嗚呼! やる夫道

やる夫系作品のまとめブログ

やる夫で学ぶ食卓の歴史 おまけ

□ 知識・学ぶ系 ヨーロッパを中心とした食器やテーブルマナーの歴史
目次 イントロダクション キャスト 予告 初回 CM 主要登場人物:やる夫 やらない夫 真紅 アザトース
114 ◆ePj4HRjxK. 2012/09/01(土) 21:17:54 ID:CmWjdCl20

 【おまけ】                                 r‐‐…‐v」 ̄ ̄└┬'¨`ヽ
                                       ____ノヽ.    { i      |   (_}_r 、
                                       /  \     .{      l    | }  \
                                     _〕 \   \   `    |   | }  <!
                                 /⌒ヽ   \  ヽ        l   |   | `¨ヽ
                                   }    \      -‐…・・・…‐- 、  |   ' ∧
                                /`ー         /  .′        \ | / / |
                                  {.        /    /            ヽ  /  :|
                                  {     /    ,′ /                、   |/ヽ
                                   〕二ニ /    , i        i       ∨`¨!   } _____
                                 {     /      |  i {   !  l |         i  !  ,/ ___}::}
                                 └ 、_   ,   / :i |  | {   !  l |  }     |⌒i.l  {/    /:/
                                    } i {   i: 十 |‐-| {   !-‐l 十‐.}      |._/|.|/二二二二ノ
                                 「¨¨| {   |l | :l|  |    :|  | |  } i    ヽ |.|  ,/ {
                                 {_r.、| {   |!从八,,人  \从人,ハヽ}、|    /  :}/ /  :{
                                   }| {   lr 笊云  \ | '¨笊云ミxИ/}//⌒ヽ/{  {
    おつきあいいただき、ありがとうございました      >r'勹¨ヽ 夊,ツ    `   .夊_ツ l ' |:{. Y它} :{  {
                                   //.{¨。{  } :.:.:.:.:.       .:.:.:.:.:. |   l|:{戈彡'  {  {
                                      /{ { } :{        ′         ,!   l!  ̄     {  {
     ここからはおまけよ                    .乂i,/ /{  }`     ー  ‐     ´l  l|      {  {
                                        / / :{  }   >  ___ . <_____|  l|       :{  {
                                    / //{  }¨¨¨>=乞辷 、'¨¨ ̄  :|  l|\    :{  {
                                      /  <  :{  } /{Y´__ r‐ { ヽ'⌒) :|   /.  〉    {  {
                                  /  l∧ {  /,/ :{ !丈包}/ヽ 〉‐  | ,/  ,/\    l  {
                                    /   { { :{/ :{  {ハゝー 」`ー ./    | /  {   }   {  {
                                /  /  | ./   夊_>、_辷___彡'     .{'\  }  }.  :{  {
                                  /     /_______ / ,/ ∧  \   \ `   ._   {  {
                              /    辷___彡' / / /     \    >──'  、 {  {
                                /      / //   / / /   ヽ      //.       寸  :{
                            /       {//.l     .′/ /     \  辷 ニ二二〕    ヽ {

115 ◆ePj4HRjxK. 2012/09/01(土) 21:18:27 ID:CmWjdCl20

 【このスレについて】

           / ̄ ̄\
         /   _,ノ `⌒
          |   .( ⌒)(⌒)
.           |    (___人__)          ヨーロッパ圏を中心に、ふだん慣れ親しんでいる
           |        ノ
            .|        |           食器やテーブルマナーの歴史を紹介する
            人、       |
        ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ            文化史系の歴史・学ぶスレだ
  ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
/..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. \、_        設定や登場人物は>>1の前作
::::::::::.\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ヽ
:::::::::::::...ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...ヘ、     『やる夫で学ぶヴィクトリア朝イギリスの立ち食い飯屋』を
:::::::::::::::::...ヽ::::::、-─────- 、_,. --──ー、
::::::::::::::::::::::::::::// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー´ ̄ ̄ ̄ ̄/   継承しているので、お時間があればそちらもご覧いただくと
::::::::::::::::::::::::://         / /      /
:::::::::::::::::_//__        ./ /      /l.    ストーリーの流れがつかみやすいと思う
:::::::::::::::{ _____  `ヽ     / /      /:::.l    
::ー::::::{ _____}`'ー'´    ./ /  // ~""''' ‐- ...,,_
:::::::::/  _____}      ./ /   //         //  /
、::::/   ____}     / /  //         //  ,/´)
:::::/ ̄ ̄ ̄ヽ     ./ /  //         //  L,.-'´}
/       ヽ─-、./ /,.ー//         //  ,.-'´ ./
l         ヽ::::::::::::::::::://         // / ̄ ̄ ̄ヽ
          ヽ:::::::::::::://         //,./       ヽ
           ヽ:::::::://         ,.</         l
            ヽ ̄~""''' ‐- ...,,__< //        /

116 ◆ePj4HRjxK. 2012/09/01(土) 21:18:59 ID:CmWjdCl20
                                                          ___ _
                                                        r<  __       ` 、
                                                    イヽ!  V !      \
                                                    从 o 0 o ノ        }` 、
                                                      /  ー‐一 _  ヽ    \ !  廴
                                                   ′' {  f    ) ⌒ ノ }  }  `ヽ
                             アザトース                イ { 人⌒     z==ミイ  '/、\  {
              とは言っても、ぶっちゃけこの子のことだけ         ./∧ \ }==ミ    ""/ / } ノ   ヽ
                                                  }/ \ 込""  、 ノ ._  {. ヽ    
              押さえておいていただければおkだと思うお  .       / (__ / . ヾ..___(/_ハ )   、 
                                                人__   { ソ:/       \.V ハ)    
                                              /    /  /⌒   ⌒    }  !     
              やる夫の家にあったボロい本を読んだら出てきた  .′  (_ 「イ/ (●)  (●)   ノ ノ ̄ヽ.:ハ
                                             .i  (  / /|    (__人__) r―'" .イ ヽノ 
              スパナチュな存在が、なんやかんやあって      l   ` .' 〉 \   `⌒´  ` ̄/   _ハ  、
                                              `V  , .__/   ー xォ  ⌒Y  .\  
              やる夫たちと一緒にいる、という設定だお       (__ _{´   ⌒ヽ    / /´    ∨.ノイ   
                                               }/ `ー‐1   }   { {      ∨    
                                               /     ゝ '    ゝ. \      ∨:|  


       ノ:. :. :. :. :. :. :. :. }
       f:./ ̄ ̄`丶:. :.ノ
..    へ_ノイ i| i| i| |! |! く_r┐
    7j::r'イ レiト!  |r'T j} k'´     前作と同じく、タイムスリップ関連の理屈付けを
   /イ::{ ル'┯┯リレ'┯┯lリヘ
  //{::f !| . l:::/    |::/ |!::イ '.     丸投げするためのキャラよ
 // 7|i人 u    _   ノff┤ :,
..f {  | |i | >-- -イ|  リ Vハ
/レ{  | K´  }:::::::::::::::Y くヽ 川    ・・・もう少しエレガントなガジェットはなかったのかしら
i/イ r'_≦ /:. 孑::::了}   〉 〉 イ|
{ l{   ̄ヾV:. :. :.  ̄:. :.i < く  !j     ポータブル式のタイムマシンとか
..V|   ___ノ 〉:. :. :. :. :. :. 〉 _)ノ イ

117 ◆ePj4HRjxK. 2012/09/01(土) 21:19:32 ID:CmWjdCl20

                                           ャ‐f白≧。
                                           r爪ーt痴ュト.
                                        /  ̄/7 ̄`ヽ \___      ____
                                     r…‐{{ }\/:∧  }:}./ ./`    ,ィ    ヽ  . /|
                                       ⌒ヽi∨  ∨  ヽ /  /   \   しシ'⌒i }  <.   ̄ ̄l
                                        _ォ゚}          ∧__⌒ヽ, \     | /    \| ̄ ̄
                                           /〃`゙^'''''゙,'''',''''゙''''"´\ 乂__) 〉  ゚。 ゚.。 | { 
                                       {/   〃   {ハ  ト   \_ノ    }    ハ
                                         /i|   {  ハ{  \{癶ミメ⌒ソ    乂_ / /
                           .             〔_|l | 从≠弍_ノ) 廴ソ `Y    〃   フ/
                 【■■、■■■■■?】          .|l | l|{廴メ     xxxx ( イ.|   { 〃⌒    ___
                                          |l | l|{(,xxx `___     八│   { {__丿 /  _   ̄フ
                           .            乂 l{乂_ノ) ゝ __ ノ   /   八  乂___ .′/ \_j`トy
                           .                ゝ{ハ{个o。  _____/  /  \_____彡
                                    - - 、    | ⌒Y´⌒ヽ   /⌒\   │ :.{│ 
           【このしょくしゅ、えれがんとでしょ?】   ● ●) ヽ   | _) { (__/ /   ⌒\ )¦ し' i}│  m
                                    (人__) u,ノ____乂___人___彡"         }{ {    :l } 〈 フ
            ・・・だってお                  l       |  ̄`ヽ   /             厂丶\  ∨   \
                                   (⌒)Jし(⌒ノ       \/          /   ) ヽ. ∧    ヽ




     __/⌒ヽ.
    /:::::::::::::::::::::!
.__  イ´ ̄ ̄ ̄`く
{:.:∨:} / \i   !/ ヽ
.7¨7 ム __ゝ ノ__ハノ     ホシ
│fミi:|   ∪ ∪ !   この地球の美的感覚では、絶っっっっ対に違いますっ
│ゞ1!    △   〉
│ |゙|ト、 ー‐r一i !
│ | ラ´ ̄{薔} ̄7
│ | {`ー  Ⅹ .ム

118 ◆ePj4HRjxK. 2012/09/01(土) 21:20:04 ID:CmWjdCl20

 【エクスキューズ】

                                                        / ̄ ̄ \ -、_
      ・・・さて このスレは学ぶ系を謳っている訳だが、                  _,ノ ヽ、__   / / ,〉、
                                                    (=)(= )/ ´/ /)
      そのためにはひとつ前置きしておかなければいけない               (__人_) {    , ' ´,/
                                                     '、`⌒ ´ u V __, <´
                                                      |     〈´/::::Λ
      現代からスプーン・ナイフ・フォークが失われてしまい、                |       ヤ::::::::::::::Λ
                                                     `ュ`ー─ー V::::::::::::::Λ
      その原因である「消えた“ご先祖”」を探しだす、                  /::::::::::::::::::::V::::::::::::::Λ、
                                                  _,.-/:::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::Vヘ
      もしくはレプリカで代替、というのが今回の旅の目的なんだが・・・  //.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::.∨}
                                               j :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::レ;
                                              i :::r ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉、:::::::::::::::::ノ
      実はこの設定、文化人類学の観点からするとまったく正しくない  i :::| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::-==::イ
                                              | :::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/


          υ-ヘvr,゚
        / 廴 c  !
       ,r'  .ン─ー_ _   ゙i
      ハ   !、 ((  )) 从
     {  { V       ○V
     八  (,从 ○     ソ 
    (  )   ) ))r'⌒)─r'⌒)
   (   )..   /  ─    ─\
   〉 (.  ) /    (●)  (●) \    ・・・いきなりスレの存在意義全否定かお
  (,   (  |  U    (__人__)   |
    ト 八 \   ⊂ ヽ∩     <     説明しろお
   .八 (   ) |  |  '、_ \ /  )
     〉 (   |  |__\  “  /
    (,   (,  \ ___\_/

119 ◆ePj4HRjxK. 2012/09/01(土) 21:20:36 ID:CmWjdCl20

                                              ー─--イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨  ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                                     /ー⌒ー(:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨  ヘ:.:.:.:.:.:.:.:
                                                  /        ̄):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨  ヘ:.:.:.:.:.:.:
                                                    /          (_;_;_;_;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ヘ:.:.:.:.:.:
     そもそも、器物に対して『先祖』という表現自体が不適切ね        /   ,/      /   ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:./ _ミ、:.:.:.:
                                .                 |   /      / l :| ノl(_;_;.:.:.:.:.:.{{ {包 }};_;_;
                                               |   |    |ノト八ノ从   | Τ ゝゝテ彡 } 
     生き物なら、親から子へ、という繋がり方は直接的かつ論理的よ  .Nl  |  | \从ノヽ /    | |  |   |' /  
                                               \|人|∨ ヘヽ ノ'     U | |  |   |__ 
     つまり、馬なら馬の化石を年代順に掘り起こしていった場合、       /  ⌒ヽ }/           | |  |   |/:/
                                                  |   `iーく        _,  | | /  /:.:.:.:ヽ
     一番下にある化石が今の馬の祖先である可能性は高いわ        _|   |/´f>  . /´    | |,/  /:.:.:.:.:.:
                                                    (厂〉   /:f:f:f:三:f:f三>----| |-─ ':.:.:.:.:.:.:.:.



    / ̄ ̄ \
  /  __,ノ 'ヽ、_
  |   ( ●) (●)                  だが、食器は別の食器を「産む」わけじゃない
  .|. u  (___人__)
   |    └ー '´ノ                  だから、例えば「貝のスプーン」と「金属のスプーン」の関係は
   |     ⌒ |            , ァァ┐
   i ヽ      |         ┌、  ///./ 7   「馬の先祖」と「馬」との関係と同じとはいえないのさ
   }、 `> ー-´-くヽ- 、___、 _ | l ///./' /
  _ノ : : : : : : : : :: : : : : : : : : .7 ノ / ヽ_/' /
_/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : / //  / 丿    「貝のスプーンは現在のスプーンの先祖である」というような
:: : : : : : : : : : : : : :: :: : : : .: / : |  /  /
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヘ  {  イ       言い方は、科学的な厳密さを持たない隠喩でしかないんだよ
::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :「ム __厶┐
::: : : : : : : : : : : : : : : : : : :i : : |` ー一一'|
: : : : : : : : : : : : : : : : : : .:V : :| : : : : : : : |

120 ◆ePj4HRjxK. 2012/09/01(土) 21:21:09 ID:CmWjdCl20

                                                         / ̄ ̄\
                                                       _ノ  ヽ、_   \
                                                       (●)(● )    |
        なので、過去のスプーンが消えたからって                        (__人___)    |
                                                .        |      u .|
        現代のスプーンに多大な影響があるとは正直考えにくい                  .|        .|
                                                        ヽ 、     ,イ
                                                        /ヽ,ー-   ト、
        ただ、SFの設定としては昔から似たようなものがあるし、      _, 、 -─ '".:.ヽ:.:.\__ /ノ ト、__
                                            __ ,. ー 、...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
        古代から近代への変遷という視点で書きやすいので   \ r 、 _ \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::
                                            } }/ )  V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        今回ストーリーに取り入れさせてもらった次第だ       /:ゝ/ ./ __  V :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                           }:::::ゝ ソ ,Y i::::::/::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



..: : : /77: : : : : : : :_):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.入_
: : :///: : : : r‐、_「 =ミ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:し、
: :.///: : : : : :ヽ     ` 、:.:.:.:.:.:.r―'
:///: : :__:r‐‐ ′    |{   ヽ:.:.:.:廴
:{/,{ : : く   i _ |  八!    :.:.:.:.:.ノ
{/,{: :r 、ノ  /}  /} //{ ト、    :.:.:(´
{厶く   i ィ斧ミx///八{ハ   l.rく     ストーリーの要請上そういうフィクション要素は入るけれど、
{ Y^Y{   |弋うソ   斧ミx} n i八 \
..{ryj |  i|      , ゞ゚' ト.| ト、 ヽ     本題の文化史的ネタについては可能な限り史実に基づいて
,ゝ=く| 八          八j V{ヽ.  
/》^八  ヽ  `  '  イ7}  八 \,    紹介させていただく予定なのだわ
..i {/,∧  ∨≧=≦////  /  \ 
..|  7/∧  Ⅵ乙 ハ,/《f:⌒Y    \
|  ,⌒Y,ハ   V⌒ソ//,'}: : : ヽ __
|{ /: : : ∨}   i7777///|: : : : :\: : )
八{: : : :.:.`|   |/,} ∨//,| : : : : : : \

121 ◆ePj4HRjxK. 2012/09/01(土) 21:21:41 ID:CmWjdCl20
                                                         ___ _
                                                      r<  __       ` 、
                                                    イヽ!  V !      \
                                                    从 o 0 o ノ        }` 、
                そのへんは、学ぶ系のお約束を                /  ー‐一 _  ヽ    \  !   廴
                                                   ′' {  f    ) ⌒ ノ }  }     `ヽ
                きちんと守るつもりだお                    イ { 人 ⌒    `○ イ  '/  、 \ 
                                                 ∧ \ }`○    ""/ /_  } ノ  
                                                 / \ 込""  / ̄ ̄ ̄.(/_ハ ヽ   
                ただ、この分野はわりと諸説入り混じってて・・・   / (__ / ヽ.ゝ/─  ─   \   ノ  
                                               人__   {  / (≡ )  (≡ )  .\ヽ  
                特に古い時代については              .   /   (_.|   '" (__人__) "'  u |  、 
                                               ′  (   \           / ヽ )
                まだ決着が付いてないことが多いんだお     . i  (      / ゝ         ィ'ヽ     ) 
                                                l   `  /                 \  イ


    /´:: :: :: :: :: :: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    イ:: :: :: :: :: :: :: ''、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
. /: : : : :|:: :: :: :: ::イ ´ ̄ ̄ ̄ ̄`''ー- ,,,::::::::::::::::::::::::::::ノ
.i: : : : : : :l:: :: :: :: <              ` ヽ、:::::::::::::::/
:|: : : : : : |:: :: :: :: ゝ               \:::::ノ    このスレで紹介する事物については、
:|: : : : : ::|:: :: :: :ノ    /      .|        V
:|: : : : : :|:: ::::il´ _厶⊥∧ハ{    | .|  |.ト、   ',.     あくまでも一説ということでお願いするわ
: i: : : : : i:: :::ノ .イ/   |/ `ヽ    .| \| ,, =ミl.   |
∧: : : : :|:::ソ〃         ゙;\ .ノ  '' 〃   Y.  |
:: ∧:_:_:_|ノ. {{         }}      {{    }l   ト、    また、写真資料については可能な限りその時代の実物を
::::::Xrtjヘ}, ト八        ノ' ''     、    八 . | \
廴_t及ン::| ', `` ‐-=-‐''゙        ヾ==′,,Y lヘ    用意するつもりだけれど、それが困難な場合は
.i  iヽ:\ヽ ヽ  ,, ゙゙        ''        } l \
  l .l  \ゞハ ヽ    ________ .イ.V..   .  現代のレプリカや別地域の似たもので代替することを
  l .l    コ>ヘ .「 ̄V              _]  
  | .l    .厶=x.|_/           ヘ√/       お許しいただきたいのだわ
  l .l     广´ } V               /  
  | .|    /  ィ゙⌒ヽ              >'⌒ヽ<

122 ◆ePj4HRjxK. 2012/09/01(土) 21:22:13 ID:CmWjdCl20
     _     ______
    l i  /    \
    l l_./ _,ノ  ヽ、,_\
    l/ ニヽ( ●) ( ●) .|     最後に、冒頭で手づかみ食に関するコメディチックな描写があったが、
    l / y 「'i___人___)  |
    l   <、.l         |     「手づかみは劣位の代替手段であり、原始的」というような
    ',    ',/       |
     j    ノ      ,/'|、     意図は毛頭ないことをお断りしておきたい
   _∠⌒ヽ j 'i, __ , __ ィ/::L___
 / ...::::::::::ヽVヽ::::::::::::::::::::::::::/:::..´'''
.....:::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                                            ,、_ノ:\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::l:`ー.'`ヽ_   .,.、
                                       .     /:::::`ー:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:)‐ /
                                           i::::::::::::::::::::::::::::::::,、-‐' ´ ̄ ` ' ー- 、:::::::::::::r‐'´!ゝ‐、=
                                           ゝ―‐:::::::::::,ィ'´              `ヽ,::::i:::::::|、:::::::ヽ
                                          ,、_ノ_:::::::/                ヽ:ヽ:ノ∧:、-'
        現代の世界でも主な食事方法のひとつだしね        i::::::::::::::::/      /     ヘ      ヽ .',:::)∨ヘゝ
                                       .  l::::::::::::/   /   /       .l      ヽ ノ´::::l  l:::::
                                       .   つ:::::i   l    l       l       l∨:::::l  l:イ
        それに、たとえばアラブ世界のイスラム教徒の      /::::::::l l.  l    l.        l   l  l   .l ヽ_::|  |:::|
                                       .  ヽ:::::::l l   l     l l      l!  l  l   l .l ノ:l /:ノ
        手づかみ食は非常に優雅で洗練されているわ    .   /`ーl l  l  _ll l、      l!l__/!_ l! l .l l/:::/./::| l
                                          /  (、!ヽ ヽト、l! ll`\ l  l /´|/ l//!`/ //フ:/ィュ::ノ
                                       .  /   l`ー、ヽ!ヽイ んテョ ヽ!/´ rョモハ、l/l/ //:ィ<トリ´ 
        余裕があれば、手づかみ食のマナーについても  .  /    .l  `'十 i 弋::ツ  `   .弋::::ソ´ l l ノ 弋ソ. 
                                       ./    ,'  ,ィ.l .lヘ. `´  、       ̄  ,.| |`i_.    
        機会をとらえて紹介したいわね                 /,、_/::::::l .l: :ゝ、   ー -    /‐l l!、::::`ヽ、_
                                          /´::::::`ヽ/ i l::::::::::::::> 、,  ,  <::::::::l l.l:::`ヽ:::::\:::
                                         .__i::::::::::::::::/ /! l'´::::::::::::::リノ`´、ヘ::::::::`ー:l l l:::::::::〉:::::::\

123 ◆ePj4HRjxK. 2012/09/01(土) 21:22:52 ID:CmWjdCl20


                   ハ ノ\ .ハ
                   .。/  {l痴l}  ∧、
                /  オ≧=====≦ .` \
              /      //|   {    { .
            /    ′ /|.  l  l、⌒\ {  _)         まー、いろいろ細かいこと言ったけど、
           /イ     //  {   {ヽ、 \ 丶\   }
           / { ′ /     \ ヽ   ヾ\ \\_         基本的には軽いノリで進んでいくスレだお
           {{ 人{   {  三三´   `三三 `Y | ノ}
           \.ノ乂イ)               八 }  (         楽しんでいただければ嬉しいお
      ` -..-=:彡イ    |     `ー '      ル  i  \\
           ,//j    .ト   rm、,rm_... イ    人  .) )
         (  {.リ    {iⅳク´ ̄¨ |! ̄ \iリ / `ヽ  /     予定では、1~2週間に1回のペースで
          ヽ人    ヾiY    ∧    ル     .ハ
     ` -=彡/(, 个 、  '人 ..____.,イj      ( 八       土曜か日曜の夜に投下できればと思っているお
         /    jノハ  j '/⌒  ⌒\      }ト マ≧=-‐
       /(    f´ ̄ メ.! /( ー)  (ー) \     ノハ    ヾ
      i{ `ヽ  |/ / j./::::::⌒(__人__)⌒:::::\=≦       ))   投下日時はこのスレでお知らせして、
      ゞ、   .く .ィ  |       |r┬-|     |  _>  ー=彡
            V }!  \     `ー'´     /     ̄`7.       間に合わなければ何かおまけを
            V    r´、___∩∩__,  /      /
            人   \__ ´人 ` _ノ     /         お届けするつもりでいるお
              ` ぇ ヽ   ̄   ̄ | へ /
                  |      /
                ..  |   r  /                  よろしくお願いしますお!
                   ヽ  ヽ/
                    >__ノ;:::......

 【おしまい】

124 ◆ePj4HRjxK. 2012/09/01(土) 21:23:15 ID:CmWjdCl20
以上です。ありがとうございましたm( _ _ )m

125 名無しのやる夫だお 2012/09/01(土) 21:23:55 ID:8f4ERT560
原始時代からスタートとは壮大な物語になりそうだなw

126 名無しのやる夫だお 2012/09/01(土) 21:24:37 ID:RfhDWCX.0
乙でしたー
今回は長くなるのかな?

128 名無しのやる夫だお 2012/09/01(土) 21:25:05 ID:0DX8dDqo0
乙乙ー
先が楽しみだわー。
後あざにゃん前回よか可愛く見えてきた…いあいあ!

130 名無しのやる夫だお 2012/09/01(土) 21:26:26 ID:x571fJNA0
乙でした
なんか学研のひみつシリーズを彷彿とさせるな

132 名無しのやる夫だお 2012/09/01(土) 21:27:09 ID:pY.8g5HY0
お疲れ様でございました
しかしゴールは遠そうに見えるなw

133 名無しのやる夫だお 2012/09/01(土) 21:27:21 ID:RnEPYROE0
乙です。
なんつーなげやりな方法をw

134 名無しのやる夫だお 2012/09/01(土) 21:27:38 ID:V1IhIf3U0
おつおつー

手づかみならインドかSUSHIか
そういやそれ以外であんまり手づかみの話って聞かないな
アラブイスラムの手づかみ食とか今初めて聞いたw

136 名無しのやる夫だお 2012/09/01(土) 21:33:04 ID:9HUHbqUs0
乙です。
ハンバーガーを始めとしたパン食も基本手づかみだしな

142 ◆ePj4HRjxK. 2012/09/01(土) 21:45:30 ID:CmWjdCl20
>109
>>119 >>120でお話したとおり、あくまでもSF設定ということで・・・w

>>126
3~5話程度を予定しています
『やる夫と食べるイギリス料理』の
────────────────────────────────────────────────────
           / ,1ヽ /  /    / /  /    ヽ ヽ ヽ
    r-、      メ| i. V   く  / 〃 〃   |! !  ',  ',ハ
    └- \   く. i _ゝ  /シ_></ //  / ! l!   !  |! !
        `ヽ  /V ,'   rf7 ̄:::ト< / / |! / !  i}  l l !
 ‐- 、     ィ⌒`ト{V i    { i;;;;;::リ  >'/  _,.!=ヒT´/ | / リ
 ‐-、_\  〈 ー- .._ | {   !ゝニソ /'´  /:;;;;リ ,)lハ ソ ノ
    `ヾゝ、__二=ー- | 1   ! ヽヽ,. - 、   ( ;;ソ / ヽ \
      ``=ー_ ''T「 !  i|   /   `7  `` ∧  ヽ、ヽ  来週は、中世ヨーロッパのテーブルマナーに迫ります!
     ,.ィ::´::くく:::::`ヽト、i   !ト、 {     / _,. '゙ ヽ  
.   ,ィ _;:::::::::::ヽヽ::::::ヽ::ヽ l L`ヽ、.__,ノ ' ´ _,. - 、_ヽ  
  〈_/_,. 二=`iヽ、:::::::::| リ ニー- / -‐<::::::::::::::::`ヽ    手づかみ上等! 歯に挟まった肉はナイフでこそげ!
   //   _,.. -ヽ \ /ヽ!_,... -ヾ介ヾ-...ヽ::::::::::::::::::ヽ
.  / / /_,...,,. ヘヽ. V /          ヽ::::::::::::::::::V   料理が遠けりゃテーブルを這って奪い取れ!
  {! / /_,f  ヽ  ヾ、 レ     _,... --─- 、ヽ::::::::::::::::}
  {_! / j  ヘ.  ゝ='ノ! |!    /  ,.ィ|! 、  ヾ::::::::::::/   ルール無用のはらぺこ戦争!  食卓の明日はどっちだ!?
.  ゞ-く \  V/ゝ-く_ト、 _/   /  l! ヽ   i::;:::::く
   \ \_,>ニン、 -‐7  T  、  、   _,. ,. i}://
    `ー'< _ ,.-i「/   〉、  ヾヽ ヾ  〃//|:::::/      どうぞお楽しみに!
           ヽヽ_V  `ヽ、._ ヾヽ!シ / i|_,.::{
            V!  \  _,....ニー-r'-=- |::::::l!
            ヽi    i   -'"イ | l!ヾ !::_,..ゝ_    ,.-、_,....,_
              ___>r────‐┬┬‐‐T// r=> 、__く//   \
          /   /        i i   Y ̄`ヽ  r '7 /    / }
────────────────────────────────────────────────────
この嘘予告(?)を講義形式の短編でやろうかなと考えたのですが、せっかくならもう少し前から
紹介しようと思い、今回つたないですがストーリー仕立てにしてみました

143 ◆ePj4HRjxK. 2012/09/01(土) 21:50:30 ID:CmWjdCl20
>>134
厳格なイスラム教徒のテーブルマナーでは、日本の箸食以上にたくさんのルールがあり、
それぞれにきちんと名前がついていたりします。

>>1は以前そうした席にお呼ばれしたことがあるのですが、周りが非常に洗練された
食べ方をする中、なれない手つきで非常に見苦しい様をさらしてしまい、
穴を掘って埋まりたくなったことが・・・w

169 名無しのやる夫だお 2012/09/02(日) 13:25:03 ID:a3aRTLEk0
セイバーの時代の食事って、カビかけたパンと腐りかけた肉のイメージしかないなぁ
いや、もしかしたら「かけた」は含まないのかもしれないが……

171 名無しのやる夫だお 2012/09/02(日) 13:36:41 ID:orPHSPok0
塩とか香辛料がすげーキツい。
酢みたいなワインに大量の胡椒ぶち込んで飲む。

176 名無しのやる夫だお 2012/09/02(日) 14:10:09 ID:DBTPhPi.0
>>171
セイバーの時代には塩はともかく他の香辛料は殆ど無いはずでは?
「雑でした」はほとんど味がしないゆでただけ焼いただけの料理群のことを言ってるんだと思われ

177 名無しのやる夫だお 2012/09/02(日) 14:18:44 ID:orPHSPok0
>>176
確かハインリヒ・プレティヒャの「中世への旅 騎士と城」にそういう記述があったと思ったんだが・・・
今手元にないからわかんないや、ごめん。

178 名無しのやる夫だお 2012/09/02(日) 14:26:53 ID:CCqjd8IM0
>>177
セイバーの元ネタの人は5世紀末~6世紀初頭の人なんでな

180 名無しのやる夫だお 2012/09/02(日) 14:52:27 ID:orPHSPok0
>>178
ああ、元ネタの方を指してたのか。>>142を見てたから中世ヨーロッパの話をしてたのかと思った。

179 名無しのやる夫だお 2012/09/02(日) 14:31:36 ID:cuBtxoR.0
香辛料と言っても胡椒などが本格的に貿易されるのは中世中盤(1000~1400年ぐらい)だが、
ハーブ(香草)のたぐいは元からあっただろ。塩オンリーは流石にないと思うぞ。
5世紀まではローマが香辛料取引してたし、6世紀初めならまだ影響も残ってるんじゃね。

181 名無しのやる夫だお 2012/09/02(日) 15:07:00 ID:M5n1E4scO
でも円卓の騎士がどうとかみたいなアーサー王伝説の有名エピソードが成立したのって12世紀ぐらいだよね
中世初期には馬上試合なんかないし
セイバーの記憶はいつの時代のものなんだ

186 ◆ePj4HRjxK. 2012/09/02(日) 18:00:42 ID:Y6hylhsA0

皆さんのおっしゃるとおり、「元ネタ」のアーサー王は5,6世紀ごろの人物「だろう」と言われていますが、
文学作品のテーマとしてのアーサー王の成立は12世紀以降です。

そして、「騎士道文学」の題材たる王が「蛮族」のような食べかたをしていたと
書く作家はいませんので、必然文学作品にみえるアーサー王の食事風景は、
それが書かれた当時の最高のマナーということになります。

例えば、14世紀に書かれた『ガウェイン卿と緑の騎士』では、アーサー王は
「真っ白で清潔なテーブルクロス」「銀製のスプーン」「いろいろなシチューを入れた銀器」
に囲まれて食事をします。
調味料としては、コショウ、シナモン、クローヴ、ナツメグなどが使われていたでしょう。


「元ネタ」(本当にいたらの話ですが)のアーサーからしてみれば・・・

                                                ,イ´                   //
                                         \     (ヾ_,,.. ---- .、 ___       //
                                           \  /⌒,`      、ヽ、L、   //
                                             / /〃 ! |ヽヽ .ヽ lヾlハ
                                              レ{ i レ(__)i   (__)ヽ | i i }
                                               / ,'            .| i⌒i
                                              ,' i  |▽▽▽| ノ( | i l  l
           んなハイソなもんありますかチクショー―――!!     .|i !   !      | ⌒ | ! |_ノ
                                              !| .l  |     |    |  l
                                               l iト、 |     l   ,.|  l   /
                                              !ll `>t----j‐< リノ/   /
                                                  / ヽ{_>< ノ , ' ヽ   /
                                           \    ,'  Yヽ/Vヽ>}   |.  /
                                               ,'   {   .     |  | /
                                               ,'   ∧     |  l      /

・・・ということになりますねw

160 名無しのやる夫だお 2012/09/02(日) 05:06:26 ID:LDZN0Zmw0
文明開化以前の日本で匙が食卓から廃れ気味になっちまったのは何故なんだぜ?

191 ◆ePj4HRjxK. 2012/09/02(日) 18:13:06 ID:Y6hylhsA0
>>160
一説には、日本のご飯が粘りの強いジャポニカ米であり、スプーンで食べる必要がなかった
ということが理由ではないかといわれています。

中国は広いので一概には言えませんが、北部ではご飯を炊くときにさっと湯通しして蒸す
方法がとられており、いわゆるサラサラ・ポロポロのご飯が好まれていました。
日本のような粘つく米は安物とされていたようです。

そのようなご飯であればスプーンを使うこともあるでしょうが、日本のご飯をスプーンで食べたら
べとついてどうにもなりません。 汁や副菜用の食器としても、椀を口につけることがマナーとして
OKですので、スプーンを使う必要性はほとんどなく、一時期「大陸かぶれ」の貴族たちが
試みただけで定着はしなかったのでは、ということらしいです。

229 ◆ePj4HRjxK. 2012/09/03(月) 22:40:03 ID:NtfQ0EHI0

                     __    ♪                               ♪    ___
                    イニニニ○ヽ                               .        /___ ヽ
                   {ニ○ニニニニ}                             .    ____{___   }
                   乂ニニニニ く             .  ハ_ ノ\ _.ハ           { 0 0 0 0 0 __} _ノ
                     |ニニニニ ト、              。/  {l痴l}  ∧、           ̄ ̄ ̄冫、 ̄ヽ. |
                     |ニト、ニニしヘ          ,(‘’ ) .オ≧=====≦ ・)  ゝ             /       :|
              ..   ♪  ..|ニしヘ ---ミ.ハ       /    ノ       ヽ  ( ‘’)、..         ′      :|
                     |ニニl ̄ ̄ ̄l          ′ \ \ \  / // /イ ( ゚ ) \        |__      |  ♪
                     |ニニ廴 -=彡        /( ゚ ) Vγ ⌒ヽ ∨ γ ⌒ヽ |   、  =‐- .  . ノ \   |
                      ̄ ̄ .(u ノ      ノ    l{¦   }  ¦   }i|    ヽ≧=‐-   . / / .  ̄ ̄
                          ( /      ァ′   !乂_ノ    乂_ノイ   ( 0)〃⌒   丿 /
                         从从  ,   / (゚ )  父ー   r‐┐     彡′     {丿   /u./
                         人 人    /     [l ロ ≧==. ¬j ==≦  (‘ )  八_ .′ /
                           \ \ イ(’ )  [l 「¬」 ̄Llイ   r「L「|__[l ロ    :.___彡  -=彡ァ
                             ゝ./   [lロ .」 _「l      *  」]  L  [l   ト--------=≦

             ___
            /⌒  ⌒\
          / (⌒) (⌒)\      ┌───────┐
       /  ::⌒(__人__) にニ).     │.音楽のある食卓│
.      |       |::::::|   |:|      └───────┘
        \       `ー'   rとヽ
       /⌒ <"▽ 7ヽ { ヽヲ
    _,,, = /   / <、ⅱ7 :! \lー'!
    ||  /   /    `Y  !、 :|  |       次回の投下は、9/9(日)20:00を予定しています。
    || ./   /     |・ | \__
    ||..{  """'''=,rーっ──-,
    ||: `"''ー- 。。,,_{、シ' ̄i  ̄  _      - ,,,_
    || .     |    _,. _,,_ '" _ = "´ "''=- , _丶  "''=- ,,,_
    ||.  _,,斗=''"´ ト-1 ( ヾ==‐''´ ミミ ノ        "''=-,
  _,,, = ''"´         i;;;;;;! `' ー====‐''"´      _,,, - ''"´|
 |"''=- ,,,_.         _||_              _,,, - ''"´     |
 |       "''=- ,,,_  `"´        _,,, - ''"´              |

231 名無しのやる夫だお 2012/09/03(月) 22:52:18 ID:ETZgk.kE0
把握したぜー。
何か冒涜的な食事してるようにしか見えないw

232 名無しのやる夫だお 2012/09/03(月) 22:53:21 ID:wH7NrBCs0
把握しますた

アザにゃんが持ってるの奉仕種族のフルート吹きかw

□ やる夫で学ぶ食卓の歴史 おまけ
目次 イントロダクション キャスト 予告 初回 CM 前回 次回
関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

極門散人

Author:極門散人

Twitterで更新情報や
与太話を呟いています

カテゴリ
最新記事
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
全記事表示リンク
人気ページランキング
ブログパーツ
アクセスランキング
リンク