |i| |. |l l|{{::::::::::::: : }}|l l|  || |i| | |..||_||_||_| |_林林林林林林

977 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:36:01 ID:xE1c7r8g0


        __     ______,00     ,勹
       └‐¬ |    └‐¬ |     く..く 
         l二ノ .     l二ノ.      \)



                                    .

978 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:36:16 ID:xE1c7r8g0
ここまでの年表

1889年(明治22年)0歳 やる夫誕生

1894年(明治27年)5歳 宇治の花屋敷に移り住む

1901年(明治34年)12歳 神戸中学に入学、半年で中退

1904年(明治37年)15歳 東京で三ヶ月の園芸修行

1906年(明治39年)17歳 大隈重信邸で半年間園芸修行

1907年(明治40年)18歳 カナダへ渡航

1908年(明治41年)19歳 カナダで農地開拓 漁業をする

1909年(明治42年)20歳 小学校入学  ユニテリアン教会に入会

1910年(明治43年)21歳 ハイスクール入学 生物学者を志す

1911年(明治44年)22歳 12月 日本へ帰る

1912年(明治45年)23歳 4月 同志社普通学校4年に編入学
    (大正元年)   12月 竹久夢二と会う。正月、花屋敷に逗留させる。

1913年(大正2年)24歳 7月 丸上千代と結ばれる

1914年(大正3年)25歳 3月 同志社普通学校を卒業
               6月 丸上千代と結婚
               9月 第三高等学校入学(現:京都大学教養学部)
               11月 長男・英治が生まれる

1915年(大正4年)26歳 7月-9月 南洋修学旅行(トラック・グアム・パラオ・アンガウル)

1916年(大正5年)27歳 11月 次男・浩治が生まれる

1917年(大正6年)28歳 7月 第三高等学校卒業
               9月 東京帝国大学動物学科入学

1919年(大正8年)30歳 3月 三男・繁治が生まれる(生後七ヶ月で養子に出される)

1920年(大正9年)31歳 7月 東京帝国大学卒業
               9月 京都帝国大学大学院に籍を置く(翌年、講師兼務)
                   同志社大学予科の講師になり「人生生物学」を教える。
              12月 腸チフスで翌年1月まで入院

1921年(大正10年)32歳 4月 長女・治子が生まれる

1922年(大正11年)33歳 3月 マーガレット・サンガー来日
               4月 「山峨女史家族制限法批判」出版
               10月 次女・美代が生まれる
               11月 三田村四郎・九津見房子と出会う

1923年(大正12年)34歳 1月 大阪産児制限研究会を発足させる

1929年(昭和4年)39歳 暗殺

979 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/04(日) 21:37:00 ID:xE1c7r8g0
今回もありがとうございました。
次回から大変な事になりそうです。

980 名無しのやる夫だお 2012/11/04(日) 21:51:39 ID:KtG5TXRc0

これからやる夫の周りがキナ臭くなるのかな

981 名無しのやる夫だお 2012/11/04(日) 22:14:19 ID:23oruCnI0

毎日のほう、泥縄感がパないね

982 名無しのやる夫だお 2012/11/04(日) 22:31:15 ID:tO2IdIU.0
乙ですー
あと6年しかないのか……激動だなあ

995 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/15(木) 13:18:14 ID:xZBIEoYg0
        , ──-  、
     /)/______\
    /  三) //⌒ヽ - 、! っ
    / ノ |─|   ((|、   |  っ ドラえもん~社会党が分裂しちゃったよ~
  /  /⌒ #ヽ、   |))   !
  |  ヽ_ /⌒ヽ ̄ ヘー く
(( ヽ/\l |   `~~、__ つ
   \  |ヽ` ─~~、
     ヽ \/ (ヽ∩ ̄
     |   三_  \ ))
   (( |____\_ )

996 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/15(木) 13:19:03 ID:xZBIEoYg0

      ,  ─── 、
   /   /⌒  ⌒ヽ\
  /    , ┤  ・|・  |-、ヽ
 l  /   ー ●ー    ヽ  のび太君、君がリーダーシップを発揮しないからだよ
. |  /  三   |  三  | _
 | |  /⌒\ __|_/^ヽ l(__)
 ヽヽ ( ______ / / /
  >━━━━,-、━━イ /
 /    /    ヽフ  ヽ  l/
( _)  |  ____ | |
  l  ヽ ヽ _____ ノ ノ l

997 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/15(木) 13:19:26 ID:xZBIEoYg0
           , -──- 、
       ゝ/ ______\
        /   | / - 、 - ヽ!
.        |   |  /     |   |   いや、ドラえもんのせいだろ
       ヽ   |─|    ‘|‘   |
        /⌒` ` ー   ヘ ー l
   ( \  ヽ_   /⌒ー──つ
    (ヽ ヽ/ ) \ ヽ __//
   ( )'   ノ   /` ──く
    ` ー、  ` ┬´ \/ \/ヽ
      \._|_ノ      |_|
           |         | |

998 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/15(木) 13:21:43 ID:xZBIEoYg0
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌─────────┐
│社会党結成大会    │
└─────────┘

                      /
                    /
                       ` ー
                       _,.>
                      r "
  天皇陛下万歳!        \    _
                         _ r-''ニl::::/,ニ二 ーー-- __
                     .,/: :// o l !/ /o l.}: : : : : : :`:ヽ 、
                   /:,.-ーl { ゙-"ノノl l. ゙ ‐゙ノノ,,,_: : : : : : : : : :ヽ、
               __l>ゝ、,,ヽ /;;;;;;;;;;リ゙‐'ー=" _゛ =、: : : : : : : :ヽ、
              /  _________`゙ `'-- ヾ_____--⌒     `-: : : : : : : :
...-''"│    ∧  .ヽ.  ________   /   ____ ---‐‐‐ーー    \: : : : :
    !   /   .ヽ  ゙,ゝ、      /  ________rー''" ̄''ー、    `、: : :
    .l./     V   `'''ー-、__/__r-‐''"゛     ̄ ̄   \   ゙l: : :
                   l     .,.. -、、 _ ‐''''''''-、    l   !: :
                  |   /    .| .!     `'、  |   l: :
                      l   |     .l,,ノ     |  !   !: :
                       / '゙‐'''''ヽ、 .,,,.. -''''''''^^'''-、/  l   !: :
             r―- ..__l___    `´            l   /   /: :
                \      `゙^''''''―- ..______/_/   /: : :

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

999 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/15(木) 13:22:21 ID:xZBIEoYg0
      ___
   /   ____\
 ゝ/     | ノ/⌒ !
  /     |_|  .|    こんなこと行ったら、左派が逃げちゃうでしょ!
  |   /^`u ,ヽ_ ノo
  ヽ  ヽ  /⌒\_つ
   \/  |
    ヽ  `──,  ( )二l
     j二二ヽ ̄  / `-ノ
  /⌒     l ̄「  /
 /\/    |‐┴-´
./  / |       l

1000 ◆YTHZ6/xn/k 2012/11/15(木) 13:23:23 ID:xZBIEoYg0
              ____
           ./, - 、, - 、   ̄ ヽ
          ./-┤ 。|。  |――-、 ヽ
           | ヽ`- ○- ´ /  ヽ  |       Fuck You ぶちころすぞ左派め・・・
           | -   |     ―   | .|
           |  ´  |    `ヽ   |  |ヽ
  ∩      人`、 _  |    _.- ´ | .|  \
  |  ⌒ヽ /  \  ̄ ̄ ̄     ノノ       \
  |      |´      | ̄―--―― ´ヽ     _  /⌒\
  \_   _/-―――.| ( T )      `l     Τ(      )
       ̄       |   ̄        }     .| \_/
             | 、--―  ̄|    /


即興で作った埋めネタ終わり 1000!

7 名無しのやる夫だお 2012/11/15(木) 13:30:11 ID:hi4XBk6Y0
埋め乙
社会何やってんだw

8 名無しのやる夫だお 2012/11/15(木) 18:36:09 ID:OLScPO4w0
埋めネタワロタw
けどこの矛盾して見える右社の存在って、後の安定した政党政治で結構重要だよね

□ 衆議院議員のやる夫が暗殺されるようです 第六話
目次 イントロダクション キャスト 予告 初回 CM 前回 次回
関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

極門散人

Author:極門散人

Twitterで更新情報や
与太話を呟いています

カテゴリ
最新記事
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
全記事表示リンク
人気ページランキング
ブログパーツ
アクセスランキング
リンク