嗚呼! やる夫道

やる夫系作品のまとめブログ

マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです 中世最高の医師の一人ラーズィーの話

□ 歴史系 マーニー・ハイイェー(マニ) マニ教
目次 イントロダクション キャスト 予告 初回 CM 主要登場人物:巴マミ キュゥべえ 他
684 ◆OkhT76nerU 2012/08/14(火) 23:06:19 ID:AF3an4Ek0
昨日ブックオフで見つけた『アラビアの医術』を読み終わったので、即興ですが
中世最高の医師の一人であるラーズィーの話でも。

685 ◆OkhT76nerU 2012/08/14(火) 23:13:40 ID:AF3an4Ek0

アラビア医学の最高峰といえば、イブン・シーナーと並んで名前が上がるのがラーズィーである。
本名ムハンマド・イブン・ザカリーヤー。欧米ではラテン語名のラーゼスとして知られる。


     / //::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       /./ イ::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::/::::::ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.       /./ //:::::::::::::::::::::::::::::/ |:::::/::::::/ i::::::::::::::::::::::::: _ _ :::::::::::::::
      |/ //::::::/:::::::::::::::::ハ:::| ./:::/三≧///::::::::::::::/ _ ヾ:::::::::::
      | / .i:::::/i::::::::::::::::::| 升彡イニ ̄   //i::::::::::| /  ) i:::::::::::
.       i .l::/ ィ::::::::::::::::::| ヾテr j /     ./::::::::::| ) / .|::,:::::-
.       | .| ハ i:::::::::::::::::::ミ、 )‐'´      /::::::::::::| / - ' ´三三
.       |  | |.レi::::::::::::::,、:ヽ\        ./:::_::::-:::'::´三三三三
.        ヽ  | | |:::::::::::/ `ミ、_ \   _ - ' ´三三三三三三三
         Ⅶ Ⅵ::::::::/_  -    Y´三三三三三三三三三三
         ヽ  V:::ハ:::::::>、  _ .\三三三三三三三三三三
          /ヾハ:::/三 >' ̄    ヽ三三三三三三三三三
          /三三三/三三ニ} ̄    V三三三三三三三三三
         /三三三三三三三::i、   _ ィ ト三三三三三三三三
       <三三三三三三三三三三三三ニ.| ヽ三三三三三三三
        ` - 、三三三三三三三三三≧/:::\三三三三三三
           ` - 、三三三三三 ///):::::::::人三三三三三三
              \三三ニ.///.//::::::::/ | |三三三三三三

686 ◆OkhT76nerU 2012/08/14(火) 23:18:21 ID:AF3an4Ek0

865年イランのライという村に生まれ、若い頃は音楽に親しんだ。
ウード(リュートの原型となった楽器)の名手で歌謡にも優れ、『音楽の美しさ』という音楽全書のようなものも書いた。


                               , ^  ,
                                /     > ,
                             ,.:'::::ヽ_   _ _   > ,
                         /::::::::::::::)  ¨ミ丶
                          ,':::::::,<::¨::>    ̄          `::...、
                            /::<>‘_:_:::( __ __ _ ...........::::::::::>
                         ,<≫.‘´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::.."......
                  ,<≫‘´   `ー―::::―――::::::::――::::一::":::::::::::::::::::...
              ,<≫‘´         ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....
             ,<≫‘´
          _r<≫‘´
     ,c‘:;:::r/
  ,.:‘::::c/::://
.<:::::::::c//,ヾ}
 \::::::/,ヾ}
   `´ヾ}

687 ◆OkhT76nerU 2012/08/14(火) 23:25:33 ID:AF3an4Ek0

が、次第に興味を失って哲学を齧りつつ


               __..----..,,_     _
               ,rっ'"     `''l―~/
            _〕ヤ    ''''ゃ-「 ..lト-..-..__
         ___../ ヤ _ 、_____ \,、丿  | 、 │‐‐ー-、
       ノ"´    ,' ゙'‐:几`'''''''´ ,j lト廴、 / 」 1|!     `ヽ、
      /′   ''‐;ィ^''''" ` ニ'''' ̄ ''ヤ` /: :〕 |│     ヘ
     亅    _r '''┐ '´  `ヽ ,.-j「__丿: :ナ |│     il lヘ
    _ノ′  ..tl    '、      :|∪,lョLヘ_ ′「 |、    -  .ヘ、
   ,,/′   `'''、  ,'__....--_]圭ク│ ゝ : : │       │
   l     __ ..|l'、  ´    '、 ../'リ廴 '、 亅っ..廴___      '、
  卜-:;ョ!''u「:|/L}?ヤ-_ ....-;;ン": : : : ´"ヾ彡' r./ノl │ ゙̄'''ゝ ァ |
  l’ / |ヘム一‐゙'〔}丿 ヽ....‐彡‐": : : : -ー- ぅ..彡'リ丿    ` │
 │_ {'lヽ__...._.. 、 ヽ:广''" : : : : : : : : : : : : : : `ヾョサ       │
  ヾ..  'くミEIワ     {: : : : : : : : : : : : : : : : : :`゛''''ヾ、: .     丿
   `ー----‐′    llョ_..、__--y__   ________ujlll ゙''ー―ー''´



両替商をやって生計を立てていた。

          ┏<社訓>────────────┓ ;;',   __||____||
;,.'; ☆  ;#  |1.お客様は(・∀・)カミサマデス!!    |    |今日の交換レー
   入      |2.客を見たら(・∀・)ドロボウトオモエ!!!! |    |  ・ニクコプーン=7
  丿乂 ,;':    ┗───────────────┛    |  ・タンソキーン=29
  乂パゝ                   へ                |  ・イジョウプリオーン
  彡J八 ×             ;:,'                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ノ彳\ヾ     / ̄ ̄\ √           / ̄ ̄\/ ̄ ̄\    ;;'';
   |l!i|      |O     |            |::::::::::::::::::::|     O|
 ̄l二二l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ̄ ̄ ̄
     _               _             __
・∀・ )/l      ∧_∧(・∀・ )/l         ィ(・∀・ )/|    ∧ ∧(・∀・
 ̄ ̄ ̄l  |     (; ’∀) ̄ ̄ ̄|  |       | ̄ ̄ ̄ ̄|  |    (   ,,゚) ̄ ̄
愛知_|/      l ̄ ̄| ノ_山梨_|/     | ̄ ̄|愛媛_|/    | ̄ ̄|l_長野
           |__|_`l             |__|_             |__|_)
           |--|JJ               |--| |           |--|J

688 ◆OkhT76nerU 2012/08/14(火) 23:29:05 ID:AF3an4Ek0

30歳のとき始めてバグダードを訪問し、気まぐれにムクタディリー病院を見物した。


                               __________________
                                  |.    ╋   ムクタディリー病院    ╋    |
                                  |.    ─ ── ── ── ── ── ─    |
                                  | ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                 _________| ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                  |  ─ ── -     ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                  |  lエl lエl lエl lエl  ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                  | ┌─ ┌─ ┌─  ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                 i, | ┌─ ┌─ ┌─  ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                  |i | ┌─ ┌─ ┌─  ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
            =====================================================,┌─  |
,,...,     | ̄ ̄|\\|l工l工l ├┤l工l工l ├┤l工l工l ├┤l工l工l ├┤l工l工l|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
ゞ;ゞ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|____|
t'ゞ;;'tyメ;;,,lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |__|  |
YゞKゞヾメヾ`ゞ、,,、.                                             |.HHH|! |
kゞ,Yハ'ソ;ヾヘゞYソYゞ、,l lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |_| ̄
ゞt;ゞヾ〃ゞYゞヘゞヾメt' rソ';tゞ;ッ';'ゞ;ヾゞ、                                |.HHH|! |  | =
ヾゞtゞkゞゞ;l!_kメ'ヌヘゞ;k",t'ッ';;'メ;y;ゞ; ヾゞ゙ゞ""ヾ、エl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |_| =
;;、;;;;;::;;;"ゞ,〃^ゞヾヘメ' :,`;.;;:,”:"゙:.:゙;':,:.:゙;゙':,”:"゙:.;'ミ、                         |.HHH|! |  |
ゞ、,....ヾ;;;;;;;;;;;'''';;;;;;;;;;;;;;;;,;;;:,”:"゙:.:゙;:,” "゙.:゙;' :, ミヾゞ,l lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |  |
kメ'ヌヘゞ;k" f;';:': r';.';:;'.',';';、;;;;;;;:;:; :、,、 、`^;;;:;:;"::ミ'、                           |.HHH|! |ヾ";;''
.';.,':';:.';,:;'j:;`}.ゞ;':,f.';:;';.:';',.;';;ミ;.:".;; ;; ;:ll ,;.:" .:;.:'゙: ゙,ヾヾl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |ミ;;ゞヾ
':';.;';:;'.:,.';:゙、r';:`Y;':';.,';':';.;' ..;;`;.'!;;;;ヾ;.:".:゙,:,/;、,;;:;;;:;:;, l二二二二二二l_                  |    |  |ミ;;;ヾヾ
;';':';. .';:;'.;';':'};; ゞi;.;':';'.';',;:'.':' .;,l';;; ;,:|l;;; ;,i.i.;; ;;;:":ゞ/|__|__|_|l l='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='==,.|;; |
;':';'.';:,';.;.:';;'f;、;.';;i、;:;',':';.,' ,.,:':';";;;;;;;.l;; :l!; ;|;;;.:"' //======l l;"';;"';;"';;"';;"';;"';;"';;";"';';;"';;"';;"';;"';;"';"';;;;;
;';.;';':':.;;.;';i;'l;:;`i;.;iiゞ:;:;';;.';:;';';;;;;;;;;;;;;;l;; :l!; ;|  //=======l l , . , . , . , . , . , . , . , . , . , . , . , . , . , . , . , .

689 ◆OkhT76nerU 2012/08/14(火) 23:37:51 ID:AF3an4Ek0

そこである老薬剤師から色々と話を聞いたり双頭の胎児の標本を見せてもらったりして興味を持ち、医学を志すようになった。


          ,,,      ,,,,,,
       _ = ~~ ``ヽ_,=''~´  ´~ヽ
    _= ~               ヽ
    ~=、    ミゞ、  , -彡     ヽ.
       ~=、、、Cl~evj <e~}6)_   、、、ミ
        ミ.~~ /', ゚ ;'7  ミ7ヾ~- 、
       ≡   (','゚, '.人  ゝ |  ヽ
        `=  `ー'   iノ'  | / |
         ~ーノノノノノ'′


     ___lヾ 、|ヽ_
    _, >   ....:::::::::::`丶
  /    ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  Z、〃ィ  ::  :::::::::::::::::::::::::::::',
   l l l    :::::::::::::::::,,:::::::::::::::::}      こんな面白い世界があるとは知らなかったな。
  l l l     ::::::::::::/_77771:::/ト//ィ
  |l l    :::::::::::/7ヒ下 /:r-、::/   ひとつ勉強してみるか。
   ' レイ i  ::::/l/シ,  ̄ /::/6ノ、ニ=-
     { {ヘ ト{ ド _`シ/丁::::::::::``丶、
   /::``:ヽl\ ̄ ∠__.,,┘::::::::::::::::::::::ゝ
  く::::::::::::::::::::ヘ  ̄     ヽ::::::::::::,、´__
  _ ,、>、::::::::::::::ヽfニニヽ-ニフ}:::<:::::::::`ヽ
/::::::::::::::>:::::::::::::ヽヽ_/イト_ノノ:::::::::``丶::::}

691 ◆OkhT76nerU 2012/08/14(火) 23:44:23 ID:AF3an4Ek0

それから10年そこらで彼の令名は遠方まで響き渡り、診察を請うものは引きもきらず、
件のムクタディリー病院に病院長として招聘されることになる。


                      ''';;';';;'';;;,.,
   診察してくださいお         ''';;';'';';''';;'';;;,.,
                             ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                     ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;; ;;'';;'';;;     診察してくださいお
                  ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                  /⌒ヽ/⌒ヽ/⌒ヽ /⌒ヽ/⌒ヽ/⌒ヽ
        ___   .(/ ̄ ̄ ̄\( ^ω^(^ω^(^ω^/ ̄ ̄ ̄\    .___
      /      \/        \./  ̄ ̄ ̄\. /         \ ./      \ 診察してくださいお
   /          \. ⌒   ⌒ /          \  ⌒   ⌒ ./        \
  /   ⌒   ⌒   \(__人__)/   ⌒   ⌒   \. (__人__)/    ⌒   ⌒   \
  |      (__人__)    |     |      (__人__)     |       |.       (__人__)    .|
  \             /     .\             /      \            /

692 ◆OkhT76nerU 2012/08/14(火) 23:48:42 ID:AF3an4Ek0

病院を経営するだけではなく各地の有力者に招かれて各地に往診にも出かけ、旅の多い生涯を送る。


        lヽ
       ノ´ ⌒ヽ、
      ノノ|/l/´ソ:::l
       ソW_キ゚ ル,彡
       「ゝ::;;;;;;;;ノ
       ノ〉 :::;;;;;;;ヽ
        〉 ::;;;;;;;;;;;\   c, --v-、
       i :::;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ /iiiilll∧lll) アッチョンブリケ!
      _l:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ cヾll∩゚)0゚),
    ┌|‐..l:::::;;;;;;;;;;;;;;;;ノ   `(_ll___llノ
     | .| `l::;;l:::;;;;|'´     /   ヽ
     |_.|_(::;;;(:::;;;;)      ~∪∪~

693 ◆OkhT76nerU 2012/08/14(火) 23:50:52 ID:AF3an4Ek0

晩年は目を病み、徐々に視力を失っていった。

           __
         /-、 -、`ヽ
        r.l ´0 (_)  L      このままではいずれ失明するぞ。
       r'⌒^'、(⌒_、_|、_、_,5)`‐っ 
     (    ‐三‐' し′     )  駄目元で手術を受けてみたまえ。
     (                  )
     (               )
     (               )
      し、         ,、_ノ′
        `‐'^‐'^‐'^‐'^‐'′

694 ◆OkhT76nerU 2012/08/14(火) 23:54:06 ID:AF3an4Ek0

.         {ハ/ /   j/i//ノ-‐=彡' ノ,1           i
           | !   /{i/-‐‐===≧彡' ノ         i
          !ハ! i /X `赱テ'⌒´ ̄`7´             | i  i i     いや結構。
             VV{  X       / /⌒Y        レLノ!ノノ}
           /ヽ   X      / / ん│         __彡'彡イノ  こんな浮世を見るのはもう沢山ですよ。
            (      X   (  / ん' ム=≠´ ̄ ̄      `7
       r‐--‐=ニ`ヽ._,   X 「 ̄ ̄ ̄´               /
      ヽ.       ハ ‐     `!                   /
         \       }      〉                    (
          _`つ    `ァ‐┬=f升                  ` ー--
 f⌒T´ ̄ ̄´       /ニ、立7´_j


最終的に失明し、故郷ライで没する。
正確な没年は不明だが、失明後は浮世を離れて孤独な晩年を送ったと思われる。

695 ◆OkhT76nerU 2012/08/14(火) 23:57:31 ID:AF3an4Ek0

存命中、旅行と臨床の傍ら彼はべらぼうな量の著作を残した。
大著113部、小著28部に加えて詩作まである。数世紀後ラテン語訳されてヨーロッパで流通したものも少なくない。

                           __
                         /  /|
        /|  |   |   |   |      (三三l/l __ __    __ __
──── "   |  |   |   |   |      (三三l/  //  /| /  /  /|
.        |   |  |   |   |   |      (三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l(三三l/l
___.  |   |  __  __  __   (三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l(三三l/l
゙   /|  |   /  /|/  /|/  /|   (三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l(三三l/l__
─‐'  ゙|  __三三l/l(三三l/l(三三l/l   (三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l(三三l/  /|
  |   |/  /|三三l/l(三三l/l(三三l/l   (三三l(三三l(三三l/l/  //  /(三三l/l
  |   |(三三l/l __ __l/l(三三l/l  /  /|/  /|/  /|(三三l(三三l/l(三三l/l
  |   |(三三l/  //  /|/l(三三l/l (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/l(三三l/l
  |   |(三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l/l (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/l(三三l/l
  |   |(三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l/l (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/l(三三l/l
  |   |(三三l(三三l(三三l/ll/ (三三l/ (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/l(三三l/l
  |   |(三三l(三三l(三三l/l       (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/l(三三l/
  |   |(三三l(三三l(三三l/l       (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/
  |   |(三三l(三三l(三三l/l       (三三l/(三三l/ (三三l/
  |   |(三三l(三三l(三三l/

697 ◆OkhT76nerU 2012/08/15(水) 00:06:05 ID:9AqMk3Tk0

代表作は『医学体系』、通称『アル・ハーウィ』。
アラビア医学の最高傑作とすら評されるが、本人は単なる備忘録のつもりで書いたらしく、内容にまとまりはない。



         ,. -‐=‐_、
        /::/    `ミ、
       _!:::ヽ!   ミ}、
      ミ彡,::::;::N/(}l/    _________
     ,. -‐´ニニ'=‐く    //――――――――//〉
     /!::::::::::::::::::::::::,.-ヽ  //                ///
--‐――、、::::::::::::::::/  __} //                ///
      | |::::::::::::::{   ∨/                ///
____!|:::::::::::::::ヽ    ヽ、_______///
| | | | l| | !|:::::::::::::::::/\   `ー ┬、-‐‐、 ――――┐
| | | | l| | ll:::::::::::::::::|__ヽ、__ _/_/-‐ィニ〉______|_

698 ◆OkhT76nerU 2012/08/15(水) 00:11:25 ID:9AqMk3Tk0

           ( \/ )   ( \/ )
            ー,-‐ヽヽ:〃‐-- 一
            /´:        :\、
          ,/             \
          /               ヽ
         /                |
         |  ;l l ll l l | | l l l l l l l l:: |     こんなむちゅかちー原稿読めないよのさ。
         |  ;l l ll l l | | l l l l l l l l:: |
       _│.│l l ll l l / | l l l l l l l l....│_   生活費の足しにすゆの。
      (/ 丶│,,:'i~゚_i゙,   ,'i_゚~i゙:,  │..│\)
         ヽ│ ""  ヘ   ゛゛  .│../
            '' ‐- .. ~ ...  -‐'' "´
            /││ ̄ ││ \
           /  |.   ̄ ̄  |   \

        __   __
        /   ` ̄  ヽ
.       上二二二二`┤
     ⊂ニ,-r‐-、──-`二⊃
.     {ィ|| {   {jーlj⌒) |k}    あのラーズィーの著作だと!?
.     ヽl  ,. -(つ- 、  レ'
    ,⊂⊃∨  , -、  ∨⊂⊃、  ワシが買い取ろう!
   / i  / レvv/ー‐レv、| ヽ  i ヽ
 /  |  >L.二⊥⊥二.」<  |  \
(   |   \|  \/  |/ │  )
. \  |     |    ○‐  |   | /

699 ◆OkhT76nerU 2012/08/15(水) 00:16:36 ID:9AqMk3Tk0

ラーズィーの死後、妹は原稿をブワイフ朝の高官に売却した。
高官は好学の人で、ラーズィーの高弟や名のある医学者たちに編集させ、どうにかこうにか本の体裁に整えた。


                          . ┐
               .  -─=¬´::::::::|
         ,  -─=¬ ´:::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
       {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r'"
        \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j
         〉弋7´ ̄厂´厂 ̄ ̄厂`ヽ、
         {__:::::`ー≠=≠=、=,≠=‐┬iヘ.
        {ぃヘ::::f   {  γVヽ   } |∧ v─‐ 、
       /ヘ. ∨   ヽ ,. -rュ- 、 K. i ├─<
  , -‐=¬´:::::::::`T  、   /   ,ハ  ∨::::Y :{二ニ、}
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::\ `ー/  / i   l:::::::| └─ /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i`>{ハハ/ =!,ハハj::::::::\_,.イ、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ. /下王}{王了:::::::::::ト=≠‐':::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨ 辻iソ'^辻ソ:::::::::::::∨:::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧     /:::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::∧
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧    /:::::::::::::::::::/\!:::::::::::::::::::::: 〉
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ∧  /:::::::::::::::::::/   \::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨::::::::::::::::::::/     `  - '′
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐ 、:::::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::廴 」::::::::::::::〈

【編集中】
          __
  __    /  ./)          __
/  ./)   三三)/)        /  ./)
三三)/)   ∧,,∧   ∧,,∧   三三)/)
三三)/   (´;ω;)   (;ω;`)  三三)/
   ∧∧  と  φ)  .( つφノ  ∧,,∧     __
  ( ´;ω)/⌒/⌒/ ̄/⌒/⌒/ ̄(ω;` )  /  ./)
  / _∧,,∧口  ∧,,∧ ⌒   □と_ ヽ  三三)/)
  (/(  ´;)η口(;`  )/⌒/  /_ノ  三三)/)
 ∥ ̄(l    ノ  ̄(   ノ ̄ ̄ ̄||       三三)/
  __`ー‐'    `ー‐'
/  ../)       __
三三)/)     /  ./)
三三)/)     三三)/)
三三)/      三三)/

700 ◆OkhT76nerU 2012/08/15(水) 00:25:39 ID:9AqMk3Tk0

なにぶん大著なので完全な写本はほとんど残っていないが、当時の医療を伝える実例が数多く記されている。


      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \
   /  (○)  (○)  \  先生、ここんとこしょっちゅう熱が出るんだお。
   | \  (__人__)  / |
   \ |   `⌒J´  | /  他の先生にも診察してもらったけどダメだったお。
   /              \



::::::::ィ           .-ゝ
:::::i´            `ヽ、
::::::レr-、         `ヽ、ヽ
:::::/ i |     ,      、ヽノ
:::::! i」/  i   i   i  ヽ i!.|
:::::>ィ'  / / i .| i |i !| |ヽ!
i!  ヽ-'ヽ'v-'/ / / l' | i! i
;`ヽ、キ  //7 /'1  i /|/
;;;;;;;;;;;;゙;;;7 '´/ノ"i./ ノ! / i!  発熱の頻度は?
;;;;;;;;;;;;;;/ ヽ、  ィ'/ レ'
;;;;;;;;;;;;{   ,r‐ ´
;;;;;;;;;;;;|`ヽ,;;'-、
;;;;;;;;;;;;`;;;;;rュ;;;;L_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}

701 ◆OkhT76nerU 2012/08/15(水) 00:30:30 ID:9AqMk3Tk0

      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ
   / _ノ ノ    \  \ `、  六日に一度だったり一日おきだったり
  (  < (○)  (○)   |  ) 四日に一度だったり毎日だったり・・・
  \ ヽ (__人__)   / /



   /     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
   /     ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
   / /   |: ,: : /: : : :/: : : : : i: : : : //ハ: : : : : : : :
    / l   1: /!: : : / /: : : ://: : :/ノ ノィ: : : : : : :
   ,|  | |  |':.:|≧: . |:/:/:/_仁ィ:≦Zz/ィ: . r‐、: :
    | | |!  |!:.|ゞセl:.:ト;イ/ラ人 ゞ仍;j  /ィ::/ う l: :
   || |l |l  |:.:| ̄´|:l /  キ   ̄´、  /: | 仆 |: :    不規則な熱と・・・
    |ヽト ||, |::|   ソ     キ    /: : | .レ /: :
    |: : ', |:', '!  /       キ r‐1: : :─ '"´: :     他に症状は?
     |: : ヾ: ', ト,  ヽ-‐ 、     ヾ!: : : : : : : : : : : :
    '´: : : : : :.ヽ!\   ー─‐─   ハ: : : : : : : : : :.:
   : : : : : : : : : : : : \ ´ ̄ ` 、, <|::|: : : : : : : : : :
   : : : : : : : : : : : : : <`ー ≦:::::\: :.|: : : : : : : : : :
   : : : : : : : : : : : / ∨: :ハ: : |: : : : |: :|: : : : : : : : : :





      メ ,, -──- 、._\
    メ/ u    ゚ 。 \\
  / /    ノ  ヽ、   \\  熱が出る前には寒気がして、
   ! |  o゚((●)) ((●))゚o  |   何度もションベンしたくなるお。
  \\    (__人__)   /く<
   ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ

702 ◆OkhT76nerU 2012/08/15(水) 00:36:45 ID:9AqMk3Tk0

::Vi /| /     _          / /  ハ          ヽ \ヽ\
::∧ハ./| //i/ィ/  V    /  / { /  { |  |          \ ',ヘ ハ
::::::::::V::::/:::::/ / ̄ヽ /   / /   |  | ハ  | ヽ {  l        ∧ ヽ
::::::::::::::::::::::::|  {   /  ∧||  |  | |弋 ミミ、| |  |         }ハ
:::::::::::::::::::::::::i   { |   | |ハ  ハ ト .| ィt、-、 V/ /  |         |
:::::::::::::::::::::::::ヽ   |   | ヽハ | .レ \  ヾソヘ ノ .// ノ   ィ   ハ |
:::::::::::::::::::::::::::::廴  |   |   \ハ ゝ    ゞノ/ /フ /  /    | | |
:::::::::::::::::::::::::::::/ハイ|   |      \     / イ/  /  i  .| | .ノ
::::::::::::::::::::::ノ/.// | `ー'´               レ /  /  ハ/ (恐らくは腎潰瘍だが・・・ マラリア熱の可能性もあるな。)
::::::::::::::::://   | +              -=イ:::/ / /   / ./
:::::::::::<  ´     | キ             _    V / /   /
≦=、__     ∧キ              `    Y / /     わかった、もう少し様子を見てから治療方針を決めよう。
::::::::::::::::::::: ̄≧=、 >`メ、         ̄` - _/`ー ' ´/ ./
:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:>、、        - 、ノ  / /         近いうちに尿中に膿が出るか、そうでなければ熱が四日おきになるはずだ。
:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.::.\       /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>、    /                 変化があったら来たまえ。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.≧ー<
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄`ー - 、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ` ー ─ - 、 _
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.\

703 ◆OkhT76nerU 2012/08/15(水) 00:41:01 ID:9AqMk3Tk0

数日後


       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\ 先生の言ってた通り膿が出たお!
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /




                _、
           _、-、_)\
        ≦ ̄     ヽ  >-、
      < ̄     __≦ヽ<`\
     -≦       /:::::::::::::::::::::::::::::::\
     /       ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    / /      、'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
  '´ フ      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i ノ/i /l     そうか。
   / /     /:::::::::::::::::::ハ:::/|::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::://:/ /
  Ⅶ /    ノ:::::::::::::::::i:/ .|/ .i < レ´|:::::r-、::::::::::::::::///   この間は聞き忘れてたんだが、
   / イ    /イ::::::::::::::::レ ニ三' 、 ̄ノ:::/ j i:::::::::::::::::::::://   立ち上がるとき腰に重みを感じたことはなかったかね?
   V | /  ,  |:::::::::::::::|`、´、ヱソ ./::::.i i} /::::::::::::::::::/ノ
    |∧  i  |:::::::::::Ⅳ  X    {::::/ ノ:::::::::::::::::::彡
    V∧ .ハ i:::::::ハ:i/   X    V ノ /r―- --<
.      Vハ ハ;:::|、Vヽ__ , X  ///::::::::::::::::::::::::::\
        Xハ/レ:::::::ヽ、     </ゝ/::::::::::::::::::::::::::::::::::
      /:::::::::::::::::::::::::::::ト- イ//ハ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::



                  ___
                 /     \
       iニーヽ    /─  ─   \ あ、ありましたお。
      iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \
        ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u    |
            ⊂ ヽ∩ `ー´    _/
              '、_ \       )
                \ \ / /|
                 |\ ヽ /  |

705 8月11日に短編祭りだお 2012/08/15(水) 00:46:49 ID:mHJ5MmPs0
この時代に発症プロセスを完全に把握とかマジパねえな。

706 ◆OkhT76nerU 2012/08/15(水) 00:47:55 ID:9AqMk3Tk0

                  ヽ'ー 、 _
                  ゝ\:::::`'' - 、
              , - ‐ ''´   >::::::::::::::ヽ、 i.',
            . /     <,:::::::::::::::::::::::::::::V::::',
           ,/´     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
        /      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      / /     / -'/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     '--ィ      ´'´ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
      /         ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',  やはり腎潰瘍だったか・・・ 頻尿の時点で気づくべきだったな。
     ./         i::::::::::::::::::::::::::/i::::∧::::::::::::::::::::::::::::::i
     / i         l:/::::::::::::::::::::::i .|:/ i∧:::::::::::::::::::::::::l  腰の重みを自分から言い出さなかったんだから大した潰瘍じゃないだろう。
    ,'  l         l/|:::::::::::::::::∧| _´-''''´;;i:::::.,:::::::::::::::::l  今後は熱は出ないはずだ。
    / /',         |:::::::::::,、::,'-'''´;;;=-ニ'''|:∧::::::::r-、ノ
   '´´  ',       i |::::::::::∧/ ̄ィ弋tソj)ァ|,' |::::::ハ i/ , ァ
       ヽ   i   ∧ ',:::∧| \  ー-= ィ  /:::::/ ノ'''´/,  _, -
        ∨、 .ト  |∧.':::| .` | .\     |\::::/-'´:::::::::::-:''' /
         ',|ヽ |ヽ |、 ヽ.|  {i   \ u  ',:::::\_::::::::::::::::::/
      、-――‐.Vー', |:ヽ `   __   ヽ 入::::::::::::`''- 、,/
      \:::::::::::::::::::::::',i::::::>、  ´ _ `    イ  |::::::::::::::::::::::::>-、
        ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`>- -<´ /./|::::::::::::::::::::::::::::::/
         '、:::::::::::::::::::::::::::::::::/´<  _ =-''´ -''´::::::::::::::::::::::::::;/
         \:::::::r´ニニ 、_|´ __` ̄  |´::::::::::::::::::::::::::::::::/
           >::| |   `'-ヲ´フニニニニニi''┐:::::::::::::::\



        ___
      /      \
   /          \ ホントですかお?
  /   ⌒   ⌒   \
  |  /// (__人__) ///   |
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ



::::::::ィ           .-ゝ
:::::i´            `ヽ、
::::::レr-、         `ヽ、ヽ
:::::/ i |     ,      、ヽノ
:::::! i」/  i   i   i  ヽ i!.|
:::::>ィ'  / / i .| i |i !| |ヽ!
i!  ヽ-'ヽ'v-'/ / / l' | i! i
;`ヽ、キ  //7 /'1  i /|/
;;;;;;;;;;;;゙;;;7 '´/ノ"i./ ノ! / i!   ああ。
;;;;;;;;;;;;;;/ ヽ、  ィ'/ レ'
;;;;;;;;;;;;{   ,r‐ ´         利尿剤を処方しておくから、膿が出なくなったらまた来なさい。
;;;;;;;;;;;;|`ヽ,;;'-、
;;;;;;;;;;;;`;;;;;rュ;;;;L_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}

707 ◆OkhT76nerU 2012/08/15(水) 01:01:59 ID:9AqMk3Tk0

             ____
            /⌒  ⌒\
          。o(゜>)  (<゜)o 。 とうとう膿も出なくなりましたお!
         /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
          |     |r┬-|     |   て
         \      `ー'´     /( `´) そ
        /           \ノ ノミ
        |\ \・      ・ \____ノ



     ___lヾ 、|ヽ_
    _, >   ....:::::::::::`丶
  /    ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  Z、〃ィ  ::  :::::::::::::::::::::::::::::',
   l l l    :::::::::::::::::,,:::::::::::::::::}
  l l l     ::::::::::::/_77771:::/ト//ィ  なら全治するまで『竜血』と『薫陸香』と『捺印粘土』を飲むように。
  |l l    :::::::::::/7ヒ下 /:r-、::/
   ' レイ i  ::::/l/シ,  ̄ /::/6ノ、ニ=-
     { {ヘ ト{ ド _`シ/丁::::::::::``丶、
   /::``:ヽl\ ̄ ∠__.,,┘::::::::::::::::::::::ゝ
  く::::::::::::::::::::ヘ  ̄     ヽ::::::::::::,、´__
  _ ,、>、::::::::::::::ヽfニニヽ-ニフ}:::<:::::::::`ヽ
/::::::::::::::>:::::::::::::ヽヽ_/イト_ノノ:::::::::``丶::::}


※ 竜血:ソコトラ島などに産する椰子科植物の樹脂。赤色。
   薫陸香:南アラビアやインド産の香木の樹脂。
   捺印粘土:ギリシアのレムーノス島の巫女が洞窟から取ってきた土。ガレノスの頃から薬効があるとされてきた。

708 ◆OkhT76nerU 2012/08/15(水) 01:03:58 ID:9AqMk3Tk0

       / イ           //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /ハ/  /  ,      //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
      レV  /  ィ      / 彡:::::::::::::::::::::::ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      | {  ./ /  /     /:::::/:::::::::://:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
       | ハ .イ   /    / /::/:::::::/ ノ:::://:::::/::::::/:::::::::::::::::::::::::::|
       | i .| /  /i    / /:/i::::::∠-=彡-=ニニK::::イ≦::::::::::::::::::::::::::/      お前さんの家系は生まれつき腎臓が弱いようだ。
       レ |ハ  i∧    /i/:/::::ハ/ \ ≧ィtjヽ、_ ̄>イ::::::::::::::::::::::::/  i
         | |ハ ./ l    | |:::|::/     \ ヾン_> ≦彡::::r -、::::::レ彡/    アッラーの思し召しにて、再発しないよう祈ってるよ。
        >ハ ;;ヾ:::|  |  ハレ:://      ヾ  ̄     /::::/ r 、}:::::::::イ/ /
      /..:::::::::\:::::ヾ ハ |  /       \      /::::∧  /::::::::::://ノ
       /.:::::::::::::::::::::::::レ:::ヽ|  ヽ_、        }    ./::::/ y./::::::::::::::::::://
     ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧  _        {    廴:/  ノ:::::::::::::::::イ=≦、
   /::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::∧   ` ̄ ー-     }    /ー'´::::::::::::::::://::::::::::\
  /::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::{i:::/ ヽ   ̄        {  / |:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::
 ./::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::{i}/  ∧            レ'´   |≧三ニ=:::::::::::::::::::::::::::::
../::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::|     L__   - <´   /:: ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::
∧::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::ヽ      <´      ...::: |} ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::
./::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::}        > - 、  ..::.:.: ノ_ X≧=-::::::::::::::::::/:::::::::


病気は去り、約二ヶ月で全治したという。

709 ◆OkhT76nerU 2012/08/15(水) 01:13:14 ID:9AqMk3Tk0
他にも色々エピソードがあるけど、眠くなってきたのでこの辺で。
当然ラーズィーの医術は当時最高のもので、普通の医者はここまでできませんしヤブだってゴロゴロいます。
ラーズィーもヤブの手口について著作中で説明してますね。

今回は現代人から見てもかなりまっとうなエピソードを紹介しましたが、もっと伝承っぽい逸話も沢山あります。
気が向いたらまたやるかもしれません。

710 8月11日に短編祭りだお 2012/08/15(水) 01:17:39 ID:9nNDLHtM0
乙乙ー
中世の名医だけあって現代にも通じるような感じだねぇ。
中世の普通の医者の水準とか考えたくないw

711 8月11日に短編祭りだお 2012/08/15(水) 01:18:42 ID:Rl.vFiTY0

医療の歴史って結局「うん?間違えたかな」の積み重ねだかなあwww
何もせんかったローマ時代の医師と、患者の命を犠牲に試行錯誤した中世の医師は
現代医療につなげることができたのかねえ?

713 8月11日に短編祭りだお 2012/08/15(水) 01:26:30 ID:19d/p/rQ0
ローマの医師がなんでも何もしなかったわけでもないんじゃ

712 8月11日に短編祭りだお 2012/08/15(水) 01:25:35 ID:AzEBVEwQ0
やばいBJ先生惚れてまうやろ……

714 8月11日に短編祭りだお 2012/08/15(水) 01:27:42 ID:s92DbZhM0
>>お前さんの家系は生まれつき腎臓が弱いようだ。
患者だけでなくそこまで調べあげるとは・・・

715 8月11日に短編祭りだお 2012/08/15(水) 01:32:12 ID:RUjxibyMO
中世の科学者ってルネサンス関連ばかりが有名だけど、イスラム学者も知られるべきだよなあ

716 8月11日に短編祭りだお 2012/08/15(水) 01:59:31 ID:AeXUHuQM0
>>711
ガレノスさんやディオスコリデスさんは・・・

717 8月11日に短編祭りだお 2012/08/15(水) 15:07:58 ID:AeXUHuQM0
>>715
イスラム世界でもこんな高度な医療を受けられたり、科学や哲学をたしなむことができたのは支配階級やごく一部の富裕なムスリムだけだったんじゃない?

一般庶民にはイスラムの教義とイスラム法しかなかったから、
近代的思想や科学が発達せずに、気がついたら西欧に遠く追い越されていたんじゃないかなーと想像。

719 8月11日に短編祭りだお 2012/08/15(水) 15:44:34 ID:o0npX4pM0
>>717
確かに、一般的な広がりを感じないんだよね。

一方でホスピタル騎士団の病院にはイスラム人も通院してたというし、
現地の人にしてみれば診てくれないサイコーのイスラム様よりも、
多少乱暴でも診てくれる野蛮人の方が良かったのかもww

718 8月11日に短編祭りだお 2012/08/15(水) 15:25:50 ID:19d/p/rQ0
西欧の一般庶民も科学や哲学は知ったこっちゃねえ気が

720 8月11日に短編祭りだお 2012/08/15(水) 18:38:16 ID:AeXUHuQM0
まあでも、一般人が哲学や神学なんぞたしなんでないのは西欧でも同じか。
となると根本的な問題は、ルネサンスでの人間性の解放のように、宗教的価値観やその権威を相対化できなかった所にあるのかな?

ギリシャ哲学も時代が下るにつれてイスラム社会では必要ない異教徒の思想、と忘れ去られたのかもしれないし、
古代の芸術なんてそれこそ「異教の卑猥な偶像」として芸術的価値など認められず破壊されて、芸術面でもルネサンスなんて起こりそうにないし。

中世のイスラム科学が発展していたのなら、なぜそれが近代までに発展しなかったのかが疑問になる。

722 8月11日に短編祭りだお 2012/08/15(水) 21:05:52 ID:TAXmx/Cs0
>>720
イスラーム世界の科学が発展しなかったというより(オスマン帝国時代でもなんだかんだ新技術は出てきてる)ヨーロッパの発展の速度がダンチだったんじゃないの

721 ◆OkhT76nerU 2012/08/15(水) 21:01:19 ID:9AqMk3Tk0
まずイスラーム社会、と一口に言っても時代・地理的に尋常じゃない幅があり、
十把一からげに説明できるようなもんではない、と断った上で、自分の知識内で説明します。

高度な医療を受けれたのは大部分が上流階級、というのはその通りです。
大抵の人間はそこらの薬屋を利用しました。基本的に民間療法ですね。
有力者が経営している慈善病院もありましたが、どの程度利用されてたか、どの程度安かったとかはよくわかんないです。
民衆史の本とかそんなにないんだよ!
ホスピタル騎士団クラスの規模の病院ってなかなかないんで、宗教にかかわらず患者が来たのは不思議でもなんでもないと思います。
切羽詰った人間にとっちゃイデオロギーなんかどうでもよくなります。現代でも。

んで、学問に関われたのは一部の人間だけか、といえばそうでもありません。
確かに学者の家系とか商人の家系とかは存在しますが、ラーズィーが30歳まで両替商やっていたように、
社会的流動性が高く転職・兼業は普通のことだったので、中流階級から学者が出て来るのは珍しくないです。

723 ◆OkhT76nerU 2012/08/15(水) 21:08:30 ID:9AqMk3Tk0
イスラーム科学がなんで頭打ちになったのよ?という問題は現代においても議論が続いており、
とても片手間で話せる話題じゃないし>>1にはそれをできるだけの知識もないです。

ルネサンスなる言葉を厳密に定義するのは困難だしそれを意識してる人はあんまいないと思いますが、
あえてイスラーム史におけるルネサンスとはなんぞや、っつったらアッバース朝時代のギリシア哲学フィーバーじゃないですかね?
この頃ビザンツ経由で入ってきた古典が片っ端からアラビア語に翻訳され、それがペルシア文化やら何やらと化学反応して
学問レベルが跳ね上がりました。ラーズィーもそういう時代の申し子です。

ついでに言っておくと、ルネサンスが人間性を解放したとの乱暴な理解はかなり問題があります。
あんだけ広範かつ長期にわたる事象について○○が原因で××をもたらした、と単純化するだけでアレですが、
ルネッサンスに肉体が再発見されたなどというのは芸術や一握りのエリートに限ってのことであって、
宗教改革と反宗教改革のせめぎ合いの中で宗教界からの圧力は中世以上に高まっていました。異端審問が最も激しかった時代ですし。
無論、ルネサンスが宗教を相対化していく過程で大きな役割を果たしたことは事実です。

725 ◆OkhT76nerU 2012/08/15(水) 21:11:04 ID:9AqMk3Tk0
とりあえず手持ちの資料&知識で言えるのはこの程度です。今度図書館行ったときもうちょっと調べてみます。
なんか雑談の流れに応じてるうちにどんどん脱線して本筋がおろそかになっていくという自分の悪癖が出てきたので
しばらく黙ってAA作成に専念します。マニマニ。

757 ◆OkhT76nerU 2012/08/18(土) 01:27:55 ID:g06m.f1Y0
なんでイスラーム圏の話に限って、直接関係ない場面でもいちいち文化・宗教の影響が問題にされるんでしょうね。
よそだとそういうことにはならんのに。

773 ◆OkhT76nerU 2012/08/18(土) 20:00:10 ID:g06m.f1Y0
政治的・経済的・地理的要因その他諸々を無視してすべての出来事の究極的な原因を宗教・文化
(単一かつ確固とした実体を持った不変のものとして扱う)に帰さねば気が済まず、もっともらしくはあっても実証性に乏しい俺理論を
あたかも自明の真理のように得々と語る手合いがすぐ湧いてくるのは一体なんなんでしょうね。ホント不思議です。

それはさておき火曜か水曜には投下できるでしょう。希望の未来へティロ・フィナーレ!

778 名無しのやる夫だお 2012/08/18(土) 22:04:10 ID:J657zemU0
マニ教ってペルシャでローマ兵の捕虜相手に伝道を許されていたところ見ると
サーサーン朝の皇帝的には

「ローマ人は女と交わるな、産むな、滅びろ」

って意味だったんじゃあ・・・

779 名無しのやる夫だお 2012/08/18(土) 22:22:12 ID:e940PnKU0
でも、ペルシア人への伝道も少なくともシャーブフル1世時代には許されていたんだよな?
王としてはまっとうなペルシア人ならゾロアスター教を信じるだろという自信があり
信じないで新興宗教にはまるような変人や犯罪者、貧乏人はこれまた死ねって意図でもあったんだろうか

ってか、生殖禁止は僧侶だけだし、在家はまあ大丈夫か

782 名無しのやる夫だお 2012/08/19(日) 02:37:59 ID:2lLr.0Jw0
>>779
布教を許可したのはQBの言うように異民族統治の方便としてで、
ペルシア人に広がること自体あまり想定してなかったんじゃないの
実際このスレ見る限りでは非ペルシア人への布教で成功しているような印象を受ける

783 ◆OkhT76nerU 2012/08/19(日) 19:53:21 ID:wQSjSAjk0
帝国中央部ではあんま流行らなかったみたいですね。
ゾロアスター教神官団の影響が強かったからかと思われます。

788 名無しのやる夫だお 2012/08/20(月) 08:31:56 ID:59m5e1VY0
ネタバレになるかも(と言っても、世界史の一般的な教養本に出るレベル)
だから詳しく書かないが、イエス・キリストに対するムハンマドの解釈は、
マニさん設定を美味しくいただいたもの

789 名無しのやる夫だお 2012/08/20(月) 12:42:08 ID:mH175y0o0
ムスリムの人たちはマニさん嫌ってたりするん?

793 ◆OkhT76nerU 2012/08/21(火) 19:51:57 ID:0F2/NEEM0
明日21時から投下します。

>>788
一部そういう説はありますが、断定するだけの材料に乏しいので可能性を示唆するに留めました。

>>789
ネタバレになるので現段階では詳しく言いませんが、マニ教に存在そのものを脅かされたキリスト教と違って、
イスラームにとっては深刻な脅威となることのないまま初期の弾圧で廃れてしまったので、
好き嫌い以前によく知らなかったものと思われます。イブン・アン・ナディームやビールニーの記述も取り立てて敵対的ではありません。
だからマニさんは宗教家としてではなく画家として知られていたんじゃないでしょうか。

803 名無しのやる夫だお 2012/08/22(水) 10:23:45 ID:bGGcctNo0
マニさんのマニュスクリプト/生原稿は残ってないんだろうか

807 ◆OkhT76nerU 2012/08/22(水) 20:36:58 ID:oBFW.lMM0
>>803
七聖典すべてが散逸。
唯一残っているのが『シャーブフラガーン』という体たらくです。

□ マミさんは真のキリスト教に目覚めたようです ラーズィーの話
目次 イントロダクション キャスト 予告 初回 CM 前回 次回
関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

極門散人

Author:極門散人

Twitterで更新情報や
与太話を呟いています

カテゴリ
最新記事
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
全記事表示リンク
人気ページランキング
ブログパーツ
アクセスランキング
リンク